2017/10/22 (Sun) 竹島だけでなく、北方四島の領土問題を残したのはアメリカである
「日米は、本当の同盟国なのか?」 そのひとつ

竹島が領土問題となって久しいが、実は、アメリカに責任がある。朝鮮戦争で、毛沢東とスターリンに支援された金日成の北朝鮮軍にほとんど朝鮮半島を占拠されたアメリカは焦った。そこで、李承晩にカネと兵器を供与して韓国の大統領に押し上げた。李承晩は、反日過激派だった。李承晩ラインを勝手に敷いた。竹島は、韓国領と主張して、に日本の漁船を拿捕したり、日本の漁民を殺した。アメリカ政府は、何をした?


Dures Ike 1953


米国国務長官ダレスから在韓米国大使館及び在日米国大使館あての秘密電文
(1953年12月9日) 

国務省は、竹島領有権をめぐる韓国との争いにおいて我々が日本のために動くことを日本人たちに期待させている講和条約の内容と米国政府の決定を承知している。しかしながら、我々の知る限り、1951年8月10日のラスク書簡による韓国に対する米国の立場の公式表明は、日本へは通知されていない。竹島についての米国の立場を今後日本政府に知らせることは適切あるいは必要なことと考える。我々は、特に韓国について未解決となっている多くの現在の問題を考慮すれば、既に困難な状態にある韓日交渉に新たな問題を付け加えたりあるいは我々自身が彼らの論争に不必要に巻き込まれることは望まないから、難しいのはそのタイミングだ。

平和条約がポツダム宣言の枠組みに基づく決定であり、そして条約は竹島を日本に残したという米国の見解にもかかわらず、また、ポツダム宣言と条約に我々が参加したこと及び政府の合意の下における行動にもかかわらず、それは必ずしも米国が当然に領土問題その他平和条約から生ずる日本の国際紛争を解決したり介入する責任を負うというものではない。竹島についての米国の見解は、単に条約の多くの調印国の見解の中の一つである。第22条は条約にかかわる論争を解決する目的のために置かれている。貴1275で言及されたところの米国は竹島に対する韓国の要求から日本を守るべきとする日本の考えという新しい要素は、安全保障条約の下での米国の行動のための正当な主張とは見なせない。歯舞諸島は日本の領土であるという我々の公的宣言にかかわらず、ソ連による歯舞の占領という米国と日本の双方に対するより深刻な脅威も米国にソ連に対する軍事行動を取るよう強いるものではなく、また日本人たちもそうすることが我々の義務であると真剣に主張することはないだろう。日本政府に安全保障条約が米国側に何の法的義務も設定していないという印象を与えることは望ましくないが、日本は、安全保障条約の利益は敏感な法的解決のために霧散されるべきではないということを理解すべきだ。したがって、1952年11月26日の釜山あてDEPTEL 365、東京への同報1360で表明されたとおり、及びDEPTEL1198の再声明のとおり、米国は竹島に対する韓国の主張から生じる領土紛争に巻き込まれるべきではない。

  この問題は現在のところ急を要するものとは思われないので、おそらく我々の側の行動が求められることは無いであろう。しかしながら、問題が再燃した場合の我々の基本方針は、この問題は、もし日本人と韓国人自身によってこれを解決することができない場合には、国際司法裁判所に付託することが適切であるというところに置くべきだ。

ダレス
秘密安全保障情報


自民は圧勝したが、新政権の国防政策に注目しよう

abe jimin assho

「党利党略」ということばがあるが、問題は政権ではなく、その政策なのである。憲法を変える人数が揃ったとは、数字上のことである。公明党が、どう出るかが判らない。しかし、防衛費倍増や核武装論が討論されるのだろうか?伊勢には、首相も、国民も、代議士たちも、国防の意志がないと思っている。伊勢平次郎




11月末にキンドル英語版を出版可能です。「日米戦争は、完全かつ不可逆的に終わった」としているアメリカ政府を目覚まし、アメリカが永遠に負う責任を指摘する伊勢の著書です。書き進めるにおいて、内容を日本語で紹介します。伊勢平次郎


隼機関を支援してください

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

 6-30日 MIZ/TAKさまから20,000円のご献金を頂きました。

 6-12日 HASE/HIROさまから5,000円のご献金を頂きました。 

 6-22日 OHKUSHIさまから1,000円のご献金を頂きました。


> 金額:100,000円  みずほ銀行・上大岡支店
> 振込人:A.teruo 様


7-24日*一読者先生、大金をご献金頂きました。編集人がアメリカ人。その代償に使わせて頂きます。たいへん感謝しております。必ず、日本人の心をアメリカに届けます。伊勢

 6-30日 ICHIOKAさまから1,000円のご献金を頂きました。再び、このお方から4000円を頂きました。たいへん、心を使ってくださったと感謝しています。伊勢

7-24日、 隼郵貯に石橋奈美様から10,000円入金がありました。編集者に払う費用と致します。有難うございました。伊勢

7-28日、大串和久さまから、2,000円入金しました。真に有難う。

8・30、MIZ/TAKさまから40,000円のご献金を頂きました。ここ10年間、ブログを始めてから献金を欠かさないお方で、伊勢は、「どう、ご恩をお返し出来るのか」と常に思っています。今は、感謝のことばのみを申し上げます。毎回、大金を、たいへん、有難うございます。伊勢

2017/10/22 (Sun) 昔懐かし富国強兵を再び考えよう
hujin 2

女性自衛隊員は、20%と聞いている。実際、戦闘となれば、男性自衛隊員の仕事なのだが、女性自衛隊員が、その男たちの士気を支える。へなへなだが、庶民も支えるだろう。サヨクは未知である。


hujin jieikan

若く、美しく、強い脚である。技術は重要だが、脚が強いことが自信を高めるのである。


fnn announcer

FNNのアナウンサーである。女性は普通だが、この左端の人間は、男なのか、女なのか判らない。多分、男なんだろうとは思うが(笑い)。伊勢が品川のビア・ホールで見た若い男たちは、高級な白いワイシャツのそでを開けっぱなしにしていた。髪の毛はこのアナウンサーとほぼ同じ。タバコを指に挟んで口に持って行き、横を向いて煙をフーと吐き出した。ナイトクラブのホステスのように実に女っぽい。化粧をしていたのかな?「日本の青年は、デカダンスを好むね」と伊勢は妻に言った。


昔懐かし富国強兵

伊勢は、徴兵を勧めているのではない。首相に勧めても、耳も貸さないだろうからね。伊勢は、「国民は、みんな兵隊」という気概を持って欲しいのである。茨木のバーガー社長が、「731部隊とか、日本軍はひどいことをしたんだね」と伊勢に語りかけた。伊勢は、暫らく、彼の目を見ていた。社長が怪訝な顔をした。伊勢が賛成しないからである。「あのね、日本人が、日本軍や日本兵の悪口を言ってはいけないんだよ。それはね、日本軍は、日本のために死んだからなんだよ。君が中国人なら日本兵は悪いことをしたと言うだろう」 友人は沈黙した。伊勢がハワイの天台宗にいたころ、住職のかみさんも尼さんだった。伊勢が、満州で生まれた」と言うと、「ああ、日本人が散々、悪いことをしたとこよね」と、シャラっといったのである。この人たちは、マルクスに傾く思想的な左翼ではない。なぜなら、学識が低く、マルクスの社会主義が日米欧の西洋側の敵であると認識がないからである。彼らは、朝日新聞を読んでいるのである。知らず知らずのうちに洗脳されて、自分が、中国よりになっていることに気が着かないわけである。この「親中サヨク」が日本には多い。中国は、言わずとも、反日国家なのである。韓国は、明かに反日国家である。この両国とロシアは、いまだに、迷っているのである。伊勢平次郎

2017/10/20 (Fri) 韓国は、日本を敵国としているが
竹島に新部隊「受け入れられない」 河野外相
10/20 15:52

takeshima kannkoku navy

韓国が、日本の固有の領土である島根県の竹島に海兵隊の新部隊を設置すると発表したことについて、河野外相は20日、「まったく受け入れられない」と述べ、外交ルートを通じて抗議したことを明らかにした。

河野外相は「まったく受け入れられないことなので、強く抗議をした」と述べた。

韓国は19日、不当に占拠している竹島を「防衛」するための新たな部隊を、3年以内に創設する計画を進めていると発表した。
これを受けて河野大臣は、閣議後の会見で、大使館を通じて韓国に抗議したことを明らかにしたうえで、緊迫する北朝鮮情勢を念頭に、「日米韓3カ国が、未来志向で関係を強めなければいけない時に、それに逆行することだ」などと韓国側を非難した。


韓国の数々の敵対行為に日本政府は何の手も打たない

south korean navy takeshima

こういうこともやっている。日本の海上自衛隊が韓国の沖で実弾演習をやったとは聞かないが、、いつまで、日本政府は上品に構えているのか?抗議など主婦でも出来ることではないのか?

takeshima ocupation

takeshima kannkoku senkyo


この政府の下では、日本は沈没すると言っておく

伊勢が指摘しているのは、政権ではない。国防に関して、明確かつ疑わざる政策を建てない為政者全体を非難したい。国防に消極的なら国賊である。即刻、議員を辞めて欲しい。伊勢は、先月、日本に久しぶりに帰った。立川、品川、伊豆下田、伊東へ行った。その印象は、陰鬱と言うしかない。こう書けば、皆さんが怒るかも知れないが、日本人の精神力は冷や飯のように冷えており、目の前のことに精一杯と見えた。これは、国が亡びる前兆である。当然、高齢者には責任はない。20歳の青年から65歳までの年齢層に責任がある。日本の青年男女は、婚礼期を過ぎても配偶者を探さないのだ。伊勢の茨木の友人は、ハンバーガーのチェーン店で成功したひとで、72歳である。三人の娘さんがいる。カミさんは先立たれた。娘さんらは、40歳~36歳~30歳である。三人とも独身で親の家に住んでいる。「付き合っている人は、いるの?」と伊勢が聞いた。「いないよ。日本はそれどころじゃないのよ」が返事だった。友人に聞くと、「そんなのばっかりですよ」と答えた。この意味するところは、旧約聖書の第一節、「初めに、神は天地を創造された。光を見て良しとされた。地と海を見てこれを良しとされた。神はお造りになった全てのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった。産めよ、増えよ、地に満てよ」の教えに反する行為である。伊勢平次郎

2017/10/20 (Fri) ティラーソン国務長官の中国への警告
Tillerson Warns China on Trade, Territorial Claims

tillerson rex

Secretary of State Rex Tillerson warned China on Thursday that the U.S. has an arsenal of economic weapons to force Beijing to address trade imbalances and a continuing territorial dispute in the South China Sea.

ティラーソン米国務長官は、「アメリカには、経済という兵器がある。中国政府は、貿易不均衡と南シナ海の執拗な紛争に関して、注意を払うべきだ」と中国政府に警告した。

"We can do this one of two ways," Mr. Tillerson said during a 35-minute interview in his State Department office, seeming at times to speak directly to his Chinese counterparts. "We can do it cooperatively and collaboratively, or we can do it by taking actions and letting you react to that."

「アメリカには、二つの手がある。協力して、心を会わせて解決するか、または、アクションを取り、中国がリアクションをするかの二つである」


伊勢は、ティラーソンを支持する

エクソン・モービル・オイルの会長だったレックス・ティラーソンは、ヘビー級の外交官である。キッシンジャーと違うのは、ティラーソンは、親中国ではないことだ。親日かどうかはわからないが、日米同盟の重要さと、太平洋戦争におけるアメリカの罪を認識していると思う。日本にとって重要なのは、ティラーソンが中国の傲慢な態度に毅然としていることだ。っ先週、中国共産党大会で、習近平は、「2050年までに、中国はアメリカを追い越して、世界に君臨する」と声明を出した。これは、習近平が主席となってから一貫している。中国は、南シナ海は中国のもの」と宣言している。尖閣も中国のものとしている。伊勢は、中国が世界に君臨する日は来ない」と思っている。


北朝鮮問題は、アメリカが請け負うが

核兵器を持つことを首相の安倍晋三までが反対している。すると、北の核の脅威には、アメリカだけが対抗出来るとなる。しかし、中国の日本の領海、領土侵略は別だ。アメリカが同盟国の責任の範囲で自衛隊を後方支援するのだが、主権国家、日本の国防はあくまでも、日本人の責任としている。どの論調も同じなのだ。これを日本の報道は、日本の国民に伝えていないが不思議なことだ。読売、朝日、産経などのワシントン国際部は何をして飯を食っているのかね?最も無責任かつ消極的な男がいる。安倍晋三だ。晋三は、ティラーソンのように腹が座っていないのだ。伊勢は、自衛隊は、四十万人態勢が好ましいと思っている。人間だけを増やすのではなく、艦船、航空機、攻撃ミサイル部隊を増やし、離島にミサイル基地を置くべきだ。防衛費は、3%に上げるべきなのだ。まあ、安倍晋三には、聞く耳がないだろう。正論を無視する男だ。日本の離島が中国人民軍に乗っ取られて、自衛隊員が戦死するなら、安倍晋三も死ぬべきだ。その前に自衛隊によるクーデターも良いだろう。伊勢平次郎




11月末にキンドル英語版を出版可能です。「日米戦争は、完全かつ不可逆的に終わった」としているアメリカ政府を目覚まし、アメリカが永遠に負う責任を指摘する伊勢の著書です。書き進めるにおいて、内容を日本語で紹介します。伊勢平次郎


隼機関を支援してください

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

 6-30日 MIZ/TAKさまから20,000円のご献金を頂きました。

 6-12日 HASE/HIROさまから5,000円のご献金を頂きました。 

 6-22日 OHKUSHIさまから1,000円のご献金を頂きました。


> 金額:100,000円  みずほ銀行・上大岡支店
> 振込人:A.teruo 様


7-24日*一読者先生、大金をご献金頂きました。編集人がアメリカ人。その代償に使わせて頂きます。たいへん感謝しております。必ず、日本人の心をアメリカに届けます。伊勢

 6-30日 ICHIOKAさまから1,000円のご献金を頂きました。再び、このお方から4000円を頂きました。たいへん、心を使ってくださったと感謝しています。伊勢

7-24日、 隼郵貯に石橋奈美様から10,000円入金がありました。編集者に払う費用と致します。有難うございました。伊勢

7-28日、大串和久さまから、2,000円入金しました。真に有難う。

8・30、MIZ/TAKさまから40,000円のご献金を頂きました。ここ10年間、ブログを始めてから献金を欠かさないお方で、伊勢は、「どう、ご恩をお返し出来るのか」と常に思っています。今は、感謝のことばのみを申し上げます。毎回、大金を、たいへん、有難うございます。伊勢

2017/10/17 (Tue) アメリカが永遠に負う責任


11月末にキンドル英語版を出版可能です。「日米戦争は、完全かつ不可逆的に終わった」としているアメリカ政府を目覚まし、アメリカが永遠に負う責任を指摘する伊勢の著書です。書き進めるにおいて、内容を日本語で紹介します。伊勢平次郎


隼機関を支援してください

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

 6-30日 MIZ/TAKさまから20,000円のご献金を頂きました。

 6-12日 HASE/HIROさまから5,000円のご献金を頂きました。 

 6-22日 OHKUSHIさまから1,000円のご献金を頂きました。


> 金額:100,000円  みずほ銀行・上大岡支店
> 振込人:A.teruo 様


7-24日*一読者先生、大金をご献金頂きました。編集人がアメリカ人。その代償に使わせて頂きます。たいへん感謝しております。必ず、日本人の心をアメリカに届けます。伊勢

 6-30日 ICHIOKAさまから1,000円のご献金を頂きました。再び、このお方から4000円を頂きました。たいへん、心を使ってくださったと感謝しています。伊勢

7-24日、 隼郵貯に石橋奈美様から10,000円入金がありました。編集者に払う費用と致します。有難うございました。伊勢

7-28日、大串和久さまから、2,000円入金しました。真に有難う。

8・30、MIZ/TAKさまから40,000円のご献金を頂きました。ここ10年間、ブログを始めてから献金を欠かさないお方で、伊勢は、「どう、ご恩をお返し出来るのか」と常に思っています。今は、感謝のことばのみを申し上げます。毎回、大金を、たいへん、有難うございます。伊勢

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する