FC2ブログ
2018/12/10 (Mon) 日本政府は自衛隊員を見殺しにする


自衛隊員はまことに頼もしい。米海兵隊も精鋭です。だけど、自民党政府は国防費を上げてこなかったのです。

日本の国防費は横ばい 中国国防費は予算案で3・7倍、5倍近くの見積もりも 
2018.3.5 20:21 

 中国が国防費を急伸させているのに比べれば、日本の防衛費は横ばいに等しく、自衛隊は中国軍に対して相対的な能力低下を余儀なくされている。日本の防衛費を当初予算(米軍再編関連費を除く)でみると、平成14年度に4兆9392億円を計上した後は10年連続で減額。25年度以降は毎年増額され、30年度予算案は4兆9388億円となったが、過去の水準に戻ったにすぎない。防衛省幹部は「予算が増えたといっても今まで怠けた分を多少、取り戻しただけ。借金返しにも足りない」と話す。産経新聞より

伊勢は自衛隊員を守りたい

国防費を上げなければ自衛隊員が見殺しにされる。だけど、肝心の政府にその意思がない。平和ボケと言われる自己中心の国民は楽な生活だけに関心があり、そのため、国防費の据え置きを望んでいる。一方、前陸相補や海将補は「10兆円でも足りない」と言ってきた。中國軍が尖閣や離島に上陸するのか誰にも分からない。実際に安倍晋三が離島奪回を命令する。米海兵隊は出動しませんよ。後方支援だけですよ。米軍の関心は、中国の台湾併合でしょ?中國が南シナ海の人工島を軍事基地にしたのもその一環でしょ?トランプの共和党は内向きとなっていて、政権が民主党に代わると、もっと国内重視になるんです。日本を見放す限界にきていると思う。それを中国はよく知っているんです。伊勢

2018/12/08 (Sat) 在日米軍駐留経費は日本が負担している。だが、、
在日米軍駐留経費、日本負担は86% 防衛省試算
2017/1/26 23:05

防衛省は2015年度の在日米軍駐留経費について日本側の負担割合は86.4%と試算した。民進党の後藤祐一衆院議員の請求に応じたもので、後藤氏が26日の衆院予算委員会で提示した。総額は約2210億円で、そのうち日本が約1910億円を支出している。

ただ稲田朋美防衛相は「必ずしも(米側の負担項目が)全て入っているわけではない」と説明した。米国防総省が04年に発表した米軍駐留費の各国別の負担割合では日本は約75%となっていた。

在日米軍駐留経費は米軍基地で働く日本人従業員の労務費や光熱費など日米地位協定上は米側が負担すべき項目が大半。これに周辺対策や施設の賃料なども含めた「在日米軍駐留関連経費」は防衛省資料によると日本側負担は約3736億円。割合は92.6%に上る。

だが、それは駐留経費のこと

kadena ab

b-1b lancer

ospreey military

ohio nuclear sub

yokosuka nuclear aircraft carrier

これらの戦闘機や原子力空母、原子力潜水艦を米軍は配置している。その経費は莫大なのです。兵員も、基地の燃料タンクや修理メンテナンスもアメリカが負担している。

military analyst

こうしたトランプ大統領の言動について小川氏は「オバマ大統領との考えの違いが現れている」と話す。「世界が平和であり、その中でアメリカの安全が確立されて初めて企業の経済活動も可能になる。その考え方を前面に打ち出し、必要なことをやっていこうということが国防予算の増額に繋がったということだ。国防費は兵器を買うだけでなく、軍事力を維持するためのランニングコストという面もあるし、単にものを売りたいというだけではない」と分析。

また、日本の安全保障の考え方について「ソ連の脅威があるから自衛隊を整備したり、日米同盟を強めたり。ソ連が崩壊したら、今度は中国を意識する。これは状況対応型の発想で、基本を押さえていない。周りがどう変わろうとも、自分の国がやらなくてはいけないことをきちんとやって周りの状況に対応していくのが物事の順序。ところが周りのことに目を奪われて、自分がやらなくちゃいけないことをやっていないというのが日本の安全保障だ」と指摘していた。

伊勢の意見

オバマと比較しているけど、10兆円増加している。その理由は、軍事拡張ではなく、核兵器が老朽化したことから解体して、新しく製造することへの予算増加なんです。「オバマは弱腰」と烙印を押したい日本の評論家は政権を比較している。だけど、国防省がリードしたんです。低能トランプに軍事の知識なんどないですからね。伊勢は、日本の本州の空軍基地と海軍基地の燃料タンクやパイプラインの点検~修理~メンテナンス総額100億円(期間7年間)を受注した泰成工業の交渉を担当たんです。そして、来年は多分、横須賀の米海軍基地に勤務します。これが、伊勢の人生最期の仕事かな(笑い)。伊勢

2018/12/04 (Tue) 石破氏に見える歪んだ歴史観がまかり通る
今日も憂鬱な朝鮮半島

chosen no headache

2018/12/03 17:03 | 一有権者 さんの投稿

石破元幹事長が前日に行った早稲田大学での講演で、韓国最高裁判の強制動員損害賠償判決で梗塞した韓日関係と関連して「今回の判決は国際法的に誤り」と話したと伝えた。彼はしかし「(植民支配が)合法的だったとしても、独立国だった韓国を併合して(彼らの)姓を変えた歴史があったという事実を認識する必要がある」と話したと伝えた。今回の判決は誤りという日本政府の立場を支持しながらも、植民支配と侵略の歴史を再確認し、韓日関係をむやみに悪化させてはならないという持論を明らかにしたと解釈される。

石破さんが総理でなくて本当に良かった。改名は希望した人が日本名にした。旧陸海軍の将官や当時の国会議員の中にも堂々と朝鮮名でいた人もいる。今一度歴史を勉強し直した方がよろしいかと思います。併合も当時の朝鮮に一進会という併合推進派がいた事、我が国に国力が足りず併合に反対だった伊藤博文総理を暗殺した安重根の為にかえって併合に舵を切ったためにあのような結果になった。併合するべきではなかったというのは私もそう思います。恩を仇で返す人々に施しをするべきではなかったのです。

伊勢様今晩は。上記は自民党HPに意見投稿した文ですが、一体自民党という政党は保守なのかな。?疑似保守ではないのかなと最近思うようになりましたよ。たぶん私は核保有の蟻の国を見ることが無いうちにさようならするんだろうなと思います。数か月前に戦前の独立国として声高々に毅然と一般人が「君が代」をうたう動画を見させてもらったけれど現代は日教組教職員は入学式や卒業式で君が代を否定して教え子の大事な式をダメにする輩もいるしこれではね。 

韓国を恐れる自民党の指導者たち

ishiba abe

ひそひそ、、何を一体、恐れるのか?伊勢

2018/12/01 (Sat) 敗戦後、日本人は蟻の巣を作ることにした
ari no su

日本人はアメリカの準州になったことを知った。独立もあきらめた。軍事費も、戦う気も、体力もないからです。そこで、蟻の巣を作ることにした。伊勢は、賢明な選択だと思いますよ。一種の鎖国ですね。蟻の巣と言えば、地下鉄~高速道路~新幹線~空港などのインフラの整備です。田中角栄が正しかったとなります。重要なことがある。それは、アメリカの言うがままにならないことです。それには、核保有の「蟻の国」になることです。伊勢

2018/11/29 (Thu) 従順な飼い犬の面々、、
日本はアメリカの準州

US territory pacific

フィリッピンがどうして赤く塗られているのか分からないが、これがアメリカが支配する「太平洋のテリトリー」という。支配とは覇権です。つまり米軍と米経済の下に置かれている。だが、日本は赤く塗られていない。だが、事実上米軍と米経済の支配下に置かれている。韓国も同じです。アメリカの前国務次官などの話を聞いていると、日本を準州と見ていることがあ明らかなんです。質問が、日本の憲法改正が一向に進まない国会とかサヨクの反米感情に及ぶと、「心配ない。日本は強制すればよい」と答えている。ムカッとしたが、自分でもそう思う。アメリカや太平洋の安全保障を考えると、日本は頼りにならないからです。

準州とはコロニー

大英帝国が支配したインドや香港と違い、アメリカの総督を東京に置くわけではない。日米同盟から出られ得ないようにしておけばいいからです。日本人はインド人やフィリッピン人と違って、教育が高く、勤勉で、生産性が高いから植民地にする必要がない。自民党や経団連を支配下に置けば良いだけ。つまり、これらが、アメリカの僕(しもべ)です。しかも、日本人は従順なんです。すると、安倍晋三はアメリカの植民地の首相です。そういうふうに見ると、日本は赤く塗られていないが、アメリカのコロニーですね。伊勢

日本は、植民地政府

abe naikaku

フィリッピン、タイ、シンガポールの首相や大統領と同じように、安倍晋三は、アメリカの飼い犬なんです。たいへん従順なんです(笑い)。伊勢

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する