FC2ブログ
管理人は、アメリカ南部・ルイジアナ住人、伊勢平次郎(78)です。
09 * 2019/10 * 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
10/20
名演奏に無関心?


ヘンリは世界に知られるブギウギのピアニスト。周囲に立っている東洋人はヘンリの名演奏に無関心。日本人にもこの傾向があると思う。何に心を奪われているのかなあ?昨日、大統領選挙おの勝敗を決めるスイング州と言われるオハイオ州で世論調査があった。あれほど批判の的になっているトランプの人気が落ちていない。理由は、「アメリカ・ファースト」「アメリカを再び偉大にしよう」などの煽る文句に惹かれているうえに、一日一日の生活や月々の支払いが心を占めているからだそうです。シリアも大統領弾劾も全く関心がないとのことです。これさ、日本の大衆も同じだよね?国の経済力が衰退して行くことに無関心なんかな?伊勢
10/18
可愛いというのは、、


このイギリスの少女は6歳。ゾエという名前。この愛くるしい少女はどんな大人になるのでしょう。それにしても、無関心な通行人が多いよね。人間、心に余裕のない者は幸せにはなれないよ。伊勢
10/12
日本人の財布の中


まあね、結論は財布の中身が薄くなって行く、、


GDP US Japan China

ここ20年余、日本の経済は成長していない。これからも成長しないか、または、衰弱して行く、、内需も外需も貧血状態、、解決策はない、、

だけどね

贅沢が出来なくなるだけで、食うに困ることはないです。伊勢は終戦直後の宇治山田市で育った。乞食でもない人がゴミ箱の中を漁っていたね。それでも、印象に残ったのが、伊勢神宮に参拝する人が多かったこと。また、お寺も活発だった。医者は、カネの無い人も診てくれた。患者は持ってるだけのおカネを払った。人々は助けあっていた。見知らぬ子供に砂糖を包んでくれた。志摩半島の小学校は、村役場の中だった。生徒も、20人ぐらいだった。芋が主食で、甘いものと言えば、乾したサツマイモ。村では青年団が突いた餅を配った。子供たちは、椎の実を拾った。山の実を食べた。同級生が赤痢で死んだ。子供の楽しみは少年とか少年倶楽部、少女とかマーガレットという月間雑誌だった。映画は、野原に銀幕を張って、御座を敷き、ヤマモモを食べて観た。「岸壁の母」とか「桃太郎侍百人切り」とかね。ま、そこまで戻らない、、振り返ってみると、都会よりも田舎の方が豊かだった。伊勢は、人々が助け合う世の中を願っている、、伊勢




10/06
老人大国の日本、、だからどうした?
japan sseniors

65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。) 人口は3461万人(平成28年9月15日現在推計)で、総人口に占める割合は27.3%となっています。 前年(3388万人、26.7%)と比較すると、73万人、0.6ポイント増と大きく増加しており、人口、割合共に過去最高となりました。 総務省統計局

だからどうした?

伊勢も78歳と3か月です。80歳以上の方が1000万人だそうです。寿命が長くなったおかげさんです。いわゆる年金(国民年金と厚生年金)が足りなくなって行く。政府の税収が減っている。「たいへんだあ」と大騒ぎ。伊勢は現役だけど、「だからどうした?」と開き直りたいね。だってさ、自然現象でしょ?問題は、若者に挑戦する意思がないこと。女性は日本の男に愛想が尽き、結婚する気など全くないね。企業人にも昭和の先輩の知恵がない。カツカツと食っているだけ、、伊勢の兄姉は戦争時代に、16~18~20~22歳だったよ。学徒出陣して、逆境を元気よく生きた。戦後、結婚して、家庭を持ち、子供を育てた。みんな立派に育っているよ。政府に言いたい。まずは高齢者を大事にしてくれ!

んじゃ年金はどうする?

生活水準を下げれば良い。昭和は、芋の粉の配給~米はさ、米穀通帳で始まったんだ。味噌なんか売ってなかったよ。自家製さ。食料状況が少し良くなあると、コッペパンとコロッケが子供のお腹を満たしたんだ。便所は汲み取り式で、目黒川にはおわい船、、東京湾は黄色かったんだ、、ハゼやボラをつって遊んだ、、現在の餓鬼には、生命力がないな、、これ、老人の戯言なんかい?伊勢爺
10/01
中國人は脳天壊了〈ノーテンホワイラ)


戦車ねえ?これらのほとんどの兵器は役に立たないだろう。何の為に軍事力を増大しているのか理解に苦しむが、「脳天ノーテンホワイラ(脳天壊了)」ちゅうが、相手が中国人だからね(笑い)。この中国さまのおかげで、アメリカは日本に多くの基地を持ち、膨大な予算をつぎ込んでいる。伊勢もそれで、メシが食える(大笑い)。伊勢
Copyright © 2005 隼速報.
all rights reserved.