2018/02/25 (Sun) アメリカは銃社会である
fla shooting gun assault rifles

伊勢は、自動小銃および自動小銃に改造できるライフルを市販することを禁止する連邦による法案に賛成である。それも、一刻も早く立法することが米国民の自国政府への不信を和らげるのである。ハワイやカリホルニアのように州法によって禁止されている州もある。それらの州では、拳銃の規制も厳しい。南部の州やテキサスのように自由ではない。アメリカは民主主義の国であり、連邦による銃規制の法案を通すには、米国議会で議論して、多数決によって可決するほかないのである。つまり、それまで、南部や中西部では自由ということである。


アメリカ政府を信用していないのは、日本人だけではない

伊勢は、「日米同盟は本物か?」というキンドル英語版を出版する。アメリカの戦争というグラビア紙を読むと、このアメリカという国がよく分かる。「相手が攻撃してきた」と宣伝して、巨大な軍事力を以って、めちゃめちゃに叩き、占領して、やがてアメリカ領にしてきた。帝国主義である。だが、第二次世界大戦で、アメリカの野望は止まった。敗戦したといって、ドイツも、日本も強かった。ソ連はさらに強かった。中国も強くなった、、こうして、わがまま一杯のアメリカの時代は終わったのである。

さて、日本人には、意外に思えるが、アメリカ政府を信用していないのがアメリカ国民である。高学歴者に多い。アンチ・アメリカンの多くはアメリカ人なのだ。今日、広島長崎原爆投下を正当化するアメリカ人は、極く少数である。考えるまでもなく、抵抗できない女子供を殺戮したんだからね。これが正当化できるなら、だれでも核を以って、自分の意志に従わせるために大量殺人を行えるとなる。


腰抜けの日本人に、アメリカを批判する資格などない

自国の防衛すらも出来ない日本人が銃社会のアメリカを窘める?アメリカを窘めたいなら、独立して自主防衛をせよ!そうでしょ?日本自身で核弾頭を作れ!そうでしょ?広島長崎原爆投下を大声で非難せよ!日本政府が原爆投下でアメリカを非難したことを聞いたことがない。安倍晋三などは、靖国にも参拝しない卑劣極まる人間である。

                  ~次回「聖書と拳銃」に続く~


***2-22日 隼みずほにヤマモトヒロシさまから10.000円の入金がありました。感謝しています。大事にします。伊勢

2018/02/23 (Fri) 日米同盟の正念場がやってくる


三月中旬にキンドル英語版を出版可能です。この春、北朝鮮は地上から消えていると期待しています。皆さんのご協力なしには、ここまでこれませんでした。一方で、「日米戦争は、もう終わったとしているアメリカを目覚ましてやろう」と伊勢は思っています。ご期待乞う。伊勢平次郎


隼機関を支援してください

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

 6-30日 MIZ/TAKさまから20,000円のご献金を頂きました。

 6-12日 HASE/HIROさまから5,000円のご献金を頂きました。 

 6-22日 OHKUSHIさまから1,000円のご献金を頂きました。


> 金額:100,000円  みずほ銀行・上大岡支店
> 振込人:A.teruo 様


7-24日*一読者先生、大金をご献金頂きました。編集人がアメリカ人。その代償に使わせて頂きます。たいへん感謝しております。必ず、日本人の心をアメリカに届けます。伊勢

 6-30日 ICHIOKAさまから1,000円のご献金を頂きました。再び、このお方から4000円を頂きました。たいへん、心を使ってくださったと感謝しています。伊勢

7-24日、 隼郵貯に石橋奈美様から10,000円入金がありました。編集者に払う費用と致します。有難うございました。伊勢

7-28日、大串和久さまから、2,000円入金しました。真に有難う。

8・30、MIZ/TAKさまから40,000円のご献金を頂きました。ここ10年間、ブログを始めてから献金を欠かさないお方で、伊勢は、「どう、ご恩をお返し出来るのか」と常に思っています。今は、感謝のことばのみを申し上げます。毎回、大金を、たいへん、有難うございます。伊勢

2018/02/17 (Sat) 四の五の言わずにだな、約束を果たせ!
korea soul comfort

2007年、7月30日、マイク・ホンダの慰安婦決議が米国議会下院で決議されると、韓国政府のバックアップを受けた慰安婦団体は勢い付いた。慰安婦少女像が大量生産されて、日本を貶める運動が、カリホルニア、ニュージャージー、カナダやヨーロッパにまで広がって行った。すべて、その原因は、日本政府にある。歴代の総理大臣大臣はもとより、安倍晋三まで、慰安婦問題を認めたような発言を繰り返した日本の首相にその責任がある。


trump prostitute hug

トランプに抱き着いた日本軍従軍慰安婦こと元売春婦である。伊勢は、「売春が好い行為」だと思ったことはない。だが、世界中で売春は、合法であれ、非合法であれ存在している。ましてや、戦時売春?誰が誰を責めるのかね?世界中の女性が身を売った。日本の女性もだ。今、行われている売春を取り締まることが重要じゃないのか?伊勢


moon abe hiramasa

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、9日に平昌(ピョンチャン)で安倍首相と会談した際、元慰安婦支援のために設立した財団を解散せず、日本の拠出金も返還しない考えを表明していたことがわかった。

西村康稔官房副長官は「文在寅大統領からは、韓国の立場の説明がありましたけれども、その中で、合意は破棄しない、再交渉もしない、元慰安婦の方々に支給をする財団も解散しない、日本が拠出をした10億円も日本には返還しないということを明言をされました」と述べた。

首脳会談に同席した西村官房副長官が、16日のBSフジ「プライムニュース」に出演し、会談での両首脳のやり取りを明らかにした。
西村副長官によると、文大統領は、「慰安婦問題が最終的に解決するには、元慰安婦の方々の心が癒やされなければいけない」と述べる一方、「条件を付けるようなことはしない」とも話し、安倍首相に謝罪の表明や、追加的な措置を求めなかった。

また西村副長官は、安倍首相が文大統領に対し、「わたしも非常に厳しい批判を受けたが、それを乗り越えて合意した。あなたは支持率が高いのだから、あなたならできる」と伝え、「少女の像の移転をはじめ、約束したことをしっかり実行してほしい」と求めたことを明らかにした。


b52 h

先週、B-52 H 重爆撃機6機が、B2 ステルス3機と共に、グアムに配置された。米空軍は、平昌五輪など関係なく北爆を準備している。日米~米韓~南北朝鮮にとって、これが、一番良い金正恩討伐作戦だ。とにかく、朝鮮半島は一度、崩壊した方が良い。伊勢


2018/02/14 (Wed) 中国は、地球上で最大の弱国である
pla  weak military

中国人民解放軍ちゅうらしいな。こんな体格の悪い兵隊を見たことがないよ(笑い)。何を食うちょるとこうなるんかいな?

china flag

旗だけは威勢がいいが、、それでも、布切れでしょ?

China propaganda3

中国のプロパガンダは子供のようなもんだね。

china collapse

いいよ、ヤンキーが中華帝国を叩くことにしたらしい。アメリカの防衛費のほとんどがアジアにシフトされる。在日、在沖米軍基地を強化するらしい。安倍晋三も、ついでに国防費を倍増しろ!あっという間に若者が元気になるよ。ガールフレンドもおらん青年は男ではないよ。まず、髪の毛を切れ!



支那を分割しよう。もともと、支那など国ではない。遠慮は要らん!伊勢

2018/02/13 (Tue) 働き方改革?そもそも考えつくこと自体がバカバカしい
hukoku kyohei

明治は「富国強兵」で始まった。封建時代の長かった日本は一気に近代化して行った。ええ~!忘れたってかい?

jieitai wo

婦人自衛官は、実に健康である。配偶者には、自衛官がベストだ。強いこども、強い家庭を作って頂きたい。
                            

まだ、体力が足りないわい。  続く、、伊勢爺

最近の記事

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する