FC2ブログ
管理人は、アメリカ南部・ルイジアナ住人、伊勢平次郎(78)です。
08 * 2007/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
09/30
「隼機関」 7
shinbashi 07

9・22・07 西村幸祐さんと、新橋駅前の機関車の前で記念写真を一発。旨い「かけ蕎麦」を食い、隣の珈琲店でエスプレッソ。西村さんは情熱家だった。稀有な日本人だ。「隼機関はいい名前です・訴訟でキチンと決着することに賛成だ・あちこちに伝えている」であった。ご著書を頂いた。隼の戦友です。クリックで拡大。

                  ***

「一回きちんと訴訟で勝負して、
日本は何言われても反撃しないと言う
悪しき認識を払拭する必要がありますよね」

「日本は悪い事は悪いと認めるがいわれの無い
誹謗中傷には断固対決すると言う姿勢を
世界に広く知らしめるチャンスと思います」(ノさん)

                   ***

「マイク・ホンダを再選させない」

9・30・07(日本・朝6時)

(ザカリア) “Either who is right or wrong, how does Japan get out of this situation?”

(伊勢)ホンダ・ラントス・ぺロシ・在米中国系反日団体・WCCW(徐玉子)に対し、日本人有志による「米議会下院慰安婦決議の虚偽・違法性」を伝えることだ。

                    ***

「人間、どの国に生まれようと、その国民の責務とは母国を守り、母国を引き上げることなのだ」  伊勢平次郎

(目標1)

WCCW(徐玉子)はワシントンの韓国ロビー。非営利団体として慰安婦を担ぎ出し、ホンダを代理人に仕立て、日本を貶めた団体だ。平成19年9月1日、隼機関はこの団体を相手方として訴訟する方針を立てた。

*9・28・07、ロスアンゼルスの、伊勢の親友(ユダヤ系)が、大学の同級生で、ワシントンに弁護士事務所を持つ、XXXさんに連絡した。この弁護士の奥さんは地方裁判所の裁判官である。受任してくれることを祈っている。

*BRIEF(2~3ページ)の準備をしている。受任されれば、伊勢はワシントンへ飛ぶ。

(目標2)

マイク・ホンダが、来年11月の選挙で落選することだ。マイク・ホンダの選挙活動を予め精査して看視する。かけ声は、“BRING HONDA DOWN”なのだ。

(親中派・民主党ホンダらに逆風が吹いている)

NORMAN HSUが自首。違法政治献金疑惑だ。連邦捜査局がホンダの事務所(GRORIA・CHANGが広報担当)に入る。NORMAN・HSU ~GRORIA・CHAN~世界抗日戦争史実維護連合会へと捜査の手が伸びる。JAPAN TIMESの記事では、HSUは、最長45年間の実刑だそうだ。量刑を軽くするために、「ゲロ」を吐く。藩主ホンダは寝られない。そこへ、隼の攻撃。「泣き面に蜂作戦」とでも呼ぼうかな、、来年、ホンダ陣は戦費が枯渇する。「マイク・ホンダ辞任」は夢ではない。

                  ***

(隼募金)

*弁護士が決定すれば、募金を行う必用がある。NPO法人を起こすことは時間がかかる。西村さんは、「任意団体で口座を開く・弁護士か、行政書士か、会計事務所を加えて、規則を作り・監査役を付ける」などのヒントをくれた。みなさん、ご意見を下さいな。

***

(UCLA反日集会について)

日本人さんが、次のように投稿している。こういった集会が「合法」なのは、慰安婦決議を通した米下院のぺロシ民主党なのだ。**対処方はネットで呼びかけて、在米韓国人・中国人の商売に経済制裁を加えることだ。つまり、不買運動だ。韓国料理・中華料理店などへ行かないことだ。中韓の人間を雇わないことだ。これは、当然、合法だからだ。

>[クッキー地球村=アメリカ]日本軍の慰安婦強制動員と人権蹂躙を告発する国際学術大会が、10月 4日から7日までアメリカで初めて開かれる。

米カルフォルニア州立大学ロサンゼルスキャンパス(UCLA)で開かれる「日本軍性奴隷問題 解決のための世界大会」には米下院の慰安婦決議通過を主導したマイク・ホンダ議員はもちろん、11ヶ国の人権関連非政府機構(NGO)と韓国・中国・フィリピン・インドネシア・オーストラリア・オランダに居住する慰安婦出身のお婆さん、国際法律家、教授などが大挙参加する<

** だ・か・ら、訴訟を急ぐ。 伊勢平次郎  ルイジアナ


Copyright © 2005 隼速報.
all rights reserved.