FC2ブログ
管理人は、アメリカ南部・ルイジアナ住人、伊勢平次郎(78)です。
09 * 2007/10 * 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
10/25
「隼機関」 9
alligator

ニュー・アイベリアは「新スペイン」の意味である。アメリカ南部でも、ここは、最南部だ。つまり、そこからは「メキシコ湾」という鉛色の海なのだ。世界でも有数のエビと牡蠣の大産地だ。アベビルという町は島だ。そこに、タバスコの本拠地がある。赤土の地下6メートルには、エベレスト山ほどのサイズの塩塊が埋まっており、周りの土中は、良質の原油と天然ガスの宝庫なのだ。その地上には「赤い空向き唐辛子」が群生する。タバスコとは、「蒸し暑い」というマヤ語である。島の周りのバイヨウ(流れる沼)は鰐の子供の天国だった。うっかり、水辺に立っていると足をかまれる。「危険」サインを見てびっくりした。クリック拡大。

                  ***
10・25・07(日本・正午)

Attn: President Dr. Larry A. Mercer:

10/26/07

Dear President Mercer

I would like to know whether Prof. Soh Okcha is an employee of your college. Let it be known that she is chairperson of an organization named WCCW which has since disappeared on the Web in the last few days. For decades she has been teaching hatred toward the Japanese and this has created a serious tension between Koreans and Japanese in the U.S. And Japan. We believe her intent is politically motivated. She has considered herself a Christian; do Christians behave in this manner? I never met a Christian who teaches hatred toward one country and its people.

Please see "JUSTICE" in this blog ; http://bomanchu.blog81.fc2.com/blog-entry-16.html

Thank you, Nobuyoshi Ozaki


(和訳)徐玉子教授が貴大学に雇われていることを確認致したい。徐が、WCCWという団体の発起人であることをご存知のはず。なぜか、この団体は、ここ数日、ウエブサイトで見る事が出来ない。この「徐」という人は、何十年にも亘って、日本人を憎悪することを教えて来た。この行為が、在米韓国人と在米日本人の間に、さらに、日本国内の、当2国民の間に深刻な緊張を起こしている。私たちは、徐の動機が政治的なものと信じている。彼女はクリスチャンと自分では思っている。だが、クリスチャンとは、このような振る舞いをする人たちなのか?わたしは、「日本国民を憎む」ことを教えるクリスチャンに、一度も、会ったことがない。

(解説1)この書簡を、WASHINGTON BIBLE COLLEGEの学長(DEAN)に郵送する。さらに、「韓国人学生バージニアテック乱射事件」を足し、一部分を書き換えて、全米の有名大学200校・アイビーリーグに「日本憎悪集会」を許可せぬように通知する。

(解説2)さらに、明日は、シーファー駐日大使に屈辱を与える目的で、「来月、新テロ特措法が通らない場合は、この駐日米国大使の傲慢な発言にある」という英文ブログを書く。ホワイトハウス・駐日米国大使館・DC国務省、WP・NYTIMES・LATIMES・在米日系新聞社数社に郵送し、メールする。

                 ***

「一回きちんと訴訟で勝負して、
日本は何言われても反撃しないと言う
悪しき認識を払拭する必要がありますよね」

「日本は悪い事は悪いと認めるがいわれの無い
誹謗中傷には断固対決すると言う姿勢を
世界に広く知らしめるチャンスと思います」(ノさん)

                ***

(ザカリア) “Either who is right or wrong, how does Japan get out of this situation?”

(回答)ホンダ・ラントス・ぺロシ・在米中国系反日団体・WCCW(徐玉子)に対し、日本人有志による「米議会下院慰安婦決議の虚偽・違法性」を伝える。この2団体を被告とし、「名誉毀損・精神的苦痛への賠償」の裁判理由で訴訟を準備する。*戦術に変更がある。解説を読んで下さい。

                    ***

「人間、どの国に生まれようと、その国民の責務とは母国を守り、母国を引き上げることなのだ」  伊勢平次郎

(目標1)

WCCW(徐玉子)はワシントンの韓国ロビー。非営利団体として慰安婦を担ぎ出し、ホンダを代理人に仕立て、日本を「20万人性奴隷の劣等国」と貶めた団体だ。平成19年9月1日、隼機関はこの「WCCW」、及び、「世界抗日戦争史実維護連合会(イグナシアス・ディン)」を相手方として訴訟する方針を立てた。その他、「NY TIMES・LA TIMES・WASHINGTON POSTの記者も訴訟対象になるか」聞いているところだ。

>「世界抗日戦争史実維護連合会」という中国系の人たちによる組織がどんな主張を続けているのか、日本側としても、いつも正確に認識しておく必要があります。(古森義久さん)<

>同連合会のイグナシアス・ディン副会長が日系新聞の羅府新報に送った投書で、「日本軍は12歳から14歳の少女たちを中国、朝鮮、フィリピン、その他の諸国で、家庭から、農場から、あるいは街路から拉致していた」と断言しているのです<

(目標2)

マイク・ホンダが、来年11月の選挙で落選することだ。マイク・ホンダの選挙資金を枯渇させて潰す。かけ声は、゛BRING HONDA DOWN″なのだ。

                 ***

(解説)

1)DCの弁護士さん、E・K氏が、「政治上の名誉毀損訴訟は米国裁判所は、“政治上の発言の自由”が理由で敬遠する」「日本憎悪集会を中止させる手段を名誉毀損訴訟以外で考えよ」「学級で人種差別を受けたために、登校できなくなったなどは訴訟が可能」だそうだ。そこで、伊勢は「人種差別相談の窓口」を開く計画である。

E・Kさんは続けた、「隼ブログを読むと、反日団体は、全米各地の大学のキャンパスを使っている。その大学の学長たちは、州政府・連邦政府から、減税・助成金の待遇を受けている。学長(DEAN)に、抗議文を出せ」「決議の廃棄が可能なのか、二人の米国議会下院専門のロビイストの意見を聞いてあげる。1~2週間は待て」だった。

               ***

(隼機関の活動方針)

VENOMさん・GRIPENさん・MASAOさんと、伊勢の4者で討論中。まとまったら、NARIYUKIさん・RISURISUさんに報告する。なぜ、4人なのか?この3役員さんらとは、「繊細な多くの案件」を討議して来た。まあ、「話しやすい」ちゅうことだけだ。誤解のないように願います。週末には「隼の活動計画」「隼の目標」「隼の組織」を発表する。「ぶぅちゃん」から、HPの構築には、ロゴもだが、「明確なる目標」が重要と忠告があった。わかっているよ、、


               ***

(UCLAの反日集会について)

「日本人憎悪決起大会」は、案の定、失敗だった。UCLAの学長が警戒した様子が見える。抗議文が届いたからだ。ジェーン・フォンダも現われなかった。「華僑・韓国人・朝鮮人・ホンダの、ポンジー商法」の典型だ。 だが、こういった集会を元気付けたのは、慰安婦決議を通した米下院の、マイク・ホンダ、トム・ラントス、ナンシー・ぺロシ民主党なのだ。

日本人の正念場なのだ。隼有志は、広くネットで呼びかけて、在米韓国人・中国人の商売に経済制裁を加えることだ。つまり、不買運動だ。韓国料理・中華料理店・中韓系企業などへ行かないことだ。そんなもん喰えば、腹壊す!中・韓・朝の人間を雇わないことだ。さらに、在米日系企業は、ぺロシ民主党に政治献金を行わないことだ。日本人の根性の見せ所なのだ。

伊勢平次郎 ルイジアナ





           
Copyright © 2005 隼速報.
all rights reserved.