2008/09/30 (Tue) 「ウォール街のパニック」
pelosi turned off gop 9.29.08
共和党下院議員を怒らせたペロシ。7000億ドルを国庫から拠出する米金融危機回避法案が米議会下院(ハウス)で採択されなかった。共和党指導者たちは、米民主党・下院議長のナンシー・ペロシを「民主党の95票を説得出来なかった」と非難した。さらに、「投票前にペロシが行った、ブッシュ共和党政権非難演説は民主党を有利とする目的であり、一瞬にして、共和党議員の怒りを買ったのだ」と語った。民主党はこの批判をせせら笑った。NYダウは、一気に下がった。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                             ~~~

Washington Post Staff Writers
Monday, September 29, 2008

228票・対・205票の僅差で、金融大恐慌以来の財政出動である同法案は可決されなかった。ここ11日間、日夜、討論されてきた法案である。ハンク・ポールソン財務長官は「緊急法案を早く可決しないと、住宅や、他のローンの貸し出しが停止する」と警告していた。

開票の結果は、民主党95票と共和党130票の反対で否決された。反対の理由は、大統領選挙と同時に、11月に行われる下院議員(3分の1)の選挙で、再選を望む議員が選挙民の怒りを恐れたものである。ちなみに、民主党140票と、共和党65表は賛成に回った。

the worst US president 9.29.08
世界史上ワーストのアメリカの大統領。この男のおかげで、無実のイラク市民が殺され、世界の経済は傾いた。本人は反抗的だ。自分の間違いを認めないのだ。マケインが大統領に選ばれるという保証などない。ウチのでも、「国防には、マケインが良いんだ」という説得にゼッタイに応じないのだ。それほど、ブッシュと共和党は嫌われてしまったということだ。だが、オバマが「うまくやる」という保証もない。米軍が、オバマの公約のように、16ヶ月で撤退すれば、戦死した4200名の若い米兵、25000人の負傷兵も、1兆ドルの戦費も無駄になるだろう。ブッシュのギャンブルですったカネということだ。イラクは、イランと同様の、反米・反イスラエル、イスラム原理主義者の国家となる。THEOCRACY(神権国家)というものだ。

ブッシュは「頼むから、法案を一日も早く通してくれ」と懇願した。子供のように、反抗的な態度になったり、泣き出しそうな表情を見せた。

しかし、両党の指導者たちは、10月2日木曜日に再び、討論をして採決を図ると述べた。(火曜・水曜は、ユダヤ教の祭日、ロシェ・シャナだからである。つまり、ユダヤ人議員らは出席しない。伊勢)

先週木曜日以来の怒鳴りあい(SHOUTING・MATCH)を含むところの激論を終えて、いよいよ、投票を開始するというとき、ペロシ下院議長が演説を行った。「この7000億ドルもの国庫からの財政拠出は、全く、ブッシュ政権の経済政策の失敗によるものだ~無謀な予算法案を強行したからだ~自分のやり方を押し通すメンタリテイだからだ~規制もせず~野放しにして~自制心のないやり方によって引き起こされたものだ」と糾弾した。

共和党議員たちは「こんな法案を喜ぶ人間などいない。そこへ、この爆弾だ。賛成する気でいた議員が反対に回ったのは当然だ」と怒った。

(解説1)ウォール街は、法案否決を聞いて、売りに走った。778ドルの下落である。これは、一日に、8.7%下落したということなのだ。伊勢夫婦は、老後の保障目的に、トヨタ自動車株を300万円相当持っていたが、一年前には130ドルだった株価が、今日は84ドルに下がっている。ハウスの価値は、一年間で16%下がっている。

(解説2)欧州(仏・独・ベルギー)と英国は、「金融危機緊急会議」を行うと発表して、日米の参加も呼びかけた。一方、アメリカの大手ワコビア銀行が、シティ銀行に買収され、最大の銀行であるワシントン・ミューチュアル(WAMU)が破綻した。これら、破綻や買収の原因となった「不良債権」を、この7000億ドルの緊急法案が救出することになっていたのである。だが、アメリカ市民は、この「金融大津波」を、ようやく、理解し始めた。「やがて、国民の負担」になるものだと。

(解説3)在米41年を超える伊勢といえども、今後の憶測は不可能なのだ。大統領選挙もだ。ただ、明らかなのは、米ドルの信用力の低下~リストラによる失業~インフレだ。先週6.1%の失業率は、今日7%のはずと、経済ニュース。世界は、ミニ・金融恐慌へと向かっていると言える。

(解説4)麻生太郎さんは、所信演説で小沢一郎の民主党に「果たし状」を突き付けた。福田氏がやっていた協調路線では、良心のない小沢の抵抗に翻弄されるからだ。福田氏は性格が弱い人間だったのだ。「果たし状」は当然だ。小沢らが、麻生さんの質問に誠意を持って答えないならば、来年の9月30日の満期まで衆議院を解散するべきではない。頼むから、そうしてくれ!

伊勢平次郎 ルイジアナ


「お知らせ」

「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画の目的募金を、来月10月30日を以って、終了と致します。そこから、先は、出版の日まで、伊勢のファンナンスで行います。ご献金された方々に、心底から感謝をしております。この人々は、わしの兄弟姉妹であります。共同出版者であります。

横浜の姉の集計を確認しています。ここ1両日で発表し、ご献金者の方々のリスト(GRIPENさん待ち)が完成しだいに、ご献金者の方々のみに、電子メールで、収支を報告させていただきます。以上、謹んで、お知らせ致します。 伊勢平次郎 



「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) PAYPALの口座

1)NIPPONFALCONS@GMAIL.COM
*PAYPAL口座をお持ちであれば、上のメールアドレスに送金が可能です。

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えなのである。マラソンだが、自信過剰である。伊勢は、女運・金運・強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08
(134)SI~30000  大金を有難う。メールをくださいな。              9・10・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。*間違いを指摘してください。伊勢

                           







2008/09/28 (Sun) 「北朝鮮ラスト・チャンス」

2001年9月11日、マンハッタンが攻撃されたことを耳打ちされるブッシュ。ブッシュは「世界は平和で、何もしなくてもいい大統領」と言われていた。教育に熱心な大統領と歌い上げ、小学生に物語を読んでいた、そのとき、、伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                           ~~~

By Glenn Kessler
Washington Post
Sunday, September 28, 2008

この9月の最後の週、米国務省次官のクリストファー・ヒル米国代表は北朝鮮へ飛ぶプランだ。それは「ラスト・チャンス」といわれるものだ。

先週、北朝鮮が「プルトニウム再処理を再開する」と声明を出したことは、アメリカの今までの努力を無に帰する後退だからだ。

この一週間、国連は賑やかだった。ライス長官とヒル次官は、NYで六カ国協議のメンバーに会った。「われわれは、平譲に、“せっかくの進歩を後退させないように”と、できる限りの強いメッセージを出した」とライス。

yongbyon
去る6月、吹奏楽とともに、遼寧(ヨンビョン)の核空冷タワーはダイナマイトで爆破された。同時に、北朝鮮は、アメリカの要求に応じるように、プルトニウムのリポートを出すと声明した。また、リアクターを再び稼動できない作業も始めた。

ところが、先週になると、北朝鮮はいきなり、プルトニウム再処理を開始する動きに出た。2年はかかると思われていた、再処理は数週間で可能のようだ。40キログラムは取り出せるだろう。それは、核爆弾6個の量なのだ。

この朝鮮人の豹変だが、それは、アメリカ政府の検証工程で、シリヤへ提供したとされるウラニウム分離技術(昨年、イスラエル空軍に爆破された)が明らかになることを恐れたのである。明らかになれば、テロ支国家からのリストから外されない。

米国の外交専門家は「その検証手続きは、朝鮮人の心理には過酷なのだ」、また、もうひとつの意見は「朝鮮人は、始めから、ほんのサンプル抽出の約束さえも守る気はない」であった。

来週に平譲へ飛ぶプランのヒル代表は、ひとつのアイデアがあると。それは、北朝鮮が北京に自分たちの検証方法を提出し~それを受けて、ブッシュ大統領が「臨時テロリスト支援国家解除」を提示する~朝鮮人の面子は保たれる~平譲の提出した検証方法に沿って、検証を実施するというものだ。

「われわれ、米国は検証方法の外交手段が必要だ。それは、われわれが、その検証方法が確かなものであることを必要とする。未解決の案件を解決できるという確信が必要だ」とライスは、ロイターに語った。

(解説)この記事は、7000億ドル公的資金・金融混迷ニュースと、大統領候補のテレビ討論の、二大ホット・ニュースのはざまで、ピカと光って出たが、10分もすると掻き消えた。この意味するところは、ブッシュ政権は、北朝鮮を持て余したということのようだ。ブッシュ政権は時間切れに近い。このまま、未解決で次期大統領に引き渡されるのか、自負があるなら空爆に踏み切るかだ。この男は何をやってもダメだねえ!

伊勢平次郎 ルイジアナ



2008/09/27 (Sat) 「マケインVSオバマ・第一回テレビ討論」
ole miss 9.26.08
「OLE・MISS」というニックネームのミシシッピー・オックスフォード大学で、大統領候補の第一回テレビ討論が行われた。アメリカが直面する金融混乱の収拾策とイラク・アフガニスタン・イラン・ロシアが議題だった。外では、OLE・MISSこと婚期をとうに過ぎた南部娘のミスが呼び物だった。“わたしはオールド・ミスよ。反抗的”とスカートにかいてある。ミスはミシシッピーの頭文字でもある。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                            ~~~

oxford ole miss 9.26.08

CNNに招待されたジャーナリストは、贔屓の政党がある。だが、どちらの候補も傷つけない気配りがあった。問題は、リベラルのCNNの司会者らだ。例えば、テレビを観た大衆に電話をかけて世論調査をしたことだ。中立を心がける、CNNのジョン・キングは「テレビを観たのは、圧倒的に民主党贔屓だから、結果がオバマ勝利に傾いている」と。だが、ニューズ・ウイークのベテラン記者は「マケインは、一貫して自信を見せた。五分五分だ」と。

女性の記者は「オバマはマケインを“ジョン”と呼び、マケインはオバマを“オバマ議員”と呼んだ。オバマは、先輩に対して尊敬が不足だ。マイナス要因だ」と。

保守系ラジオアナウンサーは「マケインは何度も、オバマは、“安全保障を解っていない”といい、オバマは、何度も、“ジョンは正しい”と認めた。この意味するところは、マケインが総司令官として適し、オバマは防戦に立たされたということだ」と。

(解説1)わが在米人生で、9回は大統領選の公開テレビ討論を観た。今夜のデベイトは盛り上がる熱気はなかった。個人的な観察だが、金融問題では、両候補とも明確ではなく、経済政策では保守とリベラルの経済哲学の相違が明らかだった。マケインは減税と支出削減で雇用を作り、医療などは政府が干渉しないとした。オバマは中間層中心に幅広く減税し、基本的な国民保険の支給という直接救済策だ。また、オバマは、よく、どもった。だが、公開討論の重圧に慣れたようだ。マケインは終始落ち着いていたし、若者を見下すことはなく、にっこりして良い印象を与えた。

(解説2)イラクに関しては、オバマは「勝っても、負けても、16ヶ月で撤退」と。マケインは「改善しているのだから、中東が安定するまで撤退期限を決めない」と。民主党~反戦思想の大衆はオバマを支持。だが、リベラルの記者たちも、マケインが、戦時の総司令官として、オバマや、ブッシュよりも、まさっていることを認めた。

(解説3)今夜のデベイトは、引き分けよりも、マケインが国防では、ダントツにまさっているということだ。オハイオ州の、インデペンデントの10%は「まだ、決められない」とである。だが、「オバマに好印象を得た」とも、、

*来週の10月2日の夜、副大統領候補のテレビ討論がある。サラ・ペイリンは、ジョー・バイデンに比べて、外交のど素人である。だが、それが、選挙の結果と繋がるかとはわからない。バイデンは気をつけるべきだ。女性蔑視と取られたら、討論に勝っても、選挙で負けるのだ。大衆心理はわからないものだから。

(速報)W・POSTは、NY・TIMESよりも右だが、リベラルに傾く。POSTの、MIKE・GILLIZA記者は「今夜のデベイトの主役はマケインに見えた。たじろぐ様子がなかったからだ。一方のオバマは、“条件を付けず、イランの大統領と会う用意がある”としことを、マケインに批判されて、攻撃は予期されていたにも拘わらず、たじろいだ。聴視者というのは、聞いたことばよりも、印象で判断するものだ。すると、マケインが上手(うわて)だったと見えた」と冒頭に書いている。POSTにしては、珍しい記事だ。この新聞社が、ワシントンにあるからだろうか?伊勢

伊勢平次郎 ルイジアナ

(お知らせ) 9・9・08、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。また、マケイン・ボランティア監督からメールがあった。「防衛で、日本とアメリカは話し合わなければならない」と、マケインさんに伝えてもらうよう依頼してある。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) PAYPALの口座

1)NIPPONFALCONS@GMAIL.COM
*PAYPAL口座をお持ちであれば、上のメールアドレスに送金が可能です。

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えなのである。マラソンだが、自信過剰である。伊勢は、女運・金運・強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08
(134)SI~30000  大金を有難う。メールをくださいな。              9・10・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。


2008/09/25 (Thu) 「大恐慌から学ぶか?」
great depression migrant mother
1936年3月、金融大恐慌が世界中に暴威を振るった。32歳のフローレンス・トンプソンは、七人の子供を抱えていた。彼女の一家は、中央平原から、南カリホルニアへ移住して行った。彼女の仕事は、一日中、サヤエンドウをもぎる作業だった。パモナ(ロス郊外)の農園で、子供たちを養うために働いた。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                              ~~~

世界経済恐慌は、一般に「大恐慌」と呼ばれている全世界を覆い尽くした経済破綻のことである。1929年、世界のほとんどの地域で景気後退(リセッション)が始まった。その終焉は各国によって異なるが、1930~1940年の期間とされる。「大恐慌」と名付けられたのも、近代史で最も顕著な経済上の出来事だからである。21世紀の経済を語るとき、「大恐慌に比べて、どれだけ経済は後退しているか?」という基準に使われた。

大恐慌はアメリカ合衆国に始まった。1929年、10月29日、「ブラック・チューズデイ」と後世まで語られる、ニューヨークのウォール街の証券取引所で起こった株価大暴落をスタート点とする。今日でいうところの、「金融システム・メルトダウン」である。その大恐慌が鎮火の兆しを見せ始めたのは、1939年、第二次世界大戦が始まり、軍需景気がアメリカ経済の牽引車となったときである。つまり、10年間、低迷が続いたのである。

大恐慌は、先進国の経済はもとより、まだ多くの国が、帝国の植民地だったことから世界中に広がって行った。一家は収入を失い~国は税収を失い~価格は、限りなく下落し~利益を産まなかった。中でも重工業が最も悲惨だったが、土木建設業は完全に停止した。農業は、農産物の価格の下落(40%~60%暴落した)によって、銀行ローンの支払い不能が起きた。日本も同じである。1932年の226事件や、満州事変が起こった。東北では「娘売ります相談所」という張り紙が村役場に出された。

アメリカでは、失業者があふれ出したために、第一次産業と呼ばれる、炭鉱~森林伐採~農業が最も大きな被害を受けた。それでも、アメリカ人は楽観的だった。ジョン・ロックフェラーは当時を回顧して、「93年間のわたしの生涯において、大小の経済恐慌は何度か起きた。米国市民は失意した。だが、常に復帰した」と語っている。

大恐慌が終息した時期は各国によって違う。ほとんどの国は、救済政策(RTC/BAILOUT)を設立した。だが、経済不安から政争が起きた。その結果、その国民は、右か左へと、極端に傾斜した。ある国の国民は自暴自棄となり、全体主義者の政治宣伝に吸い寄せられて行った。最も、著名なのが、世界第二次大戦の発端を作り出した、ナチス党の、アドルフ・ヒットラーである。日本の軍国主義もこの範囲に入る。すべては「経済」の安定なのだ。「いきなり、日本海軍が真珠湾を急襲したから、アメリカは参戦した」という歴史認識が陳腐であることは明白だ。

Hitler_1928 hermann goring
1928年、不況に乗じて、国家社会主義ドイツ労働者党 (ナチス)を結成して、たちまち、権力を握ったヒットラー総統。手を高く挙げているのがヒットラー。

ozawa ichiro hitler
民主党党首の小沢一郎(66)を、現代日本のヒットラーと名付けては酷だろうか?愛国者を装っているが、とにかく、人相が悪いねえ!在日朝鮮人と一緒になって、日本を乗っ取る計画を持っている男と聞く。すると、パチンコ屋からカネをもらっている?

fukuda onkaho 12.30.07
この、つまらん人間も消えた。もう、話にも出ないだろう。 

(解説)米議会VS米財務省ポールソン長官のせめぎ合いが続いている。今日のW・POST~NY・TIMESの見出しが、「ウォール街の混乱」なのだ。長官も、連銀議長も、「日曜日までが限界だ」と恐慌を警告した。マケインはオバマに対して、金曜日夜のテレビ討論会をキャンセルするようにオファーした。だが、オバマは拒否している。WP紙のブログの百に余るコメントを読んでみた。過半数がマケインが正しいと。つまり、「たった今、国家の危機なのだから、政治討論は後でも良い」という意見だった。アメリカの有権者は迷っているのだ。日本人の伊勢爺は静観しているが、、

(速報)今夜30分前、ブッシュはテレビで、国民に「7000億ドルの不良債権買取救済案を支援するように。失敗すれば、大恐慌に至る」と話した。ついで、オバマと、マケインに電話をかけて、明日木曜日の午後にホワイトハウスへ来るように命じた。つまり、オバマは、ブッシュ・マケインとの協議を避けられないことになったわけだよ。 は、は、は


オバマ~ブッシュ~マケインは、木曜日の午後、ホワイトハウスででRTC( 不良債権回収)の詰め合わせを協議する。実際は議会の承認だが、ブッシュが大統領候補者の二人を呼び寄せたことは、法案を通過させる圧力となるため、マケインに有利と受け取られている。

伊勢平次郎 ルイジアナ

(お知らせ) 9・9・08、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。また、マケイン・ボランティア監督からメールがあった。「防衛で、日本とアメリカは話し合わなければならない」と、マケインさんに伝えてもらうよう依頼してある。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) PAYPALの口座

1)NIPPONFALCONS@GMAIL.COM
*PAYPAL口座をお持ちであれば、上のメールアドレスに送金が可能です。

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えなのである。マラソンだが、自信過剰である。伊勢は、女運・金運・強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08
(134)SI~30000  大金を有難う。メールをくださいな。              9・10・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。





2008/09/22 (Mon) 「五人の元国務長官に聞く」
former secretyary of state
クリストファー長官(米国人83)~キッシンジャー長官(ドイツ生まれのユダヤ人85)~オルブライト長官(プラハ生まれのユダヤ人71)~ベーカー長官(テキサス生まれ78)~パウエル長官(ニューヨーク・ハーレム生まれのジャマイカ島人71)の元国務長官(外務大臣にあたる)五人が一堂に集まった。かくしゃくとした老紳士たちと、淑女ひとりだ。大仕事を成し遂げた古年次兵たちが、忌憚なきアドバイスを次期大統領に進呈した。現在のアメリカを憂いているからである。

同志のみなさんが、このエントリを読まれる頃には、麻生太郎(68)さんが、自民党総裁に選ばれているであろう。麻生首相と、日本に栄光あれ! 伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                            ~~~

「五人の元国務長官たちに聞く」

CNN 特別番組 2008年9月20日(土曜日)


パネリスト:ワーレン・クリストファー、マデリーン・オルブライト、ヘンリー・キッシンジャー、ジェイムス・ベーカー、コーリン・パウエル

“オバマ”という名も、“マケイン”という名も出なかった。五人の元国務長官たちが、一堂に集まって、次期大統領にアドバイスを与えた。司会者は、1)イラク戦争・アフガニスタン戦争をどうする? 2)アメリカの同盟国との協力と世界におけるアメリカの威信の後退はどうする?という二つの課題を聞いた。

五人のパネリストは、「次期大統領は、最初の日から、世界が直面している数々の問題に猛然と立ち向かっていく心構えがなければならない」と一様に述べた。最初に、パウエル長官(ブッシュ一期目)が口を開いた。「新大統領は、海外の同盟国との絆(きずな)を強化しなければならない」と答えた。「外国と一緒にワークが可能ならば、それが、強さの兆しだ」と、ビル・クリントン二期目のマダム・オルブライト長官が続いた。

司会者のアマンポールは、「アメリカの影響力の低下は歴史的なものだ」と、歴史的にアメリカの同盟国である国々の反米パーセントをスクリーンに映して見せた。(トルコは70%、英国は60%、ドイツ、フランスと続く、、)

「アメリカが人気があるとか、愛されているとかは気にならない。しかし、尊敬されているかどうかが問題だ」とベーカー長官。(尊敬の意味するところは、日本も同じのはずだ。なぜ、それなら、マイク・ホンダら、米民主党は、アジア太平洋で、最も大事なはずの同盟国日本を貶めたのか?伊勢

アマンポールは「今日は、所属の政党を横に置いて、両党が共通の、気候の変化~拷問~多国間の協力についてアドバイスをしてください」と聞いた。

ベーカーは「キューバの、グアンタナモ戦犯刑務所は閉鎖しなければいけない。アメリカの名声を傷つけている深刻な汚点だ」と答えた。

オルブライトは「アフガニスタンと、パキスタンは、世界の偏頭痛だ。もっと、大局的な見地から取り組むべきだ」と述べ、他の長官たち全員が「軍事、外交の両方に資本をいえれなければならない」と共鳴した。

「外務局よりも、ペンタゴンに法律家が多い。もっと、外交努力を強化する必要がある」とクリストファー。

8月の、ロシア・グルジア紛争に関して、パネリストの誰もが、明白に、グルジアを支持しなかった。「短絡的に、片っ方に味方することは注意するべきだ」とパウエル。ニクソン政権の国務長官だったキッシンジャーは、対ロシア外交のベテランだ。「USは、ロシアに積極的に接触するべきだ。協力可能な米露共通の利益を探るべきだ」と述べた。「今のロシアは民主的ではない。だが、昔のソ連ではない」と加えた。

イラクに関して、前長官たちは「米軍が撤退するに連れて、イラク人に自国の責任を担うように 、いっそうの圧力をかけること」を提唱した。「駐留軍の兵員を減らすことを明白にすると同時に、その工程表はイラクの土の上で、何が起きているかという条件に拠る」とパウエルが加えた。.「スンニと、シーアイのもつれは、最終的に整理されなければならない」とオルブライト。

「オバマを大統領に選ぶことは、世界史に残る意義があるか?」と聴衆の一人が聞いた。「そういう出来事は世界に電流を流す」と、オバマ、マケイン両陣営から声を掛けられたパウエル。だが、どちらの候補を支持すると決めていないと。「最後まで、見極めてから決める。自分も黒人だが、わたしは、1にも、2にも、アメリカ人だ」と加えた。(拍手が起こる)

                     ~~~

「素晴らしい意見だった。大統領候補の討論よりも興味を持った」とジョージタウン大学の学長。「外交官の大変貴重な物の見方だった。アメリカの重鎮たちのイデオロギー上の違いがよく理解できた。それに、口喧嘩がなかったことに尊敬を持った」と学生。


(解説1)お互いをファースト・ネームで、「ヘンリー、マデリーン、コーリン、ジェームス」と呼び合い、ジョークも飛び出し、和気あいあいであった。米国務長官は、日本の外務大臣にあたる。外交はどこの国にも難しい課題だ。とくに、アメリカは、ウエストの代表なので難しい。この番組は、イラン~シリア~イスラエルに及んで、もっと長かったが、CNNは要点だけに絞ったようだ。それでも、元長官たちの言葉の、一句一句を咀嚼(そしゃく)すると、アメリカの外交官の頭脳の中が、何となく理解できるではありませんか。一貫しているのが、1)同盟国との絆を強化する。2)イラクの米軍撤退時期を設定していない。3)ロシアを敵にまわさない。4)ブッシュの一国主義に賛成しないということのようだ。伊勢爺はね、ここで述べられたアドバイスのすべてに賛成だし、そのように発言してきた。信念が共通していてうれしかった。

(解説2)アジア太平洋が話題に上らなかった。伊勢が会場におれば、「中国の軍事台頭はどう考える?台湾有事には?揺らぐ日本との軍事同盟は?どんどん“ヘン”になっている北朝鮮の核は?」と、たたみかけただろう。アジアが話題にならなかった意味を考えてみましょう。ご意見をください。

伊勢平次郎 ルイジアナ


(お知らせ) 9・9・08、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。また、マケイン・ボランティア監督からメールがあった。「防衛で、日本とアメリカは話し合わなければならない」と、マケインさんに伝えてもらうよう依頼してある。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) PAYPALの口座

1)NIPPONFALCONS@GMAIL.COM
*PAYPAL口座をお持ちであれば、上のメールアドレスに送金が可能です。

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08
(134)SI~30000  大金を有難う。メールをくださいな。              9・10・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。



2008/09/19 (Fri) 「麻生内閣は早期解散すべきでない」
aso taro
来週には、日本の首相になる麻生太郎(67)さん。一国の首相になるとは、一生一度のことであろう。10月26日にも衆院解散・総選挙といううわさがある。自民党総裁選の余勢が残るうちに出来るだけ前倒しで選挙を行った方が有利との判断があるとかだ。「ちょっと、待った」と言いたい。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                             ~~~

今日のアメリカのメディアは「世界の金融システムが溶解する危険がある」と一日中討論がされて、ポールソン財務長官が議会で、888ビリオン・ドル(94兆円に相当する)の公的資金で、大手保険会社~大手投資銀行~住宅金融2公社の保有株買取~不良債権買取の救済策を発表した。この中には、今年だけでも、持ち家を失ったという250万軒の救済はない。それらの政策は次期大統領の政策に任される。だが、ジョゼフ・スティグリッツ(ノーベル賞受賞経済学者)は、2~3トリリオン・ドル(200~300兆円)というカネは出せない。救済すべきだが、実行は困難だと。また、スージー・オルソン(投資専門家)は、CNNで、「アクションが遅かった。だが、始まった事は良いことだ。需要と供給~政策~政府管理~国民の心理が経済の要素なのだ。米国国民が自信を取り戻せば克服できる」と。

日本、60ビリオン・ドル~欧州中央銀行、110ビリオン~カナダ、10ビリオンが、今朝3時に米連銀に貸付された。強調して、米ドルを支えるためだ。さらに、追加されるだろう。他の国は、自国の金融市場を支えるのみとなった。

「麻生太郎新首相が生まれても、日本の政治は混迷する~日本の国際協力は鈍る~日米関係は後退する」と米国議会調査局(CRS)の報告だ。反日・反マケイン新聞、ニューヨーク・タイムズは、「麻生内閣は、口紅をぬった豚だ」と小沢民主党を応援する気なのか?朝鮮人の大西が書いたのかな?韓国経済の破綻が明らかなのでおとなしいが、、

麻生さんは、小沢民主党を恐れる必要はない。解散権はあなたが持っている。早期解散を断るべきだ。朝鮮半島に砲声が鳴り響く可能性が高い。この時期、政治空白を作ることに反対だ。少なくとも、次期米大統領が宣誓(1月22日)するまで保留すべきだ。日本国民の生活と~治安~防衛を、第一優先に考えて頂きたいからだ。

伊勢平次郎 ルイジアナ

(お知らせ) 9・9・08、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。また、マケイン・ボランティア監督からメールがあった。「防衛で、日本とアメリカは話し合わなければならない」と、マケインさんに伝えてもらうよう依頼してある。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) PAYPALの口座

1)NIPPONFALCONS@GMAIL.COM
*PAYPAL口座をお持ちであれば、上のメールアドレスに送金が可能です。

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08
(134)SI~30000  大金を有難う。メールをくださいな。              9・10・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。





2008/09/17 (Wed) 「朝鮮ルーレット」
nk missile launch pad 6.08
北朝鮮の西北東にあるミサイル発射基地。06年の発射テスト前に、この写真を撮ったデジタル・グローブ社(DIGITAL・GLOBE INC)はコロラドにある。わしの甥が監督だった会社だ。ロシア製のロケットで衛星を打ち上げる。搭載しているカメラは世界一のものだそうだ。日本の日立製作所なども出資している。クリックで拡大。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                             ~~~

Associated Press
Wed., Sept. 10, 2008

WASHINGTON ; 北朝鮮は密かに、長距離弾道ミサイル(ICBM)基地を建設している。以前の種類よりも、大型である。この情報は、民間の衛星イメージ分析専門家から寄せられた。

ランチ・パッドと呼ばれる発射台は、北朝鮮の北西海岸に8年前から建設が始まった。ジェーン軍事情報グループの分析では、今年の春から活発になったと。以来、商業用衛星写真で追跡していた。

「発射台建設の目的は、テストだ」と、アソシエーテッド・プレスに語った。「この大型基地の意味するところは、テストされる、ミサイルは核弾頭を搭載できる長距離弾道ミサイルということだ」と話した。

By Blaine Harden
Washington Post Foreign Service
Tuesday, September 16, 2008

*記事が長いので要点のみです。伊勢

北朝鮮は、長距離弾道ミサイルに使う、ロケットエンジンのテストを行った。ジェーンズ軍事情報グループの週刊誌は、先週から商業衛星で発射台を監視していた。発射台には車輪が付いており移動可能だ。発射塔は10階のビルに当たると報告した。

ソウルの韓国国防相、リー・サン・ヒーは「発射台は80%完成している」とYONHAPニュース、朝鮮日報に話した。もしも、これらの情報が事実だとすれば、北朝鮮は米国と交渉中の「テロ支援国家リストからの削除」を無視したことになる。さらに、食料が尽きるという深刻な自体を国民の目からそらしているのだ。

2006年、国連安全保障委員会の対北決議は「北朝鮮の弾道弾開発の完全停止~再開しない~検証可能」を要求した。

2007年、U.S.の偵察衛星は発射台でテポドン2が試験されるのを察知した。テポドン2は、2006年に失敗している。

「この改良型テポドン2は、旧型の4150マイルがアラスカに着弾するだけであることに対して、射程は、6200マイルであり、シアトル~サンフランシスコ~ロスアンゼルスにも着弾するものだと」朝鮮日報の記事。YONHAPニュースは「この5月か、6月にロケットエンジンはテスト済だ」と報じている。一方、ジェーンズ軍事情報誌は「発射台は、2年以内に完成する」と書いている。

日本政府は「北朝鮮は200~300個の中距離ミサイルを持っていて、日本の都市のどこでも攻撃が可能だ」と話した。

北朝鮮のミサイルの歴史だが、1999年、北朝鮮は、自発的に「長距離弾道弾は開発しない」と言っていた。つまりモラトリアムだ。ところが、2006年に、突然、テポドン2を発射して失敗している。発射後の40秒で日本海に落ちた。日本の沿岸から320キロの地点だった。


テポドン(TAEPODONG2)2。これが日本国民を大量に殺しても黙っていますか?「殺されても、殺さない」という人(吉永小百合さま?)がいるからね。何か、そんな気がするわな。伊勢


アメリカ生まれのトマホーク。爆薬を大量に積める。核弾頭もOKだ。これを北のミサイル発射台にぶち込め。トマホークは、ジェットエンジンで飛ぶ巡航ミサイルだ。空母、駆逐艦、韓国の基地からも発射できる。ビルの屋上ぎりぎりを飛ぶことができるので撃墜が難しい。中国は開発中だ。日本も考えている。決めたら、簡単だそうだ。だが、九条があるうちは、撃てないことにはなっている。いざというときは、麻生さんなら発射命令を出す。伊勢

                             ~~~

(お知らせ) 9・9・08、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。また、マケイン・ボランティア監督からメールがあった。「防衛で、日本とアメリカは話し合わなければならない」と、マケインさんに伝えてもらうよう依頼してある。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) 米国内からのご送金は、

1)NOBUYOSHI OZAKI
2)CHASE BANK
3)065400137-732033295

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08
(134)SI~30000  大金を有難う。メールをくださいな。              9・10・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。




2008/09/16 (Tue) 「中国原潜領海侵犯事件」その1

1993年の漢級原子力潜水艦405型。中国山東半島を基地にしている。

submarine 9.14.08
9月14日午前7時ごろ、国籍不明の潜水艦が、高知県足摺岬沖の豊後水道周辺で領海侵犯しているのを、訓練していた海上自衛隊のイージス艦「あたご」が、発見した。漢級かどうかは判らないが、4年前に起きた領海侵犯事件を振り返ってみよう。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                           ~~~

2004年の漢級原子力潜水艦領海侵犯事件

2004年(平成16年)11月10日に発生した、中国人民解放海軍の漢型原子力潜水艦が石垣島周辺海域を領海侵犯した事件。日本政府は、海上自衛隊創設以来2度目となる海上警備行動を発令した。

事件の概要

1)中国原潜の太平洋航行

2004年(平成16年)10月中旬、中国の北海艦隊青島海軍基地から漢(ハン)級原子力潜水艦が出港した~潜水艦は、青島から沖縄本島に向かってまっすぐ進み~上海と沖縄本島との中間点付近で針路を南方に取り~10月中旬に宮古島付近を通過してフィリピン海に出た~そして、宮古島南方海域でグアム島に向けて針路を取り~沖ノ鳥島近海を通過して、11月上旬にグアム島に達した。その後、潜水艦はグアム島沖150km地点で島の周りを1周して帰路に就いた。

2)米軍の監視活動

この潜水艦の動きは、出港直後からアメリカ軍により衛星や偵察機によって探知されており、青島沖からはアメリカ海軍の原子力潜水艦により追尾され、アメリカ海軍と海上自衛隊の哨戒機からのパッシブソナー投下により、常時監視されていた。

3)自衛隊の警戒活動

帰路は、往路のさらに南方海域をフィリピンのルソン島に向かって西進し~ルソン島はるか西方で北北西に針路を取り~そのまま石垣島に向かってまっすぐ針路を取った。

海上自衛隊は、共に潜水艦の監視を行っていた中華民国海軍から先島諸島に向かって進行中との通報を受け、海上保安庁とともに潜水艦の大掛かりな追尾を開始した。海上自衛隊は、P-3C哨戒機によるパッシブソナー投下に加え、追尾していることを知らせ、領海侵犯させないよう警告するため、アクティブソナー投下を開始した。さらに、護衛艦「くらま」「ゆうだち」(母港は両艦とも佐世保)を現場海域に派遣し、無線による警告を行った。同時に、中国政府に船舶の問い合わせを行ったが、中国政府から何の返答もなかったことから、国籍不明潜水艦として対応することになった。

4)日本領海侵犯

潜水艦は警告を無視するように北北西に進み~石垣島南方で北に転針すると~11月10日午前5時、潜航したまま石垣島と多良間島間の日本領海を侵犯した。この報を受けて、午前8時45分に海上警備行動が発令された。海上自衛隊は、護衛艦から伸びる曳航式ソナーと、SH-60J対潜ヘリに搭載されているディッピングソナーやP-3Cから投下されるソノブイにより、潜水艦の正確な位置を特定しつつ追跡を行ったが、警告爆撃などは行わなかった。

潜水艦は、東シナ海に出て迷走し、デコイ(おとり)の射出や、エンジン停止を行うなどして必死に追跡をかわそうとした。だが、潜水艦の行動は、数分間のロストがあった程度で完璧にマークされた。やがて潜水艦は中国本土に針路を向け、潜水艦が上海沖に達した段階で海上自衛隊は追尾を中止、海上警備行動を終了した。

5)政府の対応

日本政府は、測定した潜水艦の音波と、海上保安庁航空機が撮影していた潜水艦と見られる写真の分析から、国籍不明潜水艦が中国海軍所属の漢級原子力潜水艦と断定、中国政府に抗議した。中国政府は、中国海軍所属艦が領海侵犯したことを公式に認めたものの、「技術的なトラブルで日本領海に迷い込んだ」として謝罪を拒否、さらに「日本が大げさに事件を騒ぎ立てた」として不快感を表明した。

6)事件の背景

この領海侵犯事件の背景には、中国の外洋志向があるという主張が主に中国脅威論を持論とする論者から提示されている。これによれば中国海軍は、将来的に大洋艦隊を創設することを目指しており、その際に国益を維持する制海権を握るラインとして、「第一列島線」、「第二列島線」を設定した。

これまでの中国海軍は、沿海海軍に過ぎなかったが、台湾有事の際にアメリカ海軍の空母打撃群や原子力潜水艦を足止めする海域として第一列島線を考えており、(今回は逆に米原潜に追尾されて能力の違いを見せ付けられた形だが)「第二列島線」の米原潜基地 グアムへも偵察活動を意図するようになった。

しかし、中国海軍の第一列島線を突破できる海峡は、大隅海峡、奄美大島~宝島、沖縄本島~宮古島、与那国島~台湾、及び台湾海峡の5箇所しかなく、この海峡は日米の哨戒監視網で常に監視されているため、中国海軍の潜水艦が秘密裏に外洋に出るためには、沖縄本島から宮古島周辺にかけての比較的警戒範囲が広く警備の手薄になりがちな海峡に侵入するしかない。そのため、沖縄近海では、中国の海洋調査船が、海水温の分布や海底地形を探査するために、日本政府に無断で日本の排他的経済水域内での海洋調査を続けており、日中政府の懸案になっている。

さらに最近では、東シナ海に敷設されているといわれるアメリカ海軍のSOSUS網を解明するため、時折潜水艦による威力偵察まがいの活動が見受けられるが、それらはすべてアメリカ海軍嘉手納基地のP-3Cによって封殺されていると言われる。

中国海軍の能力は高く、今回の事件でも、追尾を交わすために巧みな操艦術を見せており、中国海軍が東シナ海の詳細な海洋データを蓄積していることを見せ付けた。そのための浅海域の調査を中国は10年以上前からおこなっているが、その成果がここに結実していると見られる。

漢級原子力潜水艦は静粛性が低く、水中雑音が大きい為に、米軍と自衛隊に常にマークされており、1960年代末に設計された同級の性能に問題があったとみなされた。冷戦時代は米ソとも相互の原潜基地を自軍の原潜で監視したし、中国海軍もその段階への成長を意図しているようだが、1960年代末設計の老朽漢級原子力潜水艦では、やはり無理があったといえるだろう。

7)中国の対応

また、中国では外交部の報道官が「技術的な問題により誤って侵入した」として遺憾の意を表明し、「問題は適切な解決をした」とした。しかし、翌日の主要紙では外交部の報道官のこの問題に対しての質疑応答部分が削除され掲載された。

8) 日本の対応

日本は、潜水艦を完璧にマークすることには成功したものの、海上警備行動発令のタイミングが遅れ、潜航したまま30分も領海侵犯されながら、その間必要な対処が出来なかったことが問題になった。事前に、海上保安庁単独では対応できない水中航行する潜水艦と判明していたにもかかわらず、国土交通省と防衛庁との間の調整と政治決断に時間がかかり過ぎたためである。本件の経過を受け、潜水艦のように明らかに海上保安庁では対応不能な不審船事案に関しては、最初から海上自衛隊が対処するよう運用が改められた。

また、当初より漢級原子力潜水艦とわかっていても、最終的な音紋特定に時間がかかり、正式に抗議したのは事件の数日後になった事から、情報確定の困難さ、有事体制発動遅延の可能性が浮き彫りになった。

この事件に関して、稲嶺惠一沖縄県知事を始め、沖縄県内の首長による中国政府への抗議声明は特になく、下地島空港の地元である旧伊良部町(現宮古島市)の一部住民を憤慨させた。翌2005年(平成17年)3月16日、町議会において、下地島空港への自衛隊誘致の請願が可決された。結局、この請願は反対意見の噴出により白紙撤回された。

8)異説

中国側が情報開示を行わなかった為、偶発的もしくは意図的に領海侵犯をしたかについては明らかでない。そのため、日本側では、「警告を無視して意図的に領海侵犯した」との見方が一般的である。ただし軍事評論家の田岡俊次は、自著『北朝鮮・中国はどれだけ恐いか』(朝日新聞出版刊)において「石垣島と西表島を見間違えた航路逸脱」を主張している。それによれば、かつてソ連海軍の核武装した潜水艦がスウェーデンの軍港沖に座礁したウィスキー・オン・ザ・ロックと同様に、無能な潜水艦乗りが犯したお粗末な操船技術が真相であるため、日本側にある程度脅威を与える為に、真相を秘匿したというものである。ただし、偶発的または意図的に侵犯したかについてはいずれも確証あるものでない。 (ウイキペディアから引用した)

                            ~~~

dow chart one year
NYダウの過去一年間のチャートである。アメリカの金融状態がうかがえる。クリックで拡大。

米大手証券会社リーマン・ブラザーズが破綻した。財務長官のポールソンは「国民の血税を使って救助することを一度も考えなかった」と。次はAIG(American International Group)だろうと憶測が流れた。ニューヨーク・ダウは、$504ドル下げて、ついに、$11、000ドル台を割った。ニューヨーク市長のブルーンバーグは「まだ、底まで落ちてはいない」と警告した。バンク・オブ・アメリカが、大手証券中の大手である、メリル・リンチを買収した。この突然の買収は、「まだまだ、リーマンに続く破綻が隠されている」と株式市場に恐怖を与えたのだ。

この激変の嵐の中、クレジット危機に対処するために、米財務省は公的資金の投入を図った。一方の利息管理を預かる連邦銀行準備委員会のバーナンキ議長は、インフレ対策で利息を上げる予定だったところを、逆に引き下げることに決めたのだ。アメリカが打つ手を世界中が注目している。原油の行方が最大の懸念だ。しかし、本日、間違いなく、ゴールドの値段は跳ね上がったのだ。(伊勢夫婦の取引先、チャールス・シュワブの速報より)

(解説)しないことにした。みなさんのご意見を多く聞きたいからだ。

伊勢平次郎 ルイジアナ

  ~~~

(お知らせ) 9・9・08、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) 米国内からのご送金は、

1)NOBUYOSHI OZAKI
2)CHASE BANK
3)065400137-732033295

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08
(134)SI~30000  大金を有難う。メールをくださいな。              9・10・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。




2008/09/13 (Sat) 「爆撃するタイミング」
israel syria bombing
2007年9月6日の真夜中、イスラエル空軍はシリアの核施設を爆撃した。さっき、ペンタゴンは「北朝鮮が、プルトニウム抽出施設の復旧作業を始めた~金正日が脳卒中で倒れる前に命令したのだろう」と読売新聞社の質問に答えた。何をかいわんや、今でも遅くはない。空爆すべきである。本日は、北朝鮮の核の脅威について、その忌まわしい歴史をふり返ってみよう。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                            ~~~

北朝鮮の核の歴史

北朝鮮が、米朝枠組み合意声明(1994年8月12日)以前に黒鉛減速炉から核爆弾1~2個分のプルトニウムを取り出したことは、ほぼ間違いないとされている。また、2003年から行ったと見られる8000本の使用済み核燃料棒から核爆弾4個から最大13個分のプルトニウムを取り出したと見られる。2005年の春にも黒鉛減速炉から使用済み核燃料棒を取り出し、さらに1個分取り出した可能性もある。また、パキスタンからウラン濃縮技術の購入を試み、核爆弾1個分程度のウランを入手した可能性もある。北朝鮮の核兵器に関しては、朝鮮半島の情勢から極めて大きな不安材料になっており、周辺諸国はその動向を注目している。


2003年7月16日 

北朝鮮が使用済核燃料棒の再処理を再開、核兵器用プルトニウムを大量に抽出したという。起爆装置の実験も実施している。実戦用の小型核兵器を持つ恐れが現実になりそうなのだ。だが、米ブッシュ政権はじめ周辺関係国は核開発を許さないと主張するものの、打つ手がない。ただ、日本の対応策だけが目立つことになった。

危機ライン(Red Zone)を越えたのだが

朝鮮日報は、2003年7月13日、北朝鮮の朴吉淵国連大使が米のプリチャード北朝鮮問題担当大使と会談し、「使用済核燃料棒8000本の再処理を、6月末に終えた」と通告したと報じた。一方、ブッシュ政権高官も11日、北朝鮮が核燃料棒の再処理を行った証拠を米情報機関がつかんだと述べた。北朝鮮の再処理施設から出る排ガスを採取し、分析した結果、核再処理の際に出る「放射性クリプトン85」を検出したのだという。

北朝鮮の核再処理の動きは、米情報機関も2月頃キャッチしたが、確認はできなかった。ラムズフェルド国防長官は、2月8日、ミュンヘンで開かれた国際安全保障会議で「北朝鮮が今から再処理を開始すれば、5月か、6月頃には核爆弾6~8発分のプルトニウムを抽出できる」との見通しを示していた。北朝鮮が再処理を終えたのが事実とすれば、ラムズフェルド長官が予測したとおりの展開ということになる。

一方、韓国情報院は、7月9日議会の秘密会で、北朝鮮が核爆弾用の起爆装置の実験を過去9年間に70回余りも実施したという調査結果を公表した。ニューヨーク・タイムズも1日、北朝鮮の核施設がある寧辺の北西40キロの龍徳洞に小型核兵器用の起爆装置実験場があるのを米偵察衛星が確認していると伝えていた。これらが事実とすれば、北朝鮮は核兵器用のプルトニウムと起爆装置を確保、ミサイルに搭載する小型核弾頭などを製造する態勢に入ったことになる。

米クリントン政権は前回94年の核危機の時、北朝鮮が再処理を開始する時点をRed Zone(危機ライン)に設定。北朝鮮側が再処理工場に使用済み燃料棒を運び込むと同時に爆撃する計画だった。再処理が始まってからでは、放射能が拡散するなど二次災害の危険もあるからだ。カーター元大統領の仲介で攻撃は直前に回避されたが、ブッシュ政権も同様の爆撃計画を持つと言われたこともあった。だが、再処理が確実となった今も、同政権には動きがない。

ブッシュ大統領は外交的手段による平和的解決を主張する一方で、武力行使も選択肢に含めるという和戦両様の構えをとっている。5月23日の日米首脳会談では「事態が悪化すればより強硬な措置が必要」という共同声明を出したが、これにはその意味が含まれている。だが、関係国のうち、この方針で一致したのは「対話と抑止」を掲げる日本だけだった。中国、ロシアは平和的解決を重視し、国連安保理が北朝鮮非難決議を出すことにも躊躇している。一方、韓国は米と中ロの間で迷走状態なのだ。

盧武鉉大統領は5月14日の米韓首脳会談では「脅威が増大する場合、追加的な措置を検討する」という共同声明に合意した。日米首脳会談の「より強硬な措置」より穏健だが、何らかの制裁行動を取ることで合意したものとみられた。ところが、その後これを忘れたかのような発言を続ける。同大統領は5月27日ロシアのプーチン大統領と会談、「北朝鮮の安全を保障することが必要」という共同声明を出した。「北朝鮮の安全保障」は金正日政権が主張する「米朝で不可侵条約締結」と趣旨は同じであり、ブッシュ政権が拒否しているものだ。

また盧武鉉大統領は7月7日、中国を訪問して胡錦涛国家主席と会談、そのあとの共同記者会見で「早期に当事者間の対話が再開されるべきということで(中国と)認識を共にした」と発言した。当事者間の対話とは、北朝鮮が主張する「米朝2国間交渉」を意味し、これもブッシュ政権が強硬に反対している。新華社通信はこの盧大統領の発言を「当事国同士の直接対話(Direct Talks)を促し、核問題の平和解決に向けて努力することを表明したもの」と英文で世界に配信した。

ブッシュ政権が和戦両様の構えで北朝鮮と対決する場合、同盟国韓国との緊密な協調が鍵となる。しかし、盧武鉉政権は韓国の命運がかかる強硬策には二の足を踏む。韓国国内の世論も強硬策には反対している。英BBCテレビが5月下旬に韓国で行った世論調査では、「世界平和にとって、米国と北朝鮮のどちらが危険か」という質問に対し、48%は米国の方が危険と答え、北朝鮮が危険と答えたのは39%だった。盧政権が中国、ロシアに接近し、ブッシュ政権との共同声明を忘れたかのように振舞うのは、こうした国内の事情を反映している。

ブッシュ政権が核燃料棒の再処理に関連して北朝鮮の挑発的な言動に直面するのは今回が初めてではない。4月の米朝中3者協議の際、5月の米議員団訪朝の際など、北朝鮮はすでに数回にわたって「再処理を開始した」~あるいは「処理の最終段階を迎えている」などと米側に通告した。しかし、ブッシュ政権はこれを「北朝鮮が米側を交渉に引き込むための戦術」と解釈し、重視しなかった。米情報機関が再処理の証拠をつかんでいないことが、その背景にあった。

しかし、イラク戦争で大量破壊兵器が発見できず、情報活動に疑義が出て、見直しが始まる。北朝鮮の核再処理問題でも、同様の見直しが行われた。NBCテレビによれば、米情報機関が今回確認した大気中のクリプトン85は、偵察機で大気を収集する従来の方法ではなく、別の新しい収集手段を使った結果検出できたという。見直しが成果を挙げたのである。偵察活動がマンネリズムに陥って効果的な情報収集ができなかったのに、ブッシュ政権は気づかなかった。その結果、対応する手段を持たないまま、北朝鮮の再処理完了の通告に直面したのだ。

各国の遅々とした足並みに較べ、日本だけは着々と対抗策を構築している。日本各地の自治体が入港する北朝鮮船舶の監視、不審船対策、北朝鮮の麻薬ルートの追及など、PSIを先取りした措置を実施中だ。同時に、政府は北朝鮮を対象とする偵察衛星を打ち上げ、万一を想定した有事関連法を制定、ノドン・ミサイル対策として05年を目処にミサイル防衛を配備する計画も推進中である。また、自民党憲法調査会が軍隊を持ち、国民に国家防衛義務を負わせる憲法改正素案をまとめている。数年前には考えられなかったような安全保障面の変化である。北朝鮮の核危機が日本の安全保障意識に如何に大きな影響を与えているかを示している。

(解説1)これを読んで、クリントンも、ブッシュも、金正日の脅しを軽視してきたことが分かる。1994年からだと、14年間も放置してきたのだ。プルトニウム抽出とは核燃料棒を各種の化学液につけて溶かす作業だ。2ヶ月で取り出せるものだ。これを爆撃するとどうなるのか?周囲が放射能で汚染されるということだ。だが、背に腹は変えられない。抽出作業場~核爆弾を隠している場所~北朝鮮軍司令部をミサイルで破壊するべきだ。ブッシュは、まもなく、任期が終わる。おい、ひとつぐらい、後世に残る実績を残せよな!

(解説2)もひとつ、この歴史からよく分かるのが、サヨクというのは優柔不断ということだ。まず、盧武鉉にはXXXXが付いていない。ジミー・カーターは、「性善説」を妄信するウブな人だ。九条改正反対の日本の左翼と同じく精神薄弱なのだ。自己防衛の権利はどうしてくれるんだ?

NK border china jpeg
9月12日、韓国与党ハンナラ党の黄震夏議員はこのほど、北朝鮮が非常事態を迎えた場合に中国が介入する可能性があるとして、国連軍司令部を設置するなど体制を整えるべきだと主張した。写真は中朝国境の北朝鮮女性兵士。クリックで拡大する。(パンチパ~マのキムは四股が痺れているとか。若い女性を兵士にねえ?純真な若い女性たち。37年前、わしの愛人だった山形県出身のSちゃんを思い出すよ。北爆で死なしたくないな。ロスにたむろする、すれっからした韓国売春留学生ではないね。北朝鮮が普通の国になれば、この女性兵士らは、結婚して~子供を生んで~家庭を持つんだから。おセンチが伊勢爺の特徴なり)

伊勢平次郎 ルイジアナ

                            ~~~

(お知らせ) 9・9・08、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) 米国内からのご送金は、

1)NOBUYOSHI OZAKI
2)CHASE BANK
3)065400137-732033295

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。



2008/09/12 (Fri) 「プーチンの野望」その1

The Tupolev Tu-160 超音速~高度な滑走路不要~重爆撃機。ソ連時代(1987)に開発された最も重量の大きい爆撃機。USのB1ランサーに似ている。だが、B1よりこ、時速700キロメートルも飛翔速度が速く、航続距離も長く、搭載量も大きい。B1よりも、10年遅く開発された。現在ロシア空軍は16機を保有している。ニックネームは「白鳥」だが、NATO軍ではブラックジャック。.今日から、「プーチンの野望」を不連続シリーズにします。つまり、速報が間に入る。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                            ~~~

水曜日、このツポレフ・TU160、2機がベネズエラのカラカスに着陸した。世界史上で初めて、ロシアの爆撃機が西大西洋に飛来した。ロシアの北極基地から13時間のフライトだった。NATOの戦闘機2機が北極海でエスコートして観察した。去年、鳥島沖へ、カムチャッカから飛来して、日本の領域を侵犯したのもこの「白鳥」さんなのだ。ちなみに、ウチのが、ヒューストンから、西アフリカのアンゴラへ飛ぶ、MD11機のフライト時間は、16時間である。

ロシア軍とベネズエラ軍の合同演習が11月カリブ海で、初めて実施される。ご存知、ベネズエラのチャべス大統領は反米男だ。「ヤンキー帝国の終わりだ」などと、広言して憚らない。原子力潜水艦もロシアから買うそうだ。理由は「アメリカの核を積んだ潜水艦がおれの鼻の下へ潜っているんだ」と。チャべスは、イランのアフマデネジャド大統領とも仲がいい。「イランが核を持つことは良いことだと」アメリカを刺激している。この意味するところは、産油国の独裁者たちのクラブが完成したということなのだ。

ワシントンは、このロシア・ベネズエラ合同演習を警戒している。だが、プーチンは「NATO海軍がロシアの裏庭(黒海)で演習した。これはお返しなのだ。おたくの裏庭で演習されたら、どう感じるかとね」だとさ。プーチンの強気に魅せられている反米国家は多い。さっきの、イラン~ほとんどの南米産油諸国~スーダン~アルジェリア~ナイジェリア~ミャンマーまでなのだ。石油が欲しくて、のどから手の出る中国も揺れている。それらの国に、プーチンは武器を売り、軍事訓練もする。

peter the great 1
「ピョートル大帝」はロシア海軍最大の軍艦。核燃料で動き、ミサイルを搭載している。この軍艦までも、11月、カリブ海へ向かう。

米露新冷戦はイデオロギーの戦争ではない。石油産油国とアメリカ・EUの対立なのだ。プーチンは危険な男に見える。ロシアン・ルーレットというピストルを使った賭けがある。ガラガラと弾倉を回して、こめかみに銃口を当てるゲームだ。さあ、日本はどうする?

伊勢平次郎 ルイジアナ

                           ~~~

(お知らせ) 本日、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) 米国内からのご送金は、

1)NOBUYOSHI OZAKI
2)CHASE BANK
3)065400137-732033295

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。





2008/09/11 (Thu) 「隼VSマイク・ホンダ」
honda  Okcha (Small)
写真はホンダと、詐欺師のソ・オクチャ。去年2007年7月30日、米国議会下院は、マイク・ホンダが主導した「日本軍従軍慰安婦決議」を採択した。裏付ける証拠もなく、ひとりの韓国人売春婦の証言を以って「日本軍が、何千人ものアジアの女性を強制して売春させた」と、過去8年にわたり、大声でふれ回り、「強制売春は事実だ」と宣言し、日本政府に謝罪を要求した。あるべきでない決議は、日本国家・日本国民の名誉と国際信用を著しく毀損した。

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                               ~~~

去年の夏、伊勢は、以下の発表をした。おぼえていますか?

「マイク・ホンダを討伐」

8・31・07

(ザカリア) “Either who is right or wrong, how does Japan get out of this situation?”

(伊勢)ホンダ・ラントス・ぺロシ・在米中国系反日団体に対し、日本人有志による「米議会下院慰安婦決議の虚偽・違法性」を伝えて反撃することだ。左手に広報・右手に訴訟を持って、彼らの財源と政治生命に甚大なる打撃を与えることだ。
               
「人間、どの国に生まれようと、その国民の責務とは、母国を守り、母国を引き上げることなのだ」  伊勢平次郎

ホンダ・ラントスの選挙区(サンホゼ、サンマテオ)を標的にして、隼同志は、「米下院慰安婦決議及び在米の中国系団体“世界抗日戦争史実維護連合会”を、広報活動により一斉攻撃する。

                             ~~~

mike honda web
日系二世のマイク・ホンダは、米民主党下院議員だ。偽リベラルの象徴だ。日本のサヨクに似ている。「偽善」を飯の種にしている。このサンフランシスコ・ベイエリアには偽善者が多く徘徊する。伊勢は、アメリカの偽善を暴く本を執筆している。

pelosi bay area liberal 6.08
米民主党(与党)の下院議長ナンシー・ペロシは、その年の4月に、ワシントンを訪問して、釈明した阿倍晋三首相を見下した。「日米関係のために、決議を採択しないよう」と下低姿勢の阿倍首相だった。だが、ペロシは裏切った。深い考えのないブッシュは黙視した。これが、同盟国の仕打ちなのだ。マケインさんはこんなバカなことをしない。

マイク・ホンダ貶め作戦

だが、決議後、片棒を担いだ下院外交委議長のユダヤ系トム・ラントスは癌でとん死した。残るは、日系二世マイク・ホンダだ。伊勢は以下の計画を練っている。

1)SFクロニクル紙、SJマーキュリー紙に「ホンダ貶め広告」を出す。
2)11月4日にホンダが再選を狙って出馬するのか、明日、TIFFANYが調査する。
3)すでに、両紙に広告費用を問い合わせた。回答待ち。
4)以上が判明すれば予算を組んで、広告費の募金をお願いする。


伊勢平次郎 ルイジアナ

                            ~~~

(お知らせ) 本日、ジョン・マケイン共和党大統領候補に、$500ドル、私個人の献金をした。外国人は、US永住権保有者しか政治献金はできない。献金をしたい日本人・日経企業のために立て替えることも違法だ。早速、サンキュー・メールがあった。

Dear nobuyoshi,

I want to thank you for taking the time to join my team at www.JohnMcCain.com. I am grateful for the support you have given my campaign, and I thank you for taking the time to sign up.
Your financial support today will help me have the resources to win.

I am honored that you have chosen to stand with me at this very important time, and I am truly grateful for your friendship and support.

Sincerely,

John McCain

                                 ~~~


「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) 米国内からのご送金は、

1)NOBUYOSHI OZAKI
2)CHASE BANK
3)065400137-732033295

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。



2008/09/09 (Tue) 「米軍増派の真実」
bush october 06 secret order
写真だが、これが、ブッシュが「イラク米軍増派」を決めた会議なのだ。この会議まで、計画は秘密だった。その秘密とは、「真鍮のバッジ」と呼ばれる将軍たちを、そっちのけに増派を決めたことである。結論から言えば、「増派」はブッシュや、マケインが主張するほどに、現在のイラク治安には貢献しなかったということだ。つまり、増派は大成功ではない。

carl and bob 1972
1972年、ウォーター・ゲイト事件発生。事件記者だった、29歳のボブ・ウッドワード(右)とカール・バーンスタイン(左)はワシントン・ポストの下っ端記者だった。ウォーターゲイト事件を暴いて、ニクソン大統領を辞任に追い込んだ。ダスチン・ホフマンの「ALL PRESIDENT MEN」は、名画となった。今では伝説となっているジャーナリストだ。彼は、「内なる戦争」を、昨日出版した。ブッシュを批判する4冊目である。彼の書く本は全てベストセラーになる。執筆にとりかかるだけで、10ミリオン・ドルの保証金が払われる。

carl and bob today
現在のカールとボブ。成功者の顔である。ボブは、オバマが国家安全保障の経験不足なことに付いて、深刻な問題だと語っている。最高軍司令官の要素は学歴でも、雄弁でもない。当たり前のことだが、、伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                                 ~~~

実は、8時間もかかって、ボブ・ウッドワードのCBS「60分」のインタビューを和訳していた。ところが、うっかり、キーを押し、8時間の作業が消されてしまった。そこで、要約で勘弁して頂くことにした。以下、、

1)2006年の夏は、米軍の死傷者が最高だった。宗派間の争いは頂点に達し、そこへ、アルカイダの外国アラブテロが混じった。

2)それでも、米軍の司令官のジョージ・ウイリアム・ケーシーは、米軍を減らして、イラク人部隊へと移行する作戦を熱心に進めていた。これは、ラムズフェルド国防長官の信じる戦略だったからだ。

3)ブッシュは、戦争の性質を理解していなかった。現地司令官のやり方を疑っていた。そこで、文民の国家安全アドバイザーのハドリーに新しい戦略を探すように命じた。これが、秘密なのである。

4)ハドリーは、「増派」を信じた。

5)ペンタゴン・統合本部(米軍の総括)は、アメリカの戦力が極度にイラクに傾くことを危険とした。増派計画を強く反対した。

6)11月の議会中間選挙でブッシュは、民主党に惨敗した。

7)ブッシュは、将軍たちに相談することなく、増派を決めた。

8)まず、増派反対のラムズフェルドを解任した。チェィ二ィにも知らせずにである。

9)増派賛成のペトレイウスを司令官に任命した。

10)2007年2月に、与党となったペロシ民主党の反対を4票の差で抑えたブッシュは、3万人の増派を命令した。これは、5旅団(1旅団は5千~7千)に当たる。これ以上の追加は徴兵しかないのである。つまり、米軍の全部の将兵が出払ったのである。

11)マリキ首相を信用しないブッシュは、監視スパイを命じた。マリキは、ブッシュに「米軍は出て行ってくれ」と言っている。この意味するところは、イランのようなイスラム原理主義国家となるということである。ボブ・ウッドワードは「この先のことは誰にもわからない」であった。


増派は成功したのか?

治安が鎮火した理由を順位で、、

uav predator
4-Channel UAV Predator Radio Remote Control Electric RC Spy Plane RTF ラスベガス郊外のネヴァダ砂漠に管制室がある。そこから、19000キロも離れたイラクの上空を飛ぶ「プレデーター」を操作する。ヴィデオカメラ・ヘルファイアミサイル2本搭載・時速130キロ・高度12000メートル・航続40時間である。一機5億円する。同じような、無人機(ロボット)において、日本の技術は高いとされる。

1)特殊な無人飛行機(UAV)と特殊な兵器による、武装集団のリーダーだけを狙って殺すことが可能となった。

2)アンバー県のスンニの若者たちが、アルカイダに憎悪を持ち、続々と米軍に参加した。

3)マフディ軍(モクタダ・サダ)が停戦を命令した。理由は、マリキ首相(同じシーアイ)と組んで、まず、米軍を追い出すことに戦略を変えたのだ。

4)増派部隊のバクダッド巡回。だが、その前年の06年の末には、バクダッドは沈静に向かっていたのだ。

(解説1)ボブ・ウッドワードの、今夜のCNN番組によると、「ブッシュは、およそ、努力が足りない~最高軍司令官としてのリードに失敗した~次の大統領に自分の失敗のツケをそっくり回した~ペンタゴンとの関係修復は誰がやっても難しいだろう」だった。

(解説2)ブッシュは、米史上ワーストの大統領であり、イラクは失敗だと信じている伊勢爺なのだ。まず、無用な戦争のクリエーターだ。次に、戦争が終結しても、誰がそのツケを払う?戦死した兵士~負傷した兵士~何十万のイラク市民の死~1兆ドル以上の戦費~失われたアメリカの信用などだ。日本人は、アメリカが守ってくれると、鵜呑みに信じてはならない。

(解説3)次期大統領は、組織疲労した米軍~経済~同盟国の疑念を、そう、簡単に払拭できない。逆に、日本などの、ハラの座らない軍事弱国にツケをまわすだろう。ならば、信頼に足らないアメリカと一線を引くべし。そして、まず、九条を廃すべし。

伊勢平次郎 ルイジアナ

                               ~~~

「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

(おしらせ)CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わしていた。現在までに、$4、000を支払いました。今の時点では、私の執筆が最重要です。それで、TIFFANYさんには、8・27を以って、暇を出した。解雇したわけではない。だが、共著ではないので、編集だけならコストが高いからだ。10・30・08を脱稿のメヤスとしている。遅れる可能性があるので、11月、1ヶ月の余裕をとっている。

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~
「募金のお願い」

「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) 米国内からのご送金は、

1)NOBUYOSHI OZAKI
2)CHASE BANK
3)065400137-732033295

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(107)SS~20000 2度目のご献金です。有難う。お心を大切にします。  6・2・08
(108)KY~50000 7度目のご献金です。お心を大切にします。       6・2・08
(109)YF~ 1000  有難う。大切にします。                  6・3・08
(110)YS~ 5000  有難う。頑張ります。                   6・6・08
(111)HY~10000  2度目のご献金です。有難う。              6・16・08
(112)KK~10000  有難う。                               6・23・08
(113)YS~ 5000  有難うね。                          6・25・08
(114)YT~10000  有難うね。                          6・25・08
(115)YY~ 8000  有難う。7度目のご献金です。                  6・27・08
(116)OM~5000   有難う。7度目のご献金です。              6・30・08
(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。


2008/09/08 (Mon) 「イラク増派作戦は成功した」その1
summer 06
2006年の夏、イラクの戦況は最悪の状態になった。米兵の戦死者2500、負傷者は20000を越えた。ブッシュ大統領は、自分の選んだ戦争が行き詰まったことを悟った。この年11月の中間選挙は「イラク戦争への判決」と言われた。共和党は上下両院で負けた。野党となった、ブッシュは「戦略の見直し」を指示した。今日から「イラク増派作戦は成功した」をシリーズにします。リサーチの出展は、英字ウイキペディア~WP~WSJ~アーカイブから引用してまとめたものです。伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                             ~~~

2007年の正月10日、ブッシュは、SURGE(増派)という単語をキャッチ・フレーズにすることにした。バクダッドと、アル・アンバー県の治安が最悪になったからである。

イラクへの米軍増派は、「新・前進の道」という研究課題の作業中に浮上した、ひとつの考えだったのだ。一方、ペンタゴンは増派を嫌っていた。総合力が希薄になるからだ。

2006年11月に、上下両院で与党となった米民主党は勢いついた。早速、米軍の増派に反対した。彼らは、増派と呼ばず、負の印象のある「エスカレート」を好んだ。ナンシー・ペロシが下院議長となってからは、数々の増派反対決議が出された。反対ばかりでなく、「米軍を撤退させろ」というものだった。だが、下院の非拘束・増派糾弾決議を除いては、どれも採択はされなかったのだ。

2007年の2月に始まったイラク米軍増派は、4っの作戦に使われた。米陸軍大三大隊のネームにちなんで、ファントム作戦と呼ばれた。この作戦はその年の夏まで効果を現さなかった。だが、2008年になると、増派作戦が成功したことが明らかになった。それでは、その経緯を追ってみよう。

中間選挙はブッシュのイラク戦争への判決

ブッシュが増派へ傾いた最大の理由は、増派を決定する2ヶ月前の中間選挙(11月)での共和党の惨敗である。米国国民の66%が、民主党に勝たせて、イラクから米軍を撤退させたかったのだ。選挙の結果が、上下両院で民主党勝利となったとき、ナンシー・ペロシは「この選挙は、イラク戦争についての判決だ。アメリカの国民が決めたのだ。現在、大統領の進めている政策が拒否されたのだ」、さらに、「ブッシュ大統領と共和党の倫理~スキャンダル~そして、イラク戦争が失敗だという国民の意思表示なのだ」と勝利演説をした。

これ以来、米民主党はイラク政策の変更を最優先とした

ペロシ下院議長は、イラク増派の話を耳にすると、「ブッシュの増派計画を嫌悪する」と声明を出した。「この忌まわしい戦争に終止符を打つことが最優先だ。それが下院議長である私の義務なのだ」と。また、ベセスタ陸軍病院に負傷兵を訪ねたとき、「病院を出てから、私の決意は、さらに固まった。過去3年6ヶ月のイラク戦争を終わらせることは、最大のモラルなんだと確信した。私が議長である限り、このモラルは下がらない。そして、国民の信頼を得るのは民主党なんだ。2008年、われわれが政権をとることは確実だ」と演説した。

ところが、実際は「戦争を終結させる」と大声を出したペロシ提案の議決は、少数だが、民主党議員と共和党員多数によって、ことごとく取り下げられたのだ。これを見て、米国国民は「民主党も、何も変えられないのだ」と思った。

攻守の位地がかわった

中間選挙で惨敗をきして共和党は少数派となった。伝統的な攻めから、守りの姿勢になった。ヘリテージ財団(保守の最大の財団)の会合で、ロイ・ブラント議長は「中間選挙は、確かにイラク戦争への国民の裁断だったのだ」と切り出した。

ブラントは「惨敗というが僅差だ。大統領支持率の低下もある。だが、良いニュースは共和党支持者が健在なことだ。この選挙制度の良いところは、民主党も権力の永久保持者ではないということだ。この意味するところは、一瞬の停滞も、自己満足も許されないということなのだ。つまり、1)リフレッシュ~2)再評価~3)必要なときにコース変更という、政治家に必要な柔軟さを学んだのだ。アメリカは共産主義と闘って勝った。イスラム原理主義者のテロにも、同じ手法で勝てるのだ」と演説した。

増派戦略が選ばれた顛末

それは、2006年12月6日に提出された、イラク研究グループ(ISG)のリポートから始まったのだ。超党派8人による研究グループの2議長は、元国防長官のジェイムス・ベーカー(共和党)と、ハミルトン(民主党)が選ばれていた。

「この研究報告が推薦する案よりも、現実は、もっと厳しいのかも知れない」と、ベーカーは切り出している。「合衆国はイラクへ派遣する将兵の数を増やさなければいけない。それも、緊急であり、不十分な数ではいけない」と。報告を受けたブッシュは「すべてを、真剣に受け止める」と答えたが半信半疑だった。だが、この時点から、イラク戦争の歴史は変わったと言える。

その日の午後、ホワイトハウス広報官のトニー・スノー(今年死亡した)は、「大統領は、他のアドバイザーたち、統合参謀本部~国家安全会議(ライス国務省)とも話すと語った。だが、この増派の発表を暗示したのだ。

国務省長官のライスに伝える

11月11日、ブッシュはライスを呼んだ。増派を実行することを伝えた。そして、ライスと中が悪い国防省(ペンタゴン)と意見を合わせるようにと注意した。この両省の意見の違いや、言い争いが問題だったからだ。「この新・進歩の道しかない」とブッシュは自覚した。

エキスパートといわれる将軍たち

ブッシュは、念には念を押した。退職して、CNNなどに出ていた将軍たちを集めたのだ。ワシントン・ポスト紙は「この将軍たちは、増派に懐疑的だった。そして反対した」と記事に書いた。

統合本部の反応

誰も、これが素晴らしい提案だと反応しなかった。だが、増派によって、イラク兵の訓練は可能という意見はあった。そして、そのイラク人による治安維持が「鍵」なのだと、コンセンサスができた。他にも、イラク人雇用~イラク国会の改善などの意見があった。参謀たちは「とにかく、軍事力だけでは、イラクを治めることはできないし、米軍駐留はそれらのアチーブメントまでの時間稼ぎなのだ」と声を合わせたのだった。「シーアイばかりを支援すれば、スンニの反乱を招くし、シーアイのマフディ軍(モクタダ・サダ)をたたけば、イランの介入に繋がるだけだ」と嘆いた。

チラレリ計画書

イラクに駐留する米軍の総司令官は、ジョージ・ウイリアム・ケーシー将軍だった。この時期、ケーシーは、米軍の作戦計画を見直していた。イラクの各都市に散らばっていた部隊を基地へ戻し、毎日、行うパトロールをイラク兵の部隊に移した。そして、イラク兵の訓練のために、増兵を要請することを考えていたので、部下のチラレリ少将に計画書を作らせた。

チラレリは、戦闘部隊を呼び返して、イラク兵の訓練と養成に充てた。だが、米軍を減らすことも、増やすこともその計画書の中にはなかった。

ペンタゴンのトップは、イラクに置いている大軍と装備に懸かるストレスを懸念していた。「もし、他の地域(アジア)で紛争が起きたときには、緊急の対処が不可能になると」ブッシュに警告していた。つまり、増派によって、米軍の総合力が侵食されていくことを懸念していたのである。

ブッシュは記者たちに話した。「軍事力だけでは、イラクは解決しない。政治戦略(マリキ政府の向上のこと)が伴わなければ」「もし、われわれの神経が消耗すれば、もし、われわれがマリキ政府を助ける手を緩めれば、敵は復活する」と。だが、「増派をするのか?」と聞かれたときには、「まだ、検討中だ。急いで決定することは危険だ」と答えた。

American Enterprise Institute(AEI)報告

AEIは、保守系のシンクタンクである。AEIは、ベーカー・ハミルトンのイラク・スタディ・グループの論文を基本に新しく草案を練っていた。そして、1月6日、「イラクのターニング・ポイント」と題して、提案を発表した。その提案には、イラクから帰った、ジョン・マケインと、ジョゼフ・リーバーマンの報告書が添付されていた。その提案には“米軍増派が勝利への道だ”とあった。サンフランシスコ・クロニクル紙とWSJ紙は、「増派だけではなく、雇用~マリキ応援~資金増加という総合対策でなければならない」と記事を書いたが、いずれも、AEIの論文を執筆した、フレデリック・ケーガン、つまり“増派”の牽引者に声を合わせたものに過ぎなかった。 (その2に続く)

(解説1)11月4日の大統領選挙で勝敗を決めるひとつに「三軍の総司令官に適する」ことがある。もちろん、経済は大きな課題だ。だが、イラクを終息できる大統領はジョン・マケインだ。この増派のアイデアはマケインのものではないが、彼は、2003年3月の開戦から、ラムズフェルドの「誤算」を指摘していたからだ。2006年12月にイラクをリーバーマンと視察して、増派が効果をもたらすと信じた。ペンタゴンが嫌がる米軍の総合力を削ぐ考えだが。これこそ「乾坤一滴」という考えなのだ。一方の、オバマや、ペロシは「撤退」ばかりを、お経を唱えるように繰り返した。今でもだ。(注意)この増派作戦だが、実際、イラクの治安が改善したことに貢献したのか?伊勢は違った分析をしている。次回にする。

(解説2)このイラク戦争が間違いなのは変わらない。だが、戦死者4200、負傷兵25000、戦費1兆ドル、増派の成功を捨てますか?オバマには戦争を終結する能力はない。

伊勢平次郎 ルイジアナ

opossam 9.09 (Small)
わが家のポーチのベリーの木に掴まって、木の実を食べるオポッサムのベイビー。戦争のエントリーばかりで、淑女たちに済まない気がする。この可愛い小動物で勘弁してください。クリックで拡大。伊勢

                         ~~~

「LIES OF THE LADY CHANG」 仮名のアメリカでの出版計画驀進中。

**昨夜、アイリスの「南京大虐殺」英語版を読んでた。酷い文章だ。自分でも、“調査した”と書きながら、“親から聞いた~その自分の親たちも目撃したわけではない”と書いているんだよ。それでも、“DEFINIIVE HISTORY”とハーバード大歴史学者(中国人)推薦状だ。出版人~在米華僑~反戦リベラルが、ギャング・アップしての出版だったことが分かる。アイリスとテレビ対談した、斉藤大使(77年の日本大使館の市川猿之助歓迎宴会で会った)は、この本を持って番組に出るべきだったのだ。そして、“マダム・チャン、あなたは、日本人に謝れというが、この本が証拠ですか?わたしは謝らないね。なぜなら、35万人が殺された~20万人の女性が強姦された~赤ん坊が切りきざまれたなど、嘘が書いてあるからですよ”と答えればよかっただけだ。それを、斉藤大使は黙っていたという。本も読まなかった可能性があるな。日本の外交官は人形です。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

**CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わした。現在までに、$4、000を支払いました。10・31・08(改め)を脱稿とし、$3、000最終編集作業の追加が出る可能性があると見ている(エラーを訂正した)。その先の出版費用は未知なり。同志のみなさん、ご協力を有難う。伊勢

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~

「募金のお願い」


「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) 米国内からのご送金は、

1)NOBUYOSHI OZAKI
2)CHASE BANK
3)065400137-732033295

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(107)SS~20000 2度目のご献金です。有難う。お心を大切にします。  6・2・08
(108)KY~50000 7度目のご献金です。お心を大切にします。       6・2・08
(109)YF~ 1000  有難う。大切にします。                  6・3・08
(110)YS~ 5000  有難う。頑張ります。                   6・6・08
(111)HY~10000  2度目のご献金です。有難う。              6・16・08
(112)KK~10000  有難う。                               6・23・08
(113)YS~ 5000  有難うね。                          6・25・08
(114)YT~10000  有難うね。                          6・25・08
(115)YY~ 8000  有難う。7度目のご献金です。                  6・27・08
(116)OM~5000   有難う。7度目のご献金です。              6・30・08
(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08
(133)KY~50000 10回目ということは、募金開始以来毎月のご送金です。 9・4・08


(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。


2008/09/06 (Sat) 「旗艦マウント・ホイットニー」
istanbul uss mount whitney
米第六(地中海)艦隊の旗艦であるUSS・MOUNT WHITNEYが、イスタンブール(トルコ)のボスフォラス海峡の入り口を通過して行く。このまま航海すれば、黒海へ出る。イスラム寺院は「アヤ・ソフィア」で、その前面の建物は「サルタン・ムハメット廟」なのだ。伊勢夫婦は去年のクリスマスに訪れている。そのホイットニーは、9・5・08 グルジア・ポティ港沖に投錨した。人道援助というが、その本当の目的は何なのか、、伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**





                              ~~~

By STEVE GUTTERMAN
The Associated Press
Friday, September 5, 2008
 
米第六艦隊(米海軍・地中海艦隊)の旗艦、USS・MOUNT・WHITNEY(ホイットニー山)が、グルジアのポティ港に碇を降ろした。モスクワに、痛烈なビンタを食らった米国の同盟国グルジアに対する人道援助物資が積荷だという。

USS・MOUNT・WHITNEYは、グルジア軍とロシア軍が、戦火を交えた先月8月に起きた5日間の戦闘以来、初めて米海軍が黒海の中に送る軍艦なのだ。現時点で、一番の軋轢が、このポティ港付近に散開しているロシア軍なのだった。その兵員数は数百である。欧米側は、「ロシアは、8月7日以前の状態に撤兵するという停戦合意を遵守していない」と主張している。

poti russian soldier
ポティ港付近に、戦車を埋めて、米艦船の動きを監視するロシア兵。モスクワにとって、米艦隊の到着は、グルジアを軍備強化する前兆であり、プーチン体制の崩壊を狙うものと移るのだ。

沖合いに停泊したホイットニーは、荒波と突風の中で拝観者たちを接待していた。デッキから陸地に目をやると、ロシアの平和維持部隊の青色旗がはためくのが見える。

米国籍の商船隊は既にグルジアに来ていたが、それらは、南のバツミ港だった。そこには、ロシア軍がいなかったからである。米海軍の旗艦が“敵の眼前に投錨する”という行動に出たのも、副大統領のチェィ二ィが、近くのウクライナを訪れていたからだ。ウクライナは、旧ソ連邦のひとつなのだ。このウクライナも、モスクワに睨まれているのだ。

yushchenko chaney 9.5.08
ユシチェンコ・ウクライナ大統領と、チェィ二ィ米副大統領。このユシチェンコは、毒を盛られて顔が変わったことで有名だ。クリックで拡大。

チェィ二ィはこういったのだ。「アメリカ合衆国は、ウクライナの安全保障と自由を守ることを誓っている。ウクライナは、ロシアの独裁者の強制~経済的脅迫~軍の侵略などの脅しの中で生きるべきではない」と。ポルトガルを訪れているライス国務長官は「ロシアは撤兵の約束を守らず、自らを孤立に追いやっている」と、モスクワのスタンスを避難した。

medvedev lavrov 9.5.08
メドべージェフ大統領(42)とラブロフ外相。日本の指導者も強くなければいけない。クリック拡大。

だが、旧ソ連邦であった6カ国から声援を取り付けたロシアは、カウンター・パンチを食らわした。声援とは、「グルジアが、南オセチアを軍事制圧しようとしたことを糾弾する」という共同声明だったのだ。それら6カ国とは、アルメニア~ベラルーシ~カザフスタン~キルギスタン~タジクスタン~ウズベクスタンだ。「ロシアの平和と安全に対する貢献を賞賛する」と大合唱したのだ。

だが、これらのモスクワの友達たちは、クレムリンが、グルジア内分離国である南オセチアとアブハジアの独立を承認するというところは認めなかった。

ロシア側は、ホイットニー他、米艦隊の軍艦がグルジアに着いたことに疑問を発している。「以前にも、米艦船は、グルジアに来たが、そうして、グルジアをけしかけて、オセチアを攻撃させたのだ。人道支援というが武器の配達じゃないのか?」と。米政府は「毛布や粉ミルク」が積荷だと否定している。ホイットニーのジョン・モーア艦長は「全く、そんな兵器などは積んでいない」と語った。

前日の水曜日、ワシントンは、グルジアに、1ビリオンドル(1千億円)を提供すると発表していた。ロシアのメドべージェフ大統領は、米政府とは特定しなかったが、「ロシアは、暴力を振るったグルジアが、さらに武装することのないように望む。グルジアの軍拡は不明瞭だし、全く予想の付かない結果を目標としているからだ」と警告した。

5日間の衝突のとき、ロシアはポティ港を爆撃した。ポティ港は石油を黒海へ輸送する港だ。ロシア空軍は港内に停泊していたグルジア海軍の艦船8隻を撃沈した。その後、重兵器で武装した歩兵数百人を港から6キロの地点に散開させた。平和維持部隊という名目だ。

                     (冗長なので中略した)

ホイットニーは17トンの人道支援物資を積んでいた。パレット40台分だ。だが、この軍艦の船倉はパレット40台分には大き過ぎるのだ。この軍艦の使命は援助物資以外のものがあるということだ。政治的な意味でだ。(武器のことか?伊勢)

グルジアの軍港の横にある商業港で積荷は降ろされる。破壊された艦船が見えた。ミサイル艦のディオスクリアは、小さなグルジア海軍の旗艦だが、船腹を海中に没していて、アンテナのついたマストだけが海面に出ていた。岸壁のグルジア海軍大本営の窓という窓は粉砕されていた。コンクリートの壁は弾痕のあばたになっていた。

港湾局長は「ロシア兵はあらゆるものを奪って行った。椅子~電気スイッチ~ラジエーター~アメリカ製のハンビー~トイレットまでも」と話した。

モスクワは「ホイットニーの荷降ろし作業を邪魔しない」と。USコマンドのドリアン少佐は「ロシアが積荷を検閲することは許されない。ポティ港はグルジアの主権領土だからだ」と語った。

モスクワ外務省高官ネステレンコは「ホイットニーは貨物船ではない。戦闘が目的でもない。目的は別にあるのだ」と語った。

これはチェイ二ィのキエフ(ウクライナの首都)と、旧ソ連邦のひとつで、石油を豊富に産出するアゼルバイジャン訪問を指している。チェィ二ィは、モスクワが抗議しているにも拘わらず、グルジアとウクライナのNATO加盟を再び発言したのだ。「アメリカ合衆国はあなた方の生活の向上と安全保障に深く関心がある」「あなたがた男女が、独裁者の脅威~経済脅迫~軍事侵攻~恫喝を受けない権利があると信じている」と、ウクライナのビクトール・ユシチェンコ大統領に会見して語った。

チェィ二ィのサポートは、西側に傾く、ユシチェンコの政府にとって、重要だ。ウクライナは、欧州連合(European Union)および、NATOに加盟したいからだ。

「米国と戦略的な関係を持つという価値を共有している。多数決でだ。グルジアも同じだ」とユシチェンコは応えた。

(解説) グスタフが去って~共和党大会が終わり~ついに敗北主義者の福田康夫さんが辞任し~麻生太郎さんが浮上し~来月には、衆院解散・総選挙とか。

この間、グルジア情勢、つまり、米露対立が気になって仕方がなかった。さっき、BBCが駐EC米国大使(女性)をインタビューした。彼女はブッシュの代弁だ。ロシアの軍事介入を非難した。だが、BBCは「この二国は厳密にグルジア人ではないし、常に、帝国ロシア~ソ連~グルジアに圧制を強いられてきたのだから、モスクワの主張にも理があるではないか?」と。それに対して、大使は「グルジアがソ連から独立したときの協定がある」と答えた。そこで、インタビューは切られた。だが、ロシア側は「それでは、コソボはなんだ?」となるね。プーチンがシベリアに出かけて、麻酔銃でトラを撃って見せた。実に、精悍な男であるよ。55歳なら、まだ、老眼ではないな。

(解説2)チェィ二ィだが、ちくちくとロシアが暴発するまで刺していく。この男は、91年の湾岸戦争で権力の座に着いた。わしら夫婦は、92年シシリーから帰った。その、SFで、チェィ二ィをインタビューした。まだ、若かったよ。この「ちくちくと刺す」やり方が、アメリカのやり方なのだ。1941年、満州国や仏印に文句をつけたハル国防長官と相似なのだ。つまり、日本海軍は暴発して、真珠湾に出かけた。今では、アメリカの戦史家でも、チャーチルが、ウブなルーズベルトを丸め込み~上海やくざの蒋介石は「チャンス到来」と踊ったと理解している。

(解説3)次期大統領がオバマなら、同盟国のアメリカは、日中戦争が勃発しても、日本を守らないだろう。一方、アメリカが、台湾で米中戦争に突入しても、自衛艦も、空自機も出撃はしないと考えてよい。つまり、日本は独自の国防軍を持つときなのだ。九条の撤廃は当たり前だよ。

伊勢平次郎 ルイジアナ

2008/09/04 (Thu) 「強い日本再建」


日本人の父母から生をうけた。

日本国民の責務とは、母国を守り、母国を引き上げることなのだ。

お花を持って、お墓に参る。あなたは、ご先祖に何を報告しますか?


                          隼スポークスマン : 伊勢平次郎

**下記のバナーをクリックして、隼有志を応援して下さい**






                             ~~~

マベリック・麻生太郎さんに期待する。ジョン・マケインが大統領であることを望む。その理由は、「憲法九条の撤廃を以って、わが祖国、日本が、アメリカの保護から独立すること」にある。以下は、麻生太郎さんへの、伊勢の忠言である。

1)本年中は、ワシントン~北京~京城を訪問しないことである。
2)公明党に妥協しないことである。
3)国民に、自分が管理するブログで、話しかけることである。
4)共に生きる価値のある友を作ることである。
5)女性・主婦の支持を得ることである。


(解説1)マスコミが、早速、「麻生タタキを始めた」とか。それなら、隼機関は、毎日新聞~朝日新聞などの、日本を引き降ろしたい反日新聞社~愚民テレビ局を、倒すべき「敵」とする。特に、変態記事を流した毎日新聞は「見せしめ」に廃刊に追い込むべし。トヨタ自動車などの大型広告主は、反日新聞社と決別すべし。

(解説2)ついでに、なぜ、オバマ民主党ではいけないのか?米民主党は、日本の味方ではないからだ。オバマは、社会主義者の傀儡に過ぎず、日本が、九条を撤廃することに反対する。日本を弱国にしておきたいのだよ。

(解説3)麻生政権が対面する、米~欧~中~露は、小池百合子のような、チンピラには、手に負えない面々なのだ。わたりあえる人間は、アメリカ浪人の伊勢爺ぐらいだろうよ。

(重要)GRIPENさんが、伊勢の秘書役です。ただいま、ご献金された、紳士・淑女さんたちの、名簿を作成中です。出来上がり次第に、経緯と隼社会の目標を、ご献金者の方々に報告します。たいせつなおカネを感謝します。

伊勢平次郎 ルイジアナ

                          ~~~

「LIES OF THE LADY CHANG」 のアメリカでの出版計画驀進中。

**平成20年正月元旦より、上の表題(仮名)の英文原稿に着手した。「暗黒大陸・中国の真実」(BURNS REVIEW社)からヒントを得た。 只今、10月には脱稿すべく死闘中なり。クリスマスの日に出版が標的です。本著の目的は「宣伝戦」なのだ。日本政府も、日本の報道機関も、なにもやらないから、隼同志がポケットマネーで闘うことになった。日本は「宣伝工作機関」もない国なのだ。そこへ、「非戦平和宣言」の憲法九条だ。だ・か・ら、台湾の馬にまでなめられるんだよ。

**CARTOさんの出版社、BURNS REVIEWの編集長・TIFFANYさんと契約を交わした。現在までに、$3、000を支払いました。9・31・08(改めた)を脱稿とし、それまでに$4、000を払います。$3、000最終編集作業の追加が出る可能性があると見ている(エラーを訂正した)。その先の出版費用は未知なり。同志のみなさん、ご協力を有難う。伊勢

「隼機関の目的」

隼機関が茶の間の柱時計なら、12時30分の「保守自由主義」と言える。アメリカに拠点をおく隼機関は、「英字出版」「英字広報」「訴訟理由を探る」という三つの機能を持っている。これらの手段を効果的に使って、アメリカ国内に「親日派の味方」を増やすことが目的なのである。伊勢は、共和党マケイン政権の誕生を期待するために応援をする計画だ。日本政府は隼機関を支援するべきだが、淡々と実績を積み上げ、時の氏神を待つのみである。

                                  ~~~

「募金のお願い」


「隼機関」は、任意団体口座を開設致しました。代表の尾崎信義(伊勢)に、他の二人を加えた、三役が管理を致します。新たに、NIHONさんが、3番目の役員さん(ラジオ局長さん)を、お受けしてくれました。よろしく、拍手をお願いします。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。ご献金を、「小倅(こせがれ)に学資を出すもの」と、お考え頂ければ幸いです。

(注)実は、「一口五千円とはなんだ。バカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。だから、そうします。一円でも、一億人なら一億円だからなあ?「おどけるな、バカモン!」かな、今度はさ、、ここは謝りますわい。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 海外からご送金は、

1)MIZUHO BANK LTD
2) KAMIOOOKA BRANCH
3) MHBKJPJT (SWIFT CODE)
4) 364-2917217 (A/C)
5)HAYABUSAKIKAN (必用の場合)

C) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

D) 米国内からのご送金は、

1)NOBUYOSHI OZAKI
2)CHASE BANK
3)065400137-732033295

*問題があるようなら、メールを下さいな。

*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。五千円以上のご献金を頂きました同志には、出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

*ご献金後、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

*個人情報は、伊勢のみが管理仕ります。1・25・08 三役員は、靖国神社に参拝して隼の将来を祈願した。その後、西村幸祐さんと、品川でランチ。楽しかったですよ。


「募金の使途」

1)伊勢・VENOM・GRIPEN・ARAGON(第一編集者)・TIFFANY(出版社の編集長)の合計5人が出版チームの柱である。実費・通信費・小額時給・雑費、それに、TIFFANY編集長(時給$25ドル)が加わる。

2)ホームページ管理人の経費・小額時給。

3)広告費(LA・SF・NYの日系新聞の広告欄) *11月に実行します。

4)講演旅行などの費用。

5)脱稿のメヤスを、11月30日とする。つまり、クリスマスに出版する考えである。マラソンだが、幾らかかるものかは未知である。だが、自信は過剰である。伊勢は強運の男だからだ。

                              ~~~

(みずほ銀行口座)         *赤色は淑女方です。

(107)SS~20000 2度目のご献金です。有難う。お心を大切にします。  6・2・08
(108)KY~50000 7度目のご献金です。お心を大切にします。       6・2・08
(109)YF~ 1000  有難う。大切にします。                  6・3・08
(110)YS~ 5000  有難う。頑張ります。                   6・6・08
(111)HY~10000  2度目のご献金です。有難う。              6・16・08
(112)KK~10000  有難う。                               6・23・08
(113)YS~ 5000  有難うね。                          6・25・08
(114)YT~10000  有難うね。                          6・25・08
(115)YY~ 8000  有難う。7度目のご献金です。                  6・27・08
(116)OM~5000   有難う。7度目のご献金です。              6・30・08
(117)YA~30000  大変な金額を有難う。大切にします。          7・1・08
(118)KY~50000  8度目のご献金です。大切にします。          7・3・08
(119)OY~20000  もう何度目でしょう。大切にします。           7・14・08
(120)YY~10000  8度目のご献金です。がんばっています。          7・17・08
(121)HY~10000 なんども頂いている。                     7・29・08
(122)YT~10000 なんども有難う。                        7・30・08
(123)YY~ 8000 毎月のご献金です。有難う。                     7・31・08
(124)OM~ 5000 なんども有難うね。                      7・31・08
(125)MY~30000 大金を有難うね。                            8・4・08
(126)TH~ 5000 大切なおカネを有難うね。                   8.4.08
(127)KY~50000 9度目のご献金です。「命を賭けろ」という意味ですね。  8・13・08
(128)SS~20000 3度目のご献金です。有難うね。               8・22・08
(129)YT~10000 何度も有難う。大切にします。                 8・25・08
(130)TT~20000 高校時代の同級生です。2度目。有難うね。        8・27・08
(131)YS~ 5000 大変有難う。大切なおカネです。               8・29・08
(132)OM~ 5000 何度も、有難う。誠実さが伝わってきます。         9・1・08



(郵便局口座)

(31)DK~20000  何度も有難うね。                 4・12・08
(32)SY~10000  有難う。                       4・14・08
(33)SM~ 5000  有難う。                      4・14・08
(35)SY~ 5000 有難う。                        4・15・08
(36)YS~ 5000  有難う。                       5・2・08 
(37)DK~10000 6度目のご献金です。有難う。          5.24.08 
(38)SM~ 5000                             6・12・08
(39)DK~ 10000 7度目のご献金です。有難う。          6.21.08
(40)SY~  5000 2度目のご献金です。有難う。          6・30・08
(41)DK~10000 8度目のご献金です。強いご意志が伝わってきます。    8・6・08
(42)SY~10000 3度目のご献金です。大変有難う。          8・13・08
(43)NA~10000 有難うね。がんばっています。                  8・26・08
                  
(注)有難うございました。まことに、心のこもったご献金。日本のために、大切に使います。まもなく、集計を報告します。現在、赤字でも、黒字でも、ありません。*間違いを指摘してください。伊勢

                            ~~~

*法人が完成するまで、代表以外の3役員の、実名・住所を明かさないことに決定した。勤務先・ご家族の安全を考慮した。伊勢は、各位の個人情報を持っている。また、郵便局に提出した規約もある。伊勢の代理人を、VENOMさん~GRIPENさんの順位で行うことが出来る。彼ら二人は、尾崎信義の情報の全て・横浜の顧問弁護士A氏の情報を持っている。

*さらに、全ての口座関係・印鑑・規約は、みずほ銀行の貸し金庫の中に保管されている。伊勢に事故が発生したとき、役員が出納可能である。だが、A弁護士の介入がある。


プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する