2013/05/29 (Wed) 女性蔑視がゆるされないことを知れ!


アベ・マリアとキリストの母子のイメージがキリスト教徒の胸の中にある。これが、“女性蔑視はゆるされない”最大の理由であろう。




第二の理由が、この正義の像であろう。ドイツのフランクフルトにある。女神が審判官なのである。橋下大阪市長じゃないよ。だから、正論もへったくれもない。ようわからん?




第三の理由はこれであろう。「自由の女神」さ。これが世界普遍の思想であろう。橋下発言は実に残念である。なぜなら、日本人を自ら貶めたのだから。

さて、どうしてこんな簡単なことすらわからんのか?理由は、日本人の男にある根強い「男尊女卑」の思想である。だいぶん、昔よりは改善したかな?だが、それは、日本人の男が中性化しているからである。これは、気持ちが悪くなる社会現象だ。伊勢爺は古いのかも知れないが、男は、女・こどもを守るためにあるとしている~女は、母になることであろうか。母にならないなら、マザーテレサのような生き方を薦める。つまり、何か人類に貢献することなのだ。伊勢平次郎 ルイジアナ





(おまけ)

koichi hamada advisor to Abe re Korea 5.28.13

エール大学名誉教授の浜田教授は安倍内閣の「金融緩和とデフレ脱却」の参与である。教授は、さっき、“韓国は円安の文句など言っていないで、ウオンを切り下げればいいじゃないか”と発言し、米紙がトップ記事で書いているが、反日記事ではない。浜田教授はわが長兄(15年前に亡くなった)に似ている{笑い)。

何故、韓国はウオン安を実施しないのか?

バブルを恐れる?伊勢爺さんは、韓国中銀が恐れているのは、“今も起きているウオン安は、さらなる海外資本の逃避に繋がる”という恐怖じゃないかと思う。もうひとつは、昨年末の「日韓通貨スワップ拡充のザ・エンド」ではないかな?だから、“韓国はウオンを下げればいい”は、韓国に対する、つら~い、つら~い、おことばなのである(笑い)。伊勢

2013/05/27 (Mon) 中国の経済政策に歴史的な転換
Chinese leaders economic slowdown 5.26.13

中国の経済政策に大きな転換が起きる。“背に腹は変えられない”という政策の転換である。つまり、“環境を犠牲にしてまで、経済発展を進めることは不可能だ”と、習近平と李克強のコンビが決めた。


cover for novel you die for me  5.25.13

あと10日です。さあ、どうなるのかね(笑い)。伊勢

今夜は、和文のエントリーを書く余裕がない。冒険小説「You Die For Me」の英語版のキンドル出版を6月6日と決めているからだ。日本語版はその後となるが、6月20日を目指している。伊勢平次郎 ルイジアナ






「チャイナの歴史的な転換」

英文だが、読んでおいてください。伊勢

http://bomanchu.blog81.fc2.com/

2013/05/26 (Sun) 「漁船、円安を受けて」政府補助が無理なら献金で
gyosenn yen yasu  5.25.13

円安で燃油高騰 福岡の漁船6000隻一斉に休漁

 円安による燃油価格高騰で漁業者の経営が圧迫されているとして福岡県内の漁協に所属する約6000隻の漁船が25日、一斉休漁した。福岡県漁業協同組合連合会は福岡市で集会を開き、国に支援策を講じるよう訴えた。集会には漁業者ら450人が参加。福岡県漁連の佐藤政俊会長は「漁に出たくても出られないという現状がある。沿岸漁業の存続のために、すみやかな政策をお願いしたい」と述べた。価格補?(ほてん)など緊急支援を国に求める決議も採択した。

燃油価格高騰をめぐっては全国のイカ釣り漁船が4月下旬に2日間、一斉休漁した。今月29日には、全国漁業協同組合連合会が全国で窮状を訴える街頭活動を実施する。[ スポニチ 2013年5月26日 06:00 ]




三重県は遠洋漁業が中心なので、集魚灯によるイカ釣り船を見たことが無い。函館に行って、これが北海道だけじゃなく~長崎まで大きな収入源なんだと理解出来た。季節ものだけどね。日本の海洋文化とも言える。よって、国民が助けましょう。伊勢


伊勢爺さんの提案

わが故郷の伊勢志摩も漁業や養殖業でご飯を食べている人が多い。読売記事では、この福岡の漁協は、年間650万円程度の燃料費増加だそうだ。政府が取り上げると、他の補助金まで見直さなければならなく、作業だけでその650万円を超えるだろう。従って、福岡漁協が募金されるのが最もこの一時的問題に適した解決法だと思う。伊勢平次郎 ルイジアナ





2013/05/24 (Fri) 女性に嫌われた維新の党のゆくえ
hashimoto ianhu 5.23.13

1)都議選(6月14日告示、23日投開票)の公認候補の一人は、「街頭で、チラシを受け取ろうとした女性が『維新の会』と聞いて手を引っ込めるケースが出てきた」と頭を抱える。

2)維新の会の松井幹事長は23日の大阪市内の会合で、「本当に厳しい状況だ。支持率がどんどん落ちている」と危機感をあらわにした。橋下氏の発言については、「日本が世界の中でひどい誹謗ひぼう中傷をされることに言うべきことは言うのは当然だ」と擁護した。

(読売記事から一部分を無断寸借した。読売さん悪しからず)


伊勢爺さんの感想

1)だが、これは女性に嫌われたのである。日本人女性全部ではないだろうが、“雉も鳴かずば、撃たれまいに”ということわざを想い出す。女性は繊細な生き物なんだ。女性もいろいろだが、潔癖な性格のひとを怒らすと「毛嫌い」されるよ。

2)に関して、「日本が世界の中でひどい誹謗(ひぼう)中傷をされることに言うべきことは言うのが当然だ」と松井幹事長さまのお言葉である。お言葉を返すようですが、本当に、日本は世界の中で誹謗中傷を受けているんですか?これは、人を惑わすレトリックなのだよ。さらにだな、この松井は、“党の一致した見解ではない”とも言っているよね?辻褄が合わんじゃないか?

維新の党が参院選に出るのは初めてだ。もう躓いている。これでは、第三党にはなれない。また、政権を取ることもないだろう。政権担当能力がないんだからね。伊勢平次郎 ルイジアナ






NY株価の大騒ぎ

dow 5.23.13

今日、木曜日のダウだ。伊勢爺さんは、ダウよりも、S&P500インデックスを重視している。ま、いいだろう。見てお判りのように、朝一にド~ンと下げたのは、日本の7.3%下落~チャイナのPMIの2ヶ月連続後退(49.6へ後退)、バーナンキ連銀議長の含みがある演説(国債買い付けにブレーキか?)などが「売り」の心理に拍車を掛けたからだ。

ところが、ストンと落ちて30分もすると戻って来た。12時にはもとへ戻ったのだ。そこから押し合いはあったが、ほぼ安定した。その原因とは、1)4月の失業保険申請が思ったよりも減った~2)新住宅の売れ行きが良かった~3)カンサス州工業地帯が今年初めて好調となった。1)の雇用が最も株価に影響するのである。

んじゃ、明日金曜日はどう読む?“フラットか、少々上げる”と伊勢爺さんは読んでいる。なぜなら、S&Pが今日5ドル下げて、1650だからだ。伊勢爺さんは、S&Pは、1700に向かいつつ押し合うと見ているからだ。そして、1700のテープを切ると、そこから、1600へ戻っていくだろうとね。ちゅうことは、バーナンキさんは、なかなかブレーキに足をかけない。

この米国市場も、日本も、加熱(バブル)気味なのである。あの20年前の津波のようなバブルじゃなく~15年前のインターネットバブルの震度6だろう。それでも、株の取捨選択の判断とタイミングを誤れば、首を吊るか~ピストル自殺か~韓国人ならソウルのビルから身を投げるという末路が待っているのである。は、は、は 相場師「伊勢平」の妄言集。

2013/05/22 (Wed) ご意見をください
同志のみなさん

6月6日、伊勢爺は72歳になる。2011年、心臓手術の二回目、九死に一生を得た。2週間後、退院するとき、外科医が“全ての公務から自分を解放するように”と勧めた。だが、安倍麻生自民を応援するために、隼速報を続けた。うちのが、72歳で、ブログを止めたらどうかと言う。ブログは無料サイトだから、閉じることは伊勢爺の自由。残る作業とは、未完の「慰安婦本」のみ。これも、ジャンルを変えて終止符を打つ考えです。多史氏の中傷コメントとは無関係。このひとは、悪いひとではない。面識もあり、飯も一緒に食った仲。ご本人とご一家の幸福を祈るのみ。恨みなど何処を探しても全くない。ただ、完全隠居がしたいと思うだけだ。年末にフロリダに家を買う計画がある。ルイジアナと違い、蚊がいなく~バラがよく咲く。というわけで、みなさんの忌憚無きご意見を頂たい。伊勢平次郎

2013/05/21 (Tue) 三文の糞にも値しない「慰安婦の嘘」
honda  Okcha

2007年7月31日、「従軍慰安婦米国議会下院決議」が採択された。前がマイク・ホンダ下院議員(北カリホルニア・サン・ホゼ地区)、後ろの黒い喪服を着た女が韓国人、徐玉子(ソ・オクチャ)である。伊勢爺さんはこのオクチャと電話で話したことがある。ただの阿呆であった。

さて、在米韓国人の人口がサン・ホゼ地区やニュージャージーに増えたために、彼らの通う教会や韓国人の票と献金が欲しい州議員や町会議員たちは、韓国人の要請する慰安婦像に協力をした。つまり、韓国人のカネで買われた。

橋下大阪市長や石原・維新の党衆議院議員は大声で騒ぎ始めた。だが、日本国民も、米国国務省もその反応は冷たかった。みんなの党は、維新の党と手を切った。これで、維新の党はガタガタになるだろう。

“従軍慰安婦の嘘を暴け!”という声を聞くが、日本国民のコンセンサスなのかは不明である。コンセンサスなら、内閣総理大臣が取り上げる国の問題だからだ。だが、安倍総理大臣は、“歴史を外交問題にはしない”と断言している。それを伊勢爺さんは尊重しなければならない。なぜなら、隼機関は、安倍・麻生さんを支援してきたからである。


日本にとって、日韓断交がベスト

結論はこうだ。“日本にとって、日韓断交がベスト”ということだ。つまり、慰安婦、竹島、対馬、仏像盗難、、その他諸々の韓国が起こしてきた災いを一掃することが出来るからだ。まず、この日韓断交を実現すれば、慰安婦の嘘などは、三文の糞にも値しないはずだ。だ・か・ら、ガタガタ騒ぐな!伊勢平次郎 ルイジアナ




2013/05/20 (Mon) 青い鳥は幸せだ
幸せの青い鳥

blue bird 5.10.13 013

ルイジアナのわが家の前庭に毎年帰ってくる。雛は何匹だったのか、モロッコへ旅していたので知らない。Southern Blue Birdという。この鳥は夫婦仲が睦まじい。交互に見張って、交互に餌を運ぶ。同じ時期に真っ赤なカーデイナルがやはり巣を作るが、カーデイナルは巣箱には入らない。藤の葉の下に大きな巣を掛ける。この赤い鳥の性質は猛々しい。


アホウドリ

blue bird 5.10.13 014

この二人はアホウドリである。“慰安婦は強制連行されたということが、ひとり歩きしている”と叫んでいる。そうかい?そうだとして、米国政府と抗議、または、協議出来るのは安倍内閣総理大臣だけである。大体、米国議会下院を過大評価し過ぎている。抗議する相手は韓国である。打ち負かすべきは韓国である。アメリカを敵にすれば韓国にも負けるよ。やはり、安倍晋三さんのほうが上だわ(笑い)。おい、石原、そんな調子じゃ大往生出来ないゾ。美味いもん食って、威張ってないでだな、そろそろ大人にならんか。伊勢平次郎 ルイジアナ






2013/05/19 (Sun) マグレブの月の夜
伊勢爺、モッロッコのカスバを歩く



3月の下旬、18人乗りの小型ジェットで、ポルトガルのリズボンからモロッコのカサブランカに飛んだ。1時間20分だった。翌日、汽車に乗って内陸部のマラケシュへ行った。3時間であった。フランス製の電気機関車で、コンパートメントに6人が座れた。通路にベンダーがパンや飲み物を売りにきた。窓外は、芥子の赤い花が群れ咲き、白い羊がやはり群れていた。“原始的でしょう?”と、隣りの社長さん風のアラブ人が言った。大西洋岸の漁業権はほとんど日本が買ったとのことだ。鰯~マダコ~マグロ~蟹~伊勢海老~鯨まで。交換として、冷凍倉庫~缶詰め工場~港拡張~モロッコから燐酸肥料を日本が買っている。

マラケシュのカスバの中にフランス人夫婦が持っているマンションに泊った。庭園、噴水、屋上のレストラン、、屋上からアトラス山脈のアルプスが見えた。青空を背景にして雪を被っていた。その向こうがサハラ砂漠である。東にアルジェリアがあるが、山脈と荒野が自然な国境を造っている。

サハラ砂漠を舞台とするサスペンスを書くための旅だった。英語版を先に書いた。昨夜、書き終えた。現在は、カナダ人のプロが編集してくれている。KIDDさんという方だ。編集は5月31日に完成する。キンドル出版を6月6日と決めている。わが72歳の誕生日である。邦題は「マグレブの月の夜」~英語の題名は、「YOU DIE FOR ME」である。ご期待を乞う。伊勢平次郎 ルイジアナ




2013/05/17 (Fri) 小僧、だまれ!
hashimoto fools die 5.17.13

 慰安婦問題をめぐる日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)の発言に対し、米国務省のサキ報道官は16日の記者会見で、「異常で不快だ」と厳しく非難した。この女性報道官による批判を受け、橋下氏は17日朝、ツイッターで「アメリカも日本相手には、中国と同様の態度振る舞いをする」と猛反発した。事態はさらに過熱しそうだ。

 橋下氏の発言をめぐっては、在日米軍に風俗業の活用を求めたことに絡み、米国防総省が「バカげている」と反応していたが、米政府当局者が公式の場で正面から批判したのは初めて。

 サキ報道官は慰安婦について「性を目的に人身売買された女性たちの身に起きた出来事は嘆かわしく、重大な人権侵害であることは明白だ。犠牲者に心から同情する」とも指摘した。

 報道官が「異常で不快」と強い表現で橋下氏を断罪した理由について、国務省当局者は「非常に不快な発言についてコメントを求められたからだ」「(橋下発言には、国務省の)建物の中にいるみんなが腹を立てている」と述べた。

 サキ報道官は、ケリー国務長官が出馬した2004年大統領選で選挙スタッフを務め、コンサルタントの経験もある。
 橋下氏は風俗業の活用については16日、放送プロデューサー、デーブ・スペクター氏のアドバイスを受け、「不適切だったことは間違いない」といい、今後は発言を控える考えを示した。

 しかし、慰安婦に関しては譲らない。日本政府としても「軍による直接関与を示す証拠はない」という見解だが、橋下氏は17日午前7時40分ごろ、ツイッターでサキ報道官の発言を紹介したうえで、「アメリカも日本相手には、中国と同様の態度振る舞いをするようだ。自分たちの気に食わない相手には、一切会わない」とつぶやいた。

 これを皮切りに、「ドイツもフランスも、慰安所方式を活用していたし、アメリカやイギリスは、現地の女性を活用していた」「もっと端的に言う。アメリカの日本占領期では日本人女性を活用したのではなかったのか」と続け、「日本だけを特別に非難するのはアンフェアだ」などと10件以上連続でつぶやき、米国側を牽制した。

 この先、どうなるのか。(夕刊フジ)






伊勢爺さんの怒り

橋下は終わったな。この小僧のあたまは異常である。大阪にカジノ誘致を言い出したときに、伊勢爺は見抜いていた。何々、こんどはアメリカと大喧嘩するってかい(大笑い)。石原慎太郎爺さんにも、この傾向がある。一体、こいつらが、何時から日本を代表しているてんだ?

安倍さん、外務大臣をワシントンへ送るしかないよ。それと、維新の党とやらを撲滅すべし! 伊勢平次郎 ルイジアナ

2013/05/16 (Thu) 富士山のような人


わが中学時代の担任は、「富士山のような人」である。頭山満翁に似ているが、わが恩師は根っからの教師なのである。伊勢爺さんでも、落ち込むことがある。それは、“親孝行が足りなかった”と思うときだ。悔やむよりも、わが恩師を大切にすることにしている。伊勢平次郎 ルイジアナ




私の別な素顔を紹介いたします。
驚かないでください。
神社庁の正階位で宮司の資格を持っています。
お祓い等のごようがありましたなら申し付け下さい。
私は国学院大学で研修を受け大国魂神社で実習をいたしました。
本籍地鬼神神社の宮司を20年間勤めました。
今は弟(元自衛隊空将補)が務め、私は名誉宮司です。

と、メールを下さった。東京の中村中学校の校長さんをやってたとき、“サヨクの教育委員会から苦情は来なかったぞ”とご自慢されている(笑い)。また、その八年間に生徒の暴力事件はなかったと。ところで、伊勢爺は執筆にかまけて返事を書いていない。明日、午後に「マグレブの月の夜」の英語版が脱稿する。ハリウッドの作家協会に登録する。その後、最終編集があり~その後にアマゾン・キンドルで出版する。文庫本やぺーパー・バックになるのかは未知なのだが、自信がある(笑い)。


kurogi sensei 1.1.13

わが恩師の「黒木(くろぎ)ひかる先生」は、88歳になられた。“120歳まで生きるゾ”と教え子を脅かしている。剣道七段教士の後藤又兵衛のごとき剣豪さまだ(笑い)。奥様の貞子先生(小学校の先生だった)も同い年かな。お二人ともお元気そのものだ。東京都下のご新居に住んでおられるが、奥多摩なのか、富士山と丹沢山塊が目の前なのだと自慢されている。


(伊勢爺のブログ)

今日は、TESLAというバッテリーで走る高級車や宇宙ロケットを自分で造ったILON・MUSK(41)のテーマの考えだったが、黒木先生にした。長生きして欲しいからだ。伊勢平次郎




2013/05/14 (Tue) 韓国民の選択・あたま悪いネ~!
park Shu

これさ、合成写真だわな?韓中時代の到来かい?われら隼族は大歓迎だわな(笑い)。下の記事を読んで感激したよ(笑い)。伊勢平次郎 ルイジアナ


韓国「日本外し」外交会議、米中にのみ出席打診

 韓国政府が、米国や中国の外交担当者を招き今年6月末にソウルで外交関係のセミナーを開く予定であることが分かった。

 日本政府に出席要請はしておらず、この種の国際会議としては異例の対応だ。

 日本政府は、韓国が「日本外し」で北東アジア外交を進めようとしているとみて警戒し、近く米国など関係国に不快感を伝える方針だ。

 日本政府にこれまでに入った情報によると、協議には、韓国外交省と中国外務省の審議官級以上の幹部、米国からは国務次官補代理が出席を予定している。外交関係の民間調査研究機関なども参加する見通し。

 韓国の朴槿恵パククネ政権は、米中韓3か国による戦略対話を呼びかけるなど、「日本外し」の姿勢が目立つ。朴氏は7日のオバマ米大統領との共同記者会見でも、日米韓の連携を訴えたオバマ氏と異なり、日本への言及を避けた。

(2013年5月14日08時55分 読売新聞)




2013/05/13 (Mon) 他人事ではないトルコ爆弾テロ
Turkey Siria 5.12.13

シリアとの国境の町で起きた爆弾テロだ。二台のトラックに仕掛けられた爆弾によって、46人が死亡し、負傷者は200人を超える。現在、隣のシリアでは内戦が続き、難民26、000人がこの国境の町に避難した。エルドアン首相が容認したからと、市民は怒り、“シリア人を皆殺しにしろ”と歩き回っている。実行犯は、9人のトルコ人だというが、これは難しい。なぜなら、トルコには、無政府主義者やクルド人独立革命運動があるからだ。

伊勢夫婦はイスタンブールに3度行った。ホテルの従業員を観察しても、エルドアンさんの心痛がよくわかる。トルコ人は実に誠実な民族なのだ。公共マナーは日本人よりも数段良いといえるだろう。この国はナトー加盟国だ。だが、ナトー軍に助けを求めることはないと断言している。自分たちでトルコを守ると断言している。

エルドアン首相は、オバマと相談するために、今週ワシントンにやってくる。アメリカは、この中東一の軍事大国トルコを無視出来ない。シリア内戦にアメリカがどこまで介入するのか?非常に気になる。それは、日米同盟の本気度にも関連するからだ。つまりトルコの爆弾テロは他人事ではないのである。伊勢平次郎 ルイジアナ




2013/05/11 (Sat) アメリカは「人類のリーダー」ではない(その1)
uS bombing 1944

1942年4月18日、B-24・ノース・グラマン・ミッチェル爆撃機16機が東京に飛来した。この絵は横須賀であろう。16機のうちほとんどが生還しなかった。戦果と言うほどのものもなかったが、日本の指導者は仰天した。

この後の大東亜戦争は語り尽くされた。伊勢爺の米軍評価は極く低いものだ。なぜなら、この第二次大戦以降、米軍が戦争に勝ったことはないからだ。とくに、米陸軍はダメだ。米陸軍も、米海軍の空母群も、アメリカの財政を破綻させるカネ食い虫なのだ。

アメリカは、もはや自由世界の指導者ではない。ただの借金大国となっている。原因は、「正義の御旗のもとに、無差別大量殺戮を犯してきた」からである。さらに、そこには反省などない。あるのは、「居直り」だけだ。

このような傲慢無礼なアメリカに友人はいない。アフリカには絶対いない~中東にもいない~メキシコも含んで南米にはいない~アジアにもいない~ロシアとは絶対に仲良くはならない、、一体、どうすんのよ? 伊勢


伊勢爺さんのアメリカ

安倍首相は、“日本が過去の反省に立って歩んできたことを強調したうえで、日韓の友好に努力していく姿勢を示した”とFNNに出演して仰った。日米同盟が存在する限り、それでいいんですが、われわれ隼族は賛同しませんよ。朝鮮は北はもとより、南も関係を極小にしたいからだ。つまり「アメリカとの関係を維持しつつも、朝鮮はうち捨て」がベストと信じている。支那は、共産党と人民の間に亀裂がある限り、この不自然な国が発展することはない。さらに国際信用を取り戻さなければ、13億の人口では、生存出来ない。よって、リサイズしながらついてくる。

日本に立ちはだかるのは、実は、アメリカなのだ。アメリカの議会には、終戦から68年が経った今でも、“日本を悪い国として置きたい”グループが居るのだ。その理由は、謝りようのない原爆投下と東京下町空襲なのだ。アメリカは東京裁判の不当性も蒸し返されたくない。それで、強盗のように、居直っているわけさ。しかし、その傲慢はこれからの超コミュニケーション時代に通じるのかな?

伊勢爺さんは、在米45年になる。アメリカの功罪ほど難しい議論はない。だが、アメリカは「人類のリーダー」ではないと確信している。そのテーマをしばらく続けたいと思う。なぜなら、「アメリカ」を再評価するときが来ているからだ。“アメリカは本当に戦勝国なのか?”“そんな国に国防を頼ってていいのか?”みなさん、考えてみよう。伊勢平次郎 ルイジアナ




2013/05/09 (Thu) 朴おばはん、アメリカがよく判らないらしい
朴大統領が米議会で演説「正しい歴史認識を」だとさ

park 5.8.13

“Park Korean"と検索しても、記事が出てこない。W・ポストも、NYタイムスもだよ。この朴おばはんは、相手にされなかった。当たり前だわな(笑い)。歴史をねえ?誰から習ったんよ?

さあ、日韓および日中断交を推進すべし!八月の終戦記念日には閣僚全員が靖国に参拝するべし!欧米じゃ、朝鮮人も支那人も嫌われているよ。嫌われて生きれる世の中じゃないよ。一方、アメリカが一番気にしているのが、ブッシュなどが破壊したアメリカの信用をどう取り返すかなのだからね。たぶん、取り返せないだろう。つまり、全てが日本に有利なのだ。伊勢平次郎 ルイジアナ




2013/05/08 (Wed) 朴とオバマ「日本からいかにして、カネを出させるか」を話し合うのだと?
乞食根性旺盛なり

Park Geun-hye Obama 5.7.13

米国オバマ大統領は、朴槿恵大統領との会談で、「日本からいかにして、カネを出させるか」を話し合う

板垣 英憲 | 政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表

2013年5月8日 1時45分

◆訪米中の韓国の朴槿恵大統領は、米国オバマ大統領と会談、このなかで一体何を話し合うのか。米韓両国の軍事情勢に詳しい専門家筋(ニューヨーク・マンハッタン島発)の情報によると、「日本からいかにして、カネを出させるかを話し合うのだ」という。

韓国政府は、安倍晋三首相が進めている「アベノミクス」政策により、日本が急激な株高=円安現象を起こしている煽りを受けて、経済が悪化していて、「財政ピンチ=金欠」、米国連邦政府も「財政ピンチ=金欠」のため、北朝鮮(金正恩第1書記=元帥)に南進されては困る。北朝鮮は、朝鮮半島統一→大高句麗国建設を目指しており、これが大戦争に発展しないまでも、局地戦にはなり得る。戦争になれば、莫大な戦費が必要となるからである。

朴槿恵大統領は、戦争回避のため、「対話路線」を望んでいる。オバマ大統領としても,アフガニスタン戦争が、完全終結していないので、朝鮮戦争に介入する余裕も、余力もない。それでも、ある程度の軍資金は、どうしても調達しておきたい。

◆そこで、例によって目をつけられているのが、「黄金の国ジパング」、すなわち日本である。だが、朴槿恵大統領は、いまや日本に対して、いつまでも「乞食外交」を続けることはできない。何しろ、父である朴正煕大統領(1917年11月14日~ 1979年10月26日、日本名は高木正雄)が、日韓基本条約の締結を行い、日本からの経済支援を受けて、「漢江の奇跡」と呼ばれる高度経済成長を成功させて、最貧国グループから抜け出させることができたからである。それだけに、いつまでも「乞食外交」はできないのである。

しかし、万が一、第2次朝鮮戦争が勃発した場合を想定すると、どうしても「戦費調達」は、欠かせない。そこで、米朝で共同戦線を張ろうとしているのである。戦費調達先は、言うまでもなく、「日本政府」である。

◆オバマ大統領と朴槿恵大統領は、戦費調達とともに、「ミサイル防衛」に必要な兵器も日本政府に買わせて、朝鮮半島の安全も強化させようとしている。この結果、米国の「軍産協同体」も大儲けできるという算段だ。実際に、第2次朝鮮戦争が起きなければ、それでも構わない。国防に大いに役立ったことになるからである。

なお、自民党の額賀福志郎元財務相は5月7日、韓国の超党派の国会議員でつくる韓日議員連盟の金泰煥会長代行ら2議員と都内のホテルで会談した歳、日本の閣僚らの靖国神社参拝や、歴史認識をめぐる安倍晋三首相の発言に抗議する書簡を渡されている。産経新聞msn産経ニュースが5月7 日午後6時18分、配信している。「靖国神社問題」で冷却化している日韓関係を改善するための儀式とも言える。


伊勢爺さんの理解するところでは

板垣さんは頭が良い。だが、うがり過ぎだよ(笑い)。つまり、オバマもパクも、麻生・安倍さんのような商才がないからだよ。日本はアジアの経済機関車になれるし~その道を歩いている。アメリカは、日本と不仲ではもっと後退するのだよ。つまり、東南アジア~インド~モンゴル~ロシア~アラブ産油国~日本は、完璧な運命共同体を作り出すだろう。伊勢爺さんが書いている(70%完成した)「中央アフリカや北アフリカ」は日本には無理だ。アフリカは伊勢夫婦の冒険小説に任せて~南米を抱き込むべし。つまり、アメリカが信用を失った地域を取り込め!伊勢平次郎 ルイジアナ




2013/05/07 (Tue) 中国人に愛国心などない
chinafoodsafety shanghi 5.7.13

ご周知だと思う。鼠~ミンク~狐の死肉にゼラチン、染色を施して、マトンだとして売っている。上海で取締りが始まったとだが、NYタイムスは。“一体、何年間やってたのか?”と報じた。さすがの親中新聞のNYタイムスまでが悲鳴を上げているのだ。
日本のみなさん、上海の中国料理は危ないよ。


rat meat berbeque

「チャイナ、鼠の肉」と検索すると、鼠のバーベキューが出てくるよ。こいつら、どうしようもないな。それでも、中国が好きだと?サヨクちゅうか気違いだよ。


chinese liar

この中国外務省報道官とやら、破廉恥な女だよ。麻生さんにあれだけ言われても、今回は言い返さなかった。昨日、米国議会、大統領府が「チャイナのサイバー犯罪は中国軍が背景にある」と宣言した。これに加えて、CNNなどのテレビ大手が、鼠肉の報道だわさ。だから、いつも、大口の女もシ~ンとしているわけさ(笑い)。こいつらに、愛国心などないよ。伊勢平次郎 ルイジアナ




2013/05/05 (Sun) 麻生太郎さんの地球儀
globe aso

日中両国は、その貿易~投資~人物交流~移民~文化も含めて、最小限の関係が二国のためだ。韓国も同じだ。朝鮮半島の文化は余りにも「おぞましい」からだ。伊勢平次郎 ルイジアナ






麻生副総理「中国とスムーズにいった歴史ない」

 【ニューデリー】インド訪問中の麻生副総理・財務相は4日、ニューデリー市内のホテルで行った講演後の質疑で、日中関係について、「少なくとも我々は1500年以上の長きにわたって中国との関係が極めてスムーズにいったという歴史は多分ない」と述べた。

 麻生氏は中国とインドは陸上で、日本とは海上で国境を接しているとし、「(日本とインドは)どうやってうまくやるかを常に考えておかないといけない」と指摘し、米国とインド、日本などが協力を深めるべきだと強調した。

(2013年5月5日17時25分 読売新聞)


伊勢爺さんの評論

全く、その通りだ。何をか言わん。この麻生さんほど地政学にたけた政治家は日本にはいない。伊勢爺さんのように、地球儀を眺めているのだろう。

2013/05/04 (Sat) AAISKの指導体制は抜群だ
globe image

「AAISKの指導体制は抜群だ」

安倍さん~麻生さん~石破さん~菅(すが)さん~黒田さんのチームは抜群だと言いたい。安倍さんのロシアに始まるアジア、中東訪問は文句のつけようがない。見事な外交であった。安倍・麻生さんの戦略は単純明快で分かりやすい。いわゆる「経済安全保障外交」である。日本の領土の国防だけでなく、インド~中東~ロシア~アセアン~オーストラリアを味方に着けるという地球儀を見ながらの自由民主圏の防衛なのだ。

ワシントンは目を見張っているだろう。オバマは安倍・麻生外交にコメントを出さない。沈黙がベストだからだ。米国議会は、日本がイ二シャテイブをとることを大歓迎なのだ。ブッシュは親子でバカだが、“中東や東南アジアにもっと日本が積極的に働きかけて欲しい”と言っていた。この発言は、“アメリカには出来ないことのほうが多い”ということだ。なんでも出来る顔をしていたクリントンでも、おしゃべり烏のオバマも「口先外交」だけだ。イラン、ロシアを説得できるのは日本だけだから。つまり、第二次戦争でアメリカは戦闘に勝った。だが、欧米が宣伝してきた“日本は悪い国だった”は、インド、アセアン、中東では通用しない。アメリカは、ベトナムで、アフガニスタンで、イラクで信用を失った。どれも、「正義の戦い」とは言えないものだからだ。

安倍・麻生体制が永く続ことを伊勢爺は望む。それは、大東亜戦争の真の終結だから。アメリカが日本に謝る日が来るであろう。東京空襲、広島長崎・原爆投下のことだ。無実の市民を焼き殺して素顔ではおれないからである。伊勢平次郎 ルイジアナ




2013/05/02 (Thu) 言いわけですが、、
みなさん

伊勢爺さんと妻のクリステインは、只今、サハラ砂漠を舞台とした英文と和文の冒険小説を書き終え編集に入った。英文の編集では、第三者のプロも加わっているので、工程表の通りに行かない。だけど、5月中に日米両国で、キンドル出版する決意をしている。その後は文庫本になるように出版社に掛け合う。それで、日本の命運に関わる重要なエントリーでない限り、ブログがお粗末になると思う。どうか勘弁してください。伊勢・クリステイン

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する