2012/12/20 (Thu) お知らせ
同志のみなさん

わが心臓(去年9月にバイパス手術を受けた)の動脈に異常ありと。明日、入院手続きと準備。12月28日に内視鏡による手術。クリスマスが近付き、近所とのお付き合い(飲み食い)が頻繁となっている。

ブログの書き換えは、明日になります。テーマは、「財政の崖の期限迫る」です。今朝の東証は、「米・財政の崖」に嫌気ということで、昨日の大きな上げを瞬く間もなく下げている。これが安倍政権の最優先課題である「経済再生」とどう競合するのか?などお話しをしましょう。安倍さん、組閣人事で駆け足ですね。絶対に負けてはいけない。

また、ダニエル・イノウエさん(88)が亡くなり、ハワイの天台別院で修行した伊勢爺の胸も悲しみがいっぱい。この人は1960年、ハワイが最後の州となった年に、ハワイから初めての米下院議員となり~それから上院議員となり~50年もの月日を日米やハワイのために一生を捧げた。ベトナム戦争を“モラルに反している”と批判した。伊勢爺も同じ意見です。イノウエさんの最期の言葉は、”アロハ”だそうです。ハワイ生まれのハワイ育ちのオバマが悲しんでいる。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

伊勢様、

くれぐれも、お体を大切にしてください。力強くしっかりした次の世代を育ててもらうために、まだまだ在米真日本人の伊勢様の存在は大切なものです。そのためにご自愛ください。

安部次期首相の発言はしょうがないと思います。残念な事に、日本と韓国は地理的に切り離してしまう事が出来ません。一つの家に住んでいる家族の中にアル中患者がいるようなものかもしれません。そいつを完全に家から追放できない以上、ましな状態の時には言葉でなだめていかないとしょうがないというところではないでしょうか。

日本という国と日本人社会の組織の中で、 Bad cop、Good cop の役割を果たすチャンネルがしっかりあることは有効だと思います。
残念な事に、反日のマスコミにはそのような役割を全く期待できませんので、ブログ等はBad copを演じるチャンネルとして上手く機能できるかもしれません。

日本の目的がしっかりしていてチームプレーが上手く行われるならば勝てると思います。そして今回は絶対に勝たなければいけません。安部次期首相は目的を見失わずに、リーダーとして日本が全体で上手く機能するように引っ張っていって欲しいです。
2012/12/21 11:46 | 本来 [ 編集 ]

手術を控えてジム通いとは...鉄人ですな。ご自愛を、といいたいですがご自分の体は良く知ってらっしゃるのでしょうね。

先日日本におけるリベラルについて書きましたが、その後朝日の関係者がリベラル勢の退潮を嘆く文をダイアモンドオンラインに載せたようです。それを見たあるブロガーの意見が的を射ててました。ざっくりいいますと「自民党が行ってきた国家運営は西側先進国においては左翼的であり、そこでもってリベラルが存在感をだそうとすると非常にラディカルにならざるを得なく結果的に極左となる」ふむふむなるほどですね。ブロガー様曰くその辺の分析が無いリベラルの自己評価は客観的じゃないねーとの事です。
私見ですが日本の未来は左翼の成長にありです。ところが左翼リベラル勢は南北朝鮮のスパイ達にがっつり食い込まれてますね。鍵です。

2012/12/21 11:27 | 田園 [ 編集 ]

多史済々先生

有難うね。今、ジムから帰った。朝の8時に行って(車で5分の距離)9時30分まで体操。自転車(機械)~太腿を鍛える機械~ふくらはぎを鍛える機械~胸と肩と腕の筋肉用重量挙げと。クタクタになんかならないが、歩き出すと、脚の筋肉がブルブル震える。筋肉弛緩剤を飲まないと、引きつる始末さ。重量は20キロ以上は上げないことにしている。というのは、先月、150ポンド(60キロ)を30回やったら、次の日に起き上がれなくなってね(笑い)。寝返りも出来なかったよ。トイレに行くときは、クリステインを起こした(笑い)。足首のくるぶし周りの筋肉ってのは薄くて弱いんだわな。

>>安倍氏は来年早々にアメリカ訪問するとのことです。そして、その前に新韓国大統領の就任式に招かれるのかどうか不明ですが、どちらの訪問も慰安婦問題について報道機関にコメントを求められたりするのであれば、どのようにコメントするのが最善なのかとふと気になってしまいます。日本に対する歴史バッシングはアメリカにも存在するのでしょうからね。

この返事を次回に書くね。どのように答えればよいのかをね。二月に「竹島の日」という踏み絵があるよ。さあ、安倍さんはどうするかな。「竹島の日」の式典に出席しなければ、国民が怒るし~出席すれば、韓国は安倍さんを招待しないだろうしね。こういう場合は、麻生さんが「竹島の日」に出るとか判らんけど、それもおかしいしね。いい知恵はないね。韓国人ってのは幼いからね。伊勢
2012/12/21 03:21 | 伊勢 [ 編集 ]

 艦長

 一有権者さまと同じく、決して無理をせずに長生きしてくださいと申し上げたいです。夏や冬には健康を害して亡くなる人が多いです。最近も私のいとこや少し遠い親戚、そして、大変世話になった自営業者がまだ若くして亡くなりました。

 ダニエル・イノウエ氏のご逝去に対しお悔やみ申し上げます。彼が米陸軍に入隊した頃のハワイの人口は4割が日系人だったそうですね。アメリカがハワイを併合した歴史はいま述べたくありませんが、アロハという言葉を残して亡くなられたとのこと、それがアメリカ白人の心にどんな風に届いたのか届かないのか・・・

 安倍氏は来年早々にアメリカ訪問するとのことです。そして、その前に新韓国大統領の就任式に招かれるのかどうか不明ですが、どちらの訪問も慰安婦問題について報道機関にコメントを求められたりするのであれば、どのようにコメントするのが最善なのかとふと気になってしまいます。日本に対する歴史バッシングはアメリカにも存在するのでしょうからね。

 安倍氏や隼に集まるの多くの人の歴史観などはアメリカ人にとってはやはり単に歴史修正主義者の烙印が付けられるのでしょうか。何かそのようなことからでもアメリカに住む日本人の苦労が私には忍ばれるのです。
2012/12/20 23:40 | 多史済々 [ 編集 ]

一有権者先生

ブログは国民感情を表すものです。国益にならないことも書く。安倍さんには言えないことを書く。とくに、陰湿極まる韓国と暴力で脅かす中国政府にはね。伊勢
2012/12/20 23:37 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、体調が優れないご様子健康あっての人生ですのでしっかりと回復されるように祈っております。決して無理をなさらないように。

韓国は重要な隣国”だと。首相としては、こう言わざるを得ないでしょうね。ぼくは、日韓断交の旗を揚げている。韓国の反日教育をけん制する目的で。これも正しいでしょ?伊勢

私も同意見です。誰が韓国大統領になろうと基本的に反日政策と反日教育は現状では止める事はないでしょうからできる事ならば国交断絶し一切係わらぬ事が一番良い方法と思っております。
最低でも最大限の距離と警戒感をもち最小限度の付き合いに関係を縮小するべきであろうと思います。何せ実際は敵国なのですから。

次期大統領朴氏の父親は言わずと知れたパクチョンヒ元大統領で彼は日本陸軍の士官学校を卒業し将校にまでなった人物ですね。
彼女はそのような父からどのような日本観を聞いたのか判りませんが、仮に韓国社会で流布されているような日本観と違った話を聞いていてもそれを表だって発言する事はおろか親日的政策を取る事はできないでしょう。

したがって日本国内の反日マスコミが「日韓の関係改善に期待」と報道したところで全く意味の無い妄想でしかありません。

安倍次期首相としては発言に注意しないとマスコミからのバッシングのネタにされますから気をつけるに越した事はないと思います。

2012/12/20 17:32 | 一有権者 [ 編集 ]

朴氏当選に自民・安倍氏「関係をさらに深化」

 自民党の安倍総裁は20日、韓国大統領選で朴槿恵氏が当選したことを受け、当選を祝福するとともに、「朴次期大統領との間で緊密に意思疎通を行うことで、大局的な観点から日韓両国の関係をさらに深化させていきたい」とのコメントを発表した。

 安倍氏は「日韓両国は、様々な価値観や戦略的利益を共有しており、経済や国民交流等の面における両国の結びつきは極めて強固だ」と指摘。さらに、「地域における平和と安定を確保する上で、緊密な協力が不可欠な隣国でもある」とした。

(2012年12月20日10時45分 読売新聞)


“韓国は重要な隣国”だと。首相としては、こう言わざるを得ないでしょうね。ぼくは、日韓断交の旗を揚げている。韓国の反日教育をけん制する目的で。これも正しいでしょ?伊勢
2012/12/20 14:22 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する