2012/12/27 (Thu) 安倍(新)首相、初めての記者会見、立派ですよ
成長を諦めた国に未来はない

abe 1 st press conference 12.26.12

2012.12.26 22:54

首相官邸で記者会見をする安倍晋三首相=26日午後、首相官邸(MSN 産経 桐原正道撮影)

 「本日、第96代内閣総理大臣を拝命致しました。先般の総選挙の結果を受けて、自民党、公明党で連立政権を樹立致しました。今回の総選挙の中において全国を遊説で回りながら、国民からの期待として、この政治の混乱と停滞に一日も早く終止符を打ってもらいたいと、そういうひしひしとした期待を感じました。一方、まだまだわが党に対して完全に信頼が戻ってきているわけではない。政治全般に対する国民の厳しい目が、ついていることを実感を致しました」

 「その中で内閣を発足し、一日も早く結果を出していくことで信頼を重ねていきたい、信頼を得ていきたいという緊張感で今、いっぱいであります。この3年間、民主党政治の結果として、経済においても外交安全保障においても、あるいは教育、暮らしにおいてもさまざまな課題が山積しておりますが、過去を振り返っても、あるいは前政権を批判しても今、現在、私たちが直面している危機、課題が解決されるわけではありません。われわれは過去を振り切り、今から未来に向かって力強く第一歩を踏み出していきたい。こう考えています」

「国家が国民のために目前の危機を打ち破っていく、という覚悟において本日、危機突破内閣を組織致しました。総裁や代表経験者、あるいは次世代を担うリーダー候補に入閣していただきました。人物重視、実力重視の人事を行いました。危機突破のために十分にその力を発揮していただきたいと思います。この危機突破内閣の発足にあたって、すべての閣僚に対しまして経済再生、復興、危機管理の3つに全力で取り組むよう指示致しました」

 「特に危機管理に対しましては現在も北日本の日本海側では劇的な大雪となっており、大きな被害の発生も懸念されます。先ほど、内閣危機管理監に対して人命保護を第一に、警戒対応に万全を尽くし、今後の大雪対策に万全をきすべく対策室の設置を指示いたしました。政権を担うことになった以上、その瞬間から油断することなく全力で危機管理にあたる責任があります。そのことを閣僚全員に徹底致しました」

 「東日本大震災の被災地は二度目の寒い冬を迎えています。いまだに32万人の方々が仮設住宅などで避難生活、困難な生活を強いられています。復興の加速化がなによりも重要であると認識しています。被災地、とりわけ福島の現場の声に精通した方に復興大臣になっていただきました。被災地の心に寄り添う現場主義で、復興庁職員の意識改革、復興の加速化に取り組んでいただきます」

「特に福島については除染や生活再建など課題は山積だが、新設した福島原発事故からの再生総括担当大臣を中心に関係省庁の力を結集して、国が前面に立って、国の責任で再生に取り組んで参ります。閣僚全員が復興大臣であるという意識を共有し、あらゆる政策を総動員して参ります。これにより単なる最低限の生活再建にとどまらず、創造と可能性の地としての新しい東北を作り上げて参ります」

 「強い経済は日本の国力の源であります。強い経済の再建なくして財政再建も日本の将来もありません。長引くデフレで額に汗して働く人たちの手取りが減っています。歴史的な円高で国内で歯を食いしばって頑張っている輸出企業もだんだん空洞化しています。強い経済を取り戻す。これは正に喫緊の課題であります」

 「経済再生の司令塔として日本経済再生本部を創設致します。経済財政諮問会議も再起動致します。新たに経済再生担当大臣、デフレ脱却・円高対策担当大臣、産業競争力担当大臣を設けて、きめ細かな政策実施に向けた体制を整えました。内閣の総力をあげて大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略、この三本の矢で経済政策を力強く進めて結果を出して参ります。頑張った人が報われる日本経済。今日よりも明日の生活が良くなると実感できる日本経済を取り戻して参ります」

「そして国益を守る、主張する外交を取り戻さなければなりません。日中関係、日韓関係、そして日本の外交安全保障の基盤である日米関係にたくさんの課題があります。アメリカ、ロシア、インド、ASEAN諸国など世界地図を俯瞰するような視点で戦略を考えていくことが必要であります。総合力としての外交を戦略的に展開して参ります。何よりも日米同盟の信頼関係を再構築しなければなりません。先日、オバマ大統領と電話会談を致しました。その際、長期に渡って関係を構築していくことで合意致しました。日本外交の基軸である日米同盟の絆を改めて強化していくことが日本の外交安全保障立て直しの第一歩であると認識しております」

 「首相として国民の生命、領土、美しい海を守り抜いていくという決意を示していきたいと思います。今この瞬間にも尖閣諸島沖では海上保安庁や自衛隊の諸君が日本の海や空を守っています。日本の安全保障はひとごとではなく今そこにある危機であります。新たに国家安全保障強化担当大臣を設けました。司令塔となる国家安全保障会議の設置など内閣をあげて外交安全保障体制の強化に取り組んで参ります」

「現在、子供たちの命と未来が危機的な状況にあります。いじめや学力の低下などさまざまな問題に危機にひんしている教育の再生は政治の責任であります。先の安倍政権時代に教育基本法を改正しました。改正教育基本法の下で、公教育の最終責任者たる国が責任を果たしていく仕組み作りなど、より具体的な改革を進めて参ります。子供たちに世界トップレベルの学力と規範意識、歴史や文化を尊重する態度を育んでまいります」

 「一つ一つの国民の暮らしの不安を払拭していかなければなりません。安心社会を作り上げることも安倍内閣の重要課題であります。笹子トンネル事故は高度経済成長時代に作り上げられたインフラの老朽化に対する国民の皆様の不安を高めました。国民の命を守るため、また、日本の競争力を高めていくためにも国土強靱化対策を進めて参ります」

 「持続可能性な社会保障制度の確立も喫緊の課題であります。3党合意に基づきまして社会保障・税一体改革を継続して参ります。また女性活力子育て支援担当大臣を設置致しました。女性が活躍し、子供を産み、育てやすい国を作っていくことも安倍政権の使命であります。まず隗より始めろとの精神に基づいて、党の4役のうち二人を有能な女性にお願い致しました。今回の人事でも実力本位で積極的に女性を登用致しました」

「最後に繰り返しになりますが、この政権に課せられた使命はまず強い経済を取り戻していくことであります。人口が減少していくから成長は難しい、確かに難しい条件ではありますが、成長を諦めた国、成長していこうという精神を失った国には未来はないと思います。われわれは決断し、そして正しい政策を実行することによって成長していく。明るい未来を目指して、国民一丸となって進んでいく国づくりを目指していきたいと考えております。私からは以上です」


原発再稼働、「政府の責任で決める」=茂木経産相

moteki 2

2012年 12月 27日 02:02 JST

[東京 27日 ロイター] 茂木敏充経済産業相は27日未明の就任会見で、停止中の原子力発電所の再稼働について、「安全性が確認された原発については原子力規制委員会の判断を尊重して、政府の責任において再稼働を決めていきたい」と語った。

一方、原発の新増設について茂木経産相は、「(電源開発(9513.T: 株価, ニュース, レポート))大間原発と(中国電力(9504.T: 株価, ニュース, レポート))島根3号については、設置許可が下りて建設中で、規制委員会の安全性のチェックのプロセスに入っていく。それ以外の新設の可否については、いまイエス、ノーを決めるのではなくて、専門的知見を十分蓄積した上で今後の大きな政治的な判断になっていく」と語った。

(ロイターニュース 浜田健太郎;編集 久保信博)


伊勢爺さんの解説

とても、ハッピーだ。解説などなし。

伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

伊勢様、健康第一ですから無理をなさらぬように願っております。
治療の結果が良いほうへいくことを切に願っております。
反日勢力や反日マスコミは安倍たたきを必死になって行ないつつあると思います。安倍内閣の閣僚の皆さんのどこかに何か貶めるねたが無いか必死にかぎまわっていると。

東京新聞、中日新聞の安倍内閣への論評があまりに偏向的だとして抗議があったようですね。評論した人達をみればさもありなん。
私達有権者の力が試される番だと思います。

まずはお大事になさってください。
2012/12/29 17:43 | 一有権者 [ 編集 ]

>>「竹島の問題は、韓国初の女性大統領、朴槿恵(パク・クネ、60)氏の出方を見るために、わざと手の内を隠した。自民党側は政府式典を『やらない』とは言っていない。また、尖閣諸島の問題でも、安倍自民党はすべて戦略的に動いている。デタラメばかりだった民主党政権とは月とスッポンだ」


相手(韓国)の出方を見て、戦略を練るってかい?領土を奪われて、相手の出方もヘッタクレもないよ。賢そうに聞こえるがね、こういう考え方をする人間は「負け犬」なんだよ(笑い)。伊勢
2012/12/28 21:10 | 伊勢 [ 編集 ]

スクープ最前線】安倍氏、石破氏と決意の座禅 自民は竹島、尖閣で戦略的動き
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121226/plt1212260708000-n1.htm









2012/12/28 20:43 | 安倍総理断固支持! [ 編集 ]

一有権者先生

今、こちら朝の4時。入院の準備で起きた。気分は爽快なり。

安倍さんは、インターネットの重要性を認識している。ぼくのブログでも、6年6ヶ月で、218万弱のヒットですから、自民党の広報はインターネットしかないでしょう。

ところで、夏の参院選は半数改選。民主党候補にはことごとく自民党の対立候補を立てることが大事となる。伊勢爺さんが若かったら、出ただろうと考えてた。今度の参院選が日本の命運を決めると思う。伊勢
2012/12/28 19:24 | 伊勢 [ 編集 ]

未来の党は小澤系と旧社民党の阿部系、嘉田氏と分かれて別々の道を歩むのだそうで。勝手に崩壊して消えて無くなれ。ごみ政治家など要らんわ。!と腹の中で思っております。

ついでに社民党や民主党の左翼連中も消えてなくなって欲しいものです。
特に鳩、菅などは顔を見るのも嫌ですね。こんな連中に日本国民の税金から高い給与と恩給を払うなどどぶに金を捨てるような物です。
安倍政権には是非「日本を取り戻して」いただき長期安定政権を目指して欲しいし、その為にも私達有権者は反日マスコミ等の印象操作や偏向報道を監視し見つけた場合徹底的に抗議行動を起し、安倍政権を守り応援していきましょう。
2012/12/28 17:32 | 一有権者 [ 編集 ]

>>野田さんには民主党のライトウイングを担って欲しいですね。

野田さんは民主党を出るべき。自分の党を作るべき。二度と総裁にはなれないのだから。伊勢
2012/12/28 11:07 | 伊勢 [ 編集 ]

日本の方向性が見える会見でした。滋味深いといいましょうか。
原発の再稼働は政府の責任でと明言したのは立派です。
振り返ると野田氏はギリギリで日本人の心を持っていたのかなと。
もちろん言葉と実行の差の責任は重かった訳ですが鳩管と比べれば雲泥の差でした。野田さんはに民主党のライトウイングを担って欲しいですね。管の対極で 笑
2012/12/28 10:20 | 田園 [ 編集 ]

多史済々先生、みなさん

安倍さん~麻生さん~谷垣さんの三人衆はベストだと思う。自信のあるお顔をしてらっしゃる。こっちまで、元気が出てくる。

明朝8時に入院します。夕方には退院すると思ってる。伊勢
2012/12/28 08:42 | 伊勢 [ 編集 ]

 安倍首相の記者会見の詳報ありがとうございます。確かに立派な表明であったと思います。これが日本の総理大臣なのだと誇りに思います。私も成長できるよう何とかがんばってみようという気にさせられます。
2012/12/28 01:09 | 多史済々 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する