2013/01/06 (Sun) 袖(そで)にされた韓国重視
袖にされた韓国重視~靖国放火犯釈放~首相「極めて遺憾」
(msn産経ニュースから抜粋)2013.1.5 00:23

NUKAGA PAK 1.4.13

4日、韓国の首都ソウルで、朴槿恵次期大統領(右)と握手する額賀福志郎元財務相(ロイター=共同)


abe nukaga 1.1.13 (Custom)

同じ4日の朝、安倍首相はこの写真のように、額賀特使に親書を渡した。勿論、「願い」をこめて、、ところが、、


msn産経ニュース

 日韓関係の改善に向けて、安倍晋三首相が特使を派遣する前日、ソウル高裁が、東京の靖国神社への放火を認めた中国籍の劉強容疑者(38)を「政治犯」と認定し、日本に引き渡さない決定を下した。首相は「価値観が共通する隣国」として韓国重視の姿勢を鮮明にしているが、日本より中国を信頼するかのような今回の判断に、大きな失望感が広がっている。

 日本政府は、日韓犯罪人引き渡し条約で拒否事由として認められている政治犯に劉容疑者は該当しないとして「数十回にわたり日本への移送を求めた」(政府関係者)。それだけに、首相は4日、三重県伊勢市での記者会見で「条約を事実上無視をし、極めて遺憾だ。強く抗議したい」と不快感を表明した。

 外務省は3日に韓国の大使館ルートで抗議したのに続き、4日も河相周夫事務次官が韓国の申●(=王へんに玉)秀(シン・ガクス)駐日大使に電話で抗議。申氏は、行政府として司法判断したことに関与できないとの原則論を繰り返したという。

 そもそも、犯罪人引き渡し条約は相互の司法制度を信頼する相互主義で成り立っている。しかし、日本政府は「どんな容疑者でも『政治的動機があった』といえば無罪放免になってしまう」(日韓外交筋)と不信感を募らせており、今後、「政治犯」の定義などの見解について、韓国側に明確な回答を求める。

ただ、安倍政権は2月の朴槿恵(パク・クネ)氏の大統領就任を機に、李明博大統領の島根県・竹島上陸で悪化した日韓関係の改善を図ろうとしている。同じく関係が冷え込む中国との「二正面作戦」を避けるためだ。

 特使として訪韓した額賀福志郎元財務相は4日夜、産経新聞の取材に対し、朴氏との会談で今回の問題を取り上げなかった理由について「まだ彼女(朴氏)は次期大統領で、行政権を持っていない」と説明。問題視するのはあくまで李政権の対応というわけだ。

 菅義偉官房長官も産経新聞などのインタビューで、「(ソウル高裁の)判断は極めて遺憾だが、日韓関係は大事だ。お互いに問題を乗り越えて友好関係を築き上げていきたい」と語った。


伊勢爺さんの感想

つまりだな、韓国(李政権)は、額賀特使が午後ソウルに着く4日の朝、靖国放火容疑者を日韓条約を無視して釈放したということだ。これほどの非礼は見たことが無い。

安倍首相は、“強く抗議する”と言っている。それでは、その抗議とやらを注目するしかない。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

「不正投稿と見なされた」が出ますね。だが、開けると、ちゃんと出ている。そのうちに治るでしょう。

日韓断交は検討に値するものです。米ソ冷戦は断交にごく近いものだった。大使は交換していたけどね。ソ連のスパイ攻勢は凄かった。ワシントンに「スパイ記念館」がある。99%がソ連のKGB。水爆の技術を売ったというローゼンバーグ夫妻(ユダヤ系米国人博士)は死刑になった。これが、スパイで死刑(米国で)になったたったひとつの事件。

安倍さんは、韓国に特使を送ったことで、“腰が軽い”と取られた。経済だけでなく、いろんな分野の改革を公約されている。腰が軽いではダメだ。特に、ワシントンは要注意なのです。普天間が先決。訪米前に沖縄へ行くと良い。伊勢
2013/01/07 23:31 | 伊勢 [ 編集 ]

不正な投稿という文字がでましたのでやり直しましたが、かえって二重投稿になりました。申し訳ございませんでした。
2013/01/07 22:03 | 一有権者 [ 編集 ]

多史済々様いやはやなんとも腹の立つ連中ですね。
わが町でも若い女性がうつつを抜かし借金で首が廻らなくなったのか自殺したのですよ。

山田○彦なんてのは議員の資格はありませんね。
当然のことですがこれじゃなかなか規制も出来る訳が無い。

韓国ではとっくに賭博性が強いとして廃止されたものをその韓国大統領が日本では擁護するように会談で要請したと言うのは知っておりましたが。・・・

韓国と言う国は本当に日本国と日本国民にとっては寄生虫と同じです。早く国交断絶するに限ると思います。
2013/01/07 22:01 | 一有権者 [ 編集 ]

 こんな議員が民主党にはいました。今回落選してよかったです。

http://www.youtube.com/watch?v=adIBEhfcVzk


 そして、以下の人たちも猛省していただかないと・・
http://www.youtube.com/watch?v=n5Kmvn8bwLk
2013/01/07 20:02 | 多史済々 [ 編集 ]

日本人先生

断交は反日韓国朝鮮人に対してなので、一般の善良な性質の在日もとなると人道上の問題があるね。だから、政策と法律でなければならない。どのような断交が可能か政府が検討するしかない。さっき書いたように与党内にはそのような議員はいないと思う。

安倍さんは、朝鮮総連や朝鮮学校交付金やパチンコ屋に対して厳しかったと思う。すると、韓国マネーを受け取っているのは安倍さんではない。とにかく、メスを入れないと日本国民に安心な日は来ない。伊勢
2013/01/07 12:14 | 伊勢 [ 編集 ]

 さる領事館前でしました。運動はしています。
現在は身のま回りにおける、朝鮮タブーをなくすために、話題としてあげていますが、皆、少し身を構えますがそれは他人がいるところでです。
 近くの在日朝鮮人の店は、瞬く間にお客がいなくなり、その家族は困るだろうと見ています。矛盾しますが、たまに家族で行きますが、いつも我々だけです。
 いずれにしても、きわめて、慎重に扱う必要があります。
2013/01/07 09:40 | 日本人 [ 編集 ]

「親書」の間違いです。伊勢
2013/01/07 04:36 | 伊勢 [ 編集 ]

日本人先生

>>国民的な日韓断交運動、日朝交渉反対運動をすることです。

埼玉のdk姉さまなどは、週末になると、四谷の韓国大使館前に集まって「竹島返せ」「慰安婦は売春婦」「日韓断交」と道行く公衆に訴えている。プラカード、弁当、電車賃、、全部、自費です。

問題は運動資金。それと、日韓断交を唱える議員が与党内にいないことです。ぼくも、日韓断交は日韓関係を正すベストの選択だと思っている。この断交主張は今に始まったわけではなく~1960年代の朴政権時代にも浮上したと記憶するが、、

>>我が国の政党が弱み(たぶん政治資金)を握られていると思うことと二国間の間に立って、揚りを得ている人々がおり、その構造は日米、日中においてもあるからでしょう。

それ以外の理由などないでしょうね。つまり、「見返り」とか「キック・バック」とかです。その記録を朴クネに暴露されることを恐れている?つまり、自公は脅迫されている?

ところで、どなたか額賀特使が持参した「新書」の内容を知りませんか?伊勢
2013/01/07 04:35 | 伊勢 [ 編集 ]

>>安倍首相は特使を派遣するわけを日本国民に説明せよ。

今、横浜の姉と同じ話をしていた。“重要な隣国”というからには、“ここが重要だ”と説明をするべきだとね。“歓迎されない韓国の大統領就任式などに出る必要はない”と、y新聞の友人が言っている。7月の参院選で勝つには国民に背かれないないことが大切。伊勢
2013/01/06 22:15 | 伊勢 [ 編集 ]

外交問題はいろいろな面がありますが、国内のマスコミの朝鮮汚染のほうが問題でしょう。
なぜ政府は韓国の要求に対して、国民に1965年の日韓条約に<この条約をもって、最終的、かつ完全に解決した>とうたってる事を、説明せずに、いろいろその後したかです。
 何かしらいってきたら、それを言えば十分でしょう。
このような事をするから<明快に我が国の近代国家における領土である尖閣、しかも中共政府の文書にも日本の領土とうあってある尖閣について、いろいろ、中共がする元にもなっている。
 ネットで調べると、韓国の問題とは言いがたく、我が国の問題に過ぎないきがする。
 安倍首相は特使を派遣するわけを日本国民に説明せよ。
まずそれをせよ。背後に徹底した国民無視の考えがあり、これはおそらく戦前からのものでしょう。
 ふたたび、思うがなぜ我が国政府は韓国政府に特使を派遣する前に、1965年の日韓条約にうたってあると言わないのか?
 これと似た現象があちこちにあると思う。
我が国の政党が弱み(たぶん政治資金)を握られていると思うことと二国間の間に立って、揚りを得ている人々がおり、その構造は日米、日中においてもあるからでしょう。
 国民的な日韓断交運動、日朝交渉反対運動をすることです。
さしずめ、アメリカ大統領訪日反対運動(過去のそれは、ロシア、中共に指図された人々がしたと思う。特に朝鮮人がそのとき活躍した節があるとみている)と同じような韓国大統領訪日反対運動をすることが手ではないかと思う。
2013/01/06 20:56 | 日本人 [ 編集 ]

多史済々先生

あなたの言うとおりだが、68年前の戦勝国アメリカに劣等感を持つ必要はないよ。

アメリカの議会もホワイトハウスも国民に見放されている。オバマは評価する功績などないし、共和党は政党の形をなさずクラブになっている。国論二分なんてもんじゃない。日本の問題と同じで、経済財政を再生するのが最優先。バランスのことです。

米軍の軍事力はNATOや中東からの撤退で予算削減し~第七艦隊は逆に強化される。シーレーンの強化の原子力潜水艦群は100艦になるはず。シナは口ばかり大きいダボハゼ。尖閣に海自基地を造る是非は検討に値する。必要ない気もする。伊勢
2013/01/06 19:55 | 伊勢 [ 編集 ]

Mephist先生

ブルームバーグ記事では、ゴールドマン・サックスのブランクファイン会長以外、ヘッジファンドのボスたちの2012年の経済好転を当てた予想はなかったと書いている。だが、ZACKS(株式市場分析大手)も、SCHWABも、好景気到来を一貫してメールしてきた。ヘリコプターのベンさんの功労ですね。そろそろ国債買いをストップするようなこともつぶやいてはいるが、、

シェイルガスは、フラッキング工法が勢いを得ている。さらに、北米の海底油田開発でガルフ海底油田(GPOR)などは急成長している。貴兄の予想通りになるかは難しい。消費者心理が向上中だから原油(WTI軽質油)は強気のはず。経産省はインフレの幅を読んでいるでしょう。安倍さんらは、「円切り下げ」に賭けているからね。大分前に議論した「円安導入」はリスクはあるが、デフレの殻を割るにはこの手しかないからね。麻生さんが財務を取り仕切るのは判っていた。このひとは、天が与えてくれた救世主かな。麻生さんは取締役社長に見える。安倍さんは専務~その他は常務やら部長やら、、安倍さんらを助けてやりたいが、こちらも手があるわけじゃない。ま、ガタガタ言わず、見ていましょう。

ぼくは、今月は入院だらけだが、去年から予定されていたこと。ジムでやってる筋肉体操に効果現れて、それほどの老化じゃないと強気になっている。4月には、東京へ入る。伊勢
2013/01/06 19:30 | 伊勢 [ 編集 ]

多分ですが、しばらくは黙ってみていていいと思いますよ。

韓国への特使派遣はアリバイ工作でしょうし。
一旦融和的な姿勢を見せてから、妥協しない姿勢でいろいろな交渉に臨むのは上手い方法だと思います。
また、政治犯を中国に引き渡したのは国内事情でしょうが、中国は中国で適切な処遇をする必要があるでしょうし、これまた靖国問題として処遇が難しい、火の付いた爆弾渡されたような物ではないかと思います。
日本としては引き渡し協定の無い中国ではあっても、厳正なる処分を希望する旨言うことは出来る筈です。
当然、中国はそれに従う必要はないわけですが、日本国政府に外交カードを与えることになるでしょう。

翻って日本では、経済問題だけに集中すればいいと思います。夏までに目に見える形で景気回復する事が出来れば、参院選は十分に戦えるでしょう。また、国民もそれを望んでいるでしょう。
衆参両院の安定多数を確保した上で、難題に手を掛ければいいのです。

前から言っているように、必要なのは政府の決断だけです。
チキンレースです。景気回復でプライマリバランスの正常化が先か、国債発行から市場の信任を得られなくなるのが先か。

あと少し判った人には気になっている点があると思います。原油価格ですね。
こいつは想像ですが、財政の崖問題が本格的に解決するであろう3~4月からやや下がると思います。
理由は純粋にドルの信認だけですが。
またシェールガスの輸出体勢が整えば、TPPの問題もうやむやになると思います。
楽観論をもってすれば、今年は後半になるほどいい材料が多いと思います。
2013/01/06 17:34 | Mephist [ 編集 ]

 外交を無難に無難に収めて、とりあえず経済を成長させるというのが安倍新政権の今の時点での政策なのでしょうが、やはりこれでは中韓に舐められることは明らかだと私も思います。

 しかし、それは安倍氏自身も十分に認識していることなのでしょう。安倍政権が朝鮮学校授業料無償化への道を絶つ方策をすすめる・ロシアを含めたシナ包囲網外交も構築して行くという報道もありました。

 とにかくアメリカに与えられた今の日本弱体化憲法や東京裁判史観のもとでは他国に舐められることは当たり前の事なのですから、戦後レジームの変換は絶対に日本に必要なことだと私は認識します。しかし、これほど日本にとって変革の難しい問題はないでしょう。何故なら我が国の報道機関そのものが戦後レジームの変換に懐疑的だからです。
 だから安倍氏が日本に必要なのだと私は認識するのです。

 安倍総理、欧米列強・ロシア・シナ・半島それぞれ歴史において非道なことは日本以上に悪行していますから、あなたは自信を持って今時点の日本に対する侵略に対しそれは不当であると堂々と広報していいですよ。スクランブル自衛隊機発砲も良いです。
 それはアメリカにとっても有意義なことと思います。
 

 

 
2013/01/06 14:35 | 多史済々 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する