2013/01/25 (Fri) 破滅の道を選んだチンピラ
滑走路で献花、黙祷 9人の犠牲者無言の帰国 アルジェリア人質事件

algeria beijing kita chousen 1.24.13 008 (Custom)

(産経新聞 1月25日(金)10時5分配信)アルジェリア人質事件の日本人犠牲者の遺体が無言の帰国。関係者らによって献花と黙とうが捧げられた=25日午前、羽田空港(大里直也撮影)(写真:産経新聞)


中国要人が棚上げ提案 尖閣問題、公明山口代表に

algeria beijing kita chousen 1.24.13 010 (Custom)

 中国の楊外相(右)と握手する公明党の山口代表=24日、北京の中国外務省(代表撮影・共同)

 【北京共同】公明党の山口那津男代表は24日午後、中国共産党の王家瑞中央対外連絡部長と北京で会談した。公明党の同行筋によると、懸案の沖縄県・尖閣諸島をめぐり、王氏は「今の指導者が解決できないとすれば後の世代に解決を託すこともある」と事実上の「棚上げ」を提案した。山口氏は「大局観に立って冷静に対処すべきだ」と述べるにとどめた。

 一方、山口氏と中国新体制トップの習近平共産党総書記は25日午前(日本時間同)に北京市内の人民大会堂で会談する方向で最終調整に入った。山口氏は習氏に宛てた安倍晋三首相の親書を携えており、日中首脳会談の早期開催を働き掛ける。2013/01/24 23:12 【共同通信】


アメリカを狙い、、

algeria beijing kita chousen 1.24.13 011 (Custom)

米国防長官「あらゆる用意」 北朝鮮の核実験実施宣言で
2013/1/25 10:13


 【日経新聞】パネッタ米国防長官は24日、国防総省で記者会見し、北朝鮮が核実験の実施を宣言したことについて「米国は北朝鮮のあらゆる挑発行為への用意を十分にしている」と表明した。そのうえで「米国は核実験の情報収集や分析を進めている。表面上は見えない兆候も察知できる」と強調した。

 パネッタ氏の発言は偵察衛星による北朝鮮への監視を強化し、同盟国の日韓両国と連携を深めていくことを指している。核実験は空気の振動などでも分かるとされており、日米韓はこれまでのデータの蓄積を生かして核実験に対応する構えだ。

 パネッタ氏は「北朝鮮が挑発行為を続けていることを懸念する。核実験で核保有能力を示したいのだろうが、それは国際社会での北朝鮮の立場を難しくする」と批判。「挑発行為は地域の平和と安定を損なう。北朝鮮が国際社会のメンバーに加わる選択をするよう期待する」と語った。

 カーニー米大統領報道官も同日の記者会見で、3度目の核実験を強行した場合は「追加的な措置を取る」と明言。国連安全保障理事会の決議による制裁をさらに強化する考えを示した。核実験は安保理決議違反であると重ねて指摘。「孤立を深めるだけで、北朝鮮住民に何の助けにもならない」と批判した。

 米政府は同日、昨年12月の長距離弾道ミサイル発射を受けた追加制裁を発動した。安保理が今月22日に採択した決議に基づく措置で、ミサイル発射を指揮した宇宙空間技術委員会や同幹部の資産凍結、米企業との取引禁止が主な内容だ。


破滅の道を選んだチンピラ

日中尖閣戦争は中国が描いた「絵の中の餅」だった。米中戦争もないだろう。誰も得しないからだ。残るのは、米軍による北朝鮮空爆や米海軍のミサイル攻撃だけだ。北爆が起きるとすれば、来年の夏だろう。

ここで、日本の立場は微妙ではない。米軍の後方支援だけだ。日本本土を攻撃されても、自衛隊が報復する価値はない。問題は、泣きついてくる韓国なのだ。さて、安倍政権はどうするのだろうか?伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

田園先生

習近平が折れた理由は、以下、、

Secretary of State Hillary Clinton last week reiterated that while the U.S. takes no position on the sovereignty issue, the islands “are under the administration of Japan and we oppose any unilateral actions that would seek to undermine” that. Chinese officials denounced the comments, with Foreign Ministry spokesman Qin Gang calling them “ignorant of facts.”

ヒラリーの一声がトドメだったと思う。核戦力最大の国の国務長官と北京のスポークスマンじゃ比較にならない。ここでは、核の傘がテストされたわけだからね。伊勢
2013/01/26 13:15 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様
>日米中の間に砲火は交わされない

私もそう思います。日米中が最善を尽くせばです。昨日、山口氏と周近平のショットを見ました。周近平に最善の策を望めるだろうか?という印象でした。もしかしたら負けを認めたからの態度であったかもしれない。綱渡りですね。

日本海は有難い。。ほんとです。有難いの漢字を改めて見ると益々日本海の有難さがわかりますね。

2013/01/26 09:42 | 田園 [ 編集 ]

田園先生

全てに賛成です。前米陸軍情報将校だったデービッドが、Stratfoアジア分析と北朝鮮評価をメールくれたのね。日米中の間に砲火は交わされない~北朝鮮は残すカードが無くなってきたが、余りにも、クレージーなので、北爆は米国防省の誰でも考える(32年前のクリントンでもさ)が、その市民への被害をミニマムにするところが難しいと。ここは、日本人が考えても同じだよね。

韓国に対する安倍外交は“礼儀は失しないが、距離を置く”じゃないかな?それにせよ、日本海は有難いね(笑い)。伊勢
2013/01/26 07:07 | 伊勢 [ 編集 ]

韓国に対しては表も裏も絶対に譲歩しない事に尽きます。安部政権に望む優先順位の一つです。しかしその方法はと言うと禅問答になってしまいます。なにしろ距離が近いのに精神が違い過ぎます。
乱暴な意見ですが韓国には中華圏になって欲しい。日本にとってその効果は絶大だと思います。禅問答から逃れた早計な答えですが。

朝日新聞に関してですが、あそこに限らずマスコミには一切期待無用でしょう。無視するのが奴等には1番堪えるでしょうね。ただ一言、馬鹿? 私はそうすることにしました。

2013/01/26 01:51 | 田園 [ 編集 ]

中国紙が北朝鮮を非難する社説…ミサイル問題

北朝鮮
 【北京=五十嵐文】中国共産党系の国際問題専門紙・環球時報(25日付)は社説で、北朝鮮が3回目の核実験実施を警告したことに関連し、「北朝鮮が新たな核実験や『衛星』(弾道ミサイル)の再発射を実施すれば、中国は迷わず北朝鮮への援助を減らす」と北朝鮮を強くけん制した。


 中国紙が北朝鮮を非難する社説を掲載するのは異例。

 社説は、先に採択された国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議について「中国は草案修正に多大な努力をした上で賛成票を投じた」と指摘し、中国が北朝鮮に配慮したことを強調。その上で、「北朝鮮は感謝しないばかりか、声明では名指しこそしなかったものの中国を批判した」と北朝鮮への不快感を表明した。

(2013年1月25日21時16分 読売新聞)
2013/01/26 01:50 | [ 編集 ]

一有権者先生

麻生さん~安倍さんが東南アジアを歴訪した効果が出たと思うね。「尖閣棚上げ」を習近平が出したことです。山口代表は“話し合いで”と言っただけで、“尖閣の領有権を話し合う”とは言っていない。これで、中国が軍事衝突を避けたいことが判る。

安倍政権のもっとも大きな課題は“日本の経済力復活”です。実務は、71歳の麻生さんの肩に乗っている。58歳の安倍さんの心配は参院選で勝つことでしょうが、それも、55歳の石破さんの努力と麻生さんの舵取りに懸かっている。

そこで、石破さんの普段の政治信条がどうであれ、今、この人たちは戦場に立っている。彼らに命運を預ける大衆は批判を控えるべきだと思う。つまり、“ブログだから、何を書いてもいい”ではないです。この忠告は、一有権者先生に対してではないです。お説教めいたが、、伊勢
2013/01/25 23:01 | 伊勢 [ 編集 ]

朝日他反日マスコミの不買が一番効果ある報復でしょうが誰でもやれるこの方策が一番難しい方策でもあります。

売れれば何でもありのこれら反日マスコミは日本の国が亡国へ向かっても自分達が良い思いをすれば遺族の方達との約束や日本国と日本国民の将来などどうでも良いのでしょうね。

まさに某隣国出身者に乗っ取られた事がよく判る出来事ではありませんか。ますますこれら反日マスコミは日本国民からの信用を失っていく事でしょう。
2013/01/25 17:10 | 一有権者 [ 編集 ]

Zさま

有難うね。朝日新聞は倒すしかない。アルジェリアで非業(罪もないのに)の死に会われた日揮の社員や前副社長さんらの無念を思えば、“公開しないから”と約束して、それを破った記者やその帰属する新聞社を許すことは出来ない。報復するべきだが、それを誰がやる?伊勢
2013/01/25 13:22 | 伊勢 [ 編集 ]

アルジェリア人質拘束事件について、犠牲者の実名を非公表とした日本政府に対し、朝日新聞が22日朝刊で実名報道を開始。メディア各社が追随したことに対し、論議を呼んでいる。

21日深夜、日本政府は同事件で日本人犠牲者がいたことを確認し、公表した。その会見の際に菅官房長官は、会社(日揮)、ご遺族と相談の上、実名は公表しないことに決めたと、犠牲者の実名を明かさないことを表明した。

しかし翌22日、朝日新聞は朝刊に犠牲者の実名と写真を公表。これを受けてテレビ、新聞各社も追随、実名が広く報道されることになった。

犠牲者の甥という本白水智也氏は23日になり、Twitterで「朝日新聞の記者は2つ約束をしておりました。
『実名は公表しない』『本白水さんの許可がなければ絶対に記事にしない』。この2つの約束を破りました」と朝日新聞記者とのやりとりの一部を公表。1000件を超えるリツイートがなされている。
http://www.rbbtoday.com/article/2013/01/23/101659.html
2013/01/25 12:29 | z [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する