2013/02/03 (Sun) 死を急ぐ奴ら
kim 2.3.13 001 (Custom)

豚の顔だ。豚の頭だ。北朝鮮の大衆はほとんど無実なのだ。米韓が北爆するとき、一般市民の犠牲者を出さない方法を考えて欲しいわな。




テレビでご覧されたと思う。二つ同時に核実験するように見えると。この実験場は、北朝鮮の東海岸に近く、中国国境もそう遠くない。ここをまず、バージニア級潜水艦に搭載されたクルーズミサイルで爆破すると良い。30発ぐらいぶち込め!

北爆を実施する可能性が高い。実験前にやらなければ無意味だ。韓国が事前警告するだろう。日本人は韓国に旅行してはいけないよ。外国からソウルにフライトが減ったら、爆撃があると思って良い。


nk icbm

米韓は、衛星イメージでどこにあるか分かっているだろう。発射前に兵員もろとも爆破できる。


NK scud missile

旧ソ連製のスカッドだが、これは、38度腺近くに配備されていると考えられる。ま、ソウルに飛んで来るよ。


nk army marching

キムが頓死すれば、兵隊は武装解除に応じるだろう。


株価はどうなるだろうか?

1)まず、韓国のKOSPIは暴落する~ウオンは下落する。

2)東証も暴落する~日本円は騰がる~だが、米韓軍はサプライラインを日本に求めるので、特殊企業が高騰する。

3)米ドルが高騰する。NY株価が急騰する。ガソリンや石油が高騰する。金銀銅鉄ウランが高騰する。

「戦時には米ドルが強い」というジンクスがある。武器も、石油もドル払いだからだ。船舶の保険料金が高騰するので、日本や韓国は不利だ。だが、サムスンや現代工業が一時的に後退するので、日本は儲けると考えられる。土建機械類やトラックが売れるだろう。チャイナも、ロシアも黙視する。だから、大きな特需にはならない。日本は献金を要請されると思う。戦争の規模に依るのだが、、MEPHIST社長のお考えを聞かせてよ。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

>>安倍総理、アメリカにてあなたの歴史認識に対しなんだかんだ言われたら、

“歴史を話しに来たんじゃない。この時点でも歴史は出来ていく”と言えばいいだけだ。“過去の歴史を論争する考えはない”でもいい。伊勢
2013/02/04 23:14 | 伊勢 [ 編集 ]

 円が安くなり株価指数が上がっていますが、いよいよ経済成長の下地が出来つつあるということでしょうか。そうなるとTPPは参加しないほうが私はいいと思うのです。
 安倍総理はアメリカ訪問に際しTPPに関した話は一切しないとのことですが、それは素晴らしい判断と思います。安倍総理、アメリカにてあなたの歴史認識に対しなんだかんだ言われたら、欧米列強の植民地支配を歴史上消滅させる大きな世界的役割を担ったのは日本だと言ってください。
2013/02/04 22:41 | 多史済々 [ 編集 ]

 アメリカはインドの核武装、パキスタンの核武装を阻止しなかった。イランも阻止する気はおそらく無い。
それならなぜ北朝鮮だけ阻止することができるのか?またその法理はなにか?
 同じように我が国日本政府もアルジェリアにおける人質事件に対して、要求したように、中共における反日デモにたいして、同じように要求したか?
 被害は中共におけるもののほうがはるかにおおきい。
中共もアルジェリア政府も、腹のそこで笑っているだろう。安部政権の行動の基準は弱いもには強く、強いものには弱くと言う事だが、現状認識としては正しいでしょう。
 それよりも経済再生と言うが産業の大本のひとつである電気料金があがるが、これは経済にたいして、わるいほうへとはたらく。これだけで経済が落ちこむはずだが、ソレヲ阻止するには原発稼動だが、どうも法的にはすぐに稼動しても、誰のお縄頂戴にはならないようです。
 それなら、それをすることだがそれすらできないで、経済成長など空想に過ぎないと思う。
経済政策には危惧を抱いている。
2013/02/04 19:07 | 日本人 [ 編集 ]

>ただし、強力な反撃に備えて日本に兵力を集中するはずです。

 う~ん、しかし、グローバリズム(アメリカリズム)が浸透した日本とは言え、このような状態になることに私はある種の狂気を感じます。つまり、何があろうと他国の軍隊を多量に我が国に入れることは本来狂気じみたことなのだと思うのです。
 しかし、今のままの日本ではmephist会長のコメントの通りになります。やはり憲法を改正し、国力に見合った国軍を運用することを日本は目指すべきです。それでこそアジアに認められる日本になると私は思います。
2013/02/04 15:29 | 多史済々 [ 編集 ]

北朝鮮を空爆すれば、我が国国内にいるスパイが活動する。新幹線爆破、地下鉄爆破。変電所爆破、貯水池爆破。マスコミを牛耳っているから、贋報道による混乱などが起きる。 
 朝鮮戦争当時と比べ物にならないほど人口が多いから、南朝鮮はその補給路を立たれれば、おしまいでしょう。
 逆にこれを利用して、南朝鮮をつぶす戦略を考えたほうがいい。
 それよりも漁船で多くの韓国人が来るから、これに対していかがするのか。大型タンカーを対馬海峡に派遣して、高速で動かして、みな沈める必要がある。

 安部政権はスパイ防止法を作って、国防軍をつくる事です。

我が国は核武装の路を進む事になると思う。
つまりアメリカの空爆は無いと思う。

 アメリカは度胸が無いと言うより、弱い国としか戦争をしない気がする。アメリカの裏面史を読むとそのように思う。
 するなら一回目の時にスルコトデした。なぜクリントン大統領はコソボに空爆をして、北朝鮮にはしなかったのか?
 
2013/02/04 13:50 | 日本人 [ 編集 ]

Mephist先生

さすが、軍事マニアですね。規模が北朝鮮の戦力にあるので、予測は難しい。あっけないのかもね。米韓は戦後処理に苦労する。日本も要請されるかな?ここをしっかりしとかないと、チャイナがちょっかいを出す。日米は統一朝鮮に強請られる。

統一後も、政治経済は不安定だと思う。あの民族の性質では。旧ユーゴのように、経済はなかなか浮上しない。ただ、在朝鮮米軍は増える。嘉手納の未来が読めないね。

金沢方面はぼくも好きな土地です。石川の輪島塗り教室は、クリステインの夢。4月にいけるかな。伊勢
2013/02/04 02:20 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、Mephist様今晩は。できれば金正恩が現実を認識して無謀な事をストップしてほしいものですが、たぶん駄目なのでしょうね。

むしろ無償援助を大量に要求され、マイナスのほうが大きいかもしれません。

上記の件については今までも日本国は強請られたかられ続けてきていたので予測はできます。
しかしもう米国の要請があったとしても最小限度の支援に留めるかできれば一切しないことがわが国日本国と日本国民の為でしょう。韓国には自分達の事は自分達で行えと。
2013/02/03 21:44 | 一有権者 [ 編集 ]

ただいま、金沢です。いいところですね。仕事の後で金沢城やら兼六園を回ってきました。

ご要望にお答えして。

第二次朝鮮戦争は、代理戦争にならないのではないかと思います。
というのも、人民解放軍が直接参戦する場合、これはさすがに国際社会への挑戦と受け止められるでしょう。
となると、米国からの圧力もあり、限定的な支援もしくは、国境線の堅持までとなるでしょう。
そうなると戦況の予測は簡単です。
初撃は北朝鮮から。基本戦術どおり、重砲・ロケット・浸透ゲリラ戦で開幕です。この時点で米軍基地への攻撃は極力避けるものと思います。
韓国軍からの反撃は散発的に行われ、越境攻撃に移ります。
全面的に韓国軍優勢の元進行し、米軍は空軍およびタクティカルトマホークによる支援程度に限られるでしょう。
ただし、強力な反撃に備えて日本に兵力を集中するはずです。
韓国陸軍は順調に進行しますが、全土にわたる洞窟陣地によるゲリラ攻撃で疲弊します。
そこで再度停戦です。38度線まで戻ることになります。
北朝鮮は体制崩壊、話し合いでの併合となるでしょう。
ただし、事は単純ではなく当分の間、中国に支援されたテロ行為に悩まされるはずです。

さて、得失ですが
韓国は失うものが多いと思います。戦費も人命も大量に消費します。
得られるのは地下資源と、一時の安全保障。そして新たな、強力な隣人たる中国との国境線です。
経済的にも損失のほうが多く、復興景気は中国と日本に掠め取られるでしょう。
日本はかなり限定した範囲での景気刺激になりますが、むしろ無償援助を大量に要求され、マイナスのほうが大きいかもしれません。


つまりキムが余程のアホでない限り、第二次朝鮮戦争は誰も喜ばないということです。
2013/02/03 20:15 | mephist [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する