2013/02/14 (Thu) 北朝鮮空爆・全てはタイミングなのだ
Baghdad air raid  2003. 3.19

2003年3月20日の未明、米軍はペルシャ湾に停泊する第五艦隊の原子力空母群からトマホーク(クルーズミサイル)を発射した。この第二次イラク戦争は、2011年11月にオバマが終戦宣言をして終わった。8年と8ヶ月余の戦争であった。「イラク戦争」というよりも、「米国のイラク侵攻」と糾す歴史家が多い。このブッシュ2のイラク侵攻は、正当ではないという人が多い。“アメリカを誇ることが出来なくなった”と伊勢爺さんのコロラドの甥たち。前大統領のカーターなどがその一人である。好戦派は、反戦派を宥和主義と批判している。後世まで議論が終わることはない。


Bagdad 2003.3.20

バグダッドは崩壊した。幼い子供が死んだ。好戦派のコンドリーザ・ライス国務長官などは、“戦争には、犠牲が伴う。戦死した米兵も、高貴な目的を達するために戦ったのだ”と打ち切った。勿論、伊勢爺夫婦は、反戦派である。別に、自分が宥和主義者だとも思わない。




"the murderer of innocent(無実の者を殺す殺人者)とPBSのアンカーは言い切った。広島長崎原爆投下を正当化したハリー・トルーマン大統領と同じ人種だ。偽善者だ。それで、敬虔なるクリスチャンなのだとよ。


speech of union 2.12.13

さて、現大統領のオバマは、空爆や空襲を指示出来るだろうか?オバマの戦争指導とは、無人機ドローンと搭載ミサイルだけである。ドローンも、パキスタンの山岳地方の市民を殺している。幼い女の子が殺された。米国内でも非難されたが、謝った形跡はない。


abe won 12.16.12

日本の最高指導者である安倍晋三さんは、多国籍軍であっても、戦闘に自衛隊を出動させてはならない。日本に出来ることとは、戦後の人道支援と機雷や地雷の撤去ぐらいだ。日本国内の病院を提供するのも良いだろう。日本の軍隊が朝鮮半島に上陸することは歓迎されない。湾岸戦争のときと同様に、献金が要請される。

日本の歴代の首相は、“日本は、平和を希求する国”と言ってきた。その通りである。だが、北朝鮮のような国を滅ぼさなければ、“日本さえ平和ならいい”と言うのと同じなのだ。さらに、中国の主席である習近平は、「富国強兵」論者なのだ。日本に戦争を仕掛けてこないという保障はない。伊勢平次郎 ルイジアナ






韓国が巡航ミサイル実戦配備…北朝鮮全土を射程

北朝鮮
 【ソウル=門間順平】韓国国防省報道官は13日の記者会見で、韓国が北朝鮮全土を射程に収める国産巡航ミサイル配備を進めていると発表、射程を延長した新型弾道ミサイル開発を加速する考えも表明した。


 事実上の長距離弾道ミサイル発射に続き、核実験を強行した北朝鮮の脅威に対抗する狙いがある。

 聯合ニュースによると実戦配備されたのは、射程1500キロ・メートルの艦対地ミサイル「玄武
ヒョンム
3C改良型」。配備数は明らかになっていない。報道官は「北朝鮮の脅威に対応するため、多様な打撃能力を確保している」と述べ、ミサイルを近く公開する考えを示した。

 弾道ミサイル開発の加速について聯合ニュースは、新たに開発する射程800キロ・メートルの弾道ミサイルの実戦配備時期が当初の2017年から15年に前倒しされたと伝えた。弾道ミサイルは、巡航ミサイルに比べ精度で劣るが、弾薬などの積載重量が大きく、破壊力が高い。韓国は、昨年合意した「米韓ミサイル指針」の改定で開発可能な弾道ミサイルの射程が300キロ・メートルから800キロ・メートルに延長されたのを受け、配備拡大を進めるとみられる。

(2013年2月13日20時21分 読売新聞)

comment

中国が北独自制裁、特区見直しを検討…韓国紙

北朝鮮
 【ソウル=豊浦潤一】韓国紙・中央日報は14日、中国政府が、3度目の核実験を強行した北朝鮮に対する独自制裁として、北朝鮮北東部羅先
ラソン
などの経済特区の共同開発計画の「全面的見直し」を検討していると報じた。


 北京の外交消息筋などの話として伝えた。

 北朝鮮の経済特区をめぐっては、金正恩
キムジョンウン
第1書記の最側近、張成沢
チャンソンテク
国防委員会副委員長が昨年8月に訪中し、羅先経済貿易地帯と中朝国境・鴨緑江河口地域の「黄金坪
ファングムピョン
・威化島
ウィファド
経済地帯」を中国と共同開発することで合意していた。

 同紙によると、北朝鮮が1月に核実験の強行を示唆して以降、経済特区の建設工事や中朝間の関連会議が全て中止された。中国指導部は、今回の核実験を受けた国連安全保障理事会の制裁決議が採択された後に、開発計画に関する独自制裁に踏み切る方針を固めたという。同紙は「見直し」の中身に触れていないが、計画は中朝協力の象徴的事業に位置づけられており、凍結または延期されれば、中朝関係の冷却化は確実だ。

(2013年2月14日19時06分 読売新聞)

ついにな、チャイナも北の核爆弾に脅かされるわけだ。日本や韓国までが自衛のための核保有の権利を主張し始める。伊勢
2013/02/14 21:07 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する