2013/02/15 (Fri) まぼろしの約束「核の傘」
「核の傘」で北朝鮮けん制…日米首脳が電話会談

kaku obama hatoyama

北朝鮮

 14日の安倍首相とオバマ米大統領の電話会談で、米国の「核の傘」による日本防衛を取り上げて北朝鮮をけん制したのは、北朝鮮が核の脅威を現実化させていることへの危機感からだ。


 大統領は会談で、北朝鮮に影響力を持つ中国にも独自制裁強化を求めた。

 「北朝鮮が核実験を強行したことは我が国の安全に対する重大な脅威で、北東アジア及び国際社会の平和と安全を著しく損なう」

 安倍首相は会談後の衆院本会議でも、北朝鮮の核実験を非難した。

 北朝鮮が核兵器の小型化に成功し、中距離弾道ミサイル「ノドン」で日本を核攻撃した場合、日本は迎撃ミサイル「SM3」搭載のイージス艦4隻、地対空誘導弾「PAC3」を持つ16個高射隊で対応することになる。ただ、1個高射隊の防護範囲は半径数十キロにとどまり、イージス艦も「一度に大量発射されれば対応しきれない」(防衛省幹部)のが現状だ。

(2013年2月15日01時20分 読売新聞)


三つの選択

kaku summer

1)東京が灰燼(かいじん)となる


kaku hirosshima

2)アタシ、日本の核保有に絶対反対。「殺されても、殺さない”という信念持ってるんだ、、


Baghdad air raid  2003. 3.19

3)米韓軍に手を合わせて北爆をお願いする。おカネは払うからねと(笑い)。これがベストなのだ。だが、北が核弾頭を造ってしまうと、中国やロシアと同じ位置に着くので、もはや、空爆には効果がなくなる。


伊勢爺さんの評価

アメリカの「核の傘」の約束は守られないと信じている。安倍さんとの会談で、オバマは、「アメリカの核の傘を含む、日米防衛のコミットメントは不動だ」と述べている。これで、オバマが「浅知恵」だと判る。話しは違うが、最近、米国民はオバマの公約に疑いを持ち始めている。まず、「核に依る抑止」を考えてみよう。(ウイキぺデイアから)

1)核抑止とは、核兵器の保有が、対立する二国間関係において互いに核兵器の使用が躊躇される状況を作り出し、結果として重大な核戦争と核戦争につながる全面戦争が回避される、という考え方で、核戦略のひとつである。核抑止理論、また俗に「核の傘」とも呼ばれる。

2)核の傘は、アメリカまたはロシア(1991年以前はソビエト連邦)が、同盟国に対する核攻撃に対して、核による報復をすることを事前に宣言することで、核攻撃の意図を挫折させる理論である。これは、冷戦が終わった現在でも存在している。

3)「核の傘」に対する信頼性の論議は古くからある。冷戦時代に米ソから「報復をしない」という言質を取れる国家は存在しなかった。現代においてもアメリカは核の傘の存続を明言している。ただし、もし現実に同盟国が核攻撃を受けた場合、アメリカが何千万もの自国民が死亡する危険を覚悟した上、核による報復という軍事的選択を行うかは別の問題である。


安倍晋三総理大臣殿

 安倍さん、この赤字の部分を良く理解して下さい。うちの青い目のカミサンに聞くと、"America always weighs"というご返事が返ってきたよ。“アメリカは打算して決定するから”とさ。つまりだね、「経済的な価値」を先に議論するからと。報復に価値がないとなれば、日本のために、米国民の財産と生命を犠牲になどしないわけです。

日本の選択肢の中に、「核開発」があるでしょ?周りに日本を敵視する中国~南北朝鮮が存在するからです。もしも、安倍晋三さんが、「持たず~造らず~持ち込ませず」の信者なら、日本は自殺志願なのです。

伊勢爺さんが、安倍さんの特使なら、「日本の核保有を認めること」をオバマに迫る。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

最近下記のようなものを読み.内容が頭から離れません.
国連に加盟している国に言いたい.何時までも敗戦国の扱いは止めてください

■中国は日本侵略の大儀名文があると考えている.

国連には「敵国条項」というのがある.敵国とは.第二次大戦で連合国の敵であった日本とドイツとイタリアであり.この3国に平和を乱す不穏な動きが有れば.
国連の承認不要かつ無条件で攻撃を加えても良いという条項である.中国は自国領土であるとする尖閣諸島を日本が不法占拠し.平和を乱す国としてこの「敵国条項」を日本に適用し.先制攻撃も可能だと考えている.
その場合.米国やその他の常人理事国は反対できないとされているのだ
2013/02/16 17:31 | DK [ 編集 ]

多史済々先生

河野や加藤は議員なの?河野は政府専用機で訪韓?年金制度に欠陥ありだね。

日本の株価が下がったけど、それは投機筋のこと。安倍・麻生の金融緩和は正しい。バンバン日本円を増刷すべし。是清翁はどこで学んだんだろうか?敗戦後でも、新円切り替えの綱渡りがあった。予科練出の三兄が長崎から復員したとき、“オヤジがな、これ持って、買えるだけダシジャコ買って来い”と旧円札の入った風呂敷をくれた”と。リヤカーに、ダシジャコ山済みして家に帰ったと。“今から考えると、オヤジはアタマが良かったな”とさ(笑い)。わが父は、新円の「購買力の弱さ」を知っていた。伊勢
2013/02/15 15:54 | 伊勢 [ 編集 ]

>こいつらは、万死に値する。

 おっしゃる通りです。こういう人たちの年金を何とか減らしたいです。
2013/02/15 15:12 | 多史済々 [ 編集 ]

みなさん

上投稿は伊勢爺です。

先日、横浜の姉が横須賀米海軍基地で生け花教室をしたとき、アメリカ人の夫人が、オスプレイ沖縄配備反対のデモにカンカンになって怒っていたとのことです。

この河野洋平の訪韓で判るのは、河野は“自分は間違っていない”という信念があるということだ。加藤紘一も国賊だ。こいつらは、万死に値する。伊勢
2013/02/15 14:15 | 伊勢 [ 編集 ]

産経ニュース 2013.2.14

外患招き入れる
OB政治家の危険外交

日本の刑法の規定で最も重い罪は「外患誘致」(81条)であり、極刑以外の刑罰を定めていない。条文は次の通りだ。

「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する」

むろんこれまで適用例はない。ところが、最近の「OB政治家」らの危ない外交をみると、「もしかすると近い将来このうち誰かが戦争を招き寄せて…」と危惧せざるを得ない。

慰安婦問題などをめぐり日韓関係が冷え込む中で、問題を決定的にこじらせた「河野談話」の当事者であるにもかかわらず、のこのこと訪韓した河野洋平元衆院議長もその一人だ。

河野氏は14日の朴槿恵次期大統領との会談で「歴史の直視」で一致したという。

だが、元慰安婦への聞き取り調査以外に何の証拠もないまま慰安婦募集の強制性を認めた河野氏は、歴史を直視するどころかゆがめただけではないか。

河野談話が韓国政府の「強制を認めてほしい」との強い要請を受け、事実関係よりも政治的決着を優先させた「作文」であることは、談話作成にかかわった石原信雄官房副長官(当時)も後に認めている。

結局、河野談話は韓国による日本非難の最大の論拠となり、日韓関係を改善するどころか、両国の一定の緊張関係を恒常的にした。

今回、河野氏は韓国での講演では慰安婦問題には一切触れなかった。己の言動がどれほど日本の国益を損ねるか、少しでも自覚が出てきたのならいいが。

さらに火に油を注いでいるのが、河野氏と長年どっちがより「親中」かを競い合ってきた加藤紘一元自民党幹事長の中国海軍のレーダー照射問題に関する13日の発言だ。

「ほんとに(中国は)やったのかな…」

この問題で中国側は日本の発表を「全くのでっち上げ」だと開き直っている。

その緊張時に防衛庁長官経験者でもある加藤氏がこんなことを言ったら、中国の自己正当化に使われるのは子供にも分かる道理だ。

もし中国側がこの発言を利用し、今後もレーダー照射を繰り返して知らん顔を決め込む事態となったら、日中間の偶発的な軍事衝突の危険性は格段に増す。

沖縄県・尖閣諸島について中国要人に日中間の「係争地」とおもねった鳩山由紀夫元首相ともども、中国をわが国の領土・領海に招き入れようとしているとしか思えない。

もう、外交は次の世代に任せた方が身のためだ。(阿比留瑠比)
2013/02/15 14:07 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する