2013/03/07 (Thu) 何故、“竹島は日本のものです”と言わなかったんですか?
pak abe 3.6.13 007 (Custom)

朴大統領、歴史問題にくぎ…日韓首脳電話会談

 【ソウル=豊浦潤一】韓国の朴槿恵パククネ大統領は、6日の安倍首相との電話会談で、「両国関係の発展を妨げている歴史問題」についてくぎを刺すことを忘れなかった。


 韓国内で「代表的な右翼政治家」と目される安倍首相との初めての電話会談で、「言うべきことは言う」姿勢を示した格好だ。

 韓国内では2月22日の「竹島の日」記念式典への内閣府政務官派遣で反日世論が再燃した。竹島問題は韓国で「侵略の歴史の一部」と解釈されている。今後、日本の教科書検定、外交青書、防衛白書での竹島の記述をめぐる摩擦要因が待ちかまえる。朴氏は、李明博イミョンバク前大統領の竹島上陸を機に悪化した両国関係を再構築するにあたり、安倍首相に韓国世論を刺激するような言動を慎むよう促す狙いもあったとみられる。

(2013年3月7日10時18分 読売新聞)


伊勢爺さんの苦情

この女は、歴史がどうこうと言っている。ならね、安倍さん、“竹島は日本のものです”と、五寸釘を刺さすべきでしょ?対韓宥和政策は保守が認めませんよ。それとも、参議院選挙で勝ったら竹島の返還を要求すると?一方では、対ロシア外交では、北方領土の返還を求めるんでしょ?矛盾があるじゃないですか?それとも、クチで言うこととハラの中で思っていることは違うんですか? 伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

日本は韓国を決して助けてはならない。それが、反日国に伝えるメッセージとなるように。伊勢

日本国はたまたま東シナ海や日本海によりシナや朝鮮と距離を保つ事ができた為や豊臣氏、徳川氏による政策によって鎖国を解く幕末まではなんとか欧米諸国による植民地化やシナによる朝鮮のような冊封国化を避けることが出来たのだと思います。
それまでは今の日本に似て?庶民はのほほんとしていても当時の世界に比べれば穏やかな社会だったのだろうとも思います。

しかし開国を行い国際社会の荒波に漕ぎ出した日本人の目に映った国際社会は欧米諸国によるアフリカ大陸やアジア諸国の植民地化による支配と富の収奪、そして隣国シナ衰退と朝鮮のあまりにも酷い社会。

色々な見方や異論もあるでしょうけれど明治以来日本は何とかして自国を独立した国際社会に認められた国にして行こうとしたご先祖様たちの必死の努力があったからこそ今現在があります。
そして其の中に土人同様の暮らしぶりだった朝鮮半島を近代化し助け共に頑張ろうと支援し、また必要が有った為に併合し「大日本帝国朝鮮地方」となったのだと思います。北朝鮮はいうに及ばず韓国も日本から侵略を受けた、富を収奪された、慰安婦にされた等の主張を繰り返し日韓基本条約の締結によりこれらの問題は解決されたにも拘らず其の約束を守らず何度も言われなき謝罪と賠償を要求し続けるような盗人猛々しい国とは関わらないのが一番良いのです。
日韓基本条約とて本来ならば結ばなくても良かったのではないのかとさえ思えるのです。日本国は朝鮮半島から収奪したのではなく投資しインフラ整備を行い教育を施し農業産品の増産や人口増加までした事は写真等の証拠がでてくるようになってからは明らかではありませんか。

証拠が出てくるようになっても執拗に歴史捏造やありもしない慰安婦問題を騒ぎ立て日本に強請り集りを恥も知らずに行う韓国や北朝鮮、シナにこれ以上無駄な支援や援助は一切して欲しくないと大半の日本国民は思っているのです。
嫌いならば何故日本に擦り寄り韓国人は金を稼ぎに来るのか。?
何故慰安婦にされたと声高に叫ぶ其の一方で何万人もの韓国女性は豪州、米国、日本で恥ずかしくもなく売春行為を行うのか。
とてもではないがこんな国とは付き合いきれない。

安倍政権よしっかりしろと叱咤激励をしていかなくてはなりません。
2013/03/08 21:33 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

米国防省が静かですね。これは“ゴー、オア、ノット”を議論しているということです。中国がアメリカ指導の制裁決議を支持したというのは大きい。アメリカは、一国でも北爆が可能となった。だが、あの女では韓国は頼りにならない。残念だが、安倍さんも同じだ。

ぼくは、日米の経済には良い結果を持ってくると信じている。賢い戦争しないといかんがね。日本は韓国を決して助けてはならない。それが、反日国に伝えるメッセージとなるように。伊勢
2013/03/08 17:30 | 伊勢 [ 編集 ]

我が国日本と日本国民は朝鮮半島に関わるべきではなく粛々と国交断絶へ向け政策を冷徹に行うべきと思います。

やはり危惧していた通り朴大統領は歴代韓国政権の反日政策をそのまま続けると思います。いくら父君が旧日本陸軍将校出身の朴大統領であって娘が本当の歴史を聞いていても現状の韓国では反日が国是になっているのですからどだい理解しあおうとするのも無理なのです。

朝鮮半島が赤化統一されるのか韓国主導で統一されるのかその将来はわかりませんがどちらの主導にしても日本の敵国である事は同じでしょう。わずかばかりの経済的つながりは国益に比べれば捨て去る事も決断しなくてはなりません。

実際にこの様なことが起きれば困るのは朝鮮であり日本国ではありません。今まで何度支援援助を行っても受けた途端掌を返して反日に勤しむ隣国との話し合いよりも東南アジア諸国、インド等の南アジア、オセアニア、北米、太平洋諸国と友好善隣を深め我が国は自国で自国防衛できるように能力を高め有事に備えるべき。
果たして安倍政権は日本国と日本国民を守れるのか。?
2013/03/08 16:52 | 一有権者 [ 編集 ]

壱老先生

僕と青い目の妻が書いている[You Die For Me]「皆殺しのラッパ」は編集に入ったが、モロッコから帰ってからキンドルで出版し~ほとんど同時に和文でも出版の予定。文庫本は、まだアマゾンから回答が来ていない。

資本が出来るに懸かっているが、「暴力団ではない民兵(男女)」を組織する考えです。大げさだが、「募兵」を始めます。武器を持ったり、NGOなどではない。秘密結社のような信用されないものを考えているわけじゃない。“命ある限り戦う”だけです。そうしないと、自公などは耳も貸さないからね。伊勢
2013/03/08 07:40 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、日本人様に同感です。
南北朝鮮シナは日本と同じ価値観を有する国ではない。
安倍さんはなんとか日本に顔を向けさせようとしているが、どだい無理な話。あまりしつこくやっていると裏に何か弱みを握られているのではと思われます。
彼の国がシナやロシアに取り込まれるなら、それも結構。独り悪さを続けるなら対抗するまででしょう。
2013/03/08 07:23 | 壱老 [ 編集 ]

 会談などする必要はないがしたことを見ると何かあるでしょう。
 今する必要がなく、特に朝鮮は見向きもしないで軍事的対応だけできるように国内整備をして、相手がわめいて、いろいろ言ってきても無視して、さらに軍事的対応の準備をすることでしょう。
 明治以降わけのわからない、<朝鮮の独立>と同じような<未来志向>といって、朝鮮にかかわる必要は無い。
 安倍氏は明治以降の我が国の朝鮮政策が何をもたらしたか、考えた事があるだろうか?
 我が国が朝鮮にかかわって、確かに朝鮮は近代化したがそれは、朝鮮にとって不幸だったと言う認識を日本政府として持つことでしょう。それほど朝鮮の体質は近代化に向いていない。
 この要素を我が国は冷酷に考える事でしょう。

盗んだものをかえさないと言う事を平然と言う、それがその証拠です。

 もう一度書くが安部政権の面々はなんだかんだといって我が国が朝鮮を近代化したことはいいことだと思うことを一度検討して、逆にそれが朝鮮にとって、いい事ではなかったと言う思考回路をすることでしょう。
 そのほうが彼らはたぶん幸福で、その幸福は日本人のそれとは異なる事を我々日本人と日本政府は自覚して、外交をすることではないか?

 いずれにしても現在は電話会談などする時ではなく、軍事予算を増強すると言う内政問題に取り組む事です。
 集団的自衛権はアメリカに対して行使するのではなく韓国に対して行使することを世界に明らかにする事になる。逆にそれが韓国に狙いでしょう。馬鹿を見ないように。
2013/03/07 19:45 | 日本人 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する