2013/03/12 (Tue) 日本人は繊細である





“梅にうぐいす~松に鶴~紅葉(もみじ)に鹿”という日本の文化は美しいものだ。したがって、日本人の情緒は繊細である。文学~美術~化学技術にまでそれが現れている。最も繊細なものといえば、季節の料理かも知れない。つくし~水セリ~ぜんまい~筍(たけのこ)~松茸、、それにさ、お魚さんだよ。

12年前に旅立ったわが母親を想う。繊細な女(ひと)であった。だが、戦前~戦中~戦後と苦境の中で、9人もの子供を育てた。“おなか減らして泣く子~降り続ける梅雨でオシメが乾かない~母親とは悲しい存在だ”と言ってた。伊勢爺は親不孝者だと思う。来年4月は、13回忌だ。坊さん雇うことにしている。墓前に季節料理を供えるつもりだ。

                            ~~~

**先のエントリーで、おぞましい上海の写真を載せたことを詫びます。鶯の鳴き声を聞いて忘れてください。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

>万が一でも朝鮮戦争が再度行われれば韓国人は日本へ逃げ込もうとありとあらゆる手だてを使う事でしょう。
我が国はわが国民はどうするべきか。?答えは一つ絶対に入国させぬ事。そうでなければ日本の治安は最悪になるでしょう。

これは起きる事で、すでに合法的に行われている。マスコミが超瀬に支配されているから、普通の国民特に田舎の人々などはNHKを信用している。
 警察が要ですが、これがパチンコを通じて、おそらく上層部のスキャンダルを握っているから、むずかしい。そのように理解しないと理解できない違法行為を警察が見逃している。
 一種の抗議運動の映像を見ると、その抗議運動をしている人の言う事がただしいが警察はトラブルが起きる事を防ぐ事に終始している。逆の立場の時は別です。

 いずれ日本人と朝鮮人の衝突は起きるでしょう。終戦後と同じことは起きさせない事ですが、やくざの三割と上層部が在日だそうですから、おぼつかない。
2013/03/13 08:42 | 日本人 [ 編集 ]

ハッキングはやる~海洋権益拡大を押す~若い女性を売春で公開銃殺刑にする、、おぞましい国です。一方、韓国では売春を奨励しているように感じるね。

伊勢様、シナ、朝鮮を信用してはならないと言う事でしょう。欧米諸国では距離的な事もあり余り関心は無いでしょうけれども。

それでもシナは情報を盗む事で安い粗悪品を海外に売り儲けを人民に還元せず、韓国はありもしない慰安婦問題を大騒ぎしながら世界各国とりわけ米、豪州、日本での韓国女性の売春行為は後をたたず世界の迷惑者となっておりますね。

戦前の新聞の記事等の証拠が出てきてさえも嘘の歴史捏造を行い日本を悪の国としたいこれらの特亜国には本当にウンザリです。
万が一でも朝鮮戦争が再度行われれば韓国人は日本へ逃げ込もうとありとあらゆる手だてを使う事でしょう。
我が国はわが国民はどうするべきか。?答えは一つ絶対に入国させぬ事。そうでなければ日本の治安は最悪になるでしょう。
今のシナには「仁・義・礼・知・信」求める事は無理でしょう。シナ共産党がこの伝統を徹底的に破壊したのですから。
2013/03/12 23:39 | 一有権者 [ 編集 ]

一有権者先生

中国は「仁・義・礼・知・信」が伝統じゃなかったのかね(笑い)?それよりも、「福禄寿」だそうだが、水に対する尊敬が不足している。幸せにもなれず~子に恵まれず~長生きなど無理がある。

昨日の米大手紙は中国の環境汚染を一斉に書いた。“経済大国の看板が泣く”と。ハッキングはやる~海洋権益拡大を押す~若い女性を売春で公開銃殺刑にする、、おぞましい国です。一方、韓国では売春を奨励しているように感じるね。「慰安婦像」を裏返せばそうなるよ(笑い)。伊勢
2013/03/12 20:27 | 伊勢 [ 編集 ]

先のエントリーで、おぞましい上海の写真を載せたことを詫びます。鶯の鳴き声を聞いて忘れてください。

伊勢様、確かにおぞましい写真ではあるもののこれがシナの現実でもあるので掲載をする事はやめないでいただきたいものです。
私達日本国民は特亜国の本当の姿を知る必要があります。
反日マスコミは日中記者協定のために日本にとっては知らなければならない事、シナにとっては知られては困る事を報道できません。それは朝鮮の事も同様なのです。
PCの普及により韓国やシナ各省の工業都市の汚染状況や食品製造過程における不衛生な現実を知る事ができるのです。
またシナはもとより朝鮮の反日国策や韓国による歴史捏造等の嘘が暴露され日本国民老若男女問わず覚醒しているのです。

過日の東日本大震災合同追悼式においてもシナと韓国は式典には出席しませんでした。これが彼らの本音なのですから我々日本人もこのような国を相手にする必要は無いとはっきり行動で示すべきです。

シナは台湾が指定献花の(国家としての)代表扱いを受けた事が不満との事ですが、たぶん尖閣等の事がさらなる理由でしょうし、韓国は単なる事務的ミスが理由だそうですが、誰がそんな見え透いた嘘を信じると思うのか。つくずく我が国は隣国に恵まれないと思います。

台湾は指定献花を受ける立派な理由があり口先だけの震災支援だったシナ、韓国とは違い本当に米国と共に感謝してもしたり無いほどの支援をしてくださった。

それをシナと韓国は式典欠席とはけつの穴が小さい事、逆にそんな連中に献花されてもね。どんどんこれで日本国民がシナや朝鮮の真実の姿を目にしてこれらの国へのあらゆる支援を止める様になるのがお互いの国にとっては宜しい事。なにせ我が国が嫌いで仕方が無い国々なのですから。
2013/03/12 16:26 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する