2013/03/14 (Thu) 火付け泥棒を奨励する国
tsushima air route

長崎県対馬市と韓国の釜山までは50キロ弱の距離。九州本土までは124キロ。対馬にやってくる韓国人旅行客(窃盗団も含め)は年間約10万人だとされる。何日、逗留するのか知らないが、ひとり三万円使うとして、3000、000、000(3億円)だ。先に書いた韓国に渡る日本人観光客は、年間4500億円使うとのことだ。

韓国へ行って、買い物する日本人1500人のうちの1人が対馬を訪れれば対馬の韓国収入は同じということだ。計算間違ってるかな?


安倍さんに提言したい

まず、韓国人を対馬に入れないこと~2)対馬が韓国人のカネで食うしかないなら、国が激安の宿泊施設を作る手がある~3)自衛隊・海保関係者には半値で提供する~水産大学の島にするなど。知恵を使えばいくらでもある。

カリホルニアのヨセミテ国立公園は対馬よりも広大だが、車の通過を禁止している。東側のネバダに出るには、レイク・タホをぐるっと回るか公園内は電気バスなのだ。これ全て環境を保護するためだよ。当然、宿泊は公園の外となるので、今までのようなリべニューはなくなった。減った収入は国が補っているのだ。何でもかんでも収入にするという「さもしい」根性が韓国人観光客目当ての下品な対馬を作り上げたのである。

「対馬特例法」を作ってくださいよ。韓国人はその政府ともども国際法など遵守しない。なにしろ、火付け泥棒を奨励する国だからね。野良犬を“美味い、美味い”と食うわ、、つまり、朝鮮半島の住人どもは、「柄(がら)」が悪いのである。繊細な日本人には、日本のやり方が良いのである。伊勢平次郎 ルイジアナ






(おまけ)

korea household debt amount 12.19.12 e;ected Pak

“借金減らしてやっからさあ”と姐さんは言った。だからよう、クンネ姐さんに票を入れたニダと。グッドラック。伊勢

朴クンネ姐さんは、利息は棚上げだと。余裕があってではないよ。利息を上げたら、借金の金利を払えなくなる。思い余って、ビルの屋上から飛び降りる自殺者が増えるからだ。それで、いよいよ不評判の韓国債を売るんだとさ。日本も、チャイナも買わないだろう。ブルームバーグがこう書いている。

937.5 trillion won in the third quarter, undermining Park Geun Hye’s election promise to expand the middle class after she takes over the presidency next week.

つまり、韓国の家族当たり、ここ四半期で、937,5兆ウオンの謝金地獄だそうだ。国民所得との対比は知らないが、この借金を減らすからと公約して大統領様になったわけである。その約束は守れないだろう。

北朝鮮の暴発も考えられる~日本円が100円に向かうと韓国の輸出が脅かされる~国債は売れないどころか、満期が来る国債の支払い不能も考えられる。日韓スワップはもうないよ。朴姐さんはここんところ、寝られんだろう。伊勢

comment

離島振興が特に国境線がある離島ですが、これは国が自国の防衛を考えて国策として進める必要が有ると思います。

以前産経の記事で見ましたが与那国など夕刻にシナの船が近くまできているのを見て恐怖と危機感をいだいたという住民の方の証言があります。尖閣を含む沖縄の各諸島や対馬、佐渡、南大東島などなど日本国の排他的経済水域の海洋面積の広さとそれらの中に点在する我が国の領土をしっかり防衛するにはどのような政策と防衛力が必要なのか。また友好国とそうでない国との付き合いをどのようにしていくのか。

安倍政権にはシナや韓国等特亜国との付き合いは少しずつ無くして行って欲しいものです。かつて麻生政権の時行おうとしたように安全繁栄の輪として東南アジアやインドなど南アジア、米国や豪州との連携をどんどん深めるような動きを期待したい。

シナ共産党政権を常任理事国にしてしまったのは大きな間違いでしたね。彼らに其の資格はない。彼らは日本軍ともまともに戦った事はありません。行った事は蒋介石の国民党軍に日本軍と戦わせるように仕向け自分達は長征と称してその実態は逃げ回っていただけで戦後旧ソ連から日本軍が武装解除された兵器やソ連から支援されてようやく米国からの支援が無くなった国民党軍を大陸から追い出しただけですから。その後のチベットや東トルキスタン(シナ名では新疆ウイグル自治区)へ侵略し民族への蛮行は今も続いています。

田中角栄政権が日中国交回復を果たしたわけですが前任の佐藤栄作政権では懐疑的だったそうですね。今となっては仕方がありませんが返す返すも残念な政策決定でした。其の時に尖閣を棚上げなどと都合のいい話に乗らず歴史上も国際法上も日本固有の領土でありなんら他国からの主張は認めませんと断言すれば何の問題もなかったのですが。

今からでも遅くは無いので日本国と日本人は台湾を大事な友人のひとりとして大切に付き合っていかなくてはなりません。

現代の米国政府や米国民の皆さんには日本へのFDRのような間違った判断はしていただきたくないと切に思います。
2013/03/17 08:42 | 一有権者 [ 編集 ]

多史済々先生

アメリカの歴史上最大の誤算でしょう。アジア政策では、ベトナムなど誤算は他にもあるよ。中国人を理解していなかった。あれほど、上海領事だったラルフ・タウンゼンドさんが抗議したのに、FDRは、逆に、彼を「反逆罪」と牢屋に投げ入れている。FDR、米国議会も未熟だったわけさ。何しろ、ソ連を連合国にした。ま、ナチスは強かったから。伊勢
2013/03/15 20:25 | 伊勢 [ 編集 ]

 いまさら悔やんでも如何ともなりませんが、しかし、アメリカはなぜ台湾を捨て中共を選んだのでしょうか。安全保障常任理事国にチベット等を武力併合した中共が居座るのが何とも解せません。中華民国では金にならなかったということなんでしょうが。
2013/03/15 20:16 | 多史済々 [ 編集 ]

日本人先生

>>円がどのような理屈で安くなったか不明だが、、

不明じゃあ、しょうがないじゃないですか?


>>いずれにしても個人的には安部政権は困難に直面して、その後の世界は大きな変動と混乱が来ると予測している。それは我々日本国民が直面する事を意味する。

今現在、直面してないのですか?要するに、“安倍政権は支持できない”と言っているのよね?隼同士は安倍政権を支持する団体ですよ。伊勢

2013/03/15 10:56 | 伊勢 [ 編集 ]

円がどのような理屈で安くなったか不明だが、仮に戦争をするにしても円高がいいか円安がいいかは考えなくてもわかる。したがって>安倍さんが、今やってることはほぼ正解です。>は経済から見ると間違いでしょう、ガソリンが140円でするか160円でするか戦車が動ける距離が異なる。それと同じことがいろいろな領域に及ぶ。
 まるで日露戦争のやり方で大東亜戦争を考えたように、我が国が発展途上国のままのように自己認識している。
 戦後の経済発展を忘れて、終戦直後から独立を回復した時に憲法改正を考えたような事を、いましている気がする。その間に50年経過している。この時間の経過を無視したような政策をしている。 
 円が安くなり、電力料金が上がり、消費税をかして、経済がさらに良くなるとは、普通に考えればわかる。
 まるで大東亜戦争における新聞報道のようなものがまかり通っている。

 我が国は朝鮮、支那に対してはそれらが自壊するようにしむける事だが、それでも自壊の結果は我が国に大きな影響が出る。そのとき直接支那朝鮮へかかわる事をしないような具体的な力を持っていることが、我が国の必要条件で、集団的自衛権の行使相手はアメリカではなく(どこにアメリカを攻撃する事のできる軍事力を持つ国があるのか)、韓国でしょう。

 これは奈良時代以降の朝鮮政策のひとつで、具体的には白村江の戦いでしょう。
 この政策でない朝鮮政策を考える事で、それは徳川時代の朝鮮政策、朝鮮政府使節が将軍代代わりの時のみ政府要人が正式に来るだけで、民間人は正式に来ることが無いという政策の現代版を作ることでしょう。支那においても同じです。
 この政策を取るには我が国の政権構造を変える必要があり、それは自民党とは別の政治外交をとる政権が必要だと思う。
 いずれにしても個人的には安部政権は困難に直面して、その後の世界は大きな変動と混乱が来ると予測している。それは我々日本国民が直面する事を意味する。

 我が国には自警団と言うものがあるから、ソレヲ核にして動く事になるが、そのときと都市と田舎は大きくわかれ、その分裂は北朝鮮と韓国のそれとたぶん酷似するでしょう。ここが東アジアと言う事です。
2013/03/15 10:09 | 日本人 [ 編集 ]

多史済々先生

日中戦争は始まっている。中国共産党は海洋権益を狙うが、実際は国内の暴動や広州の叛乱が命取りになると自覚している。「反日愛国」に中国の国民は疑いを持っている。政府の宣伝に安々と乗るバカじゃない。人民軍の司令官も毛沢東・林彪時代の戦歴のある者たちじゃない。そこへ、「一人っ子政策」があるので、兵隊の士気は低いと考えられる。残るはミサイルだが、アメリカは中国よりも危険だったソ連を崩壊させた。

安倍さんが、今やってることはほぼ正解です。モンゴルやロシアの首脳と手を握る。この二国はアメリカよりも日本を選ぶ。ついで、台湾と尖閣を共有する選択もある。今、安倍さん、麻生さんがやっていることは、レーガンがやってた「ソ連包囲網」なんだよ。

民間人の僕らが出来ることを考えよう。第二次大戦のフランスのレジスタンス(ドゴール)や、スペインのパルチザンは「民兵」でしょ?今の日本にそれが欠けている。新しい歴史が始まっているんだ。昔を振り返る余裕はないよ。伊勢
2013/03/15 07:05 | 伊勢 [ 編集 ]

 人間の頭脳が更に発達し、人類の英知(学問)がまた更に進歩し続けるものだとすると当時の歴史の実相も今後更に真実に迫るようになってくるのでしょう。
 とすれば、今の時点でも科学を無視した歴史解釈をすることは、まして、それを通じて政治運動をすることは世界に対して己の恥を晒すようなものです。わが日本はそのようなことはしたくないものです。

 今朝の新聞に慶応大の武田恒泰氏がBBCの国際世論調査では世界に良い影響を与える国のトップが日本であると正論懇話会で話したと記されていましたが、本当なら何ともすばらしいことです。この信用を力にして特定国からの言いがかりを排斥したいものです。
2013/03/15 06:05 | 多史済々 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する