2013/04/20 (Sat) G20 麻生・黒田の金融緩和を支持
次々と問題と思われた麻生・黒田さんの金融緩和やボストンテロ事件が収束に向かっている。日本政府の金融緩和をG20の金融担当相たちは理解した。構造改革を以って支出をカットするという大きな作業が残るが、一応、国際社会の理解を得られた。麻生太郎さんと黒田日銀新総裁の英語能力もさながら、お二人の受身でない、熱心さが認められたのだろう。とにかく、麻生さんの明るい性格とその忌憚のない笑顔が好かれたと思う。

ボストン爆弾テロ事件も、兄(26)は射殺されて~弟(19)はボートに隠れていたところを銃撃戦の後に逮捕された。事件はチェチェンから10年前にアメリカへ移住した兄弟が起こした。メリーランドに住む叔父がインタビューに応じたが、普通の子供たちだったと。まだ、テロの動機は解明されていないが、チェチェン独立運動やイスラム武装集団は沈静しているので、このリンクはどう展開するのだろうか?伊勢爺さんは、トルコ~グルジア~このチェチェン共和国の上空を飛んでキリギスタンに行ったことがあるので、コーカサスやカザフスタンの人々の性質をよく知っている。ソ連の衛星国だったり~独立運動でボリス・エリツイン(ロシア大統領)の鎮圧に何十万人が死んだ。プーチンの時代になってからも、チェチェンの小学校やモスクワの劇場に爆弾テロが起きた。330人の赤ん坊を含む子供たちが殺された。こういった独立運動とこの兄弟に関係があるとは思われない。圧力釜爆弾はあまりにも幼稚だからだ。伊勢爺さんは、“チェチェン人は危険だ”という印象を持ったことがない。実に礼儀正しく~思いやりのある人々だからである。

これは、三月の末に行ったモロッコでも同じだった。大衆は平和を望んでいるのだ。問題というのは、「イスラム武装集団のアルカイダ・イスラム・マグレブ(AQIM)なのだ。アルジェリア人質事件の首魁であるベルモクタールは、三月の始め、チャド陸軍がアルジェリア南部・マリ北部の岩山の隠れ家を砲撃して死んだとされている。未だにアルカイダの声明がないから事実だろうか?だが、アルカイダのテロが終息したという情報はなく~フランス軍はマリの首都バマコ付近や北部に部隊を残した。

伊勢爺さんと妻のクリステインは、「You die for me」という英語の小説を書いていた。「アルジェリア人質事件」を題材にした。それで、先月、アラブ民族を取材する目的でモロッコに行ったのだ。五月半ばに脱稿してこのアメリカで出版する。日本版も同時か少し早めに出版するめやすだ。ご期待乞う。伊勢平次郎・クリステイン ルイジアナ


イスラム武装集団

Mali islamist

中央アフリカの国、マリ~西サハラ~ニジェール~アルジェリア南部をAQIMと呼ばれる山賊が暴れまわっている。1月16日に起きたアルジェリア・ガス・プラントでは、日本のプラント企業である日揮の社員や副社長さんら10人が殺されている。フランス、イギリス、アメリカと言えども、サハラ砂漠を支配することは不可能である。なんとアフリカ大陸の三分の一の広大さなのだ。「地の果て」とモロッコ人たちが言っていた。そのとき、MAGHREB(マグレブ)と深刻な表情になる。「地の果て」という意味だ。

サハラには、伊勢夫婦は3回目だが、自分でも、Maghrebの響きがよく理解できた。遊牧民の「ベルベル族」も、「ツアレグ族」も優しい性格だった。だが、優しいこれらの民族は砂漠の行商であって土地を持たない。“保護しなければ絶滅する”と国連が警鐘を鳴らしている。モーリタニアの岩塩を金槌で砕いて~麻袋に入れて~駱駝に積んで~エジプトへ売りに行くのだと。駱駝の隊商は、40頭から60頭の駱駝で組まれると。食料として、羊を何頭か連れて行く。西サハラから東のエジプトまで、72日も歩いていくのだ。それも、熱い日中を避けて星空の夜に移動する。キャラバンと言われる隊商は「砂漠の船団」とも言われる。理由は、駱駝の脚は馬のように交互に前に動かず~前足と後ろ足が同時に前に出るために、船のように横揺れするからだそうだ。

アラブの世界、特に中央アフリカや地中海に面する北アフリカには中世がすっぽり抜けているのだ。つまり日本なら江戸時代がないようなもんだ。ヨーロッパなら、イタリアのルネッサンスがないということになる。カサブランカからマラケシュへ行く、電気機関車はコンパートメントで6人の乗客がゆったりと座れるものだった。伊勢爺さんの横の座席に座ったモロッコの会社の社長さんは、窓外の真っ赤な芥子(けし)の大草原や白い羊の群れを指指して、“原始的でしょう?”と話しかけてきた。飲み物やパン、果物、キャンデイを売り子が車を押してやってくる。ドアを開けて買うわけだ。マラケシュには3時間で着いた。タクシーでカスバの中のホテルというか個人の豪邸に泊まった。フランス人の夫婦が経営していた。モロッコの料理というか、フランス料理、果物、コーヒーは実に美味いものだ。今夜はここまで、、伊勢




comment

 靖国神社へ何度も行く、日本人ですよ。
ナゼ朝鮮人と判定されるのかわかりません。
 今回の日銀の政策は財政ファイナンスとしか思えません。それ以上のものは無いでしょう。普通は金利が上昇しますが、為替があるために、円安というかたちで、金利上昇と同じ効果が出るだろうと見ています。今は円安ですんでいますが為替調整で、吸収できなくなると金利上昇と為替調節の二つが相互に影響して、変動するだろうと見ています。
 個人的には五月ごろには国内経済の状況が庶民レベルで実感されると思う。つまり縮小です。 
 参議院選挙までですが、トニカク国内は朝鮮人どもに弱い日本人が多すぎます。特に教育、司法、マスコミ、政界(地方自治体も)宗教界特にキリスト教会、などです。
 少しずつ、改善していく事です。
国策としては日韓断交。および支那との人の行き来の断交、つまり。物だけの国交にすることです。要するに福沢諭吉の朝鮮観、支那観を元にして、国内および外交をすること。また両国人の帰化条件を厳しくする事、はっきり言うと認めないことなどを国の基本方針とする政府を作りたい。
 それには核武装が必要で、アメリカの建国理念とも衝突する、外交政策をすることなどでしょうか。
その上で日米同盟を維持するべく努力をすることかな。
 以上です。どこが気に入らないのか。また不快なのかわかりません。
ケリー国務長官はスチムソン陸軍長官などの系譜の人に見えますから、我が国のアメリカ外交は難しくなると見ています。
2013/04/24 12:46 | 日本人 [ 編集 ]

生活保護外国人は帰国せよ
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post2842/

外国人の不正受給を助長させているのが日本人社会の破壊者創価学会公明党議員の各自治体行政機関に
対する干渉及び圧力である。 創価学会員になれば生活保護を受給できる。 支那朝鮮の情報工作員、やスパイ
活動家など普通は受給できない者達の事例はこのケースと判断できる。生活保護の不正受給が犯罪行為であり、
支那朝鮮創価学会に支配された売国テレビ局・マスコミが隠蔽しているのです。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/04/23 15:59 | 愛信 [ 編集 ]

愛信さん、ALLCO姉さん、FTS先生が大事なコメントをされているね。ネット情報で特に政治では、主観による~偏見による~事実誤認による~または、悪意の「虚構」が見られる。それを見抜く目を持ちましょう。

もう安倍さんも靖国参拝を決心する日が来ていると思う。公明党や経団連が子供を含む国民や有権者を代表するわけじゃない。これらの団体が国民を守ってくれているのではない。ただ、経団連は雇用の面で自民党と密接な団体。そうであっても、国を中韓に売ってはならない。隼機関を育てていき~有権者に“日本はどうあるべきなのか”という自覚を促さなければいけないと思う。ALLCO姉さんが一貫して書かれてきたよね。有難うね。伊勢
2013/04/23 02:15 | 伊勢 [ 編集 ]

首相、村山談話「そのまま継承ではない」 戦後70年に新たな談話 参院予算委

【関連情報】
2013年4月22日 予算委員会 約6時間57分
白眞勲(民主党・新緑風会)質問(1時間12分ごろ
)http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=1920&mode=LIBRARY&un=69ecc50973e75265f56e1d23db03e7e2&ch=n

【古屋国家公安委員長・新藤総務相・麻生副総理、靖国参拝!】
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/d1375ad6cde704c98740c582c12c4881

反日支那朝鮮とは決別する時を迎えて今日に於いて政治家が国民の前で本音と建前を使い分ける醜態を晒す
のは行けない。 国民の負託を受けて政治を行う国会議員は国民に嘘をついてはならない、明確に靖国参拝
を表明するべきである。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

PS:
情報戦略
支那朝鮮は団結できない。
2013/04/23 00:26 | 愛信 [ 編集 ]

私も横から失礼します。
ウソにまみれた国、中共、韓国の支那人や朝鮮人の価値観は損得しかないからウソは別に罪ではありません。
それどころか、騙される方が悪いのです。これは支那人や朝鮮人が天皇陛下を頂く日本人と違い、
要するに善悪の観念がないのです。
それを日本人と同じだと誤解して日本人が騙される。自分で転ぶのです。

ただただ支那人や朝鮮人を非難しても始まらない。徹底的に警戒し、信用しないことです。
彼らも当然だと思うでしょう。彼ら同士でも信用しないのだから。

このままでは人民解放軍が皇居前広場を行進する日がやってくる事になります。

こんなニュースもあります。真偽不明http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/22/2013042200638.html
親中正男はどうしたのだろうか?

★米倉経団連会長、円安歓迎も「このあたりが限度か」
と慎重姿勢 閣僚の靖国参拝には苦言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000547-san-bus_all
2013/04/22 23:13 | allco [ 編集 ]

fts先生

>>支那人は容赦しない。それは歴史に学べば判ること。だから支那人を侮ってはならないと考えますね。

横からですが、その通りですよ。支那人を侮ってはならない。麻生さんが副首相として、個人として、靖国に参拝された。早速、韓国から横槍が入ったが、日韓は実質的断交に向かっている。一方の支那の国は、日米の経済・安全保障の組み合わせの恐ろしさが理解出来ないようだ。アフリカ~南米~東南アジアの諸国では、日本人はアメリカ人よりも、評価されている。僕ら夫婦がこの足で見た限りですが。麻生さん、安倍さんは、その足で東南アジア~台湾~モンゴルを惹き付けていく。伊勢爺も生きている限り、安倍政権と自民党を叱咤激励する。勿論、このアメリカからだがね。

「日本円が対ドルで100円に向かっている」と今朝の記事です。NY株価は上がる。青巣さんは、“構造改革の痛さを覚悟してくれ”と言っておられると感じる。それで、靖国参拝も決心されたのかな。伊勢
2013/04/22 21:39 | 伊勢 [ 編集 ]

愛信 様

 個人的には視聴者こそが敵に回る時代に入ってると思いますがね。騙されるのは、自分で調べないから。
学校教育しかり、報道しかり。TV局が報道した、新聞が報道したって騒ぐ時代はもう終わりつつある。
なぜなら、TVがネットの怪情報を裏付け無しで流す時代になった。
新聞はそこまで露骨で無いにせよ、中学生の作文と見まがう駄文を平気で載せている。そんなものに信を置く時代は遠からず終わると思います。

受け身の年寄りや煽るだけの団塊は居なくなります。その時までに支那朝鮮の影響力を無効化できるシステムを残せて居れば日本の勝利が見えますが、朝鮮はともかく支那の影響力を排除できなければ日本人は例外なくホロコーストの憂き目に遭うでしょう。
支那人は容赦しない。それは歴史に学べば判ること。だから支那人を侮ってはならないと考えますね。
2013/04/22 20:53 | fts [ 編集 ]

古屋国家公安委員長・新藤総務相・麻生副総理、靖国参拝!
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/d1375ad6cde704c98740c582c12c4881

このニュースは報道されて、反日売国テレビ局・マスコミが今までに愛国系日本人を騙し続けて、日本人社会の
破壊の為に日本弱体化の反日工作を行って来た事が露呈する訳である。NHKを初めとする反日売国テレビ
局・マスコミが反日支那朝鮮に支配されて捏造報道、偽装報道で事実を隠蔽してきた犯罪行為が暴かれる。 
マスコミを支配して報道の捏造・隠蔽・偽装を繰り返す広告代理店は商品が売れなければ、影響力も地に落ちる。
テレビ局には視聴者の他には助けてくれる者は無い事を自覚させることです。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

【動画ニュース・ランキング】開設のおしらせ。
http://aixin.jp/ax00/atgr.cgi
2013/04/22 20:19 | 愛信 [ 編集 ]

エントリーとは異なりますが、尖閣関連のニュースを一つ。

尖閣付近無人島の所有者 中国との売買交渉中に殺害されていた(週刊ポスト・マイナビ転載)
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/22/008/

以下引用
2月16日、国内外に多くの土地を所有する資産家として知られた陳進福氏(79)とその妻(57)が失踪。ほどなく2人は台湾北東部・新北市八里区の川辺から水死体で発見された。

仲介人とされる人物が下記TV局の取材に対し、
「昨年9月に日本政府が釣魚島(日本名・魚釣島)を購入した後から、陳氏は島を売りたいと言い出し、香港の開発集団との交渉が始まった。彼らの目的は、島の観光開発だった。昨年の9月と10月に契約の備忘録を取り交わし、具体的な利用法について香港側から人が来てさらに詰めることになっていた。商談が半分まで進んだ矢先に、突然そういう変死事件が起きてしまった。もうどうしたらいいか……」

台湾・東森テレビ局は、「香港の開発集団は中国の軍関係者の指示で購入を図ったのではないか」と指摘し、島の売買と事件との関連性を示唆した。だが、台湾在住ジャーナリスト・片倉氏はこの報道にも疑問を呈す。

「仲介人とされる人物はこれ以降、表に現われなくなった。香港の開発集団も、どういった組織なのか情報が出てこない。彼らとの交渉が実際にはどこまで進んでいたのか、陳氏が本当に売却に了承していたのかなど、疑問は尽きません」
引用ここまで

故人にあられては心安らかでありますように。

陳氏は親日派の方で『絶対に中国人には土地を売らない』と、いうことで拒否されたそうです。
台湾メディアでも扱いは大きくないようですが、注目はされているようです。
支那は未だにこのような手段を現在進行形で取りうる国家だと言う事実と、本来領土というものはこのような手段によっても護るべき物という認識とともに広く知られるべきと存じます。
2013/04/22 18:33 | fts [ 編集 ]

fts先生

意味不明の書き込みに悩まされてきた。傍若無人というか。この日本人さんは、けんじさんに似た文章。“日本人かな?”と思うことがあるね。数名の女性を含む読者から苦情がきた。落書きを読まされるんだからね。まあ、こういう人もいると放置したが、みなさん、どうしましょうかね?伊勢
2013/04/22 10:09 | 伊勢 [ 編集 ]

日本人 さま

現状が何を指すのか不明ですが、問題大ありです。
極端に言えばデフレ状態の維持で得するのは年金生活者だけ。その為だけに日本全体を沈めてきたのが民主党。
経済の活性化は全てに有益であって円安だけを近視眼的な見方で取るのは間違い。エネルギー政策とて,原発をさっさと動かせば良いだけ。根拠が全くないです。

敢えて言いますが、殊更に日本人を名乗るのは朝鮮人との誤解を与えます。主張も支那朝鮮に利のあることであれば尚更。
2013/04/22 00:05 | fts [ 編集 ]

日本人さん

あなたは、誰に対して意見を書かれているんですか?日本政府ですか?経団連ですか?大衆に向かってですか?円安・株高が有害だと聞こえるけど、その根拠は何なのですか?前にも、あなたの説は根拠が乏しいと注意したけど?伊勢
2013/04/21 18:54 | 伊勢 [ 編集 ]

 別に現状でも我が国は何も問題は無かった。円高でも問題は無かった、あったのは政府財政がもたなくなる事で、そのために必要な構造改革だけです。国防軍を創設るる事もそのひとつですが、その費用は円高のほうが他分安いと思う。
 自国通貨を安くすることはその国の経済構造によって影響が異なる。我が国はアメリカでも、朝鮮でも、支那でもない。
ただそれだけの認識ををすればいい。
 円安政策は半年もたたないうちに、その弊害のほうが多きい事がわかると予測している。エネルギー価格が上昇するから、いい事ではない。それだけです。
 何を目的としたものか不明です。
2013/04/21 13:37 | 日本人 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する