2013/04/27 (Sat) 南北朝鮮国交断絶が始まった
暗黒の朝鮮半島




韓国、開城工業団地から残りの全労働者撤収へ

4月26日、韓国政府は、南北協力事業の開城工業団地について、同団地に残る韓国側労働者をすべて撤収させる方針を示した。

 [ソウル 26日 ロイター] 韓国政府は26日、南北協力事業の開城工業団地について、同団地に残る韓国側労働者をすべて撤収させる方針を示した。北朝鮮が、同団地の操業再開を協議する南北会談を拒否したことを受けた措置。


伊勢爺さんの解説

ご周知だと思う。これは、韓国こと南朝鮮の北朝鮮に対する「戦線布告」なのだ。これで、北朝鮮は88億円の収入を失うとのことだ。大したカネじゃないと思うが、同族の経済制裁としては大きい。キムは、韓国をなめているから、ショックは大きい。

一方で、日本。安倍内閣は韓国と冷戦状態である。朴大統領は米軍だけが頼りなのだ。そこへ、日本円が対ドルで100円から110円に向かう。これは、泣き面に蜂ということだ。韓国経済は一気に沈没して行く。

朝鮮半島に戦火が広がるかどうかは誰にも判らない。米軍家族や米国人が韓国を引き払い始めるとき、戦争が近い信号なのだ。米韓軍は平譲を空爆する。だが、韓国が無傷ではおれないだろう。

日本は、同盟国の米軍と米国人の保護だけだ。“米国のためなら何でもする”と安倍さんは、駐日米国大使のルースさんに伝えておくことです。米国内の反日メデイアや反日韓国人を牽制する良い機会です。


日米同盟の敵・Wポスト

W.Post image

昨日、ワシントン・ポストは、「歴史の事実を直視できない安倍晋三」という社説を書いた。社説部とあるだけで、記者の名前はなかった。さらに、コメントは支那人5人が日本と安倍さんを陳腐な文章で中傷していた。まあ、こんな記事は読まれない。かって、名新聞社だったワシントン・ポストは潰れる寸前だ。NYタイムスの一翼LAタイムスは東京支局を引き払っている。NYタイムスも特派員を米国人ひとりと日本人の助手だけだとか。家賃が払えないのだろう。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

尖閣に中国軍機が40機超飛来 「前代未聞の威嚇」 空自パイロットの疲弊狙う
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130427/plc13042712070010-n1.htm

支那の仕掛ける情報戦争でありこれに連動して日本の反日売国テレビ局・マスコミが支那を擁護して日本の
譲歩を引き出すための世論誘導を行う。嘘を前面に押し出し言いがかりやユスリ・タカリで相手に譲歩させる
手口が反日左翼、日本人社会の破壊者の常套手段。 愛国系日本人はどんどん反日売国テレビ局・マスコ
ミに抗議しよう。 出演するエセ専門家やインチキ評論家の論調を批判する声を上げよう。

詳細は
【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい
2013/04/28 10:23 | 愛信 [ 編集 ]

ネット世代向けイベント:各党がアピール 首相は戦車に
http://mainichi.jp/select/news/20130428k0000m010065000c.html

【参院選辻立の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/sgi.cgi

インターネットを使った選挙運動が始まる。 愛国を叫ぶ候補者はいても、売国を叫ぶ候補者はいないので
反日売国国会議員は前面に出る事はできない。 街頭演説を盛んに行って、その動画をどしどしアップして
頂こう。 演説内容を聞けば有権者が候補者の資質を判断できる。街頭演説を行わない候補者や動画を
アップしない候補者は情報化社会への対応が困難か政策能力のない候補者、或いは反日売国勢力に属
する候補者と判断せざるを得ない。

詳細は
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2013/04/27 23:56 | 愛信 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する