2013/05/04 (Sat) AAISKの指導体制は抜群だ
globe image

「AAISKの指導体制は抜群だ」

安倍さん~麻生さん~石破さん~菅(すが)さん~黒田さんのチームは抜群だと言いたい。安倍さんのロシアに始まるアジア、中東訪問は文句のつけようがない。見事な外交であった。安倍・麻生さんの戦略は単純明快で分かりやすい。いわゆる「経済安全保障外交」である。日本の領土の国防だけでなく、インド~中東~ロシア~アセアン~オーストラリアを味方に着けるという地球儀を見ながらの自由民主圏の防衛なのだ。

ワシントンは目を見張っているだろう。オバマは安倍・麻生外交にコメントを出さない。沈黙がベストだからだ。米国議会は、日本がイ二シャテイブをとることを大歓迎なのだ。ブッシュは親子でバカだが、“中東や東南アジアにもっと日本が積極的に働きかけて欲しい”と言っていた。この発言は、“アメリカには出来ないことのほうが多い”ということだ。なんでも出来る顔をしていたクリントンでも、おしゃべり烏のオバマも「口先外交」だけだ。イラン、ロシアを説得できるのは日本だけだから。つまり、第二次戦争でアメリカは戦闘に勝った。だが、欧米が宣伝してきた“日本は悪い国だった”は、インド、アセアン、中東では通用しない。アメリカは、ベトナムで、アフガニスタンで、イラクで信用を失った。どれも、「正義の戦い」とは言えないものだからだ。

安倍・麻生体制が永く続ことを伊勢爺は望む。それは、大東亜戦争の真の終結だから。アメリカが日本に謝る日が来るであろう。東京空襲、広島長崎・原爆投下のことだ。無実の市民を焼き殺して素顔ではおれないからである。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

麻生氏の父親は多賀吉といったと思う、確か19歳頃に、お父さんが亡くなり、急遽おじいさんの元で麻生財閥の運営にかかわったはずです。多賀吉氏は当時としては珍しく帝大を卒業していない。また旧制高校すら通っていない。それはなくなったお父さんの方針で、当時の公教育に大きな疑問をもっていたためだという。
 そこで確か九州帝大教授の河村幹雄が主催する塾にかよっていた。その教授がキリスト教徒で、相当にキリスト教を理解した人のようです。
 ここから現在の麻生氏があるのではと思う。
終戦後、戦犯収容所で、態度が立派だった人々は当時の高等教育を受けた人々ではなく、いいとこでの人々だったそうです。
 その意味で麻生太郎氏には教育の背景が大きく異なり、笑顔がよく、マフィアのような格好も似合うという事で、これらは戦後の人々が忘れて、さらに触れられたくない育ちによるものです。
 明治が江戸時代を否定したように、戦後も戦前を否定して、しかも平等をスローガンに掲げたため、<育ちと生まれ>に対して、目をそむけるようになった。
 残念ながら、それは確実にあり、どうしようもないもので、それがない人にはよくわかるが、ある人はきずかない。
菅直人氏と鳩山氏を見ればいでしょう。ある種の人々は彼らを見るのもイヤだったのではないか?民主党が政権の座から落ちた背後の要因のひとつにこれがあると思うが、日本人はそれを意識していないが無意識にそれがあると思う。
 ただ私が思うに、それがあって、公然と認めている世界のほうが安定性があるが、あまりにそれに瀕するといけない。それもあって、なおかつ平等性が担保される、つまり生まれによって、その人が生きていく世界において、不平等が生じないようにする世界がいいと思う。特に教育の平等性は近代社会の要ですから、生まれと育ちによる、子供が受ける教育において不平等性は排除する必要があると思います。
 今までの教育、昭和30年代ごろまでは、それが社会的に担保されていたが、それ以降は金持ちでナイトいい教育が受けられない世界へと進んだ。
 そして決定的になったのは司法試験において、法化(放下)大学院を出ないと受験資格がないことです。それまでは苦節10年という世界があった。放下大学院へ行くには500万はかかるということで、もはや大学を出てさらにそのお金を出せる人は少ない。
 これこそ反近代性だと思うが、どうにも、ずるを考える人が多いということでしょう。
 詳しくは知りませんが宗教学者に言わせると、浄土宗、日蓮宗は仏教とは言いがたく、キリスト教に良く似ているとの事です。だかからふえない。キリスト教会において日本は布教の困難なところで明治以降一貫して、信者が100万人を超えることはないそうです。なぞだとされていますが、それだけ日本社会が普通の人々において、キリスト教が要求することが実現されているという事で、逆に偏屈なキリスト教信者がキリスト教が求めるものを破壊しているという現象が起きている。
 南京大虐殺や従軍慰安婦などはキリスト教会において、はやっていると思う。
 新約聖書の奇跡の話が日本人には受け入れられないということです。旧約だけならいいでしょう。そのためキリスト教信者で優れている人は旧約聖書の愛読者が多いと推測しています。

 今回のアジア外交は大きな問題があります。それは軍事力の担保がわが国にはないことで、あるのはお金だけです。やはりアメリカとセットでナイトこの外交は大きく躓く要素があり、一面アメリカ外交でもあります。
 佐藤内閣がアメリカの中共敵視政策に忠実にしていたところ,ニクソン訪中で足元をすくわれた歴史があります。この轍を踏まない事です。あの時は日米安全保障条約が通告後、一年後に失効するという状態でしたから、そのとき、自民党はそれを国民に明言して、選挙を戦う事でしたが、違いました。
 自民党政権か日本国かということで、海軍か大日本帝国かという選択と同じだったでしょう。
 モウ激動の時代がきています。世界地図が大きく変わる時代で。個人的には中共とは戦争だとみています。
2013/05/04 21:50 | 日本人 [ 編集 ]

Stratcaster先生

あなたは面白いねえ。まず、ご性格が楽天家に感じる(笑い)。それでいいのですよ。NHKのYouTube見たけど、硬い表情の個性のないキャスターが、必ず、ネガテイブなリマークをする。でもね、麻生さんも、安倍さんも、マスコミの洗礼を受けたツワモノだからね、スイスイと泳いでいく。中韓はアタマが悪過ぎて話しにならないね。

ところで、小説だけど、英語で書くほうが易しいんだ。日本語っての特殊で壊れやすい性格のことばなんだよね。用語を間違えば、読む人はキッとなるし、怒り出すことも考えられる。日本人は兎のよう繊細で敏感だからね。伊勢
2013/05/04 20:47 | 伊勢 [ 編集 ]

ASEAN会議に中韓が加わらず、日本がどんどん成果を上げている。この地域のリーダーは日本でなければ出来ないのです。

以前書き込んだとおり、既に靖国カードは中韓には不利なものになっている。

中国が靖国にこだわるのは理解できる。
日本を戦後体制に押し込めておくには「犯罪国家日本」というイメージが必要だからだ。

だが、韓国はどうか? 日本にイチャモンをつけるのに感情論以外の理由があるのか?
日本と不仲になって韓国の国益は増すのか?

愚かな韓国の国民は自ら自滅の道を歩んでいるように思えます。 

朴大統領は来週訪米だそうですが、このオバサンは就任以来外交はおろか経済でもなにひとつ成果を上げていない。 オバマとしても何を話していいのか困惑するだろう。

早晩韓国内で新大統領に対する不満が爆発、政治が流動化した時に中国と北朝鮮が何かをしてくるのでは?
反日なんぞにウツツを抜かしていたツケがまわってくるのです。 自業自得。

ASEANで上げた麻生さんの成果を伝えていたNHKですが、最後に「最も重要なメンバーである中国・韓国との関係が歴史問題でギクシャクしている」というコメントも忘れない。

中国はいいとしても韓国が重要メンバーとは初耳です(苦笑)

もう中韓抜きで行けばいいじゃないですか。
インドネシア、インド、マレーシア、タイ、ベトナム、台湾・・・
親日であるかどうかは知りませんが、常識が通じる相手と仲良く一緒に成長したいものです。

1000年恨みを忘れない国(笑)とか、もう絶好あるのみ。
2013/05/04 20:12 | Stratcaster [ 編集 ]

allco姉さま
みなさん

人間、歳取ることは良いことだと思う。なんで?それはね、若く、未熟で、ときおりはバカだったときには考えないことを考えるようになるから。

安倍内閣にクリスチャンが多い理由を読んだ。面白いというんじゃなく、これも自然の流れなんだと。日本のキリスト教徒は、0.845%だそうだ。ところが、エリートのエスタブリッシュメントに多い。“宗教や宗旨を変えるとか、西洋の宗教思想に帰依する”というのは、仏教が広範囲に根付いた日本のような風土の国では珍しいんだが、どうも、伝道や宣教によるものでない。クラーク博士の愛弟子などからは始まっているから、明治の文明開化の話だ。麻生さんなんかは、神道の名誉会長クラスだから、日本のクリスチャンてのはユニークだと思うね。どうも、イエス・キリストに殉教する人には思えない。

伊勢爺さんも天台に草鞋を脱いでいたから、宗派を変えるとかが非常に難しいことが理解できる。だって、菩提寺を抜けるちゅうのは、そのお寺の檀家を辞めるとなり、お墓を移動するとなり、法事の仕方まで変わる。坊主になると他宗の講義にさえ出られないのだ。そういった意味では、比叡山などはガチガチの封建領主ということだ。伊勢青年は、白人の女の子に追い回され~根っからスケベで~好奇心が強かったから、お寺を追い出されたわけさ(笑い)。だが、創価学会はダメだわな。まだ、曹洞宗やら浄土真宗のほうがおおらかだからね。伊勢
http://news.livedoor.com/article/detail/7374791/
2013/05/04 19:46 | 伊勢 [ 編集 ]

執筆活動、お疲れ様です。

うひょ~~♪あの狂った原爆石碑を叩き壊す日が来るのかと思うと
うきうき愛国活動に前進ですねぇ。皆様、本気で長生きして見るもの、かもです。
あの世でご先祖様によくやったと誉められる~~。
8/6に非核三原則宣言を聞かなくて済む日がねぇ。

そんな可能性が少しでも有るのなら益々国民も政治で遊んでいる時では無い。
周辺の国が本気で日本を狙い始めたからです。

今社会的に苦しい若い世代の人は、自分が悪いのでは有りません。
政府が悪いと考えて良いのです。
政治家が公権力を私物化して私利私欲に走っているからです。

この源には、戦後独立国家の価値観が破壊されたままと言う
日本の現状が有り、精神が敗戦後の廃墟のままなのです。
共同体の精神は崩壊し、久しく再建の声がなかった。

しかし、徐々にでは有りますが今年から焼け跡に日の丸が上がり出した。
スーパーも知人も裏の家も国旗を掲揚し始めました。
危機感の広がりです。町内会の申し合わせにも載せました。

国旗掲揚は誰もが出来る最強の自衛の道具です。
日本国民としての自覚が生まれるからです。
日本人として天皇陛下を頂いた事の誇りを内外の
適性外国人に対し、警告威嚇としても効果もあります。
カルトも破壊するでしょう。

祭日に向けて国旗の準備をお願い致します。
これは戦後祖父たちが言い伝えてきた事ですから
私が先人に習い伝えました。

俗に言う「親父の小言と冷酒は後から効いてくる」ですかね。

あぁ~楽しみですね。ワクワクしますよ。

2013/05/04 17:13 | allco [ 編集 ]

日本人先生

アメリカも、9~10世代となり、白人キリスト教徒はまだ力は強いが南部やテキサスのキリスト教徒保守はリーダーにはなれない。経済はグローバル化か、ブロック化かかだれも判らないが、アメリカのコンセンサスは“取り合うよりも分け合え”に向かっているね。社会主義ではない、自然の帰結だと思う。富豪がいるが、民衆には勝てないんだからね。例えば、アメリカは富豪の国でも、日本+インド+アセアン+ロシア+中東の結束に勝てるはずがない。だから、TPPは心配しないでも良いのです。伊勢
2013/05/04 11:31 | 伊勢 [ 編集 ]

>アメリカが日本に謝る日が来るであろう。東京空襲、広島長崎・原爆投下のことだ。無実の市民を焼き殺して素顔ではおれないからである。

 我々はこのことが起きる時の態度を今から決めておくことです。それは日本人ならわかるはずです。
 ただそれをえさにして、騒ぐ人々がいるでしょう。あと10年でしょうか?
 アメリカとの戦争の原因を
昭和天皇が
1)石油
2)排日移民法
この二つをあげておられた。
 これはロシアにも影響する。それまでかな?
2013/05/04 11:18 | 日本人 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する