2013/05/20 (Mon) 青い鳥は幸せだ
幸せの青い鳥

blue bird 5.10.13 013

ルイジアナのわが家の前庭に毎年帰ってくる。雛は何匹だったのか、モロッコへ旅していたので知らない。Southern Blue Birdという。この鳥は夫婦仲が睦まじい。交互に見張って、交互に餌を運ぶ。同じ時期に真っ赤なカーデイナルがやはり巣を作るが、カーデイナルは巣箱には入らない。藤の葉の下に大きな巣を掛ける。この赤い鳥の性質は猛々しい。


アホウドリ

blue bird 5.10.13 014

この二人はアホウドリである。“慰安婦は強制連行されたということが、ひとり歩きしている”と叫んでいる。そうかい?そうだとして、米国政府と抗議、または、協議出来るのは安倍内閣総理大臣だけである。大体、米国議会下院を過大評価し過ぎている。抗議する相手は韓国である。打ち負かすべきは韓国である。アメリカを敵にすれば韓国にも負けるよ。やはり、安倍晋三さんのほうが上だわ(笑い)。おい、石原、そんな調子じゃ大往生出来ないゾ。美味いもん食って、威張ってないでだな、そろそろ大人にならんか。伊勢平次郎 ルイジアナ






comment

米国務省の報道官が、橋本市長を強く批判と、日本で大きく報道されていましたが、実は朝日が勝手な意訳で、捏造報道したようなのです。
http://www.dailymotion.com/video/x100hap_%E6%8D%8F%E9%80%A0%E5%BE%93%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C-%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E7%99%BA%E8%A8%80%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%82%AD%E5%A0%B1%E9%81%93%E5%AE%98%E3%81%AB-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%81%A7%E3%81%99-%E3%81%8C%E8%B3%AA%E5%95%8F-%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%82%88%E3%82%8A%E8%BB%A2%E8%BC%89_news
私も英語が聞き取れず、報道を鵜呑みにしたことを後悔しました。
橋本市長もまんまと乗せられて、安易に米国と敵対するような発言をしてしまうあたりが、伊勢さんにガキ扱いされる所以なのでしょう。
実際は報道官はこの手の質問に慣れているのか、当たり障りのないコメントをした上で、性奴隷については、暗に朝日が作り出した話だろうと釘を刺しているような印象を持ちました。
2013/05/23 03:05 | KY [ 編集 ]

黒海ではなく国会。このHPは、スピードはダントツ。でも繊細すぎてジャンプする。今まで使ったPCでは、東芝のキーボードがベストに思った。デルも良し。伊勢
2013/05/22 06:14 | 伊勢 [ 編集 ]

eiji 先生

有難うね。

>>アメリカ政府と中国政府が恐れているのは安倍さんではなく、各国の世論です。

その通りです。選挙があるからね。この維新の橋下君の発言のようにですね、一夜で世論は変わる。テレビを見ると、反省してないね(笑い)。「口を開かなければ、災いは向こうから来ない」ということすらも知らない。意外に強情な性格であると判る。

>>日本の国民が何を思うのか、が最も大きな脅威であり、我々はそれを語る方が好いと思います。

その通りです。黒海議員による新聞広告ではなく~民間の手による出版なんですが、どのように書けば多くの米国人が読むのか?といおおきな課題がある。さらに、要注意は「藪蛇」にならないようにする表現です。日本人に有りがちの喧嘩腰は最も嫌われると思って下さい。とくに戦争では女性は被害者ですからね。日本人がこれらの欧米の女性から嫌われればお終い。だから、「“書け、書け”というは易く~説得力のある文章を作るは難し」となる。伊勢
2013/05/22 05:37 | 伊勢 [ 編集 ]

ボクの様な者にまでコメントありがとうございます。
おっしゃる通り、私はアメリカにも中国へも行ったことがなく、日本のことも判っておりません。しかしながら、この世のだれもが同じ様だと感じております。
この地球上のどこへ行っても、いま判っている以上のことは判りません。
ところで、アメリカ政府と中国政府が恐れているのは安倍さんではなく、各国の世論です。日本の国民が何を思うのか、が最も大きな脅威であり、我々はそれを語る方が好いと思います。
伊勢さんのことは好きだし、このままブログを続けてほしいと思いますが、ときどき意見が分かれてしまう。ま、良いことですよね(笑)
2013/05/22 02:25 | eiji [ 編集 ]

田園先生

慰安婦、竹島、対馬、仏像、、これ朝鮮人の持つ劣等感でしょ?何に対する劣等感かと考えると、経済で日本人の下であること。それで、“ワタシ日本軍に連行された”などと言っているうちに信じ始めている。すると、慰安婦で論破しても、次の手を考える。アメリカ(政府と民間の間に信頼はないのです)を説得しても、政府は政治家と官僚の巣窟。自分たちが得しないことに時間などかけない。

朗報もある。こないだ、デトロイトの図書館が慰安婦像を断っている。だけど、それは、領事と電装が領事館に食事に呼んで、始めて可能になった。デトロイトの雇用に日系企業は大きな存在だからね。つまり、カネで何でも動く、どこも同じなのです。伊勢
2013/05/21 23:36 | 伊勢 [ 編集 ]

>日本人様、大変失礼かもしれないが「ぶすぶす」ではありません。「ずぶずぶ」というのではありませんか。?

失礼、わかりません。ずぶずぶとはぬれているという事ではありませんか。
 ぶすぶすは刺さるという意味で、お互いに刺さっているという意味で、ぶすぶすとさすという使い方をするのではないでしょうか?
2013/05/21 23:22 | 日本人 [ 編集 ]

慰安婦問題ですがね。この決着を政治家には委ねられません。彼等は政治的解決しか出来ません。その政治的解決とは日韓なんたらで解決済みでなはず。。なのに何故?相手は馬賊盗賊なんですから政治的解決など無いと肝に命ずるべきです。

我々一般人が先祖への言われの無い侮辱を撥ねつけるだけではないでしょうか。より沢山の人が客観的に見て判断するだけです。
2013/05/21 21:27 | 田園 [ 編集 ]

>>背後に我が国の常識的判断を破壊しようとしている弁護士グループがいると見ている。

横浜地裁、横浜家裁で遺産問題の審判があったとき、ぼくらのケース前のケースで原告VS被告が争うのを見た。これは利害争いだから分かりやすい。だが、審判官の胸の中は分からない。左翼と右翼に分かれていると思う。ちょうど、日銀の白川VS黒田総裁のように。すると、「思想って怖い」となるね。ブログをやってよかったと思う。いろんな人間に遭遇したから。伊勢
2013/05/21 19:03 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

女性の隼応援団が、中山斉彬先生の動画を送ってくださった。この中山さんと有志が慰安婦決議が決定される前に米紙で広告記事を出したと憶えている。だから、この人には確固たる決意がある。

大問題は日本政府が動かないことです。安倍さんの表現である“外交問題にしない”に自民党のマニフェストが明確ですね。これが、最大の障害となっている。内閣総理大臣が意思を翻すことはない。すると、「慰安婦本」を英字出版しても、“日本政府は賛成してるの?”となる。ちょうど、“河野談話が裏付けしてるじゃないか?”と同じ(これをワシントンのナショナル・プレス・クラブで夕食したとき、弁護士は最初に言った)。ということは、慰安婦本には限界があるということだ。

伊勢爺は、安倍さんの「日本経済再建」を「日米安保」と同列に“最も重要な課題”としている。だから、慰安婦決議で、アメリカ全体(3億人)を指差すのは間違いなのだ。口酸っぱく言ってきたが、アメリカ国民の99.999%は日韓問題なんぞ無関係なんだ。だ・か・ら、“アメリカだって同じ”と言う橋下は日米両国民の敵なのです。正論もヘッタクレもないよ。伊勢
2013/05/21 18:16 | 伊勢 [ 編集 ]

ネット漂流していたらとんでもない?連中が「竹島上陸」を果たすかもしれない記事を見ました。

日本人のグループ「竹島の日を考え直す会」というのが21日から韓国が不法占拠を続ける竹島にどのような経緯で日本の領土になったのか隣の鬱稜島にも上陸して調査するのだと。
釜山の日本総領事館は渡航せぬように求めているとのこと。

調査だとよくもぬけぬけというはな。韓国は日本人のこれらの島々への上陸は認めていません。かって自民党の新藤議員はじめ4名が韓国側の竹島領有論の根拠を調べたいと仁川空港に降り立った入国拒否という非礼に会い帰国したのはまだ記憶に新しい事です。
それを今回これら日本人の上陸を認めるのであればこれらの日本人は韓国側の主張に沿った調査結果を公表するだろうことは見え見え。やはり韓国との国交断絶へ向けての動きと共に国内にいるこのような日本の国益を平気で毀損する反日日本人の処遇というものをよく考えなくてはありません。

橋下氏についても同じ事です。一件正論のように思えるし言った事は事実であったとしてもその後の収束や解決に向けての方向性が日本の国益と日本国民の安全保障を毀損する方向へ向かう気がしてなりません。結局彼も信用できぬという事でしょう。気をつけるべきです。
2013/05/21 17:08 | 一有権者 [ 編集 ]

日本人様、大変失礼かもしれないが「ぶすぶす」ではありません。「ずぶずぶ」というのではありませんか。?

外国人の生活保護は憲法違反であるからこの件については自民党HPや関係省庁への抗議を行うべきでしょう。そもそも生活力が無い状態で他国に在留できる事事態おかしなことであり即刻国外退去処分が相当であり、また当該国が保護するべきもので日本国が保護するべきことではありません。
日本の緩い体制を見越してシナ人が最初から生活保護をあてに日本へ入国しているのに省庁が何もしないのは日本国民に対する犯罪行為でしょう。
2013/05/21 16:36 | 一有権者 [ 編集 ]

三島由紀夫が都知事選に立候補した時彼を批判している。見えていたということです。
都知事の時、彼が主張するような行動をしたかというと大きな疑問です。いくらでも在日朝鮮人、支那人を規制する行政の行動はできたはずですから。
 胡散臭いところがあるが彼の資金源はどこだろうか。同じように橋本氏の資金元は?
 彼は民事の弁護して、弁護士というと聞こえがいいが、ただの代言人に過ぎない。弁護士は事案に対して、相手と合意をすれば、その正しさなど関係ない。この感覚があり、あとは法的整合性を整えて、裁判所に提出しておしまい。その後は金のやり取りをして、そのかすりをとるのが商売でしょう。
 その見方でみると彼は従軍慰安婦という案件に対して、どのようなかすりを取ろうとしているのか?有能な代言人なら、思わぬかすりを目的にして、相手をぎゃふんといわせる。
 第三者がこの案件において、何をもくろむかという考慮がない。ここが致命傷でしょう。大阪市で外国人の生活保護を一時停止すると言う行政命令を出せば彼も朝鮮人とは関係ないとまあ納得できるが、おそらく違うでしょう。いくらあがいても大本が(戦略が)異なれば、先は進まない。
 これをえさに南北朝鮮、中共とその間にいる政治家、高級官僚は政府の銭を取ろうとしているに過ぎないと思うから、そこをまず防いで、南北朝鮮、中共と国交を断絶する道への行動を起こせばいい。
 それができない。上層部がぶすぶすだからです。
クーデターでしょうか?

成人後見人制度において、それを受けている人の選挙権がないことを憲法違反としてうたえて、地裁で違憲と出た。訴えた人の素性を調べる事です。この手の裁判は非常におおいとみている。背後に我が国の常識的判断を破壊しようとしている弁護士グループがいると見ている。
 当然控訴したが、まだ判決が確定していない時に、衆議院で選挙権を与える法律を自民党、その他が提出して成立する。
 この程度の議員ではおしまいでしょう。我が国は三審制度を採っているから、最高裁の判決が出るまで、待つのが常識でしょう。 
 外国人の生活保護は憲法違反と出ているから、自民党の逢沢議員はそれを即座にするかというと違う。
 コレガぶすぶすという現象です。この場合はどこがというとおそらく、公明党でしょう。法案が取引に使われている。
 同じように従軍慰安婦もそれに過ぎないから、我が国政府と国会議員がどのような取引をしているか、それを調べないと実際の現象がわからない。
 先は長いが、めげずにということです。
2013/05/21 12:39 | 日本人 [ 編集 ]

fts先生

「小僧、だまれ」のほうにもコメントを有難う。

なるほど。伊勢には見えない部分ですね。姉は、“慎太郎はもう終わってるよ”と時間を無駄にしないようにと言ってくれたわ(笑い)。伊勢
2013/05/20 23:30 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢 様

石原氏に大人になれと言うのは無理だし無駄です。
彼は自分の息子の教育を誤りました。
石原伸晃氏の言動と行動をみれば充分でしょう。
子供は親の背を見て育つ。
アレが健全とは言いがたいですからそれが全てですよ。
憂国の志士たり得ないし、命を懸ける姿勢も見えません。
2013/05/20 23:05 | fts [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する