2013/05/21 (Tue) 三文の糞にも値しない「慰安婦の嘘」
honda  Okcha

2007年7月31日、「従軍慰安婦米国議会下院決議」が採択された。前がマイク・ホンダ下院議員(北カリホルニア・サン・ホゼ地区)、後ろの黒い喪服を着た女が韓国人、徐玉子(ソ・オクチャ)である。伊勢爺さんはこのオクチャと電話で話したことがある。ただの阿呆であった。

さて、在米韓国人の人口がサン・ホゼ地区やニュージャージーに増えたために、彼らの通う教会や韓国人の票と献金が欲しい州議員や町会議員たちは、韓国人の要請する慰安婦像に協力をした。つまり、韓国人のカネで買われた。

橋下大阪市長や石原・維新の党衆議院議員は大声で騒ぎ始めた。だが、日本国民も、米国国務省もその反応は冷たかった。みんなの党は、維新の党と手を切った。これで、維新の党はガタガタになるだろう。

“従軍慰安婦の嘘を暴け!”という声を聞くが、日本国民のコンセンサスなのかは不明である。コンセンサスなら、内閣総理大臣が取り上げる国の問題だからだ。だが、安倍総理大臣は、“歴史を外交問題にはしない”と断言している。それを伊勢爺さんは尊重しなければならない。なぜなら、隼機関は、安倍・麻生さんを支援してきたからである。


日本にとって、日韓断交がベスト

結論はこうだ。“日本にとって、日韓断交がベスト”ということだ。つまり、慰安婦、竹島、対馬、仏像盗難、、その他諸々の韓国が起こしてきた災いを一掃することが出来るからだ。まず、この日韓断交を実現すれば、慰安婦の嘘などは、三文の糞にも値しないはずだ。だ・か・ら、ガタガタ騒ぐな!伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

田園先生

伊勢爺は他人にケツを拭いてくれと頼んだことはないです。多史氏ですが、ぼくが橋下を批判したことに恨みを持ち、伊勢個人の信用を傷付けることに躍起となっている。経緯陳述を無視して書き込んでいる。ある程度、中傷目的が成功しているようです。例えば、貴兄のコメントです。故に、ここ一週間ほど荒れているのです。伊勢自身は躍起となって消火に勤めているのではない。読者の方々は充分に読まれたと考え、多史氏によるコメントを削除しました。よろしく。伊勢
2013/05/22 21:43 | 伊勢 [ 編集 ]

私、田園はこちらの新参者。過去の経緯は全くわからず何故荒れているのか知る由もないのですが。。
第三者が口を入れるのも憚れますが少々。

ゼロ戦の塗装色なんですけども、諸説ありましてなんと未だに正確な塗料がわからないと。察するに原料調達に四苦八苦してバラツキがあったか現場仕様で数種あったかなのかなと思うのですが三菱なり中島なり当事者の公式見解が無いって不思議じゃないですか?

語るべき組織、個人の言葉が抹殺されているのか?それとも語らないのか?では何故に語らないのか?

私は、自分のケツは自分で拭きたい。
2013/05/22 21:01 | 田園 [ 編集 ]

上の投稿さん

つまり、伊勢を攻撃することに賛成ということですか?来なくてもいいです。伊勢
2013/05/22 15:37 | 伊勢 [ 編集 ]

ハエ ?
伊勢は資産家 ?

まことに残念な日本語
2013/05/22 15:34 | [ 編集 ]

>>しかし、艦長にはもう書けないのではないかと私は推察します。橋下氏に対するコメント等を拝見するに付け艦長にもうその情熱が感じられません。無理してお書きになる必要はまったくないです。「君子豹変す」という言葉もあるくらいですからそれはそれで仕方ないと納得します。よって、隼は一応のところホンダ議員に負けたと私は認めます。

ハエって知ってるかい?隼をされ!と言ってある。その程度のアタマでは敗組で終わる。伊勢は資産家だよ。伊勢
2013/05/22 15:06 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する