2013/06/11 (Tue) 孫正義の挑戦
son sftby 6.11.13


スプリント・6ヶ月のチャート

sprint chart 6.11.13


ソフトバンク、スプリント総会に不安 過半数読めず
米携帯4位買収検討

2013/6/8 23:04

 ソフトバンクが米携帯電話3位スプリント・ネクステルの買収に失敗した場合に備え、同4位のTモバイルUSの買収を検討していることが8日明らかになった。米衛星放送大手ディッシュ・ネットワークの対抗買収案により、12日に開かれるスプリント株主総会で過半の賛成を得られるか読めなくなっている。

 スプリントを巡っては買収額の引き上げ期待から判断を保留する株主も出るとみられてきた。選択肢が増えたソフトバンクが買収額を引き上げる可能性は低いことを示す形となった。



 ソフトバンクは昨秋、総額201億ドル(約2兆円)でスプリント株の7割を取得することで同社と合意。今年4月にはディッシュが総額255億ドルでスプリント全株式を取得すると表明した。

 ソフトバンクはTモバイルUS株74%を持つドイツテレコムと協議しているが、あくまでスプリント買収を優先する。

 ただソフトバンクの懸念はスプリント総会で過半の支持を得られないこと。スプリントの一部株主に買収額引き上げ競争の期待があるからだ。

 議決権行使助言会社の中にはソフトバンク支持の声だけでなく、「ソフトバンクが買収額を引き上げる可能性もあり、今判断するのは賢明でない」(イーガン・ジョーンズ)との意見もある。

 ディッシュはスプリントの詳細な資産査定を進めており買収額を積み増す余地が残る。スプリントが設けた特別委員会はディッシュとソフトバンクどちらの提案が株主に有利かを提示する予定だが、12日の総会に意見を出せない可能性もある。

 米政府の審査では国家安全保障の問題を検討する対米外国投資委員会(CFIUS)が5月末にソフトバンクのスプリント買収を承認。米連邦通信委員会(FCC)の判断が残っている。

 ソフトバンクは当初、スプリント買収後に同5位のメトロPCSコミュニケーションズの買収を計画した。その後、メトロをTモバイルUSAが統合、TモバイルUSになった。


伊勢爺の解説

という三日前の記事だが、今朝(火曜日)になると、こうなっている。

(Bloomberg) SoftBank Corp. (9984), the Japanese mobile carrier controlled by Masayoshi Son, raised its offer for Sprint Nextel Corp (S). by 7.5 percent to $21.6 billion to counter a bid from billionaire Charlie Ergen’s Dish Network Corp (DISH).

SoftBank will pay $16.6 billion to Sprint shareholders and inject $5 billion of new capital into the target for a 78 percent stake, the Tokyo-based carrier said in a statement today. Dish has until June 18 to make its “best and final” offer as its current $25.5 billion proposal isn’t “actionable,” Sprint said separately.

Billionaire Son, who has the backing of Sprint’s board and second-largest investor Paulson & Co., raised the stakes to fulfill his ambition of expanding into North America with the third-largest U.S. carrier. Success for the Japanese company would thwart Ergen’s plan to break into wireless and offer a bundle of satellite TV, mobile and Internet services.

“If SoftBank can’t buy Sprint, it will mess up Son’s strategy for growth, so this is very positive,” said Masamitsu Ohki, a fund manager at Stats Investment Management Co., a Tokyo based hedge fund. “This would be the first step for his global strategy since he can’t expect growth from the Japanese domestic market.”

つまり、孫正義はスプリント・ネクステル(米第三位のモバイル社)を買収するにあたって、買収額を現在のオファーに、7.5%(16ビリオンは株買収、5ビリオンは資本に)上乗せして、$21.6 ビリオン(約2兆円)とするということだ。対抗する「Dish Network Corp」は、$25.5ビリオン(2.5兆円)をビットするというが、スプリントの12日の株主総会まで明らかにならない。孫は78%の株式を保有したいと。これは、孫正義の“乗るかそるか”という賭けなのである。みなさんが、どのように取るかはご自由だが、伊勢爺さんは、孫の勇気に拍手を送りたい。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

みなさん

陰謀論は限りがなくなる。大衆には幸せな日々が大切。公安、警察庁に任せて、この程度にしておきましょう。それよりも、日米欧、同時株価暴落だが、いずれ、落ち着く。巨大な金融緩和で時計を巻き戻すわけだから、乱高下は警戒する心理が原因。そのまま、どんどん景気後退へ戻ることはない。5年以内に景気後退は起きるとPIMCOではあるが。伊勢
2013/06/13 20:01 | 伊勢 [ 編集 ]

今の国家公安委員長は古屋圭司氏ですから、
>日本の公安庁は怪しい人物が握っている
はありえないのではないか?

確か、警察庁長官を狙撃事件では、オウム関係の人らしき遺留物が残っていますが、一応犯人らしき人はつかまっています。
 それと韓国人が自動翻訳機を作れるとは思いません。其れは彼らが漢字を捨てた事によります。ハングルだけでは言語構造が把握できないからです。朝鮮語には漢字の知識が必要ですが今では漢字が読める人は少ない。おそらく、誰かのものを買い、それを売ったか、始めから張ったり、だとみています。
 しかし朝鮮人で優れた人がいる事は確かです。

国内で、何かの駒として行動をしている人は実に多い。
その駒の形の分析が必要で、野中氏と孫氏を比較するのもいいかもしれません。
2013/06/13 03:53 | 日本人 [ 編集 ]

>>個人的には彼は何かの駒だと見ています。

それは考えられる。「日本乗っ取りの韓国の機関員」だとか?だとすれば、翻訳ソフトはサムスンの技術者だったり、、それを、孫を脅して、日米で売らせた?カネの循環路を探れば判る。だが、日本の公安庁は怪しい人物が握っている。この怪しい人種は、首相だって暗殺しかねない。そこへ、日本の大衆は幼稚なアタマをしている。ネットで、罵詈雑言は熱心だからね。これは、鶏冠(とさか)の付いた鶏のアタマだわさ(笑い)。伊勢
2013/06/12 23:43 | 伊勢 [ 編集 ]

>管直人を制裁できないものかな?慰安婦の嘘を暴くよりも、日本国内の朝鮮半島系代議士をXXXする方が国益になる。そうでしょ

政治資金規正法で十分できると思いますが、なぜかしません。背後に何かあるきがします。震災が起きるその日それが国会で問題になるはずだったとネットにありましたが、ざる法かもしれません。

 モウひとつマスコミがトニカク朝鮮に支配されています。
本来朝鮮が何を言おうと関係ないNHKですら支配されています。おそらくNHKのスキャンダル特に個人のそれを握って、統制していると推測しているが内実はわからない。

 一度NHKへのデモのとき、中にいて職員の対応を見ていたが、なんら彼らは影響を受けていない。デモ者の主張を聞くという態度すら、中にいてみていて、なかった。
 朝鮮への報道規制があるなら、デモ者の主張に職員も内部にいて、何らかの朝鮮の影響があり、それがいけないのではという感覚があれば、もう少し、表情が違うはずだと思うが、そのような感じもなかった。
 それと孫氏を調べると、といってもネットにおける情報だが、1990年特別永住という近代国家ではありえないものを海部内閣がつくった、背後の小沢一郎氏がいたわけだが、これ以降それまでの不安定な位置から法的に保護された位置へと変わった。それ以降彼らの活動が活発になったと見ている。

 孫氏もその頃からでしょう。ただ彼は自動翻訳機を発明して、ソレヲ売って資金を作ったというが、かれが本当にそれをつく多かどうか不明です。個人的には彼は何かの駒だと見ています。買収資金が2兆円といいますがどこから調達するのでしょうか。ドコモの事件と同じような展開になると予測しています。損をするのはその資金を出した機関、人々でしょう。
2013/06/12 22:37 | 日本人 [ 編集 ]

彦ノ丞先生

>>勇気?ではなく逃避だと思いますよ。実際のところ。

なるほどね。“日本にいると危ない”と。スプリント株を買っておいたが、株主総会は孫の買収に傾いたよ。

ところで、管直人を制裁できないものかな?慰安婦の嘘を暴くよりも、日本国内の朝鮮半島系代議士をXXXする方が国益になる。そうでしょ?伊勢

2013/06/12 20:49 | 伊勢 [ 編集 ]

金主の金満サックスが半島を引き上げたのと禿がアメリカに逃げようとしていることは繋がっているんではないですか。
勇気?ではなく逃避だと思いますよ。実際のところ。

みずほはどうなるんだろう?
2013/06/12 13:50 | 彦ノ丞 [ 編集 ]

El bohemio爺さん

そうですね、韓国人のイメージは相当悪いから。だけど、日本の青年たちに“蛮勇を奮え!”と発破を掛けたかった。「カネを儲ける」というのは勇気が要る。リスクを負うからね。往年の名画、「恐怖の報酬」を憶えてる?イブ・モンタンがTNTをトラックで運ぶ。

横浜の日揮の10人の社員さんらがリスクの高いアルジェリアへ行った。それをテーマに「You Die For me」を書いた。伊勢爺は、日揮だけじゃなく、アフリカへ出かける日本企業の社員の勇気を讃えたかった。いくらなんでも、“カネが欲しくて、自分で選んだ“と言うのは過酷だよね。企業戦士も、自衛隊も、海保も同じだと思うから。日本にいて、海外で生きる者を批判するのは簡単ですからね。伊勢
2013/06/12 10:08 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢爺さん
私も爺ですが、、、日本人先生の意見に同調する。
所詮韓国人は日本国籍だとしても韓国人。出目は
別だが、彼の事業は日本に関係ない。ソフトは国内
のサービスを疎かにしている。
2013/06/12 01:44 | El bohemio [ 編集 ]

日本人先生

孫の出自は別。ここでは、厳粛なビジネスが交わされている。クレジットだけでは、スプリントなどの大手モバイルを買収することは不可能。現金5000億円を資本に足すなどは借りたカネじゃない。二兆円の明細は判らない。自分の経営者としての能力に賭けてているということでしょう。細かい計算ではなく、「相場師の勘」のようなものでしょうね。伊勢
2013/06/11 22:44 | 伊勢 [ 編集 ]

 モウ、詳しい事は忘れたがその昔、ドコモがアメリカの通信会社を買収か、出資をして、それが焦げ付き1兆円の処理をした事とがあった。あの時実に簡単に1兆円を処理したが、よっぽど儲かっているから電話料金を値下げするのが筋だと思った。いっぱい食わされたと思うがそれとにたことにならないか?
 ソフトバンクはいろいろ噂がある会社で、借金まるけというが、買収資金はどのようにして調達するのか、銀行の意向にかかっているのではないか?確か瑞穂だったと思う。
 損したときは銀行がと腹の中でおもっているのではないか?

ひそかにおもうが、背後に何かあると思う。
孫氏は事実かどうか知らないがパソコンのOSである、日本発のトロンをつぶしたと話しているという。
 アメリカの駒として動いている人だと見ているが、彼の参入によって、値段が安くなったことは認める。
 在日朝鮮人の二世で親は不法入国した人だというが、もしそれが事実なら、その子供に日本国籍をを与える我が国の法秩序はどのようなものかと思う。
 戦後のGHQの朝鮮人利用の延長線上の人物ではないかと思うがわからない。
2013/06/11 22:13 | 日本人 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する