2013/06/23 (Sun) テネシー州、チャタヌーガ市(一泊目)
Chaattanooga tn city
 
向こうに見える山の麓の宿(犬が泊れる)で一泊目。ルイジアナのわが家から500マイル(800KM)で、湖、川が市の周りを囲んでいる。空気清浄、気温は20度ぐらいで快適。豚の丸焼き(スモーク)が名物。今朝はゆっくりとキンドルの原稿を修正したが、キンドルは完璧じゃないね。やはり文庫本にしないといかん。日本語版も急いでいるが、、


chattanooga tn map

ここから、バージニアのローノークへ行く。380マイル(600KM)ぐらいなので楽なドライブとなる。段々、東海岸北部の景色に変わっていく。報告まで。伊勢爺・クリステインとデレイ二イ(13)

comment

Mephist社長

>>有権者は、固い政治つまりは地に足の着いた政治を求めているのでしょう。況や投票率は低くなりますね。

投票所へ来た者には「意思」がある。来なかった者は、それが意思だと思う。一種の保守化ですね。自公全員当選ですか?願ってもないことです。来月の参院選で、安倍・麻生政権はカードが揃う。経済改善が大きな挑戦ですが、このアメリカの連銀と市場の鬩ぎ合いと密接な関係だから、株価乱高下は避けられない。だが、来年の今頃には、一段落する。

ぼくら夫婦は、出したばかりのキンドル小説の販拡に精を出している。キンドルのフォーマットは安定せず、文字間にスペースが出来たり、行間がかってに出来たりする。なんども訂正していくことになる。新しい人生が展開するのがホープ(笑い)。和文も進んでいる。来月に出すけど、和文は縦なので、これまた支障があ出ると思う。

St.Louisは、ぼくらの好きな町。ミズーリの歴史ある町。1860年、南北戦争の後、「ゴーウエスト」が始まった。西への岐路で、ミシシッピー河を渡し船でまず渡る。自分らが乗れる日を待つので、宿場となった。カネのある者たちは出来たばかりの汽車で。次にカネが少々あるなら、蒸気船でミズーリ河を西北へ上っていく。次にカネが足りない者は幌馬車隊か徒歩でオレゴン街道へ、、ロッキー山脈を越えることが困難だったので、そのあたり(コロラド、カンサス、ワイオミングなど)へ定着した。

昨夜、バージニアのローノークへ到着。ワシントンの西側のブル-リッジ山脈や、アパラチア山脈や、ウエストバージニアの高山がハイウエーから見える。高原なので、気温が快適です。エアコンが要らない。明日は、ニューヨークへ到着する。ごきげんよう。伊勢
2013/06/24 13:52 | 伊勢 [ 編集 ]

Chattanooga Choo Choo の街ですか?
本当はSt. Louis に行く必要があるんですが、なかなか時間が取れません。

都議選は自民・公明全員当選。共産党躍進ですね。
共産党は躍進というより2001年頃の議席よりちょっと多いくらいです。
有権者は、固い政治つまりは地に足の着いた政治を求めているのでしょう。況や投票率は低くなりますね。
一方で共産党は「確かな野党」ですから、一定の評価を得てもおかしくありません。政治姿勢も一貫しています。
むしろ、みんなの党が躍進と言えるのではないでしょうか。党としての主張が良くわかりませんが。
2013/06/24 09:41 | Mephist [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する