2013/06/29 (Sat) ナイアガラの滝(その2)
niagara falls 1

ニコンの電池切れて、アイフォンで撮ったからイメージが小さい。大雨の中を滝の下へ船で行った。ナイアガラはオンタリオ湖とエリー湖の地峡にある。「五大湖とアメリカ」をマップの画像の下で解説してみる。


niagara christine Delaney 6.28.13

デレイニイ(今月13になったばかり)とうちのカミサンだ。雨合羽を着ても、ずぶぬれになった。「霧のメイド」という船で二つの滝を見に行った。滝の下には大鱒がゴマンといるので、カモメがこれもゴマンといて、ぎゃあぎゃあとうるさいのだ。


niagara 6.28.13

船から見る滝はこういうことだ。風情というのではなく、その壮大さに圧倒されて、“おーおー”というだけなのだ。黒い影は伊勢爺さん。


buffalo hotdog

ナイアガラは、ニューヨーク州のバッファローという市から車で40分のところにある。このバッファローの名物がなんとホットドッグなのである。南北戦争(1864)の後、オランダ~イギリス~ドイツから来た移民はこの高原で寒い多雨地帯である五大湖を選んだ。ドイツ人移民の名作がこのホットドッグだ。パンの間に、二本のホットドッグが入っているのが特徴なのだ。ホットドッグは、最も栄養価があって~財布の固い大衆に向くと。全くその通りだった。ホットドッグ二つ、ハンバーガーひとつ、食いきれない大型アイスクリーム、ワイン三杯で、40ドルなのだ。ドイツ人の経済感覚がよく判るわな(笑い)。


五大湖とアメリカ



このマップで判るが、セント・ローレンス河の入り口は、グリーンランドの浮かぶ北極海に面している。真上の海はハドソン湾だと思う。五大湖の最初はオンタリオ湖~次が、エリー湖~ヒューロン湖~シカゴのあるミシガン湖~スペリオール湖と続く。この五大湖からミシシッピー河へ~ニューオーリンズへ~カリブ海へと繋がっている。北米大陸は巨大な資産だ。その中でも、五大湖の存在は威光を放っている。

五大湖は氷河期(最近の25000年よりも前かな?)に出現したと。その資産とは、水の量のことだろう。アメリカへ移民した開拓者らは、1871年、セント・ローレンズ河の地峡を切って、運河を作った。船を通す為だ。いまや、運河は深く~広くなり、潜水艦が通過出来るのだ。この水量に戻ると、水源とはは降雨なのである。五大湖は高地に位置する。カナダの雪と雨はアメリカの大地を潤している。道理で、北米のコーンが世界一の輸出量のわけだ。さらに、五大湖の水はカナダとアメリカの国境地帯の地下水となり、モンタナ~イリノイ~インディアナ~オハイオ~ネブラスカ~コロラド~カンサス~オクラホマ~テキサス、、と広大な地上に草原を作っているのだ。それを牛が食う~その牛を人間さまが食う、、もうひとつの五大湖の「力(ちから)」というのは、水力発電なのである。このオンタリオ湖の発電量は世界で最大であり~シカゴやニューヨークの電力となっている。移民たちの意思も大きく強かったが、この「恵まれよう」は驚くしかない。ま、エジソンがいなかったら、テスラがいなかったら、電気はないわけだがね。

もうひとつの「アメリカの幸運」というのは、掘っても尽きない原油と天然ガスだ。カナダそのものも巨大資源国だ。そのカナダとアメリカほど仲の良い隣人はない。五大湖の真ん中に線を引いて、国境として以来、この二国間には領土紛争なんどないのである。これを見ただけでも、韓国人や中国人がいかに劣等な民族で~劣等な国家を頂いているかがよく判るわな。

中国はそのうちに民主化するだろう。だが、朝鮮人は民主主義もクソもない。その性質が極悪なのだから、「日韓断交」がベストということだ。竹島占領~慰安婦捏造~天皇侮辱~対馬の寺から仏像を盗んで返さない、、日本政府は、これらの問題が解消するまで、査証制限や銀行取引制限を法律にするべきだ。それには、やはり、来月の参議院選挙で安倍・麻生政権が勝ち~両院で与党となっていただくしかないのである。伊勢平次郎 ナイアガラにて、、

comment

一有権者先生

旅行を楽しむというか、旅が大好きな女房孝行なのか。20年ぶりに、アメリカを一巡することは「アメリカを再び検証する」という価値があった。歳をとると共に、アメリカがわかる気がした。日米戦争はあってはならないことだったと思う。まず、勝てる相手じゃない。現時点でもね。過去へ戻ることは不毛だが、反省は必要だね。

日韓、日中は現在、断交に近い関係。安倍さんが駆け寄っていくことはないでしょう。参院選で勝って、新法を片っ端から立法できるといい。「よじれ」では不可能だから。

鳩山夫婦は痴呆症患者だと思うので、何をやろうが、気にはならない。明日は、オハイオのシンシナテイへ泊る。伊勢
2013/06/30 11:27 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様ご旅行を楽しまれているご様子がなんともほのぼのとして私も嬉しく感じております。

私も安倍総理の上記発言については大賛成です。
韓国の朴大統領についてはもはや日本に対しては政権終了までずっと反日政策を進める事でしょうから日本側としては粛々と支援や援助の一切を廃止し国交断絶へ向けて機会を伺うだけで宜しいのではないでしょうか。

また鳩山のような大馬鹿者はスパイ防止法がなくとも外患誘致罪で逮捕できない物かと思います。いくらルーピーとはいえあそこまで来ると精神的に病んでいるとしか思えません。
2013/06/30 08:13 | 一有権者 [ 編集 ]

「尖閣譲歩なら首脳会談」中国が条件…安倍首相

 安倍首相は28日、インターネットサイト「ニコニコ動画」番組の党首討論で、沖縄県の尖閣諸島を巡る問題の対立で日中首脳会談が開かれていないことに関連して、「中国側は、尖閣(諸島)の問題についてある一定の条件をのまなければ首脳会談をしない、と言ってきている」と明らかにした。

 そのうえで、「何が何でも首脳会談をやろうとして国益を削っていくのは間違っている」と述べ、首脳会談の機会を得るために安易な譲歩はしない考えを強調した。

 中国側は、首脳会談を行うことと引き換えに、尖閣諸島を巡る領土問題の存在を認めた上で「棚上げ」するよう求めているとされる。

 首相はこの中で、中国側に対して「(条件付けは)間違っていますよ、と我々は言い続けている。そもそもそうした課題があるのであれば、会って話すべきだ」と述べた。

(2013年6月29日09時20分 読売新聞)


当たり前のことだ。安倍さんの信念を支持する。一方のクネだが、どうしようもない人間だ。どうしようもない人間は、日本人にもいるけどね。日韓外相会談が9ヶ月ぶりに行われるとのことだが、日韓関係とやらを改善する必要などない。「かまわない」のがベストだから。「かまわない」というスタンスは、日韓断交に近いということだ。まず、スワップを更新しないことだ。

与野党の、憲法改正~原発再稼動の大きな違いをみた。公明党は与党であるのに、憲法改正の重要さを認めないようだ。原発再稼動も、新設も、野党は全員が反対だ。これらの主張は、「電力というのは、ベースとなる原発を必要としている」という根本の電力業界への理解が全くないという点だ。電力=産業力=国力=所得、、すらにも理解がないわけだ。維新のアタマは外交には向かない。なぜなら、反米思想の臭いが強いからだ。伊勢
2013/06/29 23:44 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する