2013/08/02 (Fri) 慰安婦族設置、まだまだ勝てる日本


30分のビデオですが、在米邦人、日系人の方たちのお話しを聞きましょう。20分を過ぎたあたりの、クリス・リョウアン・三宅さん~水島さんのお話しのなかに、在米46年の伊勢も、“日本はまだまだ勝てる”と確信した。水島一郎(在米51年)さんは、グレンデール市にレターを出された。その四項目、“アメリカ最高裁は、ホロコースト、性奴隷および特定国の虐殺という文言(もんげん)の使用制限を、昨年2012、2月に定めました。これからの裁判沙汰の費用を、グレンデール市は持つのか?”と質問されいる。

公聴会で発言された在米邦人さんたちの、共通の無念とは、日本政府が政策を明らかにしないことだと話されている。安倍政権は“外交問題にしない”と言い切っているわけだし、河野・村山談話を踏襲している。水島さんは、“屈辱と無力感を味わっている。もう韓国の捏造とごり押しは沢山だ”と。ここから、想像出来たのは、この人たちとチームを組み、これから何をするべきか?を意見交換することだと思う。TVスポット・キャンペーンもその議題のひとつであろう。それも、募金なくして、実施することは不可能なのです。すべて、日本人の意思にかかっているのです。伊勢平次郎 ルイジアナ






わが妻の意見では

水島さんが仰っているアメリカ最高裁の決定は重いもの。1)質問状を弁護士を通して最高裁に提出する。2)公開質問状をワシントン・ポストで出す。これは、最高裁から返事が無い場合に限る。最高裁がグレンデール市議会に「規則違反」の通達を出す、、これがホープですね。三宅さんは、“韓国は政府と国民が一体となって、来たる一年で、全米20箇所に慰安婦少女像を設置するとしている“と。伊勢


お知らせ

"You Die For Me"をペーパーバックで出版するために、NYのエージェントと交信中です。大きなエージェントで、NYのマジソン街のビルの36階にある。外国語の出版権と映画化権を含む。日本版も、ここから出ればいいなと思っている。出ても、年末だろう。伊勢

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/21 15:33 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/21 08:55 | [ 編集 ]

fts先生

菅官房長官はあのように言ったけど、安倍総理に伝わっていると思いたい。全てを安倍総理に期待する~求めることは不可能です。総理大臣の担いでいるものは、韓国対策が優先じゃないからね。貴兄の仰るように、グレンデールは、日本のどこの市とも、姉妹都市を結ぶ資格を失った。東大阪は抗議だけで済ませてはいけない。姉妹都市関係を破棄するべきです。つまり断交です。

この慰安婦像の「嫌がらせ」は、首脳間のテーマにもならないほど、汚らしいものです。だが、このような行為を許せば、民族間に暴力事件が起きると、米国務省に知らせるべきなんですね。それを菅官房長官は進めると思う。一方で、安倍総理は、「対米広報」を始めるのですが、外務省の官僚を通さず、首相直下で広報を出すということでしょう。発足した~会議を開いたまでが今までの経緯です。大きい組織に思えるし、看板倒れも考えられる。時期尚早であることは明らかです。期待しすぎて、かえって失望する。

この「対米広報」が「日韓断交」のワンステップならよく分かる。つまり、日韓断交が目的のアメリカ為政者向けへの広報ならばです。伊勢などが適任者であることも明確です。チームリーダーの世耕官房副長官は若く元気一杯だと思う。だけど、米国議会の議員と接触することは、通訳を介したり~伊勢のような者に指示を出すだけでは済まない仕事。任務のスコープを良く理解し~国家に忠誠心がなければ、日米間の信頼関係を破壊するだけです。

すると、この組織の最も困難な点というのは、安倍首相~長谷川内閣広報官~世耕官房副長官~広報スタッフの間の信頼関係と意思疎通なのです。ひとを雇って配置するだけでは、成果を挙げることは出来ません。安倍総理そのひとが本気でなければ、究極の「日韓断交」には至りません。韓国の官民は、“断交なんか出来るもんか”と慰安婦像設置を進めるし、内閣の竹島世論調査に抗議するという暴挙を続けるでしょう。弾丸なき日韓戦争が始まっている。または、終戦直後から日韓は相容れない国となった。伊勢

2013/08/03 22:37 | 伊勢 [ 編集 ]

ビデオを拝見しました。
友好大いに結構ですが、同胞が屈辱を味わうのならそんなものは投げ捨てるべきとの心境でいっぱいですね。
黙って交渉の余地無く姉妹都市提携を破棄すべきです。
日本人の怒りは静かで、深い。
おそらく善良であろう米国市議が何を言っていようとも、一度は日本人の「怒り」を見せるべきです。
民族の誇りというものに対して戦勝国を自称する人々はあまりに無理解でありすぎます。
日米友好大いに結構ですが、所詮は戦勝国の戯言と受け取られかねない愚を冒しています。彼らはその事実に対して何を差し出すんでしょうか。
無念と怒りでいっぱいです。
耶蘇伴天連の倫理を背景にした押しつけがましい理屈はもうたくさんです。戦後に三郷の女たちが性の防波堤になった事実を私は忘れません。GHQは日本に「女を出せと」言ったし、事実出させました。
愚行に見合った災いが彼らに降りかからんことを。
May misfortune befall those who delude our people.
2013/08/03 21:17 | fts [ 編集 ]

allco姉さま

<届くかどうかは判らないけど、安倍総理に伊勢さまをメンバーに加える様にメッセしました。

有難う。伊勢を端(はじ)に置いても、たちまち昇進する。トヨタがそうです。上院のメネンデス外交委員長とレベルを合わすことが出来るのは、佐々江賢一郎駐米大使ですね。高官のレベルは等しくなければいけない。だが、日本の高官がグレンデールなどへ出かけるわけには行かないわね。そこに在米邦人、伊勢らの仕事があるわけです。これは違った「外交」なんですね。喧嘩をするわけだからね。とにかく、対面コミュニケーションが重要です。有難うね。

みなさん、伊勢を応援してください。伊勢

2013/08/02 19:18 | 伊勢 [ 編集 ]

届くかどうかは判らないけど、安倍総理に伊勢さまをメンバーに加える様にメッセしました。
日本国民、在外邦人、総動員して第3の勢力日本保守ネッ党
で反撃しましょう。
日本のテレビニュースでは米国での銅像も日系人の苦悩も
全く報道されて居ません。

以下の記事も一部のみの報道です。

米上院で中国非難決議可決 首相の手紙が一役
2013.8.2 08:20 (1/2ページ)[安倍首相]
 あなたの努力を高く評価します-。米上院が7月29日の本会議で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東、南シナ海での中国の威嚇行為を非難する決議を全会一致で可決した背景に、決議を推進した上院議員らを励まし、後押しした安倍晋三首相の「手紙」があったことが1日、分かった。

 政府関係者によるとこの手紙は、対中非難決議が上院の外交委員会で可決されたことを知った首相が発案した。

 首相は決議が委員会レベルにとどまらず、本会議でも確実に可決されることを狙い、メネンデス外交委員長(民主党)ら決議を推進した主要議員に直接届けることにした。

 このため、もともと7月に米国視察が決まっていた長谷川栄一首相補佐官がワシントンでメネンデス氏らに面会し、「決議が提出され、その後、委員会で可決に至るまでのあなたの努力を高く評価します」などと書いた首相の手紙を手渡した。今後も佐々江賢一郎駐米大使や長谷川氏らを通じ、連絡を維持していきたいとの首相の意向も記されていた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130802/plc13080208210005-n1.htm
2013/08/02 18:56 | allco [ 編集 ]

上の投稿さん

いつも有難うね。知識が増えました。ところで、「マグレブの星空」は、今年一月に起きた「アルジェリア人質事件」で犠牲となられた日揮の10名の企業戦士の御霊に捧げた小説です。読んでください。伊勢

スマート・フォン~アイ・パッド~アイ・フォン~アンドロイド~ギャラクシーなどの端末であれば、ダウンロード出来る。ダウンロードはこちらからです。499円です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00E7KWFMA/
2013/08/02 18:23 | 伊勢 [ 編集 ]

1000年たてば…? 韓国の「謝罪と反省」要求が執拗なワケ

 キャメロン英首相が2月、インドを訪れ、植民地時代の1919年に北部パンジャブ州で起きた「アムリトサル虐殺事件」の現地で犠牲者の慰霊碑に参拝した。この事件は集会のインド人群衆に英軍が発砲し数百人の死者が出たもので、インド独立運動の大きなきっかけになったものだ。

 英首相の現地訪問は初めてでキャメロン首相は慰霊碑に献花し「英国史において深く恥ずべき出来事。われわれは決して忘れてはならない」と記帳したが「謝罪」はしなかったという。

 キャメロン首相は謝罪しなかったことについて「私が生まれる40年以上も前に起こったことにどう対処すべきなのか。私がすべきことは歴史をさかのぼって謝罪できることを探すのではなく、起きたことについて敬意と理解を示すことだ」と述べたという。

 フランスのオランド大統領も昨年12月、旧フランス植民地のアルジェリアを独立50周年を機に訪問し議会で演説した。演説は「われわれは植民地主義という残虐で不公正な制度の下で暴力、不当行為、虐殺、拷問などの忌まわしい事件を引き起こし、多くの苦痛をもたらした記憶を尊重する義務がある」と述べたが、ついに謝罪の言葉はなかったという。

 これはエリザベス女王のインド訪問やミッテラン仏大統領のベトナム訪問、オランダのベアトリックス女王のインドネシア訪問の時も同じだった。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/638658/
2013/08/02 17:48 | [ 編集 ]

国際社会に対する広報強化へ「対外広報戦略企画チーム」発足

歴史認識などをめぐり、中国や韓国との関係が冷え込む中、政府は1日、国際社会に対する広報を強化するための新たな広報戦略チームを発足させた。

長谷川内閣広報官は「対外発信、対外広報、いろんな意味で、量的・質的に改善をしなければいけないと思っています。(安倍首相からは)対外広報が、やはりいろんな意味で、工夫がいるのではないかと」と述べた。
1日に開かれた「対外広報戦略企画チーム」の初会合では、日本の食文化など、ソフトパワーの発信強化のほか、領土・領海などをめぐる日本の立場についても、有識者を積極的に海外に派遣するなど、個別の人脈を強化していくことを確認した。チームのリーダー・世耕官房副長官のもとで陣頭指揮を執る、長谷川内閣広報官は「新政権発足後、経済を中心に日本への関心が高まっているという意味で、チャンスだ」と述べ、国際社会への広報の強化に意欲を示した。(FNN)

(伊勢)広報を無駄とは言わない。だが、安倍内閣が、河野・村山談話を無効宣言しなければ、泥足で雑巾がけとなる。ロスの日本領事館はグレンデールの公聴会にすら出なかったわけだ。今さら、政府広報でねえ?訴訟準備なら理解出来るが。頓珍漢だな。カネだけ使うことになるだろう。伊勢
2013/08/02 12:50 | 伊勢 [ 編集 ]

上の記事につき

伊勢は、グレンデールを良く知っている。コロンビア映画にいたころ、その近くのバーバンクから飛んだからです。そのことは別として、東大阪市は、グレンデール市を相手取って、訴訟を起こすことを勧めます。訴訟費用は、東大阪市が全国募金で作り~必要ならば、適する弁護士は伊勢が見つける。

既に設置された三個の像の撤去も、「訴訟」がベストの選択です。その三市と韓国人団体を裁判所に呼び出すだけで、20個設立計画は頓挫するものと思う。だが、その法的プロセスを弁護士とよく相談しなければならない。その弁護士との連絡役を伊勢が引き受けても良い。慣れたケースだから。みなさんのご意見を聞きたい。伊勢

2013/08/02 12:32 | 伊勢 [ 編集 ]

米カリフォルニア州グレンデール市が慰安婦を象徴する
少女像を設置した問題で、グ市のホームページ(HP)に
姉妹都市の大阪府東大阪市が設置に賛同したかのような
虚偽の記述 があるとして、東大阪市がグ市に抗議文を
送っていたことが1日、分かった。

東大阪市の野田義和市長は「一方的な行為で、はなはだ遺憾」とし、
グ市が適切な対応を取らない場合は姉妹都市提携の解消も
視野に検討する考えを示した。

像は現地の韓国系団体が主導し、7月30日に設置。
費用約3万ドル(約295万円)は韓国系団体が負担した。
しかしグ市のHPには像設置の背景として、姉妹都市が
碑や記念物の設置に興味を寄せていると表明した
▽維持費は姉妹都市により賄われることを保証する-などと
記述されていた。

東大阪市の職員が7月中旬にHPの記述を見つけ、
野田市長名の抗議文を25日付でグ市長宛てに郵送した。

抗議文には「このような意見表明をした事実はない」と
修正を求めるとともに「像設置は市民の心証をいたく
害しており、誠に遺憾」としている。

像設置をめぐり、東大阪市には同月31日までの
約1カ月間で124件の抗議が電話などで寄せられた。

東大阪市は旧枚岡(ひらおか)市時代の昭和35年に
グ市と姉妹都市提携を締結した。

ソース:MSN/産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130802/amr13080207170002-n1.htm

2013/08/02 11:30 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する