2013/08/02 (Fri) 安倍政権の対米PR作戦に賛成する
国際社会に対する広報強化へ「対外広報戦略企画チーム」発足


歴史認識などをめぐり、中国や韓国との関係が冷え込む中、政府は1日、国際社会に対する広報を強化するための新たな広報戦略チームを発足させた。

長谷川内閣広報官は「対外発信、対外広報、いろんな意味で、量的・質的に改善をしなければいけないと思っています。(安倍首相からは)対外広報が、やはりいろんな意味で、工夫がいるのではないかと」と述べた。

1日に開かれた「対外広報戦略企画チーム」の初会合では、日本の食文化など、ソフトパワーの発信強化のほか、領土・領海などをめぐる日本の立場についても、有識者を積極的に海外に派遣するなど、個別の人脈を強化していくことを確認した。

チームのリーダー・世耕官房副長官のもとで陣頭指揮を執る、長谷川内閣広報官は「新政権発足後、経済を中心に日本への関心が高まっているという意味で、チャンスだ」と述べ、国際社会への広報の強化に意欲を示した。(FNN)


世耕広成(せこうひろしげ)官房副長官

sekou hiroshige

只今、50歳と言う若さだ。1990年よりNTTからの派遣でボストン大学コミュニケーション学部大学院へ留学し、1992年修了、企業広報論修士号を取得という豪の人物である。大きな仕事を成し遂げられることを祈る。しかし、伊勢を雇わないなら、後悔するであろう。伊勢は収入などセコンド・マターである。愛する祖国に余命を差し上げたいだけである。






伊勢の夢なのか?

「夢」とは、どういう意味かと言うと、これが伊勢の在米生活46年の夢だったということです。トヨタ系列のPR~Y新聞の研究員~ソニー盛田会長随行通訳~今、ブログ主にて日本を叱咤激励、、この「対外広報戦略チーム」は安倍首相の長期にわたる構想ではないかな?

日本(政府も民間も)は、広報(PR)に劣っていると言って良いだろう。理由から言うと、日本人には、表現能力が大きく欠如していることである。まず、英語が出来ない。表情も、表現も乏しい。英語が出来ないというよりも、内向き過ぎる。

すると、この「対外広報戦略チーム」を本気でやるには、伊勢のような「アメリカ浪人」を加えないでは不可能なことだ。「広報」と簡単そうだが、高度なコミュニケーション能力が必要な「ロビー」の世界なのだ。

次に、チームを何処に置くか?アメリカへの発進ならワシントンしかないはずだ。ワシントンには、プレス・クラブがあるからである。従って、東京から発進できるものではない。なぜなら、アメリカの為政者と頻繁に話す機会が必要だからである。PRには、相当の知識と会話力が求められる。4~5年アメリカに住んだとか、アメリカの大学を出たでは勤まらない。長くなったが、伊勢を雇うべきだ。ディレクターぐらいのポストが相応しい。みなさん、そう思いませんか?

早速、週明けに東京に届くように、手紙をしたためた。長谷川内閣広報官・世耕官房副長官宛である。伊勢



comment

上の沖縄ヘリ墜落知っています。なくなられた兵士の御霊を尊敬しましょう。伊勢
2013/08/06 22:14 | 伊勢 [ 編集 ]

沖縄で米軍兵士が亡くなられました。
『危険を返りみず、極東、日本の防衛作戦行動中の事故に哀悼の意を表するとともに、乗員の全員の安全の確保を心中よりお祈り申し上げます。尚今回キャンプ地内での墜落事故でありましたが,幸い地元住民の被害が無かった事を幸いと感謝しております。なお乗務員の迅速な救助、及び事故原因の究明を実施され、今後とも地元住民及び乗務員の安全に十分留意され、日本とアメリカの共同作戦より極東の安全にいっぺんの曇りも生じさせないよう両国で協力して努力邁進致したいと思います。

沖縄を始め、日本のマスゴミがくそ報道を流して居ます。
英文で書ければ良いのですが、日本国愛国組織としてこの場を
お借り致します。
2013/08/06 16:52 | allco [ 編集 ]

黒潮先生

戦後から現在に至る「韓国~在日朝鮮韓国人」の官民一体となった日本侵食の歴史はその通りでしょう。“占領していたアメリカも加担した”と。民間の衣を着た慰安婦像設置の国家計画は、日本人に、”韓国が敵国である”という認識を新たにしたと思う。竹島も然り。盗んだ仏像を返さないのも然り。天皇を侮辱しておきながら、日本には、売春婦に謝れとね。だから、広報機関を発足したというのは、ワンステップ進歩だと思う。外務省の巨額の予算を移せばいいだけだからね。

さて、その対外広報(情報収集)機関の指針が難しいと思う。まず、アメリカの国民は対称から外さないといけない。この日韓の瘧(おこり)は駐日大使館は熟知のはずだから。第二に、竹島を奪回するでもない~第三に、仏像を取り返すでもない。やはり、広報機関を設置したからには、“日本は韓国と断交する道にある”とアメリカの為政者に知らせていくことだと思う。ロビーが仕事になるでしょう。アメリカは、何とか日韓関係を繕って現状のままで持って行きたいはずです。しかし、揺さぶられる日本は我慢する必要などないです。

安倍政権が対韓国強硬政策に転じる日がくる。この広報機関はその準備なのでしょうね。それが、大筋の指針でしょうか?世耕さんのことは、ぼくには、言及する知識がない。安倍さんの腹心ということでしょう。それでいい。組織図を作る最初の二年間が最も難しいと思う。特に、米国人を加えた場合は情報がリークするでしょうから。伊勢
2013/08/03 08:17 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、勉強不足ながら思うところを書かせていただきます。
韓国は、日本を貶める情報戦を米国で慰安婦像設置等、一定の成果を挙げれば、米国のみならず欧州(韓国移民が多い独)にも展開、強化してくるはずです。
韓国は虎の威を借る狐そのものであり、第二次大戦の戦勝国であった国々で捏造の歴史を既成事実化し、元対日敵国を見方に付け、日本は困った時の財布がわり、永続的にたかり続け、貶めることで未来に渡り、対比的優位性を得る作戦でしょうか。
ありきたりではありまが、やはり政府主導のもと、慰安婦の真実を、米公文書等を証拠に知らしめる。また、韓国の朝鮮義勇軍、朝鮮八路軍による日本人惨殺事件、ベトナムライタイハンの道義性を追及する。そのために東南アジア諸国の協力を得て国連等で糾弾するしかないように思われます。
白人にたてついてアジア共栄圏を画策した生意気な黄色人種である日本人に対して、韓国人の騒ぎは懲らしめるいい口実と捉える米国人、そこに媚いる韓国系と中国系の、互いに利害一致の構図を見ます。
米国にとっても第二次大戦の軍国日本の凶悪国家対正義の米国の構図は、戦後日本において展開されてきた教育にもその意図が見えます。
米国政府の考え方が変わり、米国政府の支援がなければ、日本の名誉回復は困難な道のりと存じますが、放置しても、いずれ韓国は都合よく使い捨てにされるのかと思われます。しかし、このままでは韓国に日本は回復困難な大きな傷を負わされます。
日本はまずは国民に、青少年に正しい歴史を教育する必要があり、国内の無知と誤認からくる安易な反日加担の流れを止めなければなりません。
そこには反日と戦後反省会のような自虐的情報ばかりを率先して拡散し、韓国礼賛マスメディアが大きな障害です。
また、なぜ戦後一等地を朝鮮人が容易く取得し、経済界を席巻する勢力を持ったのか?
幸運と努力の成果ではなく、米国が情報操作を徹底し、彼らを優遇したからではないでしょうか?
ならば、混乱の大元は米国の戦後対日情報戦にあります。米国は日本を有効利用しながら徹底して力を削ぎたいが、他のアジア諸国は思ったより信頼できない性格であることに気付いた。
現状はそのようなところかと。
米国は韓国の感情抑制ができないところに辟易しているはずです。
特に安倍首相なら米国にとっても信頼に足るのかと思われますが、だからこそ、安倍首相も米国に注文するいいチャンスかと存じます。
今から官民一体で、地球上最も卑怯な国、韓国に攻勢をかける時かと存じます。
理想は国交断絶です。北朝鮮と周辺国の緊迫化の中においても、米国で日本批判をする韓国、あらゆる手段で時を選ばず日本を貶めてくる韓国は、間違いなく東アジアのならず者であることを米国政府と米国民に拡散すべきです。
世耕氏率いるチームの対韓姿勢が問われますが、素人の私の印象ですが、世耕氏は第一次安倍内閣の広報担当だった経緯から、マスメディア対策が後手にまわり、また消極感があり、親韓派の印象です。
ここは期待しておりますが、韓国が待つアーバイン含め今後の慰安婦像設置計画にも、既に設置のグランデールの撤回にも、強力な反撃を加えなければ、ソフトパワー宣伝では韓国の横暴を抑えられないのではと思います。
伊勢様の仰る通り、日本が情報戦を勝つには、語学力的にも、表現的にも、まだまだ訴求力に欠ける印象です。
直感的には靖国神社参拝に安倍内閣の覚悟と姿勢、今後の日本を占う見通しと存じます。


2013/08/03 06:51 | 黒潮 [ 編集 ]

世論調査も認めぬ、許さぬ 竹島 韓国の“反日”ここまで
2013.8.2 21:15 [韓国]

 【ソウル=黒田勝弘】韓国が日本での竹島(島根県隠岐の島町)問題に関する世論調査にまで反対し、抗議している。領土問題に関し国民の関心と理解の程度を知るための国内調査さえ認めない、許さない、というのは国際的には理解しがたいもので、韓国における“独島(竹島)反日ムード”の異様さを物語っている。

 日本政府が1日、発表した竹島に関する内閣府の世論調査について韓国政府は2日、韓国に対する「挑発的行動」として厳重抗議と中止を要求する外務省スポークスマン論評を発表。在韓日本大使館の船越健裕公使を外務省に呼び、抗議を伝達した。韓国マスコミも日本非難を競って伝えた。

 竹島問題にかかわる韓国の反日状況は近年、日本の教科書に竹島を含む領土問題を記述することも許さないとか、日本の国会議員の入国拒否など、エスカレートの一途をたどっている。

 その一方で韓国は、自ら「天然記念物」に指定した島にこれまで警備隊宿舎やヘリポート、レーダーサイト、埠(ふ)頭(とう)などあらゆる施設を設け、観光や愛国イベントなどで年間20万人を超える国民を送り込むなど、なりふり構わず実力支配を強化してきた。

 そのハイライトが昨年8月の李明博大統領(当時)による初めての“竹島上陸”で、これを機に日本では竹島問題への関心が一気に高まった。その結果、今回の世論調査のように竹島への関心が70%を超えたのだが、教科書記述への介入を含め韓国側の官民挙げての遠慮のない反日強硬策が、日本の国民感情を刺激している“事実”は韓国では全く無視されている。

 世論調査まで許せないというのは、韓国が“独島”をめぐり宗教的雰囲気になっていることを示すものだ。韓国では全国民が「われわれのモノ」と信じ込んでいるため日本のような世論調査はありえない。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130802/kor13080221160006-n1.htm
2013/08/03 06:47 | [ 編集 ]

フムフム、、慰安婦像の次ぎの市は、「アーバイン」ね。Irvineと書きます。ロスアンゼルスの南のオレンジ郡にあり、空港は「ジョン・ウエイン空港」で、さらに、ニューポートビーチがある。伊勢の旧友(ユダヤ系)のシルバーさん、娘さん、孫が住んでいる。彼らは、100%日本人側に立つ。アーバインは日立が大きな会社。カリホルニア大学アーバインの学長は大森実さんだった。さらに、近くに、台湾人の大きな町がある。在米韓国人は負けるけども、日本政府が今回のグレンデールのように、無視すると、四個目の売春婦像が建つでしょう。伊勢
2013/08/03 04:11 | 伊勢 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/03 00:21 | [ 編集 ]

内閣府が発表した「竹島に関する日本国民の世論調査」について、韓国外務省は2日、「韓国領土に対する挑発的行動だ」として、日本側に抗議した。

韓国外務省の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は「日本政府が内閣府世論調査を口実にして、再び挑発的行動をとったことに対し、厳重に抗議して、このような行為を直ちに中断することを強力に促す」と述べた。
韓国外務省は、2日朝、ソウルの日本大使館公使を呼び出し、「世論調査を口実にした韓国の島への挑発的行動で、厳重に抗議する」と伝えた。

この調査は、内閣府が竹島に関する国民の意識を調査し、今後の施策の参考にするとして実施し、1日に発表したもので、「竹島が『日本固有の領土』だと知っている」と答えた人が6割にのぼった。設問の中には、「韓国が不法占拠を続けている」事実などが記載されている。(FNN)

(伊勢)内閣世論調査で日本の国民の竹島に関する認識が高いことが判った。クネの韓国を突き放すことが鮮明になったと受け取ってよいだろうか?慰安婦像設置へのストライクには違いない。日韓が断交になったとき、アメリカの選択肢はない。慰安婦決議や像設置を容認してきたからである。竹島違法占拠はアメリカにとっても問題となってきた。伊勢

2013/08/02 22:05 | 伊勢 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/02 20:04 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する