2013/08/20 (Tue) グレンデール慰安婦像撤去運動(その1)
pak kunne

韓国が政官民一体となって、日本を敵視していることは明らかだ。韓国の最高裁判所を大法院と呼んでいる。慰安婦は日本軍に強制連行された~竹島は韓国の領土~対馬の仏像は朝鮮から盗まれた。1965年の日韓協定も無視?大法院ね?


iannhu zou jomaku 7.31.13

7月30日、ロスアンゼルス郊外のグレンデール市の敷地内で除幕式があった。これを法的に撤去出来るか?伊勢は、今朝、ロスアンゼルスの法律事務所と話した。弁護士数人が議論する。来週には判る。ただ、今日の話では、「原告代表者は危険にさらされる」と。もとより、命を賭ける気である。本日はここまで。伊勢平次郎 ルイジアナ





みなさん

官邸HPの意見欄 http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html に、“在米46年の尾崎信義(伊勢)を「対米広報チーム」に加えるようにとメールを出してください。Mephist先生は、自民党事務所へ出かけられ~Y新聞の旧友が応援してくれている。伊勢

comment

伊勢様

初めまして。
当方もグレンデール慰安婦碑についての訴訟を検討しております。

びびなびにスレッドを立てておりますので、宜しければ、ご覧下さい。
http://losangeles.vivinavi.com/JA/eb/eb_main.phtml?eb_page=2&eb_kind=0&eb_topic_id=1-01-JA-eb-1376894593-6718

伊勢様がロスの弁護士事務所に相談された結果は如何でしたか?

もし、よろしければ下記のメールアドレスにご連絡頂ければ
情報交換が出来ますので、宜しくお願いいたします。

legalaction13@gmail.com

伊勢 様

PropagandaBuserことテキサス親父様のところで公開しております。

紹介ページ
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html

当該ファイル一括DLページ
http://texas-daddy.com/comfortwomen/comfortwomen.zip
当該ファイルには資料請求したPropagandaBuser氏宛の手紙も添付されており、この文書が米国立国会図書館の手になる資料であることが判るかと思います。
こちらでいかがでしょうか?

くれぐれもお体に気をつけられますよう。
残暑お見舞い申し上げます。
葉月
2013/08/22 21:17 | fts [ 編集 ]

fts先生

その米軍報告書を送ってください。読んだことあるけど、ファイルにして、LAの弁護士に送るから。在日がこのエントリーを読みにくると、それが、在米韓国人団体に伝わる。こっちは、本気で訴訟を探っていると警告になる。伊勢
2013/08/21 22:42 | 伊勢 [ 編集 ]

追軍売春婦の米軍報告書を拡大した物を追軍売春婦像の首から下げるなり、立て札に張るなりしてはどうですかね。
まさか自軍の報告書と得体の知れない外国人の主張とを同列に扱うほど米国人は馬鹿じゃないと思いたいですが。
2013/08/21 21:17 | fts [ 編集 ]

 戦後の自民党の対朝鮮政策の破綻を示している。逆にこれがかえっていいことかもしれない。日韓断交しか国際関係では道はない。
 何しろ日韓基本条約を破棄することですから。
対抗策を用意して、即座にすることでしょう。朝鮮人はいつもこのような行動をする。
 ネットで論争すると、大元についての、論争の結論は出ているにも拘らず、ああだこうだという。正しい、正しくないということが理解できないようです。
 もともと一族の利益しか見えない民族ですから、同じ朝鮮国内においても、似たようなことがあるのでしょう。
 拉致もかの国内ではお互いして、解決をするということが日常的に行われていると推測している。
 日鉄にはメールをおくって、おきました。
2013/08/21 13:01 | 日本人 [ 編集 ]

全くそのような報道はありません。アメリカは忙しいからね。伊勢
2013/08/20 16:52 | 伊勢 [ 編集 ]

香港・台湾に盛り上がる独立運(坂東忠信)http://bylines.news.yahoo.co.jp/bandoutadanobu/20130819-00027364/

日本では全く報道されていませんが、アメリカではどうなんでしょう?
2013/08/20 16:23 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する