2013/09/04 (Wed) オバマのシリア攻撃承認を米国議会は?
米上院は、ケリー国務長官に「シリア攻撃の内容を明らかにせよ」と迫った

Senators press Kerry to define Syria mission
4:39 PM ET, 09/03/2013 - MarketWatch Databased News

WASHINGTON (MarketWatch) -- President Barack Obama's foreign policy team on Tuesday pressed the administration's case for a strike against Syria in retaliation for a chemical-weapons attack, and immediately faced a barrage of questions from lawmakers about the scope of any U.S. military action.

Sens. Robert Menendez of New Jersey and Bob Corker of Tennessee, respectively the top Democrat and Republican on the Senate Foreign Relations Committee, opened the hearing by saying they supported military action against the regime of Syrian President Bashar al-Assad.

But the hearing quickly focused on how the U.S. will respond, particularly after Secretary of State John Kerry opened the door to sending U.S. troops to Syria. He later backtracked under sharp questioning from Corker.

"There will not be boots on the ground with respect to the civil war," Kerry told lawmakers. He said he was "thinking out loud" about how to protect U.S. interests earlier in the hearing.

Some members of Congress are seeking to give the administration tailored authority to retaliate against the Assad regime for what Kerry called the worst chemical-weapons attack of the 21st century, carried out late last month in the Damascus suburbs. Sen. Barbara Boxer, a California Democrat, told Kerry and Defense Secretary Chuck Hagel that "we cannot close our eyes" to Syria's actions but warned she wouldn't authorize a "blank check."

The hearing comes after Obama's surprise decision to take his case for action in Syria to Congress for approval. The full Congress isn't due back in Washington until Sept. 9, but the administration has begun to press leaders of the House and Senate in advance of an expected vote soon after lawmakers return.

So far the White House's push appears to be paying off. House Speaker John Boehner on Tuesday said he supported Obama's call for a retaliatory strike and urged his House colleagues to do so as well. The Republican-led House is often a thorn in Obama's side on issues including health care and tax policy.

Senate Majority Leader Harry Reid, a Nevada Democrat, believes that he's got the 60 votes necessary to authorize military strikes in Syria, according to reports.

U.S. markets are keeping a close eye on the conflict and a potential strike. Stocks cut gains after Obama on Tuesday morning called for a quick vote on his proposal for limited strikes in Syria. Both the Dow Jones Industrial Average and the S&P 500 index closed up by less than 1%. Oil futures closed modestly higher as well, rising 0.8% to settle at $108.54.

Senators also pressed General Martin Dempsey, chairman of the Joint Chiefs of Staff, at the hearing, about Syria's capabilities to respond to a U.S. strike. He said the regime's capabilities to retaliate are "significantly limited."

Kerry, Hagel and Dempsey will also testify on Wednesday, before the House Foreign Affairs Committee.


伊勢の解説だが

dow 9.3.13 syria

朝、米工場受注や建設受注が好評で14933で始まったが、、伊勢爺がジムの体操から帰り、昼寝していた午後2時には、14788と155$も下げた。株屋らの心理は、イアフォンから流れる米国議会のシリア決議の議論で揺れた。少し、持ち直したというか、買われたのは、米経済は堅調だからだ。だが、今月の17、18に「バーナンキが金融緩和に始めてブレーキかける」という姿が浮上してきた。これら、米国議会の行方も、連銀の決定も未知なのだ。どの議員が何を言ったかではなく、まず、株式市場の反応はどううだったのか?答えは、半信半疑の反応だった。ただ、警戒感が投資家心理を支配した。だが原油は高騰しなかった。

さて、オバマは、議会の承認を得る方角にある。共和党の与党リーダーも、シリア政府がサリンガスを使って国民を殺戮したことを容認出来ないからだ。民主党与党の上院は特に60%が攻撃に賛成だ。

だが、、議員らとケリー国務長官の間に質疑が始まると混沌として行った。賛成する民主党の議員でも、「米軍地上軍派遣」に大反対なのだ。つまり「限定された攻撃なら」と。共和党の攻撃支持者であるマケインは、「アサドを殺すまで戦争を続ける」意見だ。デンプシー統合本部長は、“アサドの反撃力は弱い”と述べた。

米国議会は、2002年のイラク侵攻の決議に似てきた。好戦的ではなく、“何かしなければ、アメリカの威信が崩壊する”という危惧感なのだ。日本政府が、これをどう受け止めるのかは、予測が付く。非戦闘地帯へ自衛隊を派遣するだろうし、トルコの難民に手を差し伸べるだろう。


安倍内閣は。「情報収集」などと待っていないで、率先できることは多くあるはずだ。行動で示さなければ、クチばかりとののしられる。

comment

上の投稿さん

エントリーにまったく関係のない書き込みを「傍若無人」という。そうでしょ?次回は消去する。伊勢
2013/09/04 18:28 | 伊勢 [ 編集 ]

「関心がないこと」は日本の敵に味方しているのと
同じです


http://www.j-cast.com/2013/09/03182868.html?p=all

「慰安婦マラソン」なるイベントが、米国で開催された
――そんな驚きの情報が飛び込んできた。

地元紙「ノース・ジャージー」や複数の韓国メディアによれば、
2013年9月2日、米国ニュージャージー州で
「慰安婦記念平和マラソン(Comfort Women Memorial
Peace Marathon)」が開かれた。現地の韓国系団体の主催で
地元住民など150人が参加したという。

ニュージャージー州は韓国系住民が多いこともあり、
米国での慰安婦顕彰活動のいわば一大拠点となっている。
すでにハッケンサック、パリセイズ・パークの2つの市に
「慰安婦碑」が建てられ、さらにもう1か所でも建造が
計画されているほど。

今回のマラソンもこうした運動の一環として、
「慰安婦問題の存在を、より広く知ってもらう」という
趣旨のもとに開催されたという。上記2つの慰安婦碑を
それぞれスタート・ゴールとして、およそ5マイル(8キロ)を
走るものだ。参加者は24時間テレビばりの黄色いTシャツを着用、
その背中には「日本軍国主義の象徴」旭日旗と、
老いた元慰安婦女性の沈痛な表情があしらわれた。

政治家やユダヤ教関係者などが複数出席、現地メディアからも
大きな注目を受け、特に上記の地元紙ノース・ジャージーは、
「彼女たちの悲劇について詳しく知らない人々も、
その名誉のために走った」

と、善意の市民ランナーたちが慰安婦問題に向き合った
「美談」として大きく紙幅を割いた。市民マラソンにしては
参加者が少ないようだが、韓国メディア「ニューシース」も、
「皆が1つになったレースだった」「大会は大成功だった」
と得意顔だ。日本批判が連発されるなど政治色ありあり

一方、こうした「美談」の裏では、かなりきな臭い話題も
飛び交っていたようだ。米紙はこの辺りをぼかしているものの、
韓国メディアは、閉会式で韓国人と見られる主催の男性から、
「安倍晋三首相と麻生太郎財務相は、(ホロコーストに
対し謝罪した)ドイツの故ブラント元首相、メルケル首相に学べ」
「強制連行の事実を否定する日本の政治家たち
(慰安婦碑に抗議した自民・古谷圭司衆院議員らを指す)は、
この碑にひざまずいて泣いて詫びなさい」

などと日本の政治家への名指し批判が相次いだこと、
「日本が慰安婦問題を率直に認め、そして『旭日戦犯旗』が
地球上から消滅するまでこのマラソンは続く」と、
直接関係ないはずの「旭日旗」までもが攻撃対象とされたことを
伝えている。

またこのマラソンが開催された9月2日は、米国では日本へ
の戦勝を祝う「VJデー」だ。主催の男性も上記のあいさつの中で、
真珠湾攻撃に絡めながら日本を批判しており、
そこからはとても「Memorial Peace(平和記念)」とは
言いがたい思惑も透けて見える。

なおこのマラソンをめぐっては、開催情報を伝えた米紙サイトの
コメント欄で、日韓ユーザーによる前哨戦が繰り広げられた。
特にある日本人ユーザーが、「慰安婦(Comfort Women)
という言葉は、韓国では朝鮮戦争以降の『洋公主(ヤンコンジュ)』を
長らく意味していた」

と発言したことは、韓国側の憤激を買った。「洋公主」は、
日本でいう「パンパン」に近いニュアンスの言葉で、
「一緒にするな!」と現地の韓国人会会長が自ら反論するなど、
コメント欄は「炎上」状態に。中国「環球時報」もこの騒動を
報じるなど、ちょっとした国際問題となっている。
2013/09/04 13:46 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する