2013/09/14 (Sat) オバマと安倍首相には友情がない
安倍晋三さんは、お坊ちゃん首相



9月5日の会談。安倍首相は誠実を前に出している。一方のオバマの物言いには恫喝が含まれている。この二人の間には暖かい友情はない。外交辞令ばかりの無機質な会談であった。国務省の通訳が「シリアが核を使った、、」などと基本的なエラー。日本の通訳は優秀だが、原稿を手に持っている。伊勢の感想では、この会談は時間の無駄か、日米首脳の関係を冷たいものにしたと思う。安倍さんは、この会談後、ブエノスアイレスへ飛んだ。「シリアよりも、オリンピックが大切」という印象を残した。尖閣でワシントンが、矛盾する中立路線を押す理由がここにあるのだろう。つまり、「安倍は一人でやれ」というメッセージだろう。

安倍首相は、尖閣有事を話す機会をみすみす失ったと思う。「日本はアメリカの同盟国です。シリア武力行使を米国議会が決定すれば、日本は出来るだけのことをする。一方で、私はあなたに頼みたいことがある。それは尖閣有事のときに、米軍の出動を要請したい。中国人民解放軍の暴挙をけん制していただきたいのです」と何故、言わなかったの?あなたが最高司令官だと、多くの日本の若者が死ぬと思う。対米外交能力がないからです。


g20 9.5.13

麻生太郎さんが写っている。例の世耕なんとかも横にいる。安倍首相の丁稚かな?麻生首相とオバマの相性は良かった。抱き合う仲だ。二人共、スポーツマンだからだろう。人間であるかぎり、オバマにも「好き嫌い」の感情があるのだ。安倍さんは、対米外交に失敗していると思う。尖閣有事では、世耕や駐米大使の佐々江さんに出来ることはないです。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

国防会議を見るようです。
サッチャー元首相も現れましたね。
2013/09/16 03:54 | allco [ 編集 ]

動画をよく観察すると、オバマは麻生さんをチラっと見て笑顔を見せた。スーザン・ライスは、nsa(国連大使をやめ、国家安全アドバイザー)だが、麻生さんたちに「グッド・モーニング」と言ったようだ。くちの動きで判る。この西欧人の繊細な感覚を日本人は持っていない。理由は、心よりも、形式や儀式を重んじるからである。伊勢
2013/09/16 01:08 | 伊勢 [ 編集 ]

一有権者先生

日本の女性の情はむかしと変わらないと思う。男は薄情になっている。クチだけは立派だが。自分さえ、小銭持って生き残ればいいと思っている。自衛隊員という大切な兵隊さんたちが死のうが、津波で一万人が水に飲まれようが、小学生や母親のその遺体さえ見つからない。まだ、仮設住宅で心に多きな傷を負ったひとたちが生死の境を生きているというのに、権力者らは、口実が何であれ、政府専用機で外遊している。

今、手を打てば、尖閣流血は未然に防げるはず。それも、中国を恐れて、護衛艦も島の周りを遊弋させていないのです。これが、日本軍の最高司令官です。有事に国民を守れるわけがない。何しろ、オリンピックのメニューに時間を割いているから。伊勢
2013/09/16 00:48 | 伊勢 [ 編集 ]

サンジェルマンさん

日本に理念や信念のある政治指導者などいませんよ。オバマは、安倍さんにはサリンで殺された人たちに対する情がないと判ったはず。麻生さんは、珍しい紳士だけど。ぼくは、安倍晋三さんに失望している。最高指導者の優柔不断が若者を殺す。このひとの性格は有事に向かない。ハートよりもそろばんをはじくタイプ。伊勢
2013/09/16 00:34 | 伊勢 [ 編集 ]

戦前の日本の政治状況と似てきているような気がいたします。
政治家は民間人や自衛隊員、海保職員に死傷者が出ない限りノホホンとしているような気が。それをどのような政策を立て実行し日本の国益と日本国民の安全を守っていくのかが政策の一番優先するべきことなのだと思いますが。
日本国民自身も同胞に犠牲者が出なくては目覚めないのかもしれませんしでても目覚めないのかもしれません。このような議論をしても団塊世代は理解できないか白い目で見る人もいます。
唯一理解しているのは数少なくなった前大戦を戦い抜いた先人です。
2013/09/15 22:36 | 一有権者 [ 編集 ]

勝敗はともかく尖閣紛争が終結した時、私達の想定していた
世界とはかなり違うものになっているでしょう。

その世界で日本を運営していける政治家が
どれくらいいるのでしょうか・・
2013/09/15 20:12 | サンジェルマン [ 編集 ]

Mephist先生

あなたは、戦前なら辻政信クラスの参謀になっているね。ぼくは、阿片商人か、満州浪人かな(笑い)。

全て、良く理解しています。太平洋艦隊の司令官らの、いままでの発言を読むと、アメリカは太平洋をPRCやロシアに渡さないね。テデイ・ルーズベルトの白色艦隊以来の果実だからね。ペリーまで戻ってもいいけど。

ただ、あなたの言う、「自らを守ろうとしないものを、誰かが守ってくれることはない」という真実を日本人は分かっているんだろうか?岸田外相の「日本は平和主義を貫く」たあ、何のことだ!自衛隊は死ね!かい?

ぼくは、72になるが、若い自衛隊員を無駄死にさせない考えを貫く。岸田、お前が死ねよ!安倍晋三さんよ、最高司令官なら死ぬ覚悟を見せろ!伊勢
2013/09/15 19:48 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢殿
>これでも、米軍は出てこないのかなあ?
よく調べてはいませんが、防衛出動命令が出ないと米軍単独行動はできないと思います。
それに加えて、第一撃は自衛隊が引き受けて、それを凌いでこそ、米軍の出動があり得るとみています。
自らを守ろうとしないものを、誰かが守ってくれることはないのです。

しかし、同様に米軍は、太平洋という広大な裏庭を聖域にしておけなくなるという安全保障上のデメリットと親米的な諸外国との安全保障上の公約の喪失というものを、日中関係との天秤にかけるでしょう。
再び孤立主義に立ち戻ることがないとは言えないので、そのオプションも考慮に入れると、ロシアという不穏な隣人も重要なセカンドオプションを持つことになります。
2013/09/15 19:11 | Mephist [ 編集 ]

<特高のごとき強権で社会の害悪を削り取る位のことをせねば日本社会は健全にすらなれないところにいますね。

特高を言い換えれば、現実的にはマフィアですね。国家警察のCOVERT・OPERATION(忍者部隊)は、司法省が左翼思想に犯されている限り生まれない。メデイアは腐りきっている。

尖閣で流血の有事が起きると、憲法改正どころか、日本は核保有国に進むでしょう。犠牲が出てようやく、、伊勢
2013/09/15 18:29 | 伊勢 [ 編集 ]

戦後、自衛隊に戦死者は居ないことにされていますよね。
朝鮮戦争時に1名、その他重傷のみということになってます。
実際にはイラクでも35名戦死を出しているにもかかわらず報道されない。
この意味からも、メディアを本気で潰さないと世論沸騰は難しいのでは?

伊勢様の仰るとおりメディアに人心を期待すべくもない。
特高のごとき強権で社会の害悪を削り取る位のことをせねば日本社会は健全にすらなれないところにいますね。
2013/09/15 18:09 | fts [ 編集 ]

Mephist先生


全部賛成ですが、<3.武力衝突を受けて、PLAが派遣され海保を駆逐。防衛出動発令。

これでも、米軍は出てこないのかなあ?米国議会に働きかけて、空母派遣とキューバ危機のときの、Uターン命令は出来ないものかなあ?ロビーは、戦争よりも安いよ。ただ、安倍さんに、その権限がないのかもね。国費はノーだしね。伊勢
2013/09/15 12:51 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji先生

<<1)中共は日本軍とは戦ったことがないこと
2)太平洋へ出る上において重要な位置にあること
3)日米離反をさせるにはもってこいの事案であるこ。
4)国内向けの外交事案で、手ごろなこと でしょうか>>

全部当てはまります。川村純彦・前海将補さんは、「台湾が欲しいが、アメリカが空母を出してくるし、台湾空軍は強固に戦うので、無人島の尖閣5島を取りたい」のだとしているね。一回戦で取らず、なんどもしかけてくると思う。だが、日本側は流血後は、憲法を急遽改正して、守備隊を置くでしょう。一回目も、中国海軍は出てこないと思うよ。八重山諸島に、88式誘導弾が洞窟に設置されているから。これ、命中率が100%だし、破壊力は絶大だから。一発で巨艦が沈むよ。中国空軍が制空権を握りたい。これを防ぐのは、F15ではだめです。F35、F22のステルスが必要だけど、嘉手納の米空軍は出さないでしょう。

オバマは、安倍さんから要請されるけど、「自分ひとりでやれ!」とすげない返事の公算が高い。日本の政治家は、湾岸以来、「商売人」と嫌われているから。海部内閣は、2兆円出したけど、外務族の自民党閣僚は賄賂を受け取ったとされる。誰だろうかね?伊勢
2013/09/15 12:39 | 伊勢 [ 編集 ]

簡単に言って、尖閣局地戦があるとして、日本の勝利はゆるぎないです。ここに米軍の挙動は関係ありません。
理由は下記の通りです
1.PLAは他の戦域に影響を与えずに航空優勢を確保できない。
2.同様に大型艦艇を派遣できず、海上優勢を確保できない。
3.空母は挙動が逐一衛星によって報告されており、尖閣に近づける様であれば、事前に哨戒網を構築できる。
4.潜水艦は言わずもがな。日本の潜水艦探知能力は世界一です。

よって発生する衝突は、
1.小勢力による上陸
2.それを救援名目で海警が艦艇派遣し、海保と武力衝突。
3.武力衝突を受けて、PLAが派遣され海保を駆逐。防衛出動発令。
4.以下離島奪還ドクトリンに基づき反撃。
局地戦なら自衛隊の継戦能力は問題になりません。ただし戦域が拡大して行くなら、日米同盟に頼らざるを得ない現実は変わりません。

なお、仮に尖閣に88式地対艦ミサイルを配備する場合、連隊規模になってしまうので居る場所がないくらいになってしまいます。当然のことながら、兵站維持は困難ですので、洋上プラットホームが必要になります。
結局護衛艦でいいことになります。
政治的な問題は、軍事的エスカレーションに耐えられるかという問題でして、むしろこれは日本が不利だと思います。
ただし、犠牲者が出た瞬間に日本人は豹変すると思いますが。欧米人も中国人もそうですが、日本人の潜在的統一感の強さを正しく評価できている人はいないと思います。
2013/09/15 12:33 | Mephist [ 編集 ]

>中国は何故、尖閣が欲しいと思います?

推定ですが
1)中共は日本軍とは戦ったことがないこと
2)太平洋へ出る上において重要な位置にあること
3)日米離反をさせるにはもってこいの事案であるこ。
4)国内向けの外交事案で、手ごろなこと

でしょうか
2013/09/15 12:17 | kenji [ 編集 ]

>世耕らは立ち上がらなかった。これが、対外広報長だとさ(笑い)。

気がつきませんでしたがこれで決まりです。
神は細部に宿り給うです。
 その昔ある会合に小渕首相が突然来ました、私は立ち上がろうとしたが誰も立ち上がる気配がなく、あれと思い、座りました。
 なぜなら首相を至近距離、ないし会合で、それまであったことがなく、どのような態度かは知りませんでした。
 くるということすら初めに知らされていなかったからです。
確か桜井良子女史もいました。
 これは天皇陛下だったら別ですが、外国にはそれがありません。
 我々はこの落差をしって、行動をすることです。
オリンピクが決まって、中共は大喜びでしょう。
戦争当事国はオリンピックを開けないと憲章にあるからです。
 逆に考えているのが日本政府です。
オリンピックなど道楽と思えばいいというのが私の見方です。選手の努力はすごいものがありますけれども。
2013/09/15 12:12 | kenji [ 編集 ]

みなさん

中国は何故、尖閣が欲しいと思います?伊勢
2013/09/15 11:54 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

オバマ・安倍会談の動画のスタートをよく見てください。国連大使のスーザン・ライスが入ってくると、麻生太郎さんが立ち上がった。これが、西欧の礼儀です。世耕らは立ち上がらなかった。これが、対外広報長だとさ(笑い)。

サンジェルマン先生

<この期に及んで、尖閣諸島において想定外があるのなら、
滅びるだけです。

ぼくもそう思って尖閣エントリーを続けているのですよ。フォークランドで、レーガンは介入しなかった。サッチャーが要請したけどね。空中給油や衛星情報だけだった。病院船も出さなかった。国際問題ではなく、英国・アルゼンチンの領土紛争とした。

尖閣は、占領されるでしょう。アメリカは、自衛隊に死傷者が増えてくると、介入する。どのような介入かは未知ですね。米国議会や国連が「停戦決議」するまでは、日中に流血が続くでしょう。戦闘が二ヶ月も続けば、日本経済は急降下する。日本への投資が止まるからね。

kenji先生も悩んでいる。この期に及んでも、安倍最高司令官は自衛隊の駐屯基地も言い出さないからね。海警は軍艦ではないが、ヘリも搭載していれば、高速艇も一艦あたり4杯装備している。自動小銃も持っているでしょう。いったん、占領されると、奪回はそう簡単じゃないです。攻守が入れ替わるからね。米軍が停戦命令すれば、引き上げる。いずれにせよ、死傷者、損害は巨大のはずです。何兆円という。だから、米国議会工作にカネを出して、未然に防止するのがベストなんですが、チンピラ世耕に出来るわけがない。

安倍さんは、オバマに嫌われた印象がある。「人道よりも、商売が優先」と取られた。「オバマは馬鹿だ」と、Yの部長が昨日電話すると、そう言った。「オバマが、アメリカ単独でもシリアを攻撃する」と言わなかったら、プーチンもアサド説得に動かなかったはずだ。これが、日本の大手新聞社の部長なんだからね。叱責しておいた。日本の報道陣には、人間の良心はないね。これで彼とは絶交になるだろう。

安倍さんは、「軽輩」と受け取られた。これが、尖閣へ影響する。オリンピックは7年後。尖閣占領は今年の秋にも起きる。そして、日本は真っ逆さまに落ちていく。その選択を「バカ」という。伊勢
2013/09/15 11:50 | 伊勢 [ 編集 ]

すみませんでした。
明治以降我国の戦争はアングロサクソンの援助でして来ました。日清戦争もそれです。従ってアメリカと組んでするしか道はない。
 海の便衣隊の処理ですが、ワシントンでの広報合戦が主となりますから、ここを強化しないとは思う。
 姑息な手段ですが、5万トンくらいの船を尖閣近海に遊弋させて、来た漁船を波で沈めます。
 上陸したら、彼等を飢え死にさせます。ソレデ中共の軍艦がきたら、まず、我国の船が攻撃されて、沈んでもそのままにして、アメリカの世論が参戦へと向まで、我慢して、その見通しが立ったなら、制空権のみの戦闘をする。 その準備はしておく。
 その前に尖閣に漁業基地を作って、民間人を常駐させて、その上に自衛隊の小部隊を配置しておくことです。
 大きな戦争の糸口になりますから史那国内における、かく乱工作も必要で、戦前の同亜書院卒業者が必要です。
 また史那国内における日本人を見殺しにする必要もあります。
考えると色々出てきて、分からんですよ。
 限定戦争とはならないから。
それとロシアはわが国が弱れば北海道へ侵攻するがさすがこれは亜米利加の了解が必要ですが、わからない。
 
2013/09/15 07:21 | kenji [ 編集 ]

この期に及んで、尖閣諸島において想定外があるのなら、
滅びるだけです。むしろ公明党あたりが中国との和解をめざすと
言い出して余計なことするような気がします。
日本にとって最強の敵は怖くはないですが、
頼りにならない朝鮮人のような味方を警戒すべきです。
2013/09/15 06:55 | サンジェルマン [ 編集 ]

allco姉

その可能性は常にある。ロシア人は君子豹変する。「リターン」というロシアの映画から多くを学んだよ。でもね、アメリカの為政者はよく君子豹変しては、正当化する。。大衆にはそれがない。一方で、日本人は君子豹変したくないので、二枚、三枚のお面を被っている。EVASIVE(日本人の腹の中はわからない)と思われている。黒船来航のとき、ペリーが、「幕府役人がたくみに嘘か、約束にならない曖昧言葉を使う」のをワシントンにリポートしているね。「護身のためだろう」と見抜かれている。安倍さんにも、世耕にも明快な表現も表情もない。いまだに、ふんともすんとも返事がないよ。これが、日本人の欠点なんです。国際社会では、信用されない。伊勢爺さんは世耕を信用できない。伊勢
2013/09/15 04:57 | 伊勢 [ 編集 ]

考え過ぎかな。
ロシアが腹黒く現れそうな気がする。
安倍総理どうかね。
2013/09/15 04:26 | allco [ 編集 ]

kenji(日本人)さん

PLAが尖閣5島に大挙して上陸したら?というエントリーでしょ?あなたが、安倍総理大臣ならどうする?伊勢
2013/09/15 00:28 | 伊勢 [ 編集 ]

 安倍内閣は近衛内閣と似たようなものではないかと思う。
状況は、意外と昭和初期とよく似ている。
 現状のわが国は自民党が導いたものだが、彼等とて自覚して導いたわけではない。 
 ナンや、かんやと、その場しのぎのことをしてきた結果、現状が将来した。南朝鮮の従軍慰安婦問題も日韓基本条約を日本国民に提示して、突っぱねればいいものを、我国資金を南朝鮮への援助資金をキックバックして、両国の上層部が得てきた、腐れ縁がおそらくあるから、南朝鮮問題をおもてにだすことはそれが出ることになるだろう。
 以前は政治家への政治資金提供の疑獄事件は5,6年に一回生じたが、それがない。
 実にわが国において政党政治が始まって、以来の現象だが、政党助成金ができてから、その資金を政党が得て、配ることになったから、執行部の力が強くなった。政治家個人へと行く、政治資金がどのようになったか分からなくなった。
 銭は力量が実際にある人のところにしかいかない。その資金のながれが政党助成金によって壊れたから、政治家の質が下落した。
 政治家に政治活動に必要なお金が政治家個人へ行くわけではないから、本来の民主主義に反するお金が政党助成金でしょう。
 わが国が史那化した大きな基はこれでしょう。

中東はさらに大きな戦争へと向かうから、わが国はさらに困ることになる。
 やはり自民党政権を壊して別の政党へと行く必要はあるが、その受け皿がない。
 今後は軍事的展開を契機として、政党の再編が始まるが、それとて、亜米利加の政策を無視してはできない。
ずばり言うと、仮に軍事クーデタを起こしてもその政権は亜米利加の意向の基に生じる。
 これが我国の最大の問題です。基本構造です。

 自民党が憲法改正を1970年にかかげて、衆議院解散をしなかったことが、大東亜戦争の敗北を決定した。
 理念を元に行動しなかったことだが、我国の歴代政府、幕府を含めて、理念を基にした、そのような政権は明治政権しか、なかったが、その明治政権も大きな問題を内包していた。
 我々の未来はいかが展開するか。またどのような生き方をする。できるか?
 歴史的決断を求められている。安倍政権はその道へすすんでいただきたい。犠牲は出ることを承知して。または見積もって。
2013/09/14 21:09 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する