2013/09/20 (Fri) 石破茂総理大臣を待つ
ishiha 1.4.13

誰が総理大臣になっても、日本の首相は難しい仕事だと思う。政党がベースの政治だから、誰がなっても、制限がある。10人を10人とも満足させることは不可能である。だが、安倍晋三総理大臣には失望せざるをえない。最大の理由は、対米外交の失敗である。まず、オバマとの関係が悪い。尖閣が中国の武装警官によって占領されるとき、海保隊員は血を流すだろう。トーチカを於けば終わる問題を安倍司令官は決心出来ないのだから。習近平を恐れているからだろう。


中国の武装警官は必ず尖閣に上陸する



習近平は安倍晋三首相をなめきっている。安倍さんには、なめられる理由がある。臆病な性質を見抜かれているのだ。尖閣は軍艦が出る戦争というよりも、警官同士による流血事件であろう。ただ、人海戦術がお得意の支那人さまだ。その支那の警官が2万人上陸したらどうするのか?石破さん、そろそろ考えておいてください。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

<なにしろ日本国害務省では心もとありません。

外務省は、国民に切り捨てられたことに自覚がない。現内閣でも、後生大事に大金を渡しているからね。駐米大使館の誰かはわからないが、英文の演説原稿するも書く能力がない。英語が読めない~書けない~話せない者が対外広報をね?サンフランシスコへ咸臨丸で行った勝海舟が幕府の無能な役人に「これでは、日本は良くならない」と書いたよね。だから、勝海舟は薩長土の革命軍に理解を示した。現内閣でもね、日本人の性質はなかなか直らないね。伊勢
2013/09/21 23:01 | 伊勢 [ 編集 ]

反日メディアや他ブログの受け売りかもしれませんが現在のシナの子供たちは一人っ子政策の為「小皇帝」と綽名がつくほど親たちは過保護になりまた子供たちも我慢する事を知らずわがまま放題との事らしいです。
人海戦術が今も出来るかどうかはわかりませんが現在のシナの解放軍や武装警察等準軍隊とも呼べる組織を含めれば数の上ではかなりの物になるでしょう。ただ数は多くとも実際どこまで機能するかは別問題と思いますが。

日本としては数の上では太刀打ちできないのは検討しなくても理解できるのですからあとは装備の問題と組織を含めたその装備をどれくらいの増員数でシナに対応できるかという事と思います。

日本人もひ弱な人達が増えてどうなるかはわかりませんが。

数々の戦訓から学び取り戦術を練ることと同時に外交力を磨く事が日本にとって大事な事とも思いますが、なにしろ日本国害務省では心もとありません。

2013/09/21 20:33 | 一有権者 [ 編集 ]

<素朴な疑問ですが、支那は未だに人海戦術が可能だと思いますか?

う~む。つい、1952年10月に鴨緑江を10万の中国兵が渡ったのを考えちゃった。あれ、DVDの記録観たら、満州の刑務所に入れられていた毛沢東反逆の連中が多かったんだと。裸足、薄着で、貧弱な銃もって、朝鮮の山を駆け下りてくる。少年兵を捕まえて、聞くと「死んだほうが楽だから」と答えていたよ。死んだ兵隊は、一瞬のうちに凍ってカチカチになった。

一人っ子政策を考えなかった。だから、士気は低いとストラトフォー。護衛艦ひゅうがの警告弾一発で逃げる可能性もあるね。それと、水雷の発達は凄いんだ。移動するのまであるよ。上陸はあれば、夜だと思う。実際、上陸を許すと、面倒だよ。まあ、上陸しても、兵站が不可能だからね。

願わくば、米国議会上院外交委員会(マケインなど17名)が、「日中両軍とも尖閣に上陸を許さない」と宣言するだけなのさ。民主党カリホルニア議員が与党で、反日なんだ。カネを出させようとね。だから、岡崎先生なんかが、それを交渉に行くのがベスト。「お土産」は何か?国費なら、フィリっピン北部に日米海軍基地(潜水艦用)だわね。これも高いよ。でも、フィリッピンはもう南シナ海だからね。現在も、ロサンゼルス級の原潜が南シナ海に潜っている。トライデント搭載でね。これ一発で、海南島のハン・クラス原潜基地は壊滅するのだそうですよ。だから、もともと、中国には勝ち目などないんだがねえ、、伊勢
2013/09/21 01:31 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢 様

素朴な疑問ですが、支那は未だに人海戦術が可能だと思いますか?
また、米軍はどうかんがえているのでしょう?

個人的には一人っ子政策のせいで支那はもはや人海戦術をとれないと思っているのですが。
尖閣に上陸したら2万でも3万でも数度警告した上で淡々と全部殺傷すれば良いだけです。
直接射撃すると角が立つので、乗ってきた船をただ淡々と延々と沈めましょう。
日本は人命第一ですから。直接射撃なんて野蛮なことは必要ない。
尖閣に近づく船を淡々と沈め続ければ何万上陸しても構わないでしょう。
飢えようが、乾こうが日本の知ったことではありません。
支那人に何をしてもベトナムだけは支持してくれること請け合いです。
2013/09/21 00:36 | fts [ 編集 ]

<思考は自由、然れども舌に乗せるは自由にあらず。

はい、気を着けます。「人は品(ぼん)で堕ちていく」とお釈迦様ですね。ところで、今日の株式市場が合理性がない。テスラ売り払ったんだけど、どんどん上げているし、ネットフリックス・オンライン映画配信はめちゃめちゃに高騰している。ニュートラルのはずがだよ。儲けてもさ、気持ちが悪いわ。

このアメリカは貧富の差がひどいよ。子供5人の7人一家が、ベッド三個の家で、子供のない伊勢夫婦とお犬さん二匹が5部屋、二階建て、3トイレとジャクジ風呂、前後バルコニー、前と裏庭、東屋、ドライブウエーで700坪。罰当たるわな。

ところで、岡崎久彦・前駐タイ大使(83)に手紙出すよ。このお人が対米交渉に適人なんだがね。何とか、PLA尖閣上陸を未然に防ぎたい。伊勢
2013/09/20 23:43 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji 様

>逆に上陸させて、それから対応してもいいでしょう。空爆すればいいですから。

>尖閣を餌に核武装宣言をしてもいい。
>幾らでも対応方法はあるがそれには自らの生存の基盤の把握が必要です。

言い様も理念も理解できないではありませんが、それではあまりにも品性がないではありませんか。
滅びたりとは言え、東郷の子供として誇りと品性を持って動きませんか。
伊勢翁が窘めているのはそう言うことだと思っていますけどね。

思考は自由、然れども舌に乗せるは自由にあらず。
品性を気にするならさらに自由は狭くなります。
さもなくば、人に品性を期待するなど全く不可能になってしまうでしょう?
2013/09/20 23:05 | fts [ 編集 ]

kenji先生

<逆に上陸させて、それから対応してもいいでしょう。空爆すればいいですから。

そいう意見を聞くと、ブログをやめたくなる。ブログは娯楽じゃないんです。伊勢
2013/09/20 21:46 | 伊勢 [ 編集 ]

逆に上陸させて、それから対応してもいいでしょう。空爆すればいいですから。
 尖閣は小さな問題ではない。中共を崩壊させることも可能な事案です。それは国連の崩壊、国連とは連合国の意味です。もともと中共は連合国ではないから、それは崩壊しているが連合国の中に核クラブがある。
 尖閣を餌に核武装宣言をしてもいい。
幾らでも対応方法はあるがそれには自らの生存の基盤の把握が必要です。
 尖閣は中共にとっても些細な問題ではない。
 冷静な計算にもとずく、度胸が必要です。
 
2013/09/20 21:22 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する