2013/09/27 (Fri) 尖閣海戦では、どちらかの潜水艦が制す
日中潜水艦比較 攻撃力は互角、探知能力・静粛性は日本が上

NEWS ポストセブン 7月10日(水)7時5分配信

 近代化著しい中国人民解放軍。果たして自衛隊の装備と比較してどちらが上なのか。軍事ジャーナリストの竹内修氏が解説する。ここでは“海軍”を比較する。

【ミサイル護衛艦(駆逐艦)】

 海上自衛隊のミサイル護衛艦「あたご」型(2艦配備)はイージス艦で、レーダーの探知、追跡能力が極めて高い。対空ミサイルによって防空するだけでなく、高性能ソナーを備え、対潜ヘリを搭載し、高い対潜水艦作戦能力を持つ。

 中国海軍のミサイル駆逐艦「ルヤン?級」はデータ上は「あたご」型に匹敵する能力を持つが、ミサイルやシステムにロシア製と中国製が混在するツギハギの艦で、実戦能力には疑問符がつく。

【潜水艦】

 海自の最新型潜水艦「そうりゅう」型(5艦配備)は、通常動力型として世界最大級(基準排水量2950t)で外洋作戦能力が高い。また、大気に依存しないで航行するための「スターリング機関」を海自の潜水艦として初めて搭載し、連続約2週間の潜航が可能だ。旧海軍時代から日本の潜水艦技術は非常に高く、「そうりゅう」型も通常動力型として世界トップクラスだ。

 中国の最新式通常動力型潜水艦「元級」(6~7艦配備と推測)も「スターリング機関」を搭載する。「そうりゅう」型と同様、魚雷の他に水中発射型対艦ミサイルも発射可能で、攻撃力は互角と思われる。しかし、ソナーの探知能力、動力の静粛性のいずれも明らかに日本のほうが上だ。

 また、原子力潜水艦「漢級」はかつて「割れ鐘を叩いているような」音を出し、容易に探知された。近年配備された最新艦はだいぶ改善されたが、依然として静粛性に劣る。

※SAPIO2013年7月







英語の読めるひとは以下の記事をよく読むように。伊勢

Kerry spells out policy on Senkaku Islands

Kerry-spells-out-policy-on-Senkaku-Islands 4.14.13

Published: April 15, 2013 at 2:11 AM

TOKYO, April 15 (UPI) -- The United States recognizes the Senkaku Islands are under Japan's administration but doesn't take a stand on their ultimate sovereignty, its top diplomat said.

Secretary of State John Kerry, concluding his Asia visit in Japan, commented on the East China Sea islands, which have become a source of serious territorial dispute between Japan and China. Tensions over their rival claims have led to violent protests in China and adversely affected their bilateral trade. The United States remains concerned that the issue should not get out of control.

Appearing with Japanese Foreign Minister Fumio Kishida at a news conference, Kerry said in his talks he reiterated U.S. principles governing the policy on the Senkaku.

"The United States, as everybody knows, does not take a position on the ultimate sovereignty of the islands. But we do recognize that they are under the administration of Japan," Kerry said. "And we obviously want all the parties to deal with territorial issues through peaceful means."

The U.S. visitor said any action that raises tensions or leads to miscalculations would affect peace, stability and prosperity of an entire region.

"And so we oppose any unilateral or coercive action that would somehow aim at changing the status quo," Kerry said.

Kishida said while Japan-China relations are very important, he explained to Kerry that Japan cannot concede on issues of her sovereignty.

"I stated Japan is calling on China to reaffirm our mutually beneficial relationship based on common strategic interest, and I explained Japan's door is always open to dialogue," he said.

Answering a question, Kishida said there is "stable relationship" between the two major economies in the region and that both countries need to promote from a broad perspective the mutually beneficially relationship based on common strategic interests.


伊勢の解説

ようするに、ジョン・ケリー国務長官は、「尖閣紛争にアメリカは関与しない。日中間で解決することだ」と言ってるわけだよ。実に、無責任じゃないか?沖縄上陸戦では、火炎放射器を用いるなどして大量虐殺の後に日本軍を武装解除し~沖縄の島々を占領し~それらを日本に返還したんじゃなかったのかね?この男をオバマは国務長官に選んだんだ。ということは、「オバマ民主党は、尖閣紛争では、日本を見捨てる」と言っても過言ではないだろう。安倍晋三は、59歳のうぶな男なんだ。阿呆の一種だ。伊勢平次郎 ルイジアナ

comment

fts先生

受け取り方なんだが、ソロスも、日本円の読みで大損しているね。さらに、藤巻さんの勤めた、または現在も関係するモーガン・スタンレーやJPモーガンは怪しい銀行です。スキャンダルに満ちた。ただね、「ハイパー・インフレ」の警告は傾聴すべきだと思うよ。ぼくは、「金融鎖国」は長く続かないものと思うからね。黒田さんが、「過剰国債の買い付けの危険」を知らないわけがない。伊勢
2013/09/28 22:18 | 伊勢 [ 編集 ]

藤巻某ですか。
個人的には全く信用に値しない者だと思いますが。
端的に言うと、危機だけを煽って喰ってる印象で、言動が当たった試しはないですから。
2013/09/28 22:01 | fts [ 編集 ]

みなさん

英語ブログを読んで下さい。伊勢

「日本経済が崩壊する費」藤巻健史
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
2013/09/28 20:46 | 伊勢 [ 編集 ]

おはよう、今、朝の6時。昨夜、血圧急に下げて気分悪く、飯食わず寝てたのね。今朝は気分好し。味噌汁で熱いご飯が食べたいな。

みなさんの討論を読んで、「日本人はまだまだ負けてはいない」と確信した。伊勢個人の意見だが、FTS先生に賛同できること多々。まず、韓国は放置するということに賛成です。放置は正しくはないが、「突き放せ!」ですね。慰安婦の嘘も、韓国人が反省するまでは、時間とエネルギーの無駄だと思うから一時休止。韓国問題というのは、精神病者を相手にするのとよく似ている。考えれば、考えるほど、どれだけの時間を失うことか?こと韓国、韓国人に関しては、伊勢爺は、「韓国人など存在しない」という姿勢なのだよ。つまり、「三文のクソの価値もない」と。

FTS先生のいう「脅威は支那だけ」が正確な指摘なんだ。兵隊が鉄砲を構える、、そのときに、標的を間違えてはならないでしょ?標的は、中国共産党軍です。尖閣着上陸戦はいつ起きるのか?安倍政権の期間だと感じる。なぜか?オバマに安全保障の考えがないし、弱い国内指導者。このネビル・チェンバレンのような政権が、あと3年も残るしね。

安倍晋三政権の最大の危険はね、その旗印の「経済再建」に失敗することなのです。ぼくは、現在進行中の金融緩和(それも恐る恐るの)~規制緩和~企業優遇・国民負担の税制~そこへ平和主義とやら、、どれも、日本の経済を再建するものじゃないと確信している。安倍晋三が強い決意を持った機関車であってもです。失敗の道を進んでいく。やがて、安倍晋三総理大臣は突然辞任する、、どうしてか?次回のエントリーにします。情緒上の反感を買うと思うけどね。役者の演技に酔う者がいるからね。伊勢
2013/09/28 20:23 | 伊勢 [ 編集 ]

>ftsさん
>どのように?
これは色々考えますが、我国の統治方法に及ぶものまで考えないと、見えない。一つは神武東征もう一つは幕府成立でしょう。
 今昭和の初めというより関東大震災から復興という、大正末期から対米開戦直前まで、色々調べた本を読んでいますが不気味に今と似ています。井上寿一氏の一連の著作です。
 父親に<お父さん、当時普通の人は誰もアメリカと開戦するとは思っていなかったのではないか>とたずねると、困ったような表情をして<実はそうだ。 対米開戦など、身のまわりにいた人、誰一人おもってもいなかった。考えたこともなかった。そのため真珠湾攻撃を聞いたときドキとした>と話しました。<世間では色々言われていたでしょう>と聞くと<ああ、デモそれは誰も本気で言っているとはとはおもっていなかった。酒の上での話のようにおもっていた>との返事でした。
 当時は社員と工場労働者と別れており、入り口も雇用もことなっていました。父親は社員でした、社員は会社が直接雇い、工場労働者は間に会社がはいっていて、そこから会社へ来ていた。
 今の派遣労働は新しい現象ではなく戦前に戻ったにすぎない。
戦後それがなくなたのは、労働運動もありますが別なものがなくして、再びその別なものがなくなったが為に、元へ戻ったにすぎない。 
 労働運動史を見るとおそらく労働運動の成果として書かれているでしょうが違います。大体我国の社会現象の因果論の記述は何か大きな事をいつもまちがえている。
 そのため、今、労働組合はなんら力を持っていない。戦前の労働運動の原動力と、戦後のそれとはまったく別なものです。 
 戦前の労働運動の目的は大東亜戦争の敗戦によって実現したに過ぎない。もっときつい言い方をすれば戦前の労働運動は大東亜戦争の敗戦を、それと意識しないで目的とした運動だったとkenjiはみています。

 再び自民党政権は自壊すると見ています。何でも韓国は船舶保険の引き受け手が無いと聞きますから、ソレデ十分ですがその始末がわが国へ来ることが大きな問題です。

>考えられる処方箋としては中共を解体して

これは核兵器を保持している軍隊がいますから、解体とは何処の軍隊が核兵器を維持するかです。ここがロシアとは大きく異なるところです。

 わが国は自壊作用をおこして、すすむと見ています。色々考えると恐怖感を覚えます。安倍首相はそれを持っているだろうか? 
 戦前史那大陸での行動がわが国に破滅をもたらすと思った人はいますが、それと似たような思いを持っている人がいるのか?
 河野洋平氏やその息子、また最高裁裁判官などはその危惧をまったくもっていないことだけは分かります。そのため、その逆の反映として、亜米利加はいつまでも強大で、変わらないと思っていることになります。

>朝鮮なんてまともに相手にする必要はありません。
完全に輸出を切れば死にますし、現状放置でも死にます。

これは始まっていますが、問題は朝鮮国内での騒乱は難民の流入が生じます、これをどのようにするかです。
 皆海に沈めばいいですがそれは無理でしょう。これも手を思いつかない。

>貴殿との対話で私が感じるのはそのビジョンがあるのかな?と思わせられる点です。

 これはありません。国民の被統治思想が問題です。これは神武東征と幕府成立について知る必要があるところまで分かっていますがその先となると、ちょっとです。明治維新の再考も必要です。
 大東亜戦争で変わらなかったものが今大きな問題となって現れていますが、その変わらなかったものが何であるかが認識していない。しかし気が気ではないですね。
2013/09/28 18:28 | kenji [ 編集 ]

kenji様。自民党政権をかえるのではなく自民党内にいる媚中韓派を取り除くのが重要ではないのですか。?

現在の安倍総理はたしかに選挙前の公約のうち経済再生を最優先に掲げていて他の公約は今のところ日本を取り戻したい保守の期待するほどの成果はでてはいないと思いますが自民党内にも安倍総理の敵がいることを考えればそう簡単に事を進める事ができない事もあるのでしょう。

とにかく日本は話し合いのテーブルを解放しているが拒否しているのはシナ、朝鮮である事や彼らの主張が嘘である事を国際社会に知ってもらうための活動は大事であるし、できれば日本人でありながら反日工作をシナ、朝鮮と一緒に行うような売国奴の掃除をもしなくてはなりませんよね。

その為にも私達日本国民の覚醒が必要になるわけですし果たして安易に安倍たたきをして良いものかよ~く考える事が必要でしょう。人事に関しては褒められぬ部分もありと思いますが。

2013/09/28 18:27 | 一有権者 [ 編集 ]

kenji 様

朝鮮なんてまともに相手にする必要はありません。
完全に輸出を切れば死にますし、現状放置でも死にます。
脅威は支那だけです。
前大戦と同じ構図で、政権維持・権力構造の維持を目的にして戦争を始めますから対処が非常に厄介です。
考えられる処方箋としては中共を解体して、分割の上で、相争わせるのが日本にも周辺国にも都合の良い構図ですが、それが可能な機関が存在しないのが一番の問題ですね。

>自民党政権はやはり変える必要があります。

どのように?
貴殿との対話で私が感じるのはそのビジョンがあるのかな?と思わせられる点です。
現状認識のみであればそれはそれで構いませんが、せっかく対話するのですからその点についてもお話しできればと思いますが。
2013/09/28 14:14 | fts [ 編集 ]

>ftsさん

ご指摘のことがおきます。仮に亜米利加と共同作戦をしても起きます。シリア、イラク、ウイグル、チベット、チェチェン、ベトナムと目の前で見ていながら、日本人の現実認識はかわらない。
 戦前の戦争指導においてもおなじで、特に昭和の初めにおける史那の行動についても、何も見ていないのではと思うことが平然と述べられています。
 奇妙な道義、今で言うと<国連外交>といった言葉につられて、本気かどうか不明な言動を実際にします。
朝鮮、中共とは私は戦争の目だと見ています。
当然核兵器で恫喝してきます。戦前、亜米利加との戦争を言う人に、ソ連から攻撃を受けた時どうするというと何故か皆それについては考えずに対米戦争をします。
 調べると最後までロープを自分でにぎって、ロッククライミングをするのではなく、奇妙に外からなにかしら、ロープが来ると思うような思考をします。 
 これはおそらく、我国の色々な設計において、現れる現象だと思う。
最後まで、つまり崩壊する姿まで考えずに作ったままでお仕舞いということです。それ以後を考えないというか、考えられないというか。わかりません。

 どうにも世界認識が狂っているというか、歴史的というか、わかりません。
 世界は作る(天地創造)ではなく、既にあるものとしてみる世界観とでも言いましょうか、妙なものです。
国内いる史那人は便衣隊ですから、やっかいです。この準備が整った時、尖閣へ侵攻するでしょう。
 先日NHkの天気予想をみていたら、対馬が表示されていませんでした。そのとき南朝鮮は対馬へ侵攻するでしょう。
 自民党政権はやはり変える必要があります。
2013/09/28 13:34 | kenji [ 編集 ]

ケリーは個人的には国際原則たる「自国防衛は自前で」を持ち出してきただけだと感じますが、それまでの経緯が悪すぎです。
それを言い出すなら、自前の核武装を要求するべきでしたね。
敗戦後に徹底して日本人の牙を折っておきながら、この期に及んでの手の平返し。
アメリカがそれをする前提なら、いっそのことロシアにすり寄ってインフラ破壊の上で九州までくれてやれと思わないでもない。
警察予備隊を結成させたときにもっと危機感を煽るべきで、9条にも物申すべきだった。

ともあれ、持っている以上支那は核を使ってくるでしょう。
どこが的になるかは判りませんが、本気なら、沖縄・横須賀に撃ち込んで、騒いでいるうちに沖縄・九州と獲っていく。米軍が騒ぐ隙を与えない。

国連が無意味な組織になったことはイラク以降周知の事ですから、日本政府がすべきことは、国民に向かって覚悟しろ、飢えろ、死ね、政府をあてにするなと告げることです。
戦闘以外に死者も多く出るでしょう。国内の支那人は全て工作員ですから。
露助も北海道を取りに来るでしょうから、どこまでが本土として残るやら。

米国が手出ししない姿勢を打ち出すというのはそう言うことですよねぇ。
2013/09/28 12:30 | fts [ 編集 ]

毎回、拝見させて頂いています。
香港に住んでいますが、こちらのニュースでは、昨日、今日と安倍首相の演説をほかのニュースより時間を割いて放送しています。
中国にとっては痛い一発だったのかなと思います。

2013/09/28 10:57 | sawada [ 編集 ]

みなさん

ケリー、オバマ、わが総理大臣の安倍、、どれも、自分の身がかわいいだけだよ。だけど、マケイン上院議員(米国国防委員会のひとり)や保守論客のカプラン、ケイガンとその妻のビクトリア・ヌーランド(国務省スポークスウーマン)は、尖閣の重要さが理解できているのです。尖閣を奪われると、台湾を失う。台湾を失えば、南シナ海も、東シナ海も中国海軍が制海権を握る。次は、第二列島線に及んで、グアム、テニアン、サイパン、ハワイ諸島まで、中国の潜水艦のミサイルの射程に入る。単純な国家計画だ。日本人は、米軍に殺され~壊され~守られて、、共産党という病の集団が理解出来ない。中国共産党は、もはや、貧乏人の味方であった共産思想の集団ではない。毛沢東が戦った「帝国主義」になっている。他国を侵略する思想には変わりはないのです。安倍晋三の資質では、中国共産党の相手にもならないね。オバマを説得する能力すらないからね。そうでしょ?伊勢
2013/09/27 23:24 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢様、私は以前ケリーはどちらかといえば親中派で信用できないとお話した記憶があります。
まぁ彼は米国国務省の長官であり米国の国益第一に行動するでしょうから日本としては日米同盟の深化とともに早急に自国を自国で防衛する体制を整備しなくてはなりません。

それにしても民主党という政党は日本も米国も私にはどうも虫が好きません。日米が多大な犠牲を払わずに避ける事ができたはずの大東亜戦争もFDルーズベルト率いる民主党政権、日本は言わずと知れたあの恥さらし鳩山、菅、野田や悪代官顔した小澤が有権者を騙して売国政権を3年3ヶ月続けた民主党。

さて安倍総理が国連で直接名指しはしなかったが軍事力増強を続けるシナを牽制する発言をしたが早速シナ報道官が日本があれこれ言う資格がないと一蹴したそうです。
その言葉そっくり返してやりゃ良いが日本の害務省は言わないだろう。しっかり言うべきことをやり日本防衛の施策を行う事でシナやシナの属国化へ擦り寄る韓国への牽制になるのに何故日本政府や省庁はやらないのか。
全くどこの国の政府、省庁なのか本当に腹立たしいものです。
2013/09/27 22:26 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する