2013/10/04 (Fri) 日米防衛相会談・尖閣に言及したが
hagel and kerry 10.3.13

翻訳する時間がない。英文を読む習慣をつけよう。伊勢

TOKYO - The United States and Japan moved Thursday to modernize and expand their defence alliance to counter new challenges, including a nuclear-armed North Korea and potential aggression from China over disputed territory.

In the first update to the defence partnership in 16 years, the allies agreed to position a second early-warning radar in Japan within the next year to help protect against North Korea. And by next spring, they will deploy new long-range surveillance drones to help monitor disputed islands in the East China Sea, a move that may well raise tensions with Beijing.

U.S. Secretary of State John Kerry and U.S. Defence Secretary Chuck Hagel and their Japanese counterparts also put a price, for the first time, on what Japan will contribute to the relocation of Marines out of Okinawa to Guam and other locations in the Asia-Pacific region. Japan will pay up to $3.1 billion of the estimated $8.6 billion cost of the move, which includes development of new facilities in Guam and the Northern Mariana Islands.

"Japan is changing, and so is its neighbourhood," Kerry told reporters after the meeting. "So we're coming together now to modernize our deep co-operation, through both our military alliances and our diplomatic partnerships, and that is so we can better prevent and respond to the ever-changing threats of the 21st century."

The deep neighbourhood divisions were underscored, even as the meeting occurred, when a new naval exercise among the U.S., Japan and South Korea scheduled for next week was disclosed, provoking the National Peace Committee of Korea to condemn the exercise, which will include the USS George Washington aircraft carrier and its strike group, as reckless saber-rattling.

The new X-band radar system is designed to protect the region against the North Korean threat, boosting Japan's ability to track and intercept missiles from across the Sea of Japan. Officials have stressed it is not directed at China. Kerry acknowledged the threat from Pyongyang, but he also said the U.S. was willing to sign a non-aggression pact with North Korea if it gives up its nuclear weapons and complies with international demands.

The drones, meanwhile, are intended to help step up surveillance around the Senkaku islands, a source of heated debate between Japan and China. While the U.S. has operated unmanned aircraft over Japan in the past, for example during the 2011 tsunami, this would be the first time that drones would be based on a U.S. base in Japan.

Hagel said the U.S. reiterated that while Washington takes no side on the question of the islands' sovereignty, it recognizes Japan's administration of them and has responsibilities to protect Japanese territory under a mutual defence treaty.

"We strongly oppose any unilateral or coercive action that seeks to undermine Japan's administrative control," he said.

China's Foreign Ministry did not immediately respond to a request for comment Thursday, which fell during a weeklong national holiday. Beijing has criticized the installation of the first military radar system, announced last month, to monitor Pyongyang's military activities. Foreign ministry spokesman Hong Lei then said the plans could affect regional stability and upset the strategic balance.

The U.S. has watched warily as the Senkakus issue has badly soured China-Japan relations and led to bellicose talk and actions from both sides. China has increased patrols near the islands that it calls Diaoyu.

Successive U.S. administrations have maintained that the two nations must sort out their differences over the Senkakus peacefully. U.S. officials said the position was so well-known that there was no need to address it directly in the documents agreed upon Thursday.

Japanese Foreign Minister Fumio Kishida said the overall security environment "has become increasingly severe." He added, "We are decidedly opposed to the attempt to change the status quo through coercion. Rule of law is critically important."

Kerry said the U.S. continues to have frank discussions with China, laying out "lines that shouldn't be crossed." He added that "a rising China is welcome as long as that China wants to engage according to international standards."

The islands, also claimed by Taiwan, stir a depth of nationalist passion that belies their size and remoteness. They are located roughly midway between Taiwan and the southern Japanese island of Okinawa and cover a total area of just 2.3 square miles.

A senior U.S. official said the new radar, which was initially announced by then-Defence Secretary Leon Panetta about a year ago, will provide better coverage in the event of a North Korean attack. One of the X-band radar systems is already positioned in northern Japan, but the official said the second one, to be located in the Kyoto Prefecture, will fill gaps in coverage.

The official said details about the deployment of the U.S. Global Hawk drones were still being worked out. The plans also included deployment of F-35 jet fighters for the Marines around 2017. And for the first time, the U.S. will deploy Navy P-8 anti-submarine aircraft outside the U.S., sending them to Japan later this year.

More broadly, the 10-page statement signed by Kerry and Hagel was designed to improve military and diplomatic relations with Japan while working to reduce America's troop footprint on the island.

The U.S. force of 50,000, particularly troops in Okinawa, has increased tensions between the two nations over the military's land use, crimes committed by service members and disruptions by military flights in the heavily populated region. Under plans announced last year, about 9,000 Marines stationed on Okinawa will be moved out, with 5,000 going to Guam.

___

Associated Press writer Didi Tang in Beijing contributed to this report.


尖閣は日米安全保障条約が適用されるという立場は明確だ

小野寺防衛相は3日午前、アメリカのヘーゲル国防長官と防衛省で会談し、中国当局の船による領海侵入が相次いでいる沖縄県の尖閣諸島について、「力による現状変更を認めない」と表明し、日米両国の立場をあらためて確認した。

会談で小野寺防衛相は、尖閣諸島について、「力による現状変更を認めない」と述べたうえで、「日本は変わらず自制的に対応している」と説明した。

これに対して、ヘーゲル長官は、「尖閣諸島が日本の施政下にあり、日米安全保障条約が適用されるという立場は明確だ」と強調した。

また、政府機関を標的にしたサイバー攻撃に共同で対処するため、連携を強化する方針で一致し、審議官級の作業部会を設置することの重要性を確認した。

会談後、ヘーゲル長官はケリー国務長官と共に、東京・千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れ、献花を行った。
アメリカの閣僚の訪問は、初めてという。






伊勢爺さんの失望

読者はこられているんだが、コメントが少ない。子供のように、押し黙っている。つまり「フィードバック」がないわけだ。アメリカ事情をを無料で提供して、7年と5ヶ月が経った。伊勢爺は、いささか疲労感を覚えている。隼速報を閉鎖するか?近日中に決めることにしている。伊勢平次郎 ルイジアナ



comment

両先生へ

まことに仰るとおりなんだが、肝心の日本政府に国民の声が届かない。自民党は、政権を自分たちだけで取り返したと勘違いしている。もう、傲慢を通し始めた。在米邦人の伊勢らは、苛々しないが、日本に住まれている有識者は気が狂うほどだと思う。ぼくは、アベノミクスは賭博だとしている。来年の米経済は暗雲が垂れ込めている。支那のおかげで、日本の軍事費が高騰するよね?そこへ、消費税を?企業優先、国民負担か?う~む、、伊勢
2013/10/07 18:42 | 伊勢 [ 編集 ]

私達日本国民は呑気に戦争など起こらないと考えているのかもしれません。
もしかしたら動物的本能で何らかの漠然とした不安を覚えながらもそれを否定して今の社会に溺れているのかもしれません。
非常に危険であると思わざる終えません。東日本大震災ではまさかあそこまで津波が来るとはと思っていた人が多くおりまさに高を括っていた人達とまた非難を必死に呼びかけ、あるいは助けていた人が多く亡くなられました。

何時何が起きるのか判りません。ましてや日本の隣国は都合の悪い事は全て日本と日本人の責任に擦り付けるような国々である事を何故理解し日本国を守り未来の世代に引き継ごうとする動きを先頭に立つ政治家や役人はもとより日本国民が理解しないのか。?

歴史から何も教訓を学んできていないという事でしょうか。自国や他国そしてその他国との歴史の事実や真実を知ろうとしないで耳をふさぎ目を閉じているようでは早晩悲劇が我が国と我が国国民の身の上に降りかかります。
多くの悲劇や犠牲という大きな代償を払うまで現代日本人の心は目覚めないのか。海外に居住された経験を持つ日本人の皆さんで知りうる限りの人の話では、あまりにも外から見た日本は危うくてとても見ていられないほどと異口同音にお話なさいます。

私もあと何年寿命があって生きているのか判りませんが、情けない日本国と日本人の姿を見るのは真っ平ごめんです。
2013/10/07 17:21 | 一有権者 [ 編集 ]

>どこから得た情報ですか?

二次情報です。出所は
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/
 です。このような情報はかくべきではないですね。失礼しました。
紹介したサイトの主は東京の憲政会館で偶然会ったことがあります。
 ごく普通の人で、どのような仕事をされているか知りませんが、世俗的にいうと右翼運動家ですが、そのブログを読むと違うと思います。
 私が思うに韓国とわが国は似た要素があります。
戦後の韓国をつくたのは、アメリカと日本で、戦後の日本をつくったのはアメリカです。
 その上両国とも内容は異なりますがそれぞれの国民にうそというか、いい加減な事を教えて、それでいて外国にはそれとはまったく異なった行動をしています。
 従軍慰安婦についての韓国政府も韓国内でおしえることと、国外にすることとが同じ基準でしているようだが、内実は韓国的に違う。
 TPPに対して政府が国民に報道させることと、実際にすることが時間的に異なっていき、最終的には国内ではじめに報道、ないし述べたこととは異なることをする。
 いずれも外国に対する行動ですが、ここに奇妙な類似性があり、これが両国政府の親和性をもたらしていると見ています。
 その中で、南北朝鮮との断交を主張するわけですから、愛国運動ではありますが、国内的には反政府運動となり、警察の対応もそれに順ずるものとなります。ただ現場の警察官はそのおおくが異なります。
 <上が狂っている>と口にはしませんが大きな疑問と<これでいいのか>という危機感はもっておられます。
 安倍政権はご指摘のとおり、経済問題でつまずいて、退陣すると私も見ています。戦前の軍部に寄りかかった政治家たちと同じとみて、危惧を抱いています。経済大国だから多少のことはといった意識です。
確かに当時のアジアにおいて帝国海軍および陸軍に匹敵するものはありませんでした。
 それと似た意識が政府にはあるようです。

 アメリカがデフォルトしたら、わが国が保持するアメリカ国債は不良債権となると思いますが、一大事でしょう。しかしその意識はない。
 日米通商条約廃棄と同じことだと思いますが、石油の輸入は何で決済するのでしょうか?
 いずれも素人ではわかりませんが困ることはわかります。

 多くの日本人は普通に考えられなくなり、する事という言う事がかみ合っていないことにきずいていないのか、それをかみ合うように行動か言う事を替えなければならないがそれもできないようです。

 増税すれば経済は落ち込みます。ソレガ拡大すると本気で見ているのか?違うと思います。とにかく考えて言う事とする事がばらばらであることにすらきずかず、自身がしている行動とその影響を把握できないようです。

 わが国共産党の憲法第九条に対する言動を見ればそれが如実に現れています。
 いい見本です。アレが現代の日本人です。ただ経済活動を地道に行っているから持っているにすぎない。
 安倍首相がミャンマーへの政府債権6000億をチャラにしましたが、税金を国会の承認を得ずにチャラにできるとはありえないでしょう。しかしそれができるから、韓国への援助に群がっている日韓両国の政治家たちは、同類でしょう。すでに10兆は超えているのではと思う。覚えているだけでも、60億ドル。100億ドル、200億ドルでした、そのほかにもあるはずです。為替相場その時々において異なっています。
 いずれにしても現在ある反韓国運動、反朝鮮運動は天王山でこれがつぶれると、その先は悲惨だと見ています。子供たちが困ります。
2013/10/07 12:28 | kenji [ 編集 ]

kenji先生

あなたとも別れたくないです(笑い)。ぼくは、「韓国とは、北朝鮮と同様に、限りなく国交断絶に持っていく」ことが好ましいと信じている。朝鮮半島の人間のやることは、全てがおぞましいから。

<安倍氏はパチンコ業界の令嬢の結婚式に参加したようです。朝鮮との結びつきは深いものがあり、彼の深層心理には反米意識がある。

どこから得た情報ですか?日本の政治家の反米意識や思想を、米国務省{駐日大使館)は把握している。現在の安倍政権は、伊勢のようなアメリカに住む愛国者を敵に廻している。世耕には、20通のメールを官邸に送ったが、うんとも、すんとも返事はないです。中には、重要なものがある。ぼくの提案を盗んで、ワシントン・ポストと契約すれば、ワシントンの裁判所に訴えます。伊勢爺さんは、ネットワークが広く、アマゾンの株主であり~アマゾンから出版しており~マケインさんは、伊勢の英語ブログを読んでくれているし~、アーミテージさんとも繋がりがあるからです。世耕には、「在米邦人を侮ってはならない」と通告してある。英語ブログに、「信用してはならない日本の指導者」というエントリーも書けるよ(笑い)。伊勢爺は、「反逆者」だから(笑い)。伊勢
2013/10/07 10:05 | 伊勢 [ 編集 ]

fts先生

<シビアに捉えれば、現状の甘えた性根の日本人が変わるには訴えるだけではダメでしょう。食えなくなるだけでもまだ甘い。人は死ぬ物だって事を忘れているような団塊が増えすぎました。

まことに、その通りです。自分にも当てはまります。基本は、「生存競争」ですから。「生存して、勝つ」という決意のないひとを相手に、つぶやいている暇はないですね。自分の生存まで危うくなってしまう。

「閉鎖は考えなければならない」と妻に言っています。閉鎖とは、読者と別れるということです。「意見もないひとたちとは、別れたほうが良い」と思うからなんですね。つまり、「意見を持っておられるひとたちとは、別れないほうが良い」となる。

在米46年のぼくには、古今の日本の指導者が信頼出来ないのです。当然、アメリカの指導者にも賛同不可能です。どれも、「カネと権力」の亡者ですからね。ステーツマン面だけはしているけど。

現在の自民党政権であっても「国民を欺いている」と思う。それでも、国民が「これでいい」と言うなら、それが、民意というものです。外野席のぼくが下がるべきなんです。つまり、「日本の命運は日本人が決める問題」と思うようになった。

大分、考え方が整理出来た。ブログのミッションを絞って、出直すことだと思う。たとえば、「アメリカの投資環境」とかね。あなたのような、インテリジェンスにしか理解されないけどね(笑い)。伊勢
2013/10/07 09:38 | 伊勢 [ 編集 ]

>人は死ぬ物だって事を忘れているような団塊が増えすぎました。
人死に沿った世直しはこんな世なら意味があるかも知れないです。

 同感です。街頭運動にでても、ほとんどが無関心です。
教育委員会に対する運動がいいのではと思っています。
街頭で教育委員会への訴えをすることです。
 昨日ものみやで、知人に、<ここでは支那人の悪口をいてもいいが、他では気をつけよ。といわれました。<それでは支那人が増徴する>というと、何でも新宿で日本のやくざが支那人のやくざに拳銃で話し合いもし無いうちにピストルでころされたことがある>とこたえた。
 確かに飲み屋で<朝鮮人、支那人の悪口を言うことは、はばかられている。それがわが国の現実でしょう。しかし言い方があるから、それでいうコトニしている。
 今国内で反韓国運動が行われているが、これがつぶされれば、さらに彼らは増徴するから、一種の天王山にあると見ている。
 安倍氏はパチンコ業界の令嬢の結婚式に参加したようです。
朝鮮との結びつきは深いものがあり、彼の深層心理には反米意識がある。
 
2013/10/07 09:32 | kenji [ 編集 ]

伊勢 様

お疲れのようですね。
以前から仰っていたように一度完全にお休みされてみてはいかがですか?
その上で、ここが議論の場となるか愚痴を吐くだけの場となるかを見てからでも判断は遅くないかと。
実際、アメリカの生の声や様子はその気があれば仕入れられますよ。
私にとっては伊勢翁の視点が貴重に思えるだけで。
とにかくご自愛くださいませ。

シビアに捉えれば、現状の甘えた性根の日本人が変わるには訴えるだけではダメでしょう。
食えなくなるだけでもまだ甘い。
人は死ぬ物だって事を忘れているような団塊が増えすぎました。
人死に沿った世直しはこんな世なら意味があるかも知れないです。
以上極端な私見ですが。
2013/10/06 23:48 | fts [ 編集 ]

<警察官に捕まっていたし、、危ない団体の方が活発です。

「慈善運動をやれ」とは言いませんが、日本社会では、良心は利用されると?それは、「他人を信用してはいけない」と言い換えることが出来るね。つまり、「疑心暗鬼」のほうが強くて、「コメントもなるたけ書かないほうが無難だ」となるのね。だが、臆病は社会そのものを破壊する。「困難を乗り越えて道を切り開く」という勇気よりも、「現在の状態でいい」という改革に消極的な道を選ぶ。つまり「闘わないほうがいい」と。これは、日本の社会が老化に向かっていることを示している。たぶん、あなたとぼくの対話にも意見はないでしょう。伊勢
2013/10/06 11:23 | 伊勢 [ 編集 ]

自衛隊海保はわかりませんが、警察だと警友会というのはあるけど、
元警察関係者とその家族の狭い範囲での単なる内部広報誌かもしれませんね。
確かに見当たらないですね。やはり先の戦争でのGHQの意向と戦前の特高警察や検閲の嫌な思い出の方が多いのでしょうか
東京の警察博物館に警視庁警察官なら明治の(西南戦争)はないのですが、それ以降の殉職警察官の事件のあらまし、その上の階は今回の東北福島のが展示はしてありましたが それら警察官の募金とかありませんよね、交通遺児のはあっても、、殉職警官の子息は警察官になれません、かわいそうです。外事警察や潜入捜査官などは経歴や活躍なんてだせないのだろうな、、日本はチャリティに厳しいですよね、約20年前明治大学前で募金集めてたのは、ポルポト支援の過激派のものでしたし、この前上野駅で募金を集めてたのは表向き福島がと言ってましたが
警察官に捕まっていたし、、危ない団体の方が活発です。
2013/10/06 08:17 | 日本は米英情報ネットワークの元、中韓に監視されています [ 編集 ]

< 日本は米英情報ネットワークの元、中韓に監視されています、、様

ぼくを陰から応援してくれる心の熱い人々を想うと、閉鎖はぼく自身の心が痛む結果になると思う。ただ、あなたのように、轡(くつわ)を並べて、同じ道を歩む人々と生きたい。コメントがないと、何を理解しているのか~賛成か、反対かもわからないので、「意思なき民」だと感じて、「ひとり踊り」となり、やがて、日本を想うぼくの情熱まで冷めていく。

例えば、ぼくが何かの運動を始めたいとする。自衛隊と海保を側面から支援する「武器なき私兵団」とかね。実に、これアメリカには多いのよ。特に、事件で犠牲となった警察官の家族の支援(経済的)です。お子さんたちの教育費が主のようですが。軍人会はまったく前軍人が「全米在郷軍人会」というか、でっかい組織が1812の英国からの完全独立後からあるよ。日本も、日清日露~その後の二大大戦と在郷軍人会はどうなったの?靖国に参拝すらせん現代日本人の貧しい心、、第二次大戦後の「安い平和主義」がここまで浸透した。総理大臣にまでね、、嗚呼!

隼を閉鎖するかどうか、意見が不足です。意見がないということは、「どうでもよい」ということでしょう。伊勢
2013/10/05 22:42 | 伊勢 [ 編集 ]

防衛省に行かれた後でしょうか。靖国前は通り過ぎて墓苑前から千鳥ヶ淵へ行かれたみたいです、警備が少な目、ぶっちゃけ対向車線から飛び出されたら終わりですよ、、、天皇陛下のお車もいつもそうなので同じですが、、要人警備も甘い国です、、元大臣も国会前の横断歩道を信号無視して走ってわたったりしてますから、、

伊勢さん閉鎖はしないでください、なにせ全然メディアに流れてないです、尖閣だって流れない日の多い事、沖縄県知事たちが、琉球に戻って中国人名を名乗ろう運動も、東京メディアは全然流しません
民放すべてに韓国メディアが間借りをして監視してますし、在中支局が人質です、NHKはなおさら、、外電はCIA支局の時事共同通信経由以外
流せないようですし、、零細出版社でさえ中国の威圧と監視があるようです
2013/10/05 19:00 | 日本は米英情報ネットワークの元、中韓に監視されています。 [ 編集 ]

は、は、は 朝鮮半島は放置できないが、限りなく断交に近い関係を続けるべきだ。米韓日の合同演習?やめとけ!

査証制限を何故、安倍氏はしないのだろうね?靖国に放火~対馬の寺から仏像を盗む。自民党は、韓国ロビーからカネを貰っているのかな?カミサンが韓国狂いだって。どうでもいい気もするけどね。伊勢
2013/10/04 21:49 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢さん
>SELF・PITYという。この精神状態は、他人が救うことは不可能。

ユダヤ人にはこの感覚は無いのではないでしょうか。
彼らは自己憐憫をしていたら、滅亡していた歴史を持っていますから、逆に其れは無いと思いますがいかがでしょうか?
 その意識はむしろ日本人につよいのではと思います。

 朝鮮人は李朝時代の朝鮮をまず知ることです。驚くべきことがあります。彼らは水車を作れなかった。したがっておけも作れなかった。
 まあネットで知ることになりましたが、
そのほか新羅時代の初期のころの王様は当時の倭人だったということなどです。調べれば調べるほど、朝鮮が先進地域であることは誤りではないかと思います。
 

>わんわんさん
大東亜戦争が敗戦に終わってもこれだけ繁栄したから、逆に戦うことは無意味だという認識があります。あくまで310万人の戦死があって、の敗戦だという認識が抜けています。これが命取りになる気がします。
 <310万人の戦死があっての降伏で、それあっての戦後の繁栄>と認識がどこにもない。
 靖国神社は慰霊の場所ではなく、戦いに赴くとき、行く場所です。
靖国の人々は慰霊など要求していないと思う。
ただ靖国神社の経緯は違いますが大東亜戦争前にはそのような場所となっていたと私は思う。
 
2013/10/04 20:34 | kenji [ 編集 ]

わんわん先生

良心のある人間なら、避けられる戦争は避けたい。朝鮮民族というのは、精神病患者なんだね。ユダヤ民族にもそれが見える。共通点は、自分がかわいそうで仕方がないのです。SELF・PITYという。この精神状態は、他人が救うことは不可能。

一方、漢民族は、上も下も、「何でも、自分の利益になるなら正当化する」という思想を持っている。「権利」だと思っているr。だから、漢民族とは戦争になる。

<攻められても「戦争反対」とか言い出しそうです。(笑)。思いたくはありませんが、日本の牙はとっくに無くなっているのでは…と。あー、やだやだ(笑)。

安倍晋三総理大臣を観察していると、「嫌々、戦争をする」という印象がある。それでは、始めから負けている。本人に「自分は総司令官である」という自覚が足りない。伊勢

2013/10/04 18:06 | 伊勢 [ 編集 ]

中国と特に韓国とは一戦交える可能性があるかな…と考えることはあります。
竹島は事実上韓国の支配下にあるわけですし、今後、例えば対馬や尖閣を彼らが武力を持って奪う行動を起こした時、日本は戦うと決めることができるのか不安になりますね。攻められても「戦争反対」とか言い出しそうです。(笑)
思いたくはありませんが、日本の牙はとっくに無くなっているのでは…と。あー、やだやだ(笑)
2013/10/04 15:22 | わんわん [ 編集 ]

>国家が脅威に面するときって、そんなもんです。いきなり、こうなったわけじゃない。ここまで来るのに、長い年月の怠慢の蓄積がある。大きくなり過ぎた「ゴミの山」を想像してみてください。アメリカもですね

 同意です。開戦責任は東条英機にあるのではなく、それまでのわが国の外交の結果だと見ることです。

 今回の協議を幕末の交渉や、その後のアメリカとわが国の交渉の歴史の一こまとしてみるなら、何が見えるでしょうか
 日米は必ずしも友好状態ばかりではなかったが、おおきな衝突は生じなかった。
 一応日露戦争がターニングポイントでしょう。
その後はわが国との軍縮交渉をアメリカは主導した。
 ワシントン軍縮会議以降、日米は軍縮交渉はしても、。軍備拡大の交渉はしなかった。戦争は大きな軍縮交渉でしょう。 其れは戦後の現象で、しかもその交渉はアメリカの軍事戦略の元における軍備拡大の交渉でしたが、今回は基本的に異なる。
 日本独自の軍備増強が必要な交渉でしょう。
しかもその契機はアメリカの軍事予算が不足するからという、アメリカの要因が主です。あくまでわが国は、あなた任せの軍備増強でしょう。
 ここを替える必要がありますが、それにはわが国の生存条件と国体をどのように認識しているかです。
 私も基本物資、特に食べ物はある程度持っています。また燃料も持っています。シーレーンが途切れても、まず三月は持つようにしてありますが、普通の家庭では女房の腕によるでしょう。
 中共が<尖閣は中共の領土だ>といい始めたとき、その将来の姿を想定して、行動をすることですが、どうもわが国政府は、外国の発言を聞くということがわかっていないようです。外国の行動は何を意図しているかを考えないようです。
 この精神的態度は調べたがわからない。外部認識能力と予想能力のことです。

韓国、中共の教育を見ると、何が起きる可能性があるかは、わかるはずですが、<内政干渉>はしないといいながら、外国の干渉は受けいれるという、矛盾した行動をしているにもかかわらず、それを認識しない。

 韓国とはもう戦争しか目は無いと私は思っているから、公然とではなく、隠然と確実に韓国とは戦争だと認識して、外交交渉および国内整備ををすることです。朝鮮は独自にわが国を攻めたことはあるが、其れは本格的な進攻ではない。あったのは大国の一部分としての戦争ですから、韓国との戦争はそれだけではすまない。
 イスラエルがイラン攻撃をしたときが始まりでしょうね。
第三次世界大戦へ向かっていると私は思う。
2013/10/04 13:31 | kenji [ 編集 ]

サンジェルマン先生

今日は一日中寝ていた。重量上げで右足のくるぶしを捻挫。歩行器なく、トイレにも行けない。強力な鎮痛剤で痺れ、船酔い状態で気分悪い(笑い)。

そうなんですね、ヘーゲルさんも、韓国にはっきりと言わない。クネですか?相手にするには、あまりにも、子供だからでしょう。

<・・それはともかく、アメリカは尖閣紛争後の世界を安易に考えていると思えるのは私だけでしょうか・・?

ぼくの最も心配するところが貴兄と同じなんです。尖閣紛争で中国が竹島のように「中国領土」と石碑を立てて、五星紅旗を翻すとき、アメリカの防衛ラインが第二列島線に下がることを意味する。

問題は、アメリカが直面している財政大削減です。ご周知、政府の一部は停まっている。10月17日までに、「国債上限の引き上げ」を決めないと、国債を売ることが出来ない~米財務省のキャッシュが枯渇して支払い不能となるのです。デフォルトですね。さっき、IMFが警告を出した。今、希望が出ている日本も破綻するだろうと。

「貧すると鈍する」という。だから尖閣は、リップサービスだけです。中国は「尖閣は日米安保の範囲、、」を無視することが可能なんだ。尖閣が有事になるとき、日本も、全く無罪じゃない。2007年の安倍第一次内閣やその前の小泉内閣は、尖閣なんぞと軽視していたから。福田、麻生さんも何もやらなかった。逆さまに中国に間違ったメッセージを出したよね。今になって、流血を覚悟しなければならない。国家が脅威に面するときって、そんなもんです。いきなり、こうなったわけじゃない。ここまで来るのに、長い年月の怠慢の蓄積がある。大きくなり過ぎた「ゴミの山」を想像してみてください。アメリカもですね。伊勢
2013/10/04 09:14 | 伊勢 [ 編集 ]

意外に韓国にアメリカ人というのは、はっきりいわないのですね。
「韓国が日本と喧嘩や仲良くするのも、アメリカの国益損なわない
範囲内で行いなさい。」

・・それはともかく、アメリカは尖閣紛争後の世界を安易に
考えていると思えるのは私だけでしょうか・・?
2013/10/04 08:04 | サンジェルマン [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する