2013/10/17 (Thu) ドル安・株安・米国債安
ドル売り、ゴールド買い

dollar image

米国債上限引き上げの期間が2月7日(4ヶ月)までとなり、オバマは署名した。この16日間の政争により、米ドルはユーロに対して、0.7%下げ~米国債の金利は、4ベース下がり(10年もの、2.66%)~そして、「いまや、米連銀は国債買い付けを鈍化させないだろう」と言う声が大きくなった。 つまり景気刺激政策が続く。ユーロ圏の株価は下げた。ドイツ国債バンドは、ベース下げて、1.89%。ゴールドは、2%上昇して、1オンスが $1,307.84。今朝のNY株も下がる兆候を示している。

「米連銀は来年の正月過ぎまで、国債を買い続けるだろう」とオーストラリア・ニュージーランド銀行グループ。「株式市場は注意深く動くだろう。米政府は債務問題を先送りしただけだから」と経済アナリストたちは異口同音なのだ。(ブルームバーグ)


伊勢の解説

米国債10年ものだが、この16日間は利回り2.7%まで上がっていた。これは、米歴史上最高なのだ。各付け会社が「米国債要注意報」を出したことが原因で、200億ドル(20兆円)の国債が売れなかったからだ。売れないからどんどん利回りを上げていく。欧州で破綻したギリシア国債などは、7%にも上げたが、それでも、買い付けは鈍ったのだ。利回りを上げれば売れるという保証はなく、心配になって、逆に売られるからだ。大体、6%を超えると危険信号だ。米国債や日本債なら、もっと低くても、悲鳴が上がるだろう。日本債は預貯金が主な担保だから、極く低くても、市場は騒ぐ。ま、こういった弱い経済でも、銘柄によって、その会社の業績によって、株価を上げるものがある。それと、やはりGDPだ。米GDPは、2%を維持するだろう。失業率は、来年には、6.9%以下になると思っている。日本経済の未来像は見えない。「アベノオオブロシキ」の公算は高い。日韓貿易は無視出来ても、日中貿易は無視出来ないからだ。中国はこれがわかっているから、尖閣領有権を譲らず~痩せ我慢するわけだ。戦争では、経済は武器にはならないのである。ましてや、「日本は平和主義を貫く」などは笑われるものだ。伊勢平次郎 ルイジアナ





comment

<先はとんでもないことが待っている。大正から昭和前期の歴史を知るものにとって、焦燥感はおおきい。

財政緊縮に入るアメリカは、遮二無二、日本ばかりでなく、チャイナ、韓国にも犠牲を要求するでしょう。もうそれほど、日本列島が重要でもないからね。つまり、原潜とミサイルと無人機が近未来の軍事力なのだよ。核弾頭も小型化しているし、無人機に乗せて、正確に的中する。チャイナは、迎撃する兵器が発達していないので、北京なんかは無防備と同じなのさ。

安倍氏が本気で平和を貫くと言うなら、核武装が必要のはずだよね?この人さ、男かいな?和服が似合うでしょう。歌舞伎の女形がこんな感じだったわな(笑い)伊勢
2013/10/17 23:52 | 伊勢 [ 編集 ]

>国民が要求しないからでしょう
これは日常的にも自身が思っていることをいわず、お互いに察してするという生き方が元です。其れは村社会では有効ですが近代社会(原子力発電所を作動させる社会)では、ありえない。
 それと被統治意識です。明治以降自由民権運動、国会開設運動、普通選挙法運動、婦人参政権運動(これは昭和の初めにもうある)などをして。明治以降努力してきた、国民が政治に参加するという意識が、大東亜戦争の敗北によって、なくなった。そして出てきたのが江戸時代の意識で、士農工商で、政治はお武家がするものという意識です。 したがって、お上がする事に対して対応するということになり、せいぜい政治的行動をするのは一揆、つまり当直した武家の不法行為や税金の過酷な事くらいが関心になった。
 伊勢さん、意識が江戸時代そのものではないがその時代の意識と生き方になり、国家という考えが無くなった。
 明治でも国家という考えを持つ人はすくなかった。それがあれば河野談話のようなことはありえない。
 先はとんでもないことが待っている。大正から昭和前期の歴史を知るものにとって、焦燥感はおおきい。

 女川原子力発電所は地震にも耐えたから、作動させれば、東北電力は値上げをする必要はない。どこの世界に損をわざわざする人々がいるのだろう。中電も作動させれば電気料金の値上げは必要なく、自動車産業もコスト増にはならない。
  戦前わが国国民は帝国軍隊は最強で敗北することなど無いと考えていたように、わが国経済は最強と思っているのでしょうか?
 とにかく、何をするつもりなのかわからない。呼び出しは多く聞くけれども。
 一度会計をすれば銭勘定は気になって仕方がない。まして会社の経理をすれば、支出は絶えずチェックをする。無駄はさせないようにする。その程度のことすら思わないでしょうか?
 とにかくわからない、何をするつもりか?日銀の行動もわからない。財政ファイナンスをしているだけと思いますが、それ以上のことはしていない。
2013/10/17 23:23 | kenji [ 編集 ]

<何をしようとしているか国民に説明をする必要があるとはおもっていない。 とにかく私は何をしようとしているかがわからない。

国民が要求しないからでしょう。フィーリングだけで生きている人が多いから。だが、天皇皇后を招いて、外国の芸術家に何かくれたり。皇室や外国の芸術家を政治に利用ねえ?「平和主義を貫く」という意思表示かな?鳩山夫婦に似ていると思ったよ(笑い)。日本軍の最高司令官には向かないね。伊勢
2013/10/17 21:53 | 伊勢 [ 編集 ]

>日韓貿易は無視出来ても、日中貿易は無視出来ないからだ。中国はこれがわかっているから、尖閣領有権を譲らず~痩せ我慢するわけだ.

ただしいですが、軍事的には韓国が中共の縄張りになることはわが国はたぶん、容認できない。鎮海湾に中共の艦艇が常駐したら、困るでしょう。
 日中貿易は日米貿易です。いずれにしても、アメリカが元です。

安倍内閣は東電の処理すらできないようです。

 展開が満州事変と似ています。東電は倒産させて(関東軍を処罰して)、その資産を売って、処理費用を作ることが常識でしょう。東電の資産で処理費用を出させるのが素人であるkenjiの考えることです。それで5兆くらいの金が出るでしょう。国民負担はゼロですよ。

 安倍内閣は近衛内閣と同じ道をたどるでしょう。

自国の総理大臣が自国の領土にある、誰でも行くことが可能な場所にいけない、ないし、行かないということはその地はわが国の領土ではない。 そのようにいって、靖国神社に行けばいいに過ぎない。
 アメリカにもそのように言えばいい。
 韓国にしても中共にしても、事案については話し合いでは解決はできないものです。だから、戦争の前段階としていろいろな行動をしていくことで、まだ裏交渉を考えているようです。

 連中の手にはまるだけで、支持が必要な事はわが国国民の支持であって、外国の支持ではない。ここがどうにも混乱している。
 
 先はどの道、大きな戦争と私は見ている。

何か感じな事が抜けているような気がします。何をしようとしているか国民に説明をする必要があるとはおもっていない。
 とにかく私は何をしようとしているかがわからない。
人材の払底は激しいようです。
 非常に昭和八年以降と似ている。
2013/10/17 20:42 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する