2013/10/25 (Fri) 明らかな挑発だが日本政府は抗議だけ
dokutono hi 10.25.13 001

「極右団体が独島に上陸するのを防止するため」と韓国は言っている。軍事力で民間人上陸を防止するんかい?この軍事訓練には韓国海軍も参加した。明らかに日本への牽制であり、日本への挑戦であり、日本を侮辱したものである。これに対して、日本政府(安倍内閣)は抗議したと。抗議ではなく、なんらかの制裁をする必要がある。安倍晋三総理大臣は、「制裁する」考えはないようだ。だから、「この最高司令官はダメだ」と伊勢爺は言い切ったのだ。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

>しまったなあさま

 ご指摘のとおりですが、辛亥革命がおきて、中華民国が成立したとき、確かわが国は満州もその領土として、承認しています。
 その理屈を欧米が認めるか?歴史的にはご指摘のとおりです。

明治とは不思議な世界で、支那の歴史について、無知だったことです。清朝という異民族に支那が支配されているから、それを漢民族の支配に変えなければと、いらざるおせっかいをわが国がした。
 日清戦争のときのスローガンが<滅満興漢>でした。忘れられましたか?
 だから
>当時,満州は支那(中華民国)の領土であったとは言えません.
滅びた清の領土(満州)をシナ人が統治していた証拠はゼロですぞ.

これは正しいですが、そのような認識をするなら、満州国を作るなら、日露戦争後に作ることでした。後つけですよ。
 日清戦争の位置付けが、朝鮮の独立という、関係ないことにとらわれたからです。<滅満興漢>というなら、滅亡した満はどこへ行くのかという構想は当時ありませんでした。当時の清国はいまで言うとアメリカ以上です。歴史的にわが国は支那大陸の王朝には奇妙な感覚を持っていました。一種の恐怖感ですが。
一番は辛亥革命以後に、満州国を作ることでした。そのようは発想は日清戦争のスローガンからは出てきません。 明治政府からはできてきません。それが対米戦争へと進んだ下の一部だと私は見ています。
 支那大陸の歴史に無知であったがために、対米戦争へと進んだという見方です。これで見ると現在の対中共外交政策は、まちがえると対米戦争の結果と同じものがわが国に降りかかる可能性は大きいと私は見ています。
 支那大陸の歴史に無知だから生じたものに過ぎない・

ほんとに明治以降歴史を見ると<しまったなあ>とおもい、その始まりが日清戦争で、そのきっかけが朝鮮ということです。
 朝鮮などくそ同様ですよ、わが国にとって。鎌倉時代の蒙古以来、いやそれ以前においても。明治以降は特にひどい。戦後はさらにひどい。ただ日本人がきずいていないだけです。
2013/10/26 21:01 | kenji [ 編集 ]

kenji殿
「戦前は満州での軍事行動が事の経緯は別として、
支那に対する侵略とは理解しなかったことです」.
当時,満州は支那(中華民国)の領土であったとは言えません.
滅びた清の領土(満州)をシナ人が統治していた証拠はゼロですぞ.

2013/10/26 16:47 | しまったなあ [ 編集 ]

さらに言うとラスク発言で竹島はわが国の領土だとアメリカが認めている、そこへ外国の軍隊がきた。当然日米安全保障条約の適用が当たり前です。即座にわが国が軍事行動をしないと安全保障条約が機能しない。
 中共の差し金でしょう。朝鮮そのものです。尖閣の防衛は危うい。
尖閣で軍事行動をするより、竹島のほうがはるかに費用が少なくてすむ。
 空軍を派遣して、韓国航空機を撃墜してはいかがだろうか?
国内にいる朝鮮人は敵国人だと認識することになる。
 朝鮮半島は動乱へと進みますね。
些細な事をごまかしていくから、先におおきなものになる。特に国際関係はそれです。日韓基本条約のとき明快にしておかないから、あの時条約をまとめないでも、わが国は別に困ることは無かった。それにおぼれたから、今がある。日ソ国交回復のときも同じです。あのまま国交を回復しなくてもわが国が困っただろうか?北海道の漁民の利益だけを考えて国全体を考えなかったことは、戦前の軍部と同じでしょう。
2013/10/26 14:14 | kenji [ 編集 ]

>しなったなあ

 日本国民がそこで軍事行動をしたということは明快な侵略という認識がない。
 韓国に融和的な人々もその認識がない。
これは戦後生じたことではなく戦前は満州での軍事行動が事の経緯は別として、支那に対する侵略とは理解しなかったことです。
 外国の領土へ軍隊が行くということが侵略です。なんらかなお声明を発していくならまだいいです。
 その前のシベリア出兵という貴重な経験を生かさなかった。

<歴史を忘れる民族に未来はない>は日朝両民族にふさわしいですよ。

はっきりわが国は韓国を北朝鮮と同じような国にする外交政策を取ることで、しかもいつでもすぐに朝鮮全土の空爆能力を持つことです。
2013/10/26 13:55 | kenji [ 編集 ]

日本の領土に外国の軍隊が入ったのだから,
これは日本に対する侵略です.
安倍政権は自衛隊を派遣して,韓国軍を排除すべきだ.
これができないのであれば,在日韓国人の犯罪者を韓国に送還しろ.
在日韓国人の特別永住を廃止しろ.

2013/10/26 10:41 | しなったなあ [ 編集 ]

kazu先生

アメリカの軍事面(安全保障を高めて、世界経済を持ち上げる)が直面しているのは、1)中東~2)北アフリカ~3)中国~4)北朝鮮~5)韓国&その他の順番。

安倍さんの外交は囲碁将棋。その中でも、対中政策ほど難しいものはない。なんとか経済関係で成長してもらいたいわけだ。よって、軍拡で版図を広げるのは阻止すると(さっき、WSJの記事に安倍さんインタビュー)で強固な面を見せた。だが、韓国には、アメリカも手を焼いている。朝鮮民族というのは、火事場泥棒の性質を持っているから。約束は守らない~カネを手に入れるには手段を選ばない。

アメリカは、日本10なら、韓国1の比重を置いている。つまり、朝鮮半島が問題じゃなくて、中露の海軍が太平洋に進出することを懸念している。それで、日本の経済も、自衛隊も相当重要なんだ。しかし、何かを犠牲にしなくてはならない時期がくれば、韓国を捨てるでしょう。伊勢
2013/10/25 23:57 | 伊勢 [ 編集 ]

 明治以降の朝鮮政策の変更が必要です。
もういいでしょう。米の水田耕作技術は日本から朝鮮へ行った事はもう考古学的には確定している、また百済、新羅の基礎をつくったのは当時の倭人です。これは戦前には常識だったそうです。
 どのような経緯で、渡来人という考えができて、古代朝鮮から文化がきたという考えが広まったかをそれこそ従軍慰安婦問題と同じように調べることでしょう。
 併合前まで、朝鮮における水田耕作はすくなかった。だって水車が作れなかったんですから。

>アメリカから釘を刺されているのでは、ないですか?
これは軍事上の問題があるからでしょう。

それと日韓議員連盟に属する議員が韓国情報部に金玉を(失礼)握られている人が多いからでしょう。それを暴露されると多くの自民党議員が窮地に立つと見ている。新党まで構想しないと安倍氏のもくろみは無理ではないか?

 まずパチンコを賭博として取り締まることが先ですよ。
安倍氏は朝鮮を本当に腹のそこでどのように認識しているでしょうか?
これが一番の問題です。
 
2013/10/25 22:54 | kenji [ 編集 ]

日本の政府は、座敷犬ですから。
庭先で彷徨っている、野良犬に窓越からキャンキャン吠えるだけ。
やれ強く抗議する、やれ極めて遺憾である。やれ断じて許せない等々。

主人(国民)が、お前そこで吠えてないで、庭に出て追い払えと言った途端。
ご主人!ここは冷静に冷静に(同じ価値観を共有する大事な隣人ですから)と御託を並べて結局な~んにもしない。

ちょっと経済制裁するだけで悲鳴をあげてる相手なのに。
事大主義と小中華思想で生きてた朝鮮は、周辺諸国を蛮夷とみなし、強い奴にはへつらうが、弱いと見るとかさにかかってくる。
蒙古の手先として対馬島民虐殺、日本が負けた時も
手のひらを返し、ベトナム戦争でのベトナム人民を虐殺
し今でもなんの反省もない。

だから奴らを黙らせるには、日本が昔のように強い国になれば、一転して日本に事大します。
安倍総理は天から与えられた最後のチャンスを、無駄にしてもらいたくないのですが。
アメリカから釘を刺されているのでは、ないですか?
2013/10/25 22:03 | kazu [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する