2013/10/31 (Thu) ウイグル族というが民族なのだ
Uighar map

中国政府は天安門テロ事件という。日本の報道もテロという。だが、伊勢爺の目から見ると、民族独立闘争なのだ。キリギスタンやトルコのイスタンブールへ行ったとき、このトルコ系の回教徒が実におとなしいな性質であることに深い印象を得た。家族思いのウイグル民族は、女子供に優しいのだ。男は寡黙であり、韓国人や中国人のように、わめきながら、立ち向かってくるという人々ではない。日本人に比較しても、ウイグル人は「大人」なのである。

今回の天安門事件では、中国外交部の女性報道官も、いつもの強気の声がない。北京政府が弱っていることが良く判る。中国は南シナ海~尖閣でも、中国軍による暴力をちらつかせている。尖閣は米軍の存在が大きな砦になっている。新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)は、後ろに、天山山脈を挟んで、キリギスタン~カザフスタン~などの中央アジア回教国が連なる。表玄関~裏玄関、中国共産党にツケが回ってきたようだな。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

http://www.youtube.com/watch?v=OwJ1Ur8yYFw
中国人が泣き叫ぶ6歳のウイグル少年を蹴り指を折り集団で暴行する映像

わざわざ子供にこれほどのリンチをし、笑ってみている。
これが支那人です。
日本も侵略されれば、日本人の子供もああなります。
それに対する危機感がないのが今の日本人ですね。
2013/11/02 21:47 | fts [ 編集 ]

「悪貨は良貨を駆逐する」という。何年掛かっても良いから、中国共産党という悪貨を駆逐しなければならない。日本の政界にも悪貨がある。伊勢
2013/11/01 21:52 | 伊勢 [ 編集 ]

元々独立していた新彊ウイグル自治区やチベット、内蒙古等は中華人民共和国が成立した1949年以降に中国人民解放軍が侵略した国々です。

第二次世界大戦後領土を他国から奪ったのは旧ソ連と中共の2カ国です。その悪辣なやり方で今シナは南シナ海と東シナ海の覇権を手に入れ尖閣諸島を日本から奪おうとしております。

たしかに最初は米国独立やアフガンもゲリラ活動もあったことでしょう。体制というが明らかに今のシナは100年遅れてきた帝国主義といわれても仕方が無かろうというもの。
簡単に一緒くたにしてはいけないと思います。

本来ならば東トルキスタン、チベット、内蒙古は別な国でありシナそのものも満州、華北、華南、四川は別なる国でしょう。
それを力でねじ伏せ都合の悪い事は国民の目を逸らす為日本を悪者に仕立てるのがシナ共産党です。

このような者達を国連常任理事国にしたのは失敗でしたね。
彼らには本来その資格は無いと思います。戦を避け長征と称し日本軍と国民党軍から逃げ回り謀略だけで今のシナを築いただけ。

その主義とは裏腹に自分達の利権と私腹を肥やし大多数のシナ国民を搾取しているだけの連中です。

私達日本国と日本国民はこのような国とその属国とはなるべく距離を置き日本を守る為の政策を政治家に行わせるようにするべきです。
2013/11/01 21:28 | 一有権者 [ 編集 ]

「民族自決」が原則なら、テロと言われても、武力闘争をします。漢民族が、ウイグル民族を武力で支配する?同意もなく?伊勢
2013/11/01 02:29 | 伊勢 [ 編集 ]

テロに関しての善悪は難しいですね。 体制側の遣られたほうにしてみれば卑怯な邪悪な行動。 するほうの自由と権利を主張する側にしてみれば訴えを主張する最後の手段。 アメリカもイギリスの植民地からの独立を勝ち取るための初歩段階は、ゲリラ、テロだったんじゃなかったんですか? ソビエトをアフガンから撤退させたのもCIAなどから援助をえたタリバンのゲリラ、テロ活動。 9・11以後テロ活動を擁護するような発言は憚られますが、 チベット、ウイグルの解放を支持するなら矛盾を承知でテロ活動に目を瞑らなければならないのかな~?
2013/11/01 02:18 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する