2013/11/01 (Fri) コメントの削除につき
矛盾があると批判された安倍首相

Abe speech re Fukushima

Shinzo Abe, Japan's prime minister, speaks after being asked about the water leak at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant during the Tokyo 2020 bid presentation during the 125th IOC Session - 2020 Olympics Host City Announcement at Hilton Hotel in Buenos Aires on on Sept. 7, 2013.

ブルームバーグが、「安倍首相は福島汚染水は完全にコントロールされている」とブエノスアイレスで答えたが、大きな矛盾があると記事にした。世耕対外広報係り長とやら、何をしている?反論しないのか?これでは、二枚舌嘘蔵といわれても仕方がない。伊勢

コメントの削除につき

いくつかのコメントを削除した。理由は、1)エントリーからかけ離れて議論している。~2)何度注意しても傍若無人を押し通す。~3)長すぎる。つまり「学級崩壊」と同じカオスの状態を作っている。伊勢




comment

>なかなかの正論だと思うよ。日本の都市に落とすことはないでしょう。だけど、「恫喝」という心理作戦があるでしょ?交渉を有利にする。


同意です。あるとないとでは動揺するよ。だから核保有国とは交渉が成立しない。核の恫喝と述べている。それと核兵器をつかったら、何がわが国に起きるかは考えておくことでしょう。そのおきうる現象を。

 >それをアメリカは黙って見ているとは考えられない。

そう、黙ってみているかはわからない。このわからないが良いことでしょう。
 TPPも似たような思考をして、逆に利用することだと思う。そのため米軍駐留のような現象が起きるが、利益もおおきい。いいですねアメリカはわが国に核を使うぞとはいわない。したがって、中共の核の脅威となるが、そこは狸となってすることでしょう。

戦前、現在のような軍事的な関係をアメリカと築くことでした。それにはわが国の軍隊の縮小が必要でした。しかも自国だけの防衛なら、十分できたでしょう。満州、朝鮮があったから、難しかった。元はソ連の脅威が主でした。

 再び似たような状態がおき始めたが、戦線が万里の長城およびソ満国境ではなく、38度線にすることが可能かどうかとなり、朝鮮海峡および東、南シナ海となった。

>造ろうと思えば原料はあるし技術もあると。 
さる人に聞いたら、三月もあればできるのではとの事でしたが、原料がということでしょう。
 それよりも原発を攻撃したほうが同じ効果はある。わが国はそれを54発も持っている。
 もうひとつ核は理屈を見ると小型化が可能です。極端な話、アンパンくらいの核爆弾も可能ではないかと思う。
 そのため核の小型化にはお互い神経質になっている。これができる国は、たぶんアメリカ、ドイツ、日本でしょう。
 しかし朝鮮、支那は、予断を許さない。
 
 支那国内の混乱は支那の歴史から見れば、普通のことですから、それをやめさせようとして、そのどちらか一方に加担するような戦前の外交方針はしてはいけない。
 ではどうするか?支那とは付き合わないことです。付き合うなら。物のやり取りだけにすることです。人、生産設備その他を支那につくってはいけない。あくまで物のやり取りのみにすることです。
 自民党の基盤であった、対朝鮮、対支那政策がすべて、お陀仏となった。これで対米政策がお陀仏と成ると、自民党政権は実質崩壊する。唯一成功しているのは日米の軍事協力だけではないかと私は見ている。
 これが一番の問題です。
 
2013/11/04 09:11 | kenji [ 編集 ]

なかなかの正論だと思うよ。日本の都市に落とすことはないでしょう。だけど、「恫喝」という心理作戦があるでしょ?交渉を有利にする。使わなくても、丸腰ではどうにもならないでしょ?伊勢
2013/11/04 03:14 | 伊勢 [ 編集 ]

ところで、中国は最初に核など使わないよ。 前にも記事を張っておいたが中国の核は核攻撃された際の報復のためが主目的。 じゃ日本からは報復されないから日本に対しては使うんじゃないかと言う議論も現実問題としてはないでしょう。 もう核は持ってても使えない張子の虎に成ってしまいました。 日本は核兵器を所有してないがアメリカと安全保障条約で核の傘に覆われているのは皆さん周知の通り。 日本には第7艦隊の戦闘空母艦隊が横須賀を母港にしている。 あの艦隊には4~5万の人員が一つの町のように形成されているという。 その家族も横須賀に。 北から三沢、横田、厚木、岩国、沖縄と米国兵及び家族、軍属が滞在。 大使館、領事館などの職員と家族。 日本中にも多くのビジネス関係や留学生、観光客など全ての日本滞在のアメリカ市民を数えたら数十万人になるであろう。 中国が日本に対して核兵器を使ったらこれらの市民、軍人をも殺戮することになるのである。
それをアメリカは黙って見ているとは考えられない。 危機が迫ってきたからといって1~2日で撤退出来るわけも無し。 撤退するにも手順手続き、輸送など年単位で時間が掛かるのでは? そうなったら日本は核装備を始めても遅くないでしょ。 造ろうと思えば原料はあるし技術もあると。 反論をお願いします。
2013/11/04 01:53 | [ 編集 ]

同志のみなさん

コメントを承認方式にします。伊勢
2013/11/04 01:14 | 伊勢 [ 編集 ]

しつこい性格だな。口喧嘩好きなことが判る。「来るな~自分のブログ作れ~三原則守れ」のどれも耳に入らない。fts先生の忠告も耳に入らない。だから、ストーカー~大腸菌~低脳と言われるんだ。伊勢は親切に言ってやったんだ(笑い)。伊勢
2013/11/04 01:10 | 伊勢 [ 編集 ]

>もうひとりは知能遅れじゃね~のか?伊勢
んだかもしんねだ。 んだぎんちょも。 いって良い事と悪いことはわがってるつもりだがよ~。 じっちゃま。
2013/11/04 01:08 | [ 編集 ]

ハヤブサちゃんよ、幼いあたましとるな。もうひとりは知能遅れじゃね~のか?伊勢
2013/11/04 00:31 | 伊勢 [ 編集 ]

Kennjiさんわかりました。 結構です。 この件はKennjiさんの理解の範囲で了とし終わりたいと思います。 ありがとうございました。
2013/11/03 23:32 | [ 編集 ]

ちょっとまった。 日本政府もコスプレを含めた日本文化を世界に向けて発信しようと推進。 それを経済成長並び日本国の世界での影響力や観光旅行者をひきつける一つにしようとしている。 伝統文化だけではなく若者にも興味をもたれるようなもの、それがポップカルチャーという位置づけ。 そのコスプレを、”大体日本人の大人でもそれをどのように見ているか? >これを知ることでしょう” とおっしゃるKennjiさまにお伺いを立ててるわけでして、それのどこが大言壮語 氏 なのでしょうか? このコスプレを含めたポップカルチャー産業で生計を立てている方も大勢いるでしょうし、ディズニーなどのアミューズメントパークや映画なども途轍もない事業な訳です。 ジブリなども。 最先端先進国な成った国としては安い労賃で安いものを作って儲けるような事業からは退散しなければならないのです。 このような想像力を要したコンテンツ産業に力を入れて世界をリードする位置にたって行かなければならないと思っています。 ですから皆さんはこの件について如何に考えて折られるのでしょうか?
私は言われたからと言って脊髄反射的に言われ無き誹謗中傷に対応いたしません。お前のか~ちゃん出べそと言って喜んで居られるのでしたらどうぞ、そうしてください。 痛くも痒くもありません。 私は大低脳と伊勢大明神に既に決め付けられておりますので。 はい。
2013/11/03 23:27 | [ 編集 ]

>要するに私の言いたいことは、自己の判断基準で即座に評価を下すのは余りに早計ではないのではないかということです。

何度もかきますが最終的判断は時です。しかし判断はいつもして生きていく必要がある。株式への判断となんら変わることはない。
 私が鈍感か知らないがビートルズのどこがいいのかわからない。ただ思うに電気仕掛けがあたらしかったから、それに幻惑されたのではと思う。
 ビートルズが古典として残るかはまた別でしょう。
歴史的存在としてみることですが、もともと芸術家などは食えない商売で、それが食えるようになったときに、逆にそれを商売として、どの人々に売ろうとしたかでしょう。ときあたかも、人口構成が若く、その人々に受けて、安く提供できる文明の利器が生じて、商売として成り立ち、それが爆発した。

 団塊の世代は自身の成長と周りの成長が同期したために、非常に特殊な経験をした人々です。普通は其れは同期しない。今がそれです。

 >コスプレをどう見てるとお考えなのでしょうか?
これは言い出したら困るでしょう。色事のひとつですが、わが国には遊郭という深い伝統がありますからそこにコムロという子供がおり、その系譜の現象ではないかとおもう。
 アメリカにもコスプレはあるでしょう。其れはバニーガールとチアガールです。少し異なりますがたぶん基準が違うでしょう。バニーガールは子供に大人の女性の服装をさせて見せるもので、チアーガールは、逆で、少し進んだ女性に子供の服装をさせて、は子供のようにして躍らせるというものでしょうか。
 間違いですか、伊勢さん?
2013/11/03 23:15 | kenji [ 編集 ]

名無しの大言壮語 氏

>大体日本人の大人でもそれをどのように見ているか?
>これを知ることでしょう。

主義主張で飯を食う類の腐った根性を持つ人間が増えた昨今、子供について語るより大人についての認識を改められたらいかがか。

道交法で運転しながら電話するな。
電車の放送でわざわざ車掌に「前見て歩け」

などと恥さらしな世の中にしたのは貴殿の言う「大人」とやらではないのかね。

無駄に年だけ食って子供に示しが付かないようなのが大人で御座いとうろついていることを恥とも思わない。

貴殿の言動も行動も、貴殿のせいではないのだろうから咎めるに値しない。
貴殿の親がおかしいだけだから哀れですね。
2013/11/03 22:42 | fts [ 編集 ]

>これは彼らの子供の育て方を見ればいい。
映画でもわかると思う。イギリスドラマを見るといい。

根拠が映画やテレビを見て感じ取ることですな。 ふむふむ。なるほどいかにもいかにも。

>あと30年もすれば跡形も無く消えて、クラシックが残るでしょう。アレの要は電気音楽だということです。

後30年ですか。そうすると60年代の初めから数えると70数年間形は徐々に変えながらも世相に影響したということは、それはそれで評価できるのではないでしょうか? 日本の伝統芸術の歌舞伎、相撲、茶、食べ物としては、すし、うなぎ、てんぷらなども当初は如何わしいものとされていたようですが、年代を過ぎ今にいたっています。 要するに私の言いたいことは、自己の判断基準で即座に評価を下すのは余りに早計ではないのではないかということです。 そして、それがあたかものように言いふらすことは私には納得いかないということです。

 >大体日本人の大人でもそれをどのように見ているか?
これを知ることでしょう。

子供をどう見るのではなく、大人がコスプレをどのように見ているかというのではなかったのですか? コスプレをどう見てるとお考えなのでしょうか?
2013/11/03 22:32 | [ 編集 ]

>根拠、ご高説承りたい
これは彼らの子供の育て方を見ればいい。
映画でもわかると思う。イギリスドラマを見るといい。

>ほ~ほ~。 そうでござ今するか? 60年代のビートルズや他のグループの音楽とファッションは当時若者から出でた破天荒な様式だったのではな無いかの? 当時のイスタブリッシュメントは苦虫を潰したっような目で見ていたように記憶する

あと30年もすれば跡形も無く消えて、クラシックが残るでしょう。アレの要は電気音楽だということです。それと音楽協会の銭儲けという要素がおおきい。それこそ芸子の売り出しと同じでしょう。

>マルクス共産主義は当時斬新な思想主義でヨーロッパから生まれたね。 

それを生み出す背後にあるものが堅くて深いということです。
 マルクスの資本論は日本語で言うと<元手について>のことで、別に難しいものではない。当時勃興した商品経済の普通の現象を解析したものに過ぎない。しかし正しいというものではない。ただ商売をするには元手が必要で、其れはどのようにして構成されるかを示したに過ぎない。
 自営業者はマルクスの難しい本の内容はしらないが、そこに書かれている資本つまり元手のことについて、実際にあつかって、生きているに過ぎない。

>是非お伺いしたいものです。

お子さんをもっておるなら、自身がどのように見て、育てられたかです。
大方、一流大学へと勧められたとおもうが、其れはそれで子供にとっていい事かどうかはわからない。
 けれどもご自身の子供の社会性、つまり日本の社会はどのような仕組みで動いているかは大方教えてははおられず、まあ<いい大学へ行け>でおしまいだったでしょう。
 それですむ世界が日本です。
まず日本人は生まれた子供を<自分の子供>とはおもわない。
七歳までは神の子として育てたではなかったのではないか?
2013/11/03 21:46 | kenji [ 編集 ]

ほっほっほ~。 
ブログの運営管理を公明正大にお願いしたいと管理者の伊勢大名人閣下に嘆願したら、
>落書きを書いた大低脳なる大人がいた。削除した。戒めたわけだ(笑い)。伊勢

と戒められてしまった。 此れはどう言うことなのだ?
中国共産党も真っ青に成るような所業ではないか。 
神も仏も無くなってしまったではないかの? あ~あ~あ~。
2013/11/03 21:28 | [ 編集 ]

kenji先生の仰る通り。欧米は子供たちばかりでなく、大人にも服装に厳しい環境。日本人の子供たちも、アメリカで育つと、すくすくと大人になっていく。マナーが悪いと笑って注意するが、「態度」が悪いのは厳しく戒めるため。さっき、落書きを書いた大低脳なる大人がいた。削除した。戒めたわけだ(笑い)。伊勢
2013/11/03 20:56 | 伊勢 [ 編集 ]

 >ヨーロッパ文明の成り立ちをみると、おそらく、このような物は社会的に否定されているとおもう。

根拠、ご高説承りたい。

>それほど勉強したわけではないがそれでもおもうが、コスプレのようなものを否定するのがヨーロッパ文明の基本でしょう。

ほ~ほ~。 そうでござ今するか? 60年代のビートルズや他のグループの音楽とファッションは当時若者から出でた破天荒な様式だったのではな無いかの? 当時のイスタブリッシュメントは苦虫を潰したっような目で見ていたように記憶する。

 >ヨーロッパの核心にある学問教養の伝統は堅くて深い、それが社会の芯にあることを忘れてはいけない。

マルクス共産主義は当時斬新な思想主義でヨーロッパから生まれたね。 

 大体日本人の大人でもそれをどのように見ているか?
これを知ることでしょう。

どう見ているのでしょう?

是非お伺いしたいものです。
2013/11/03 20:53 | [ 編集 ]

>大明神は知らなかったですか?、コスプレは世界中の若者の間でも流行しています。 ファッションでは伝統のあるパリやロンドン、先端を行くロス、ニューヨーク、新興国のモスクワ、上海と日本を発祥にしたマンガの主人公などのコスチュームを着てManga, Animeコンベンションへ居ったりと。

 ヨーロッパ文明の成り立ちをみると、おそらく、このような物は社会的に否定されているとおもう。それほど勉強したわけではないがそれでもおもうが、コスプレのようなものを否定するのがヨーロッパ文明の基本でしょう。

 ヨーロッパの核心にある学問教養の伝統は堅くて深い、それが社会の芯にあることを忘れてはいけない。

 大体日本人の大人でもそれをどのように見ているか?
これを知ることでしょう。

 ヨーロッパ文明は子供を悪として認識した文明です、そしておそらくアメリカも。
 この点わが国は異なる。われわれの子供への見方を知ることでしょう。ヨーロッパのように大人と子供と二分的に分ける、子供観ではないですよ。
2013/11/03 17:53 | kenji [ 編集 ]

こいつら本物の低脳だわ(笑い)。晒しておく(笑い)。伊勢
2013/11/03 17:10 | 伊勢 [ 編集 ]

表現の良し悪しは別にして、ハヤブサ氏のほうが理が通って居るし爺さんより数段上。 それを削除するなど天に唾するようなもの。 正論を削除するんじゃ。 ブログなんて公開する意味などない。 朝日新聞と同じで民衆を扇動し世の中に害毒を流すのみ。 ブログなどやめてしまえ。 愚か者めが。
2013/11/03 16:49 | [ 編集 ]

だめだこりゃ。 この爺さんは。 処置無し。 匙を投げた。 健康に十分留意されお過ごしください。
2013/11/03 16:34 | [ 編集 ]

<そうなんです大明神もそういうおっさんに知らず知らずになっておられたのでした。

会ったことも、話したこともない人を「そうでしょ?」と決め付ける。主観の最たるものですね。ぼくが長髪?敗れたジーンズ?それで。おっさんらに窘められたって?へ~、良くわかるね。君は賢いんだよね?伊勢
2013/11/03 15:05 | 伊勢 [ 編集 ]

>日本の若者は、漫画~茶髪~デイズニイ・ランドの服装、、「擬態を好む」という、、う~む!伊勢

大明神は知らなかったですか?、コスプレは世界中の若者の間でも流行しています。 ファッションでは伝統のあるパリやロンドン、先端を行くロス、ニューヨーク、新興国のモスクワ、上海と日本を発祥にしたマンガの主人公などのコスチュームを着てManga, Animeコンベンションへ居ったりと。 日本政府もクール ジャパンと言って後押ししています。 大明神が18から30歳ぐらいのときは長髪や敗れたジーンズを履いたりして当時のネクタイを締めた背広をきたおっさん達に ”なんだお前たちは” なんていわれませんでしたか?  そうなんです大明神もそういうおっさんに知らず知らずになっておられたのでした。
2013/11/03 14:03 | [ 編集 ]

fts先生
kenji先生

削除の理由を上げておいたけど、ハヤブサさんのお耳には届かない。この三条件がブログ主の意志なんです。こちらや先生方の建設的な意見や観点を妨げないものなら削除のボタンを押すことはないです。子供じゃないんだからね。

さっき、コナン・ドイル~アガサ・クリステイ~JK ロウリング(ハリー・ポッター)を資料調査していた。どれも、5億部以上の作家だけど、アガサが一番で、10億部だけでなく、ロングセラーでも一番。驚いたのが、みんな、ど貧乏から出た。不幸~親が破産~息子戦死~愛した妻に先立たれたり、子供が死ぬなど。アガサは、母親が奇人で小学校にやってもらえず、女中やアル中の父親から習ったために、スペルや誤字が多かった。コナン・ドイルは、「白騎士」などの時代文学を目指たが、売れないので、シャーロック・ホームズを書いた。「シャーロック・ホームズを書いた自分が嫌いになった」と母親に手紙を書いている。アガサとドイルに比べて、ハリー・ポッターはダメです。「低脳児向け」です。うちのが、「こんな魔法使い本」を大学生が読んでいる。世代後退というしかないと。現代の若者は現実に直面できないので、逃避しているという分析です。日本の若者は、漫画~茶髪~デイズニイ・ランドの服装、、「擬態を好む」という、、う~む!伊勢
2013/11/03 11:24 | 伊勢 [ 編集 ]

<いずれにしても中共、ロシアとの交渉は核兵器の交渉が一番最初です。それに対してわが国は交渉力がありません。そこで核保有となると今度はアメリカとの交渉となります。ここがわが国の問題点です。したがって、中共と、ロシアとの外交交渉は、アメリカを抜きにはできず、そのあめりかは報復戦略がきくが、わが国はそれがきかないという国の生存の条件が異なります。 恐ろしい問題がそこにある。それを直視することです。

僕ら夫婦は核大国のアメリカに住んでいる。だからと言って、安全じゃない。旅するからね。それは個人の安全のことだけど、一億三千万人の生命のうえに、地続きの大陸がないし~あっても、敵意に満ちた中韓露だし。仲良しの台湾、ベトナム、タイ、インド、トルコに移住することも出来ないし、、やはり、核で脅かされているんだから、核を持つというのは許されるでしょう。非核三原則を言い出したバカな政治家らのために、日本人は自分や家族を守れない。そうでしょ?また安倍さん批判になるけど、「核保有議論」は始めるしかない。いくら、離島防衛を艦船、戦闘機、ミサイルで出来ると言っても、究極では核の攻撃で日本は終わる。1945年の夏を忘れてはいけない。伊勢
2013/11/03 10:54 | 伊勢 [ 編集 ]

kenji 様

私も削除には条件付き反対の立場です。
ですから、節を曲げて書き込みました。
ムラが大きい私も言えたことではありませんが、それでも物の言い方という物がありますから場が荒れるような言い方は避けてほしい物です。
このままでは私も場を荒らす立場になりかねませんので静観しましたが、削除と言われては穏やかではない。
名乗り、意見表明している以上名無しで批判だけする輩とは一線を画していると思いたいですしね。
2013/11/03 10:45 | fts [ 編集 ]

 伊勢さん、FTS氏、
 少しきついが(ハヤブサ氏にも)、私はある面、彼の文章には自分たちの姿の一部分が移っていると見ています。其れは構成するということがわかっていないということです。これは人に言えたことではありませんけれども、私はこのまま、ハヤブサ氏が投稿されるなら、掲載していただきたい。
 それと無名で投稿されておられる方も何らかの名前を入れていただきたい。これが無いと、いろいろ困る事がしょうじます。文章で判断せよが最終的になりますが、それでも謝ることがありますから、やはり名前を入れていただきたい。

>ハヤブサさん。
三峡ダムについてはすでにいろいろ言われています。ご指摘のことはできれば正しいでしょうが、それによってわが国が核攻撃を受けるという事態は変わりません。
 その昔蒋介石が揚子江の堤防をきって、日本軍に対抗したことがあることをご存知ですか?要するに支那人は日本人ではないことです。
 それとわが国は核ミサイルを発射されたら、国が崩壊する事実は変わりはない。おそらく四発攻撃を受ければ、なくなるでしょう。
 誤判断にもとずく、発射があっても、結果は同じです。
これを防ぐにはどうするか?
中共の核ミサイルの照準をはずすことです、それをわが国が担保できるようにすることです。
 その方法はどのような可能な方法があるのですか?
わが国は報復戦略は機能しません。攻撃をうけたあと、仮にそれをしても、国と国民がなくなています。
 したがって相手が発射される前にこちらから核ミサイルを破壊する攻撃しか道はありません。
 真珠湾攻撃はその現われでしょう。この作戦は対米戦争をどのようにしたら勝てるかを考えt物ではありませんが、わが国の存立の基盤を考えると、示唆に富むものです。
 ロシアとの交渉が始まりますが、核兵器保有国との交渉は基本的には成立しません。、その事実を国際社会がといってわが国上層部は国民をごまかすためにしているにすぎない。
アメリカがわが国に、あまりのよくしているから、これにきずかない。自国の自動車産業をつぶしてまで、外国の自動車をゆにゅさせています。
アメリカといえば自動車ですよ、それと同じことがわが国において、米があります。戦前は自由に輸入しています。
 ただ米には商品としての自動車とは異なる要素があり、そこが大きな問題です。
 いずれにしても中共、ロシアとの交渉は核兵器の交渉が一番最初です。それに対してわが国は交渉力がありません。そこで核保有となると今度はアメリカとの交渉となります。ここがわが国の問題点です。したがって、中共と、ロシアとの外交交渉は、アメリカを抜きにはできず、そのあめりかは報復戦略がきくが、わが国はそれがきかないという国の生存の条件が異なります。
 恐ろしい問題がそこにある。それを直視することです。
2013/11/03 10:10 | kenji [ 編集 ]

ハヤブサ 氏

現状までのコメントで建設的な議論に持っていこうとする意志を感じません。
反論のための反論で、物の言い方が良くない。

これでは場が荒むだけでしょう。
だから私は早々に対話を切りました。

節を曲げて氏の「建設的な」反論をお待ちします。
fts
2013/11/03 07:30 | fts [ 編集 ]

みなさん

このハヤブサですが、「隼速報が同志の機関ブログ」であることを認めない。永久に追放したと思う。ご意見をください。伊勢
2013/11/03 00:07 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢に対してでなく、その稲島記者に反論することです。

<ん・・?伊勢さんがハヤブサのコメントに「ムッと来る」のは「理性の高いものではない」からではなく、勝手ながら違う理由があるのではと思います。

どのような理由ですか?伊勢
2013/11/02 23:37 | 伊勢 [ 編集 ]

いや、経済再生も怪しいですよ。失敗すれば、退陣だけですからね。責任は後者に廻して。ぼくは日本政府などに頼らない。自分の力で生き抜く自信があるから。伊勢
2013/11/02 21:22 | 伊勢 [ 編集 ]

>伊勢がこの人を信用しない最大の理由が「核否定」にある。伊勢

ああそうでしたか。納得です。ちょっと、伊勢さんの論に理解できないところがありましたから。
リテラシーがないですね。

 今、戦前について書いてあるの本を読んでいますが、ハルノートがきた時、吉田茂がまだ交渉の余地があるといったと書いてありましたがなぜだろうかと思っていました。ハルノートには、試案、交渉の基礎、決定的ではないと書いてあり、最後通牒ではなかったようです。なぜこの文言を読み過ごしたんでしょうか?
 なぜ、わが国の外務省および外交官は最後通牒と見たんでしょうか。日本側の外交交渉概念に大きく問題があるのでは無いでしょうか。

 吉田茂はなんとなくとおもっていましたから、彼については何も読んでいませんでした。これから読むつもりです。
2013/11/02 20:42 | kenji [ 編集 ]

<試験時に水漏れが判らなかったなら問題ですが、試験時に発覚した以上まともな手順ですからね、、

だから、「反論せよ」と書いた。伊勢は反安倍ではない。この記事はそうとう広範囲に読まれた。というのは、うちのカミサンまで読んだと言っている。ブルームバーグは、MNBC(経済番組)に毎日のように出る影響のある経済紙です。これらの記事に反論しないと、そのまま通ってしまう。記者はバカでもね。伊勢
2013/11/02 18:54 | 伊勢 [ 編集 ]

<核ミサイルの恫喝があるぜ、、

おはよう、kenji先生、何年もクチが酸っぱくなるほど、「日本は本気で国防を考えていない」と書いて来た。本気の国防とは、「核保有」です。すると、核保有国はその是非はどうであれ、それらの国々は、自国の国防に本気なのです。ご周知の取り、日本(一億三千人)は、「アメリカの核の傘」に頼った国防です。その親分国の国務長官があのザマなのです。ケリー、つまり、オバマ大統領とその国務省の官僚は中国に一歩譲っているのです。理由は経済を天秤に掛けている。つまり、日本を犠牲にする可能性を残している。

安倍氏が、トルコや台湾や東南アジアの親日国を味方にすることに賛成する。だが、これらの国は軍事同盟国ではない。それどころか、これらの国の友情をカネで買うとなる。一方で、肝心の軍事同盟国のアメリカがこの態度です。

安倍晋三さんよ、あなたが本当の総理大臣なら、本気で日本の防衛を考えるなら、「核保有」を国会で議論する指導力を見せろ!伊勢がこの人を信用しない最大の理由が「核否定」にある。伊勢
2013/11/02 18:46 | 伊勢 [ 編集 ]

原発関連のことが出たので一応補足。

そもそも貯水タンクの水が漏れて何が問題なんですか?
一切報道されていないようですが、現場は完全にコンクリートで土壌と隔離されている上、地下水の水位よりも上でブロックされています。
簡単に言うとコンクリートで囲ったプールの上に現場があるような状態です。
つまり、影響はありません。
強いて言うなら片付けるのがやや面倒になったくらいですね。
試験時に水漏れしたことも大げさに書いたし、新聞記者は馬鹿しか居ないと思います。
試験時に水漏れが判らなかったなら問題ですが、試験時に発覚した以上まともな手順ですからね。
2013/11/02 18:26 | fts [ 編集 ]

<貯蔵タンクから汚染水が漏れたからと言って、オリンピックの開催に何か問題があると思えないのだが、それを「矛盾」というのは記者に理解力がないか、ためにする主張だと思います。

君は英分記事を読めるのですか?さらに、その記事を評価する能力はあるのですか?読めば判るが、記者{日本人)の政治バイアスではなく、関係者インタビューを記事の裏付けとしている。君のいままでのコメントには、「言い返す」というだけの印象がある。理性の高いものではない。だから、ムッと来る。伊勢
2013/11/02 18:17 | 伊勢 [ 編集 ]

>此れこそ始まったら2000~3000万の死人が出るんじゃね?

 おこぼれで、わが国も死者が出る、その十分の一としたら、200万から300万でしょうね。そのメカニズムは説明の必要はないでしょう。
 別に支那人は2000万から3000万どころか一億から3億デモ普通のこととして、過ごすでしょう。それが支那人の支那人たるところでしょう。
 ではわれわれ日本人はいかがでしょうか?
核ミサイルの恫喝があるぜ。
2013/11/02 18:08 | kenji [ 編集 ]

此れこそ始まったら2000~3000万の死人が出るんじゃね?
巷に流民があふれ中国歴代王朝の交代時代劇十八番易姓革命中国共産党の篇。 主人公習近平、キャスト13億の無名の流民、台本米国財務省、監督無し。
2013/11/02 14:18 | [ 編集 ]

米中通貨戦争、敗者は中国だ
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131102/chn13110211090002-n1.htm

赤い悪魔の帝国。 凹みの始まり始まり。
2013/11/02 14:05 | [ 編集 ]

韓国最高裁判所が日韓基本条約に違反する判決を出した。かn
これは政府が統治能力を失っていることを示しているから、先は戦争でしょう。奇妙な戦争で。おそらく、韓国の弁護者は『それを承知でしている。したがって判決にもとずく、強制執行はできないから、うらで和解して銭を取ろうという考えで、従軍慰安婦と同じやり方でしょう。
 おそらくこれは朝鮮人の生得のやり方で、どうにもならない。
われわれは明治政府の日韓併合政策をはいしして、徹底的に朝鮮隔離政策を国内で、福沢諭吉の奉仕にしたがって、することを今すぐにすることではないか?
 とにかく韓国政府は統治能力を臼なっている、これは戦争の目です。朝鮮人の戦争形態です。
 安倍内閣はどのようにするつもりでしょうか。自民党というより政界に食い入っている、朝鮮勢力との抗争が始まっている。
2013/11/02 07:14 | kenji [ 編集 ]

上の投稿さん

有難うね。それは、マケインさんの秘書とメールで話したが、マケイン上院議員は「日本の領土である。明らかだ」と一貫して、上院国防安全委員会で言って来たのだそうです。マケインさんが、先回、訪日したときに、「日本の領土だ」と岸田外相に言ったら、米国務省(ケリー)は即座に「米国政府の見解ではない」と退けたのです。WSJは、日本よりの経済メデイアですが、ぼくは、三流としている。記事の影響はないと思います。

WSJの記事を再読すると、高所からの視線です。政治は、「カネ」で動くんです。つまり、対米外交とは、いくらカネを積むのか?なんですね。ぼくは、在米46年の生涯をロビーで締めくくる考えを持っている。それで、マケインさんの秘書とメールがあるんです。在米日本大使の佐々江さんや、世耕ボウイがやってるとも思えませんのでね。外務省広報局とか肩書きは恐ろしいがね、演説原稿すら、まともに書く能力がないんだ(笑い)。伊勢
2013/11/02 01:23 | 伊勢 [ 編集 ]

「オバマ政権は尖閣は日本領と表明せよ」 米紙ウォールストリート・ジャーナルが主張

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131102/amr13110200300000-n1.htm
2013/11/02 00:49 | [ 編集 ]

英語・ブルームバーグ((AP)で読みましたよ。中国政府は「ハラ」を失ってると思った(笑い)。ウイグルが怖くなってきた。ヒステリー症候群。暴発がないことを望む。伊勢
2013/11/01 22:25 | 伊勢 [ 編集 ]

日本の報道機関はやはり信用できぬし信用してはなりませんね。
大事な事を日本国民に隠して知らせないのは報道の自由なのか。?

総務省はこのような反日メディアの免許剥奪を是非行って欲しい。害務省や在中日本大使は何をやっているのか。?

国民の知る権利を阻害するとして「秘密情報保護法案」に難癖をつけているクソッタレメディアが日本国民に知らせない「報道しな自由」と傲慢に見下している姿が目に浮かぶようです。

私は2年7ヶ月前に全てのとは言いませんが彼らの報道取材の姿勢をみてこいつらの信用度は差っぴいて考える必要があるとこの目で見たのではなから信用はしていないですが。
2013/11/01 22:23 | 一有権者 [ 編集 ]

国内では報道されていないので一つ。
中国国防省、日本の海上演習妨害行為に申し入れ
http://japanese.cri.cn/881/2013/10/31/161s214205.htm
中国国防省の楊宇軍報道官は31日、「日本の護衛艦と偵察機がこのほど中国の演習区域に乱入して軍事演習を妨害しようとした。これは、きわめて危険な挑発であり、国防省は日本側に厳正な申し入れを行った」と発表しました。
引用ここまで。
演習海域
http://pbs.twimg.com/media/BXz9XR0CIAAaot0.jpg
日本のEEZ
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4c/9c/911082a748f0b6a7f40e16d82199344a.jpg
分かりやすい記事
http://www.asahi.com/articles/TKY201310260271.html

これでどれだけ日本の国益を損ねていることか。
支那が演習するということは、その海域が勝手に封鎖されていることと同義です。
つまり輸送船のコストに跳ね返る。
日本の妨害は妥当。
支那は日本側にとって即時撃沈が当然のことをしているわけです。


http://tokyoexpress.info/2013/10/30/%E8%A5%BF%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E3%81%AE%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E6%BC%94%E7%BF%92%E5%B8%B0%E9%80%94%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E8%89%A6%E8%88%B9%E3%81%8C%E4%B8%8E%E9%82%A3%E5%9B%BD/
事実をまともに報道してると思われる記事

前前回のエントリーですが、私が5/30日に当該エントリーで投稿しています。
取り立てて新しいこともありません。
2013/11/01 22:12 | fts [ 編集 ]

安倍氏は常に「国際ルールにのっとって」と言っているよね。竹島では、自分が守らないのに、よく言うね。この人の言う「ルール」って何なのだろうか?若いのに、「国政は狐狸方式で行く」と決めている。「政治が曖昧なのは当然だ」とした顔だ。この種類の政治家を崇拝する者は善悪の区別がないのだ。伊勢
2013/11/01 20:40 | 伊勢 [ 編集 ]

失礼、福島がこのトロールされているというなら、同じように竹島はわが国の領土というならということで、比較として、投稿しました。
2013/11/01 20:26 | kenji [ 編集 ]

安倍氏は自民党の総裁で、その自民党の対朝鮮外交、対支那外交は100パーセント失敗でしょう。いま昭和前期の外交の本を読んでいるが、重光葵がした、対中華民国外交とまったく、おなじことをしたのが中曽根氏です。重光葵の外交はその後支那事変でおおきく破綻したわけだ。同じことが起きるでしょうし起きている。 
 福島も重要だが、竹島というわが国の領土に韓国の軍隊が進出したわけだから、これは侵略ないし、戦闘行動で、これでもって韓国はわが国と交戦国となるが、この理解は国際的に正当性はあるだろうか。
 交戦国の国民は、裁判など必要なく、疑いだけで、国外退去は可能だと思うが、国際法はどのようになっているだろうか。
2013/11/01 20:24 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する