2013/11/06 (Wed) 日韓断交は不可能ではない
朴大統領、やまぬ対日批判…政府内に日中優先論

park pres

「中韓がアジアの経済をリードする、、」と中韓首脳会談で言ったが、習は相手にもしない。プーチンもこの女とは、話しにならないと言っている。ヘーゲル米国防長官も、ついには、岸田外相までも、、気が着かないということは、いかに劣等かという証拠なのだ。

imynbak pres

「独島は韓国の領土」だとさ。こいつもヘンな人間だったよね。朝鮮人は劣等である。伊勢平次郎 ルイジアナ





 韓国の朴槿恵パククネ大統領が対日批判を繰り返していることに、日本政府が反発を強めている。

 政府内では、東アジア外交の立て直しに当たり、「日韓関係を棚上げして、日中関係を優先すべきだ」(首相周辺)との声も上がり始めた。

 「日本の一部の指導者は謝罪する気もなく、元(従軍)慰安婦を侮辱し続けている。(安倍首相と)会談しない方がましだ」

 朴大統領は、4日の英BBC放送(電子版)のインタビューで、日本への反感をむき出しにした。

 岸田外相は5日の記者会見で、大統領の慰安婦発言について「我が国の立場、考え方はこれまでも様々な形で説明してきた。大変残念だ」と不快感を示した。

 大統領は9月30日にも、訪韓したヘーゲル米国防長官に、歴史や領土問題に絡めて日本を批判し、ヘーゲル氏を当惑させたばかりだ。

 韓国側による反日の動きは、大統領の言動にとどまらない。

 韓国の裁判所では最近、戦時中に日本に徴用された韓国人(徴用工)が被害を受けたとして、日本企業に損害賠償を命じる判決が相次いだ。徴用工問題は、1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みだ。

 韓国政府は9月9日から、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題を理由に、明確な科学的根拠なしに日本産水産物の輸入禁止を続けている。

 日本は今のところ、「大局的な観点から日韓関係を構築すべく努力したい。問題があるからこそ首脳会談を行うべきだ」(加藤勝信官房副長官)との姿勢は崩していない。

 しかし、岸田外相が9月26日、米ニューヨークで韓国の尹炳世ユンビョンセ外交相と会談し、日本が韓国の主張を受け入れない考えを強調すると、韓国は外相会談にも応じなくなったという。政府内には「韓国の主張は感情論に過ぎず、冷静な議論は当分望めない」(首相周辺)との無力感も漂っている。

 出口の見えない日韓関係に代わり、ここにきて日中関係改善を先行させる考えが浮上してきた。

(2013年11月6日07時50分 読売新聞)

comment

お久し振りです。
慰安婦像の動画は日米離反目的みたいですね。
米国を貶めても何の意味も有りません。

>ここにきて日中関係改善を先行させる
中共の傀儡「韓国」へ主軸と言う意味ではないのかしら?
2013/11/07 04:59 | allco [ 編集 ]

もともと朝鮮民族の生地が出たに過ぎないから、どのようにしても無理だから、日韓国交断絶、と軍事的対応に着手することです。
 国内の在日朝鮮人の強制退去、資産没収へ進むことです。
それができないようなら、始めから負けです。
 戦機が外から来た。つまり外国から核攻撃に相当するものを受けたということです。
 日韓基本条約のとき、韓国は北の分までもらっている。これで韓国がなくなり、北だけになると、やり直しになるが其れは無理で、結局戦争状態へと進む。
 今回は、朝鮮を破壊して、その後併合というようなことはしない。
イスラエルを見習うしか道はない。
2013/11/06 18:30 | kenji [ 編集 ]

こういう動画を見つけました。
従軍慰安婦 ~彼女たちの叫びが聞こえますか .
http://www.youtube.com/watch?v=KZ2d1bqycmw
日本にとって、いい動画です。
よく調べたと思います。
2013/11/06 17:43 | ありがとう [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する