2013/11/08 (Fri) 日産自動車の企業精神を見習え!
戦闘機をイメージ…日産、3人乗りEV試作車

nissan tricycle ev

 日産自動車は8日、戦闘機をイメージした電気自動車(EV)の試作車「ブレイドグライダー」を、11月22日開幕の東京モーターショーに出展すると発表した。

 将来の市販も検討している。

 3人乗りで、運転席は車体の中央にある。軽くて丈夫な炭素繊維樹脂を使い、航空力学を応用して設計しており、走行中の空気抵抗が少なくて済む。車輪を路面に押しつける力が生まれるため、スピードを落とさなくてもスムーズに曲がれるという。(2013年11月8日18時36分 読売新聞)


NY株暴落

やはり、木曜のNY株式は暴落した。米GDP第三四半期(3Q)は、予想であった2%を超えて、2.8%の大出来だった。さらに、ECBのドラギ議長は、金利をカットした。にも拘らず、トレーダー、投資家は売ったのだ。理由は、「経済がこれほど改善したからには、連銀は、国債買い付けを早々に止めるだろう」という株価暴落の恐れが早速出たのである。この投資家{投資機関ではない)の心理は、母親にすがりつく幼児の心理なのである。

さて、この先を読むのは難しい。取引量は激減する。どんどん下がるということではないが、平坦か自動車ならニュートラルが続くだろう。

ところで、米経済紙に、アベノミクスが辛い点を付けられている。日本の家庭の預貯金が減っていく~なんらかの資産のない人が増えたと。儲けているのは、証券会社~銀行~一部の企業だけだと。これは、貧富の格差を生む。さらに、来年四月の消費税が日本の家庭を圧迫するだろうと。伊勢は、安倍総理大臣の経済政策は、「殿様商売」だと思っている。田中角栄さんなら絶対にやらない政策を取っている。そこには、ソニーの盛田さんのおん曹司らと同じ「公家さまの商売」を感じる。ソニーは、化粧品や健康食品まで売る普通の会社となっている。ご周知、ソニー株は、二年前の41ドルから、昨日の16ドルへと坂道を転げ落ちている。

伊勢は、日産自動車を尊敬している。テスラも、BMWも、従来のスポーツEVモデルで、高級車市場を’狙っている。一方で、日産は、「大衆の幸福」を胸に描いているのだ。伊勢は、大昔から、「三輪車」を薦めてきた。理由は言うまでもなかろう。伊勢平次郎 ルイジアナ




comment

アベノミクスはいろいろな問題を抱えているが、原油価格が下がれば、意外と一時的な苦境に立っても成功するのではと予測している。
 株式はいずれ暴落すると見ている。
もともと無理なことをしているわけだから、それはいずれ、現れるからです。
 ドル信用が回収されるわけでから、その衝撃はおおきい。しかも亜米利加はソレヲすると予測している。
 新たな帝国へ、一段階でしょう。
誰もが苦境に陥り,やがて回復していくが、そのときの回復力は亜米利加が一番強いとよそくしている。
その期間は一応20年だと見ている。その最初の関門が2015年で次は2020年でしょう。
 当たるも八卦当たらぬも八卦で、わが国は人口構成の変化を見るとおそらく生活水準は現在の二分の一に収まればいいだろうと見ている。
 国内外が治安国防予算を増強することで、現在負担が大きいと見ているのではなく、将来を見据えると安いものですよ。
 北海道に刑務所を作り、その昔と同じように普通の人が<刑務所に入ったら、よほどのことが無い限り、そこで死ぬことになる>と思うようにすることで、それが社会の健全性でしょう。
 いい悪いの問題ではない。既にスーパーの万引きは老人が非常に多くなっている。わが国は亜米利加とも史那とも違う。足元を見う。
2013/11/09 12:37 | kenji [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する