2013/11/14 (Thu) 株価に朗報
まだまだほど遠い

janet yellen keeps QE 11.14.13

明日の木曜日、米上院銀行委員会で証言する。ジャネット・イエレン女史は、「アメリカ経済も労働水準もまだまだ回復したというには、ほど遠い~必要な経済支援は続行する」と明言している。これは、「国債10年モノを買い続ける」ということだ。明日の株価はこれを受けて高騰するだろう。ただ、ハイテックはもっともスローなのだが、これはサイクルと関係する。期待されるのは、「小売」だ。つまり、MACYやらAMAZONなどである。だから、チャイナの輸出が伸びているのだ。伊勢

Bernanke wishes job rate was 5% instead of 7%
8:17 PM ET, 11/13/2013

WASHINGTON (MarketWatch) - Federal Reserve Chairman Ben Bernanke said Wednesday he had hoped the economy would be in better shape when he left office. "I wish I was leaving with the unemployment rate at 5% instead of 7%," Bernanke said. "But we have done a good bit to support this recovery, and it is important that we continue to provide the necessary support," he said at a town hall meeting with teachers. Bernanke's term expires at the end of January. Janet Yellen will go before the Senate Banking panel on Thursday for her nomination hearing.

新年には引退するバーナンキ連銀議長は、次期議長にほぼ米国議会が承認するJANET・YELLENを支持している。バーナンキは、「われわれはよくやったが、失業率は7%がターゲットじゃない~5%になればと自分は思って歩んだ。連銀(FRB)は米国経済の必要とするものを提供することが重要だ」と明日木曜日に上院銀行委員会の前で証言するイエレン女史を応援した。


伊勢爺も応援している

女性だからではない、伊勢爺はそれほど助兵衛ではないよ(笑い)。イエレン女史の政策への理解である、バーナンキの愛弟子だと言われる。共和党は彼女の汚れを血眼になって探しているが、スキャンダルはまったく聞こえてこない。このアメリカの担保なる資産というのは、計算できないものだ。レーガン時代に、ミルトン・フリードマン教授を自宅に訪問して「米国債暴落」を質問したら、このノーベル章受賞者でレーガンの経済アドバイザーは、「アラスカの国有林売却、米軍基地削減、規制大緩和、企業税削減か撤廃、、」と答えている。読売の記事になった。アメリカの担保とする資産は巨大なのだ。2020年には、シェイルガスと海底油田で、世界最大のエネルギー輸出国になると。もう中東から原油は買わなくなるということだ。日本はどんどんアメリカに投資することだ。マンハッタンのビルじゃないよ。ゴルフ場じゃないよ。伊勢平次郎 ルイジアナ


dow 11.13

さっき、終了した水曜日のダウ。イエレン女史の記事が流れた。株価はどんどん上がった。伊勢




comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する