2013/11/25 (Mon) 水曜日まで休ませてください
みなさん

イラン経済制裁の解除など記事は多くあるんですが、急用が出来たため、水曜日まで休ませて頂ます。イラン経済制裁の解除は、NYも、EUも、東証も大歓迎ですね。日本円が、対米ドル101円となり~日本への投資も増えた。これが、続くことが消費増税のショック防止となるように祈るのみです。伊勢 ルイジアナ

comment

さ~、さ~、さ~。 どうすんのよ中国。
アメリカも面白いね。 選りによってB-52を飛ばすとは。 ははははは。

U.S. B-52s flew over China's newly declared air zone, official says

http://edition.cnn.com/2013/11/26/world/asia/china-us-b52s/index.html?hpt=hp_t1
2013/11/27 07:45 | [ 編集 ]

<年末で金が入用な時期。 利食って年末を安心してすごしたいですな~。

わがふるさとの伊勢志摩では、その年の米の出来高が収入の高低を決めた。11月になると、「祷夜(とうや」という大盤振る舞いをその年の長者が村中を招いて行う。子供には祝儀袋を配る~みかんを撒き~餅を投げる、、大人は朝から酒を飲むが喧嘩はない、、この習慣と長老を敬うことが伊勢の国の慣わしだった。「だった」というのは、五ヶ村が合併~市になったからね。「どこの誰か知らん、都会から来た奴が隣の土地を買って~家を建てて~喧嘩し始めるんだ」と去年亡くなった義姉が言ってた。

正月には、総理大臣が音頭を取り~国会議員らは、右も左もカネを寄付し~みかんや餅を撒け!それで、ようやく日本は統一出来るというもんだよ。伊勢爺
2013/11/26 05:11 | 伊勢 [ 編集 ]

>意外に月曜日のダウは黒字でも低迷ということばが当てはまる。伊勢

この水準ではな~。 年末で金が入用な時期。 利食って年末を安心してすごしたいですな~。 君子危うきに近寄らず。 虎穴にいらずんば虎子を得ずは年が明けてからで良いんじゃないかと思っておりまする。
2013/11/26 02:17 | [ 編集 ]

わが祖国の日本を応援して来たと自負している。実はね、10月の日中貿易は、昨年度10月に比べて、25%も向上したと。これも、円切り下げの効果でしょう。どうも、北京の支那人は「裏腹」なんだな。結局、日中貿易を止める気なんぞないよ(笑い)。日中韓の違いは、人民元を切り下げられないので、韓国のウォンも、米連銀の日銀支持を恨んでいる。だが、日本の問題は貿易赤字。折角、石油が大きく下げてるが、有利にはならない。または、企業の株資産が増えているから、これを充てる?ま、今は強引に推し進めるほかない。非正規雇用はこのアメリカも増えた。年末商戦の主役である耐久消費財が売れないのでそれがよく見える。景気いいのは、ユナイテッドなどの航空会社だけ。意外に月曜日のダウは黒字でも低迷ということばが当てはまる。伊勢
2013/11/26 01:52 | 伊勢 [ 編集 ]

いやいや、御大の力をお借りしたいという要請ですよ。 フリーランスとして。 御大には役人は務まりません。(大笑)
2013/11/26 01:28 | [ 編集 ]

伊勢爺は役人になるほど貧乏じゃない。伊勢
2013/11/26 00:25 | 伊勢 [ 編集 ]

>急用が出来たため、

日本政府から合力の要請でも来ましたか?
2013/11/25 23:47 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する