2013/12/27 (Fri) 安倍首相は負けないだろう
靖国はアーリントンと同じである




安倍さんが首相の期間には会わないと

Xi Jimping vs Abe 12.26.13


靖国参拝の理由は単純明快である

abe yasukuni 12.26.13


伊勢爺の怒りは、アメリカに向かっている

伊勢は、駐日米国大使であるカロライン・ケネデイさんに抗議文を作成している。“何故、日本の首相は戦死した兵士の神社に参ってはならないのか?アメリカは日本の二都市に原爆を落として~無辜の市民それも女子供を焼き殺したのだ。それでも、アメリカの大統領は、アーリントンに参っているではないか?”とだね。

”安倍さんは負けないだろう。決心が顔に書いてある”とうちのカミサンだ。ジョン・ケリーなどの、インチキ政治家に負けてはいけない。うちのカミサンは、ベトナム戦争に反対だった。“ケリーほど信用出来ない男を知らない”とだよ。

韓国が大使召還を考えているとである。ああ、早くそうしてくれ。習近平は、安倍とは会わないとさ。願ってもないことだわな(笑い)。伊勢







King of Pepper cover 1

「King of Pepper(胡椒の王様)」をアマゾンから出版しました。英語ですが読んで下さい。大正時代に書かれた「森鴎外の山椒太夫」のアダプテーションです。平安時代より、1000年も語り継がれた「日本の伝説」を英国の皇族に置き換えて、児童文学(13歳から上)にしました。日本以外では知られていない日本人の人権意識を知らせたかった。伊勢平次郎

注文は以下から、、英語を勉強している中学生には、英会話~手紙の書き方~情景描写を学べます。

http://www.amazon.com/King-Pepper-Ise-Heijiro-ebook/dp/B00HFF3QO0/ref=pd_rhf_ee_p_imgnr_1


comment

eijiさんに共感を覚えます。” 資源も無い日本は一国では、、、、、、、” の趣旨も理解します。それが此れまでの戦後日本の政治外交姿勢だった。 しかし、ここに至って日本国に対して中韓のような尊大な態度を招いてしまったと言うのも事実と思います。 筋を通すには時には、”武士は食わねど高楊枝”が必要ではないでしょうか? 米国に対しても政治、軍事に於いて今までの”へ~こら”した追随姿勢ではなく毅然とした対応が必要だと考えます。 今回の靖国参拝に関しても日本国と国民の姿勢をはっきり示すべきだと考えます。 
2013/12/29 02:44 | アンポンタン [ 編集 ]

上の方へ

経済的な孤立とか鎖国の話ではなく、精神的に孤立せよと言っているのです。靖国神社について、アメリカやEUや中国の政治家に理解を求めても、ほとんど効果がないと思います。彼らは理解しません。なぜなら、靖国の精神を理解することは、彼らの歴史観と哲学に混乱を招いてしまうからです。
そんな「相容れない日本独自の性質」に関して、中共と米国は同盟関係にあると私は考えます。が、日本は理解されることを一切期待せず、自らの価値観に付いて、永遠に説明をし続けるべきだと思います。まさにそのために、日本は世界から孤立した精神を培っておかねばならないと私は思っております。
今後、米国やEU諸国の政界が、中共と日本のどちらを取るか私にはまったく分かりませんが、そんな時事的な変容に関せずとも、日本はただ己が道を正しく歩むことが出来る、と言いたいわけです。

伊勢さんへ

伊勢さんが私の拙い意見を面白く思えないことは分かっております。
しかしながら、日本に暮らし、仕事上で知り合うの多くの人の小心さと右往左往ぶりを見ておりますと、まずは精神的に、「個」として、世界から孤立するべきであろうと感じます。それは友人関係の拒否ということではありません。単に、独立した「個」であることの、つまりは互いに自由であることの始まりであり、尊重という言葉の産声であろうと私には思われます。
日本は密かに、大声で公言することなく、世界諸国に日本的価値観が認められることを最初に諦め、次に、気長に世界に向き合っていくべきであろうと思っております。
2013/12/28 23:26 | eiji [ 編集 ]

eijiさま

要は日本鎖国しろと仰る。
資源がない技術工業国になった現状では無理ですね。
貴殿のお歳は存じませんが現実を見ましょう。

遠からず中共は破綻する。
米国の借金より支那の地方債と中共官僚の口利きで成された帳簿上の債務総額は支那を荒れ地にして支那人を売り払っても追いつかないでしょう。

支那が戦争しようにも通常兵器の現物は横流しで既に無く、米国は核恫喝が効く相手でもない。
日本を切れば中東が焦げ付く。
そんな状況で米国がどっちを取るでしょうね。


2013/12/28 11:45 | fts [ 編集 ]

eijiさん

賛成出来ませんね。あなたの主観で本を書けば失敗は確実です。伊勢
2013/12/28 06:41 | 伊勢 [ 編集 ]

アメリカは、アメリカ国債の最大保有国の中国に逆らえないですよ。
アメリカは日本と中国に莫大な借金がある国です。だから日本の政治家を抑えようとします。今回の靖国の件で、そのことがハッキリしました。
ケンビンメアは、中国への借金はアメリカがドルを刷ればまったく問題ではなくなると言ってました。むしろ中国の方が困るはずだ、と。でも現実には、そんなことは不可能ですから、アメリカは日本を見捨て、中国と心中することになると思います。
日本はまず、アメリカから遠く離れる方策を練るべきだ、というのがボクの意見です。アメリカという傲慢な国、中国・朝鮮という投げやりな国家、EUという醜い貴族社会から、国家の本質として、日本は遠く離れるべきではないでしょうか。
2013/12/28 01:19 | eiji [ 編集 ]

ハヤブサ先生

それでは、教授さんに直接メールか、または、インタビューします。有難うね。さっき、Mephist先生と電話で話した。「出版を急げ!」とのお達しでアリヤシタ(笑い)。伊勢
2013/12/27 22:49 | 伊勢 [ 編集 ]

>このケビン・ドーク教授の英文の論文は入手出来ないだろうか?

ジョージタウン大学のケビン・ドーク教授の同僚と自称する同大のジョルダン・サンド準教授によれば、
>今のところドーク氏は英語では靖国問題について何も発表していませんので
http://members.jcom.home.ne.jp/nokato/data12.html

ということのようです。したがって、ケビン・ドーク教授の英文の論文は入手出来ないと思います。
2013/12/27 22:25 | ハヤブサ [ 編集 ]

みなさん

産経の記事を読んだ。ジョージタウン大学は法律学校。このケビン・ドーク教授の英文の論文は入手出来ないだろうか?伊勢
2013/12/27 20:29 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

書くのを忘れた。米大手のメデイアは、日本のメデイアほど反日じゃないよ。読売も含めて、どうしてこうも、保守政権を嫌うのかネ?理解不可能な反国家思想を持っている。「日本人の敵は日本人」とは的を得ている。伊勢
2013/12/27 19:47 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

今、ワシントン・ポストとNYタイムス検索したけど、靖国参拝関連の記事は温度が低いものですね。それも短文の。「どっちも、どっちだ」という感じの。印象では、安倍バッシングはないね。どちらの新聞も、日本経済の復活を前に持ってきているしね。結局、アメリカ人の関心というのは、カネじゃろ(笑い)。軍事上の記事はまったくないし。ヘーゲルさんは、無言だし。「沖縄普天間が解決に向かっている」と安倍成果を前に出しているよ。伊勢
2013/12/27 19:37 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

やはり隼は保守ですねえ。二冊目の英語のノベルを出版したばかりで、以前から暖めていた三冊目「湖底の墓場」を書き始めたばっかりなんだけどね、三冊目を「Japanese Redemption(名誉の回復)」とします。

カロラインにメールを出す準備をしたけど、キンドル出版(アメリカアの読者は90%がキンドル)にする。これが最大の日本の広報だから。伊勢爺さんは、「慰安婦の嘘」でみなさんに借りがある。安倍さんの靖国参拝はさらに重要だ。日本人を目覚めさした慰安婦決議の一章を入れるよ。「ながさきの少年」も。一ヶ月で書き上げることが出来る。どうでしょうか?伊勢
2013/12/27 18:55 | 伊勢 [ 編集 ]

米国とは死闘の後、大人の付き合いが出来る相手となりました。
米国は表面上はそうでは無いが、既に日本国の論理と言い分は十分理解してるものと考えます。 近年における米国駐日大使の広島、長崎の原爆被災者追悼式典への出席等はその表れだと考えます。 多くの戦死者を出して得た勝利でしたので、幾分かまだ生存されてる反日感情を持たれる退役軍人への配慮も必要なのでしょう?
 安倍首相の靖国参拝後の談話は火の打ち所の無いものだったと考えます。 チュンチョン国の国民感情が傷つけられたなどは考慮することなど無い滑稽な言い分だと思います。 私も昨年安倍首相になって靖国参拝を延期されたことに大変落胆し飯も喉を通らなかったほどでした。
 安倍首相、急がば回れ だったのですね。 これからも色々な難題山済み、集団自衛権行使、憲法改正、武器輸出三原則、第三国人の送還、NHK,朝日、毎日新聞などの粛清。 
 我々国民は一丸となって再度日本国を世界に誇れる国になるよう、安倍首相を支持して行こうではありませんか。
2013/12/27 15:00 | アンポンタン [ 編集 ]

★【首相靖国参拝】「失望」表明した米国、中韓との緊張懸念 
支持の見解も
2013.12.27 00:34

米政府は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝は、中韓両国との
さらなる関係悪化をもたらすもので 「失望している」と表明した。
その一方で米国内には、参拝を正当なものであるとして支持する見解が
あるのも事実だ。

在日米国大使館の声明では「首相の過去への反省と日本の平和への決意を
再確認する表現に留意する」 とも指摘した。ただ、米政府としては、
バイデン副大統領が今月、中国の防空識別圏設定で高まった緊張を
緩和するため、日中韓を歴訪したばかりのことでもあるだけに懸念を
強めている。

米政府にはこれまで、首相の靖国神社参拝を思いとどまらせようと
してきたフシがある。10月にケリー国務、ヘーゲル国防両長官が
訪日した際、宗教色がなく、A級戦犯が合祀されていない
千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れ 献花したのも、靖国参拝を牽制(けんせい)
する意味合いがあったとの見方もある。

米主要メディアも異口同音に「中国、韓国との論争に火を付ける」
(CNNテレビ)などと否定的に伝えたが、これらとは異なる見解を
米国で表明してきたのがジョージタウン大学のケビン・ドーク教授だ。

教授は今年に入り、産経新聞などの取材に「日本の政治指導者が自国の
戦死者の霊に弔意を表することは外交 ・安保政策とは何ら関係はない」
と述べている。

教授はこれまでにも、「民主主義的な選挙で選ばれた政治指導者が、
戦死者の霊を追悼することは、平和への 脅威や軍国主義への
前進になるはずがない」と強調。米国のアーリントン国立墓地には、
奴隷制度を守るために戦った南軍将校も埋葬されている事実を指摘し、
ここを歴代大統領が訪れたというだけで「奴隷制度を肯定したことには
ならない。同様に靖国神社参拝も、日本が関わった戦争の全面的肯定を
意味しない」と主張している。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131227/amr13122700390000-n1.htm
2013/12/27 14:17 | [ 編集 ]

>伊勢は読売の社説は卑怯だと思っている。

ハヤブサは甚く同感です。さきほど読売新聞に電話で文句を言っときました。もっと事実関係を踏まえて書けと!いわゆるA級戦犯の合祀は1978年に行われ、その翌年には合祀の事実が報道されているが、中国の副首相がはじめて公式参拝を非難したのは1985年です。しかも社会党の田辺誠らが訪中した直後にです。靖国参拝問題は捏造が得意の朝日新聞と社会党が中国共産党政権に無償供与した外交カードなのです。今般の米国政府の声明はこの外交カードを容認するということを内外に明らかにしたということですね・・・ちなみに、1978年から中曽根の参拝中止までの間、大平正芳元首相が3回、鈴木善幸元首相が9回、中曽根康弘元首相が10回参拝しています。これらの事実関係を踏まえると、靖国参拝問題は「日本人の敵はに日本人だ!」の象徴的事例なのだと思います。
2013/12/27 13:44 | ハヤブサ [ 編集 ]

ざっとCNN(場所が適切かどうかはさておいて)のニュースコメントを見たところでは、誤解ともいえる解釈が大半ですね。
東京招魂社あたりからの話をしても理解してもらえないでしょう。これは一神教の世界からは当然かもしれません。

結論ありきの話ですが、私の持つ米国人の、たないイメージの範囲で理解を求めるとすれば、仮に
「アーリントン墓地が何らかの理由(安全性や環境保護でもいい)で移転すべきだという議論が出てきた場合、墓所が今後もアーリントンであるべき理由を説明してください。」
というものに近いかなぁ、と。
「戦没したら、そこに帰ると約束したから」
ということですから。
無宗教の施設を作る?ノー、そこは靖国ではない。
A級戦犯を分祀する?ノー、それはプールに混ざったワインをワインだけ回収しろということだから。

そういう意味では、いまだに日本は神秘の国かもしれません。
2013/12/27 12:53 | Mephist [ 編集 ]

伊勢は読売の社説は卑怯だと思っている。伊勢

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20131226-OYT1T01358.htm?from=ylist
2013/12/27 12:43 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する