2014/01/12 (Sun) 珊瑚礁海戦・日本軍の進撃は止まった


1942年5月8日と9日に行われた日米海戦。日本軍が目指すポートモレスビー米空軍基地。ポートモレスビーを破壊しないと、ラバウルの日本空軍基地が常に空爆されるからだ。日本軍を阻む米軍は必死であった。ポートモレスビーが陥落すれば、二ミッツの迂回作戦は頓挫する。つまり、ここから北上して、日本本土を叩くという作戦だった。二日間の戦闘をビデオをで見てください。結局、世界最初の空母による日米海戦はひきわけとなった。だが、当初のポートモレスビー攻略は失敗したのである。この珊瑚礁海戦において、日本軍の破竹の進撃は止まった。翌月の1942年6月4日には、ミッドウエー攻略。日本軍は機動部隊を失った。モーメンタムは米軍に移った。

アメリカ太平洋艦隊司令長官のニミッツは後年の著書の中でこの海戦を次のように評価している。

「戦術的に見るならば、珊瑚海海戦は日本側にわずかに勝利の分があった。・・・・(中略)・・・・。 しかし、これを戦略的に見れば、米国は勝利を収めた。開戦以来、日本の膨張は初めて抑えられた。・・・・(中略)・・・・。 さらに重要なことは、空母「翔鶴」の損傷修理と打ちのめされた空母「瑞鶴」の飛行隊再建の必要から、これら両艦ともミッドウェー海戦に参加できなかったことである。両空母がミッドウェー海戦に参加していたならば、この海戦の成果に決定的な役割を充分果たしていたであろう」と。


みなさん

珊瑚海海戦が正しいネームですね。VIDEOはインパクトが違う。VIDEOを作成したいと思った。戦闘の実録ではなくてですね。本では伝わらないものがある。DISCOVERYは、アメリカの政治宣伝のトーンはあまりないけど、日本人が作ると違うトーンになると思う。だけど、CGは好きになれない。

コメントに、「日本人がチャイナで何をしたかを知っている。だが、ワタシは気高い日本人が好きだ」とある。そうでありたいね。「日本は、アメリカの仕掛けたトラップに嵌められた。未だにその呪縛が解けない」というコメントもあった。(質問)そうですか?そうなら、「マッカーサーのくびき(呪縛)」は出版に値する。伊勢平次郎 ルイジアナ







献金のお願い

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「5千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。実は、「一口五千円とはなんだバカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。そうします。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


C)USAの在住者の方は、チェックを郵送してください。

Nobuyoshi Ozaki
600 carondelet Street Mandeville, Louisiana 70448


*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。ご献金頂きました同志には、日本での出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

ご献金後、「ブログの隠れ投稿」または、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。


「募金の使途」

1)アマゾンUSAの編集代金
2)わが青い目の妻の編集・助手・その他の雑用への感謝料。
2)書籍購入(Kindle English)
3)ブログ管理人の経費。無料で8年間続けました。死ぬるまで続けます。
4)広告費(LA・SF・NYの新聞の広告欄)
5)その他、講演旅行などの費用

以上、謹んでお願い申し上げます。伊勢平次郎 ルイジアナ


***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢

***Kenji先生がご献金された。


***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢



comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する