2014/01/14 (Tue) マリアナ海戦の敗退・サイパン島玉砕(日米戦争15話)


昭和19年6月19日から20日にかけてマリアナ諸島西方海域で日米機動部隊による航­空海戦となる。日本側の完敗に終わり、米軍が接待国防圏と位置づけされたマリアナ諸島­の日本軍へ攻撃開始した。サイパン島に米軍が上陸...そしてついに同年7月7日、­サイパン島の北端へ後退した日本軍の残存する陸海守備隊は、最高司令官の南雲中将以下­司令部の自決の後、最後の万歳突撃を行ない玉砕した。共に後退して避難していた非戦­闘員である市民達(女子供を含む)の多くは...敵に捕らえられるよりも名誉ある死を­選び、兵士と共に民間人約4千名が命を落とした。映像は、米機動部隊の囮になった­小沢機動艦隊の戦闘状況、出撃命令を受ける艦載機の搭乗員の姿。そしてサイパン島を攻­撃する米兵、そして捕虜となる日本敗残兵の姿に戦後の日本軍兵器の残骸を米国側が記録­したものである。(憂国烈士さんが上梓された記録映画)





phillipine islan<br />ds


saipan young soldiers

砂に埋まっているから、艦砲射撃による死者であろう。母親が見たらと思うと、、


saipan dead marine

生きてるように見えるが右手が銃を握っていない。「死んだマリーン」と書いている。若いひとだな。




日本兵とは言うが、若者だった。


saipan 1944


saipan 5

生き残った山羊と兵隊。バナナをやっている米兵には余裕がある。「大方のアメリカ兵は残虐ではなかった」と伊勢は思っている。


saipan japanese daughter

この人は幸運だ。背中の娘が飢えることはなかっただろう。


saipan 4


saipan b-29

サイパンは、日本本土を直接狙う位置にある。米軍は滑走路を長くして、B-29を配備した。

マリアナ・パラオ諸島の戦い

絶対国防圏 マリアナ空襲 パラオ空襲 松輸送 3530船団 サイパン マリアナ沖海戦 グアム テニアン ペリリュー アンガウル


日本軍敗退というか全滅に瀕した

戦力
航空母艦9
戦艦5
重巡洋艦11
軽巡洋艦2
駆逐艦20 航空母艦15
戦艦7
重巡洋艦8
軽巡洋艦12
駆逐艦67

損害

航空母艦3沈没
油槽船2沈没
航空母艦1中破
航空母艦3小破
戦艦1小破
重巡洋艦1小破
艦載機378機
航空母艦2小破
戦艦2小破
重巡洋艦2小破
艦載機123機

損失艦載機
378機、航空機搭乗員戦死388名


米軍の損害は比較にならないほど小さかった。よって記述はしなかった。本著ではあ脚注で載せるが、、伊勢平次郎






献金のお願い

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「5千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。実は、「一口五千円とはなんだバカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。そうします。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


C)USAの在住者の方は、チェックを郵送してください。

Nobuyoshi Ozaki
600 carondelet Street Mandeville, Louisiana 70448


*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。ご献金頂きました同志には、日本での出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

ご献金後、「ブログの隠れ投稿」または、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。


「募金の使途」

1)アマゾンUSAの編集代金
2)わが青い目の妻の編集・助手・その他の雑用への感謝料。
2)書籍購入(Kindle English)
3)ブログ管理人の経費。無料で8年間続けました。死ぬるまで続けます。
4)広告費(LA・SF・NYの新聞の広告欄)
5)その他、講演旅行などの費用

以上、謹んでお願い申し上げます。伊勢平次郎 ルイジアナ


***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢

***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢

***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢

***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢

***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢

***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢



comment

kenji先生

大衆には英語はわからない。だが、どうして、6千億円の年間予算~高学歴の集団~最高給取りの外務省の役人は、このウイキの英文側に抗議せんのか?2007年の慰安婦決議も抗議しないまま現在に至る。結局、伊勢爺が本にするとなる。献金されるお方たちはここを認識されていると思う。絶対に伊勢爺は負けないよ。伊勢
2014/01/15 01:40 | 伊勢 [ 編集 ]

 捏造でしょうね。昭和天皇が前線の兵士に、もはや戦闘が終わっており。無線機も破壊されている中で、励ましの打電をせよと命じたのはアッツ島玉砕の時が最初だったと思います。
 
2014/01/14 22:30 | kenji [ 編集 ]

みなさん

S・Kさまから、以下の投稿がありました。ご献金有難う。5千円は人によっては、大金なのです。百円でも大金です。わが67歳の青い目の女房がパートに行かず、旦那をヘルプしているので、彼女の収入のバックアップに使わせて頂きます。喜びますので。伊勢

募金振り込みました
こんにちは
今日私も募金を振り込みました。
金額はささやかですが5千円です。

いつも興味深い記事、楽しみにしています。
特にマッカーサーについては、なかでも戦後の彼の考え方の変化が興味あります。S・Kより
2014/01/14 17:22 | 伊勢 [ 編集 ]

みなさん

ウイキペデイアの英語側の記述です。出典はなく、文書はタイプライターで打たれている。日本語側には当該記述はない。戦後、中華国際新聞などかラカネをもらった日本人左翼新聞記者がよく捏造した。田中某{前将校)が有名。ご意見ください。伊勢

Emperor Hirohito personally found the threat of defection of Japanese civilians disturbing.[12] Much of the community was of low caste, and there was a risk that live civilians would be surprised by generous U.S. treatment. Native Japanese sympathizers would hand the Americans a powerful propaganda weapon to subvert the "fighting spirit" of Japan in radio broadcasts. At the end of June, Hirohito sent out an imperial order encouraging the civilians of Saipan to commit suicide.[12] The order authorized the commander of Saipan to promise civilians who died there an equal spiritual status in the afterlife with those of soldiers perishing in combat. General Hideki Tōjō intercepted the order on 30 June 1944 and delayed its sending, but it went out anyway the next day. By the time the marines advanced on the north tip of the island, from 8–12 July 1944, most of the damage had been done.[12] 1,000 Japanese civilians committed suicide in the last days of the battle to take the offered privileged place in the afterlife, some jumping from "Suicide Cliff" and "Banzai Cliff".
2014/01/14 17:10 | 伊勢 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/14 16:05 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する