2014/01/16 (Thu) 世界最大の財産「太平洋」(序章)
pacific ocean image





世界最大の財産・太平洋(序章)

「ななつの海」とは以下の海洋を指す。
 
1.太平洋(北太平洋・南太平洋)
2.大西洋(北大西洋・南大西洋)
3.インド洋
4.北極海
5・ 南極海

1791年、アメリカ人探検家ジョン・ケンドリックによって率いられた2隻のアメリカ船が紀伊半島の南にある紀伊大島に11日間停泊した。彼は日本を訪れた最初のアメリカ人として知られている。彼はアメリカの国旗を立て、アメリカによる島の領有を明白に主張したが、彼の訪問について日本にはその記録は残っていない。

日米関係の始まりである。次は、ペリー提督の黒船来航。この辺から日米両方に公式記録が残っている。伊勢は、太平洋の規模は地球上で最大の範囲と~最大の海水の量と~最大の海底という不動産だと思っている。この膨大な海に棲む、魚、鯨、海老、蟹、貝、いるか、トド、鳥の数も「超度級」と言うしかない。この底知れない資源が争いの元なのである。その中でも最も争われるのが海底のエネルギー源なのだ。

考えれば、「争わず分け合え」というシカゴのマフィアのボス、フランク・二テイの知恵が戦争を起こさない選択だろう。しかし、その「分ける」ルールを誰が決めるのか?チャイナとロシアは、武力を使ってでも太平洋を割譲したい。あのチンケな韓国でさえも、日本の領土である竹島を占領している。ちょうど、戦後のドサクサに駅前の土地に座り込んで自分のものとしたチョウセン人らのようにだ。

まあ、チョウセン人には軍事力はないから、なんとかなるが、問題は軍事大国を目指しているチャイニーズだ。このチャイニーズの人口は、世界人口の18%だから、人類の5人に1人が中国人ということになる。人口比率が問題ではない。問題は、その人口を使って陸と海へ膨張することである。その上、中国大陸は資源が乏しい。ハルピンから瀋陽へ飛んだことがあるが、河川は弱弱しく灰色のどんよりとした流れだ。絶対に、鮭、鱒、鮎、ヤマメなんかおらんよ。それに木が見当たらなかった。木があるとすれば、コットンウッドという材木にも薪にもならない柔らかい木だけだ。初夏に緑の葉をつけるのが慰めだ。可愛い赤い花も咲くが日本の梅桜とは比較にもならない。中国の最大の問題は水源だろう。だから、全てが弱弱しいと思う。山が少ないのも中国の特徴だ。山がないから、木もない。木がないから土が痩せている。

cottonwood  405px-Bombax-ceiba-Hong-Kong-12

「キワタ」というらしい。瀋陽から汽車で長春へ行ったとき、列車の窓は開け放たれ~天井には扇風機が回っていた。窓からキワタの「綿」が飛び込んできた。地平線まで続く畑に馬が牽く台車が見えた。年寄りの農夫が後ろ向きに乗って麦の種やら大豆を撒いていた。




天竜川を遡る鮎の群れだ。小学生の頃、長瀞へ遠足したときを想い出すね。河川を汚すなかれ!伊勢爺


さて、西部の荒野よりも広大な太平洋の保安官は誰がする?ルールは話し合いで決めることができるが、そのルールまたは法律は必ず破られる。そいつを取り締まろうとすると、犯人は暴れる。取り押さえようとすれば、犯人は凶器を持って向かってくる。

強盗の数が上回るなかでは、保安官ワイアット・アープひとりでは、逆にボコボコにやられてしまう。これでは、三文の西部劇にもならない。ソリューションは、日米合同軍と太平洋に接面する国々の参加だと思う。伊勢平次郎 ルイジアナ






献金のお願い

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「5千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。実は、「一口五千円とはなんだバカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。そうします。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


C)USAの在住者の方は、チェックを郵送してください。

Nobuyoshi Ozaki
600 carondelet Street Mandeville, Louisiana 70448


*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。ご献金頂きました同志には、日本での出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

ご献金後、「ブログの隠れ投稿」または、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。


「募金の使途」

1)アマゾンUSAの編集代金
2)わが青い目の妻の編集・助手・その他の雑用への感謝料。
2)書籍購入(Kindle English)
3)ブログ管理人の経費。無料で8年間続けました。死ぬるまで続けます。
4)広告費(LA・SF・NYの新聞の広告欄)
5)その他、講演旅行などの費用

以上、謹んでお願い申し上げます。伊勢平次郎 ルイジアナ


***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢

***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢

***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢

***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢

***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢

***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢

***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢

***T・Y大兄、ご献金有難うね。伊勢


おまけ

坂東忠信さん(前警視庁通訳捜査官)から、メールを頂いた。“共闘が大事だ。頑張ってくれ!”と激励してくれた。リンクから坂東先生のご著書を買えますよ。「在日中国人は相当危険だ~生活保護を収入だと考えている連中だ~同じ人間ではないと、、」さ。残念ながら同感ですね。伊勢

comment

<慰安婦問題の正式謝罪要請 米歳出法案に盛り込まれる 
背景に中韓ロビー活発化。

「外人将軍・マッカーサーの呪縛」の下巻(5月出版予定)の30話あたりに「慰安婦決議という罠」を載せる。議論ではなく、「いかに決議が違法であるか」が中身です。ご期待乞う。伊勢
2014/01/17 09:24 | 伊勢 [ 編集 ]

小野田さんにボストンでお会いしました。ハーバード大学の門前で寄付金を集めておられた。彼女だったS子と通りかかった。小野田さんは日本兵の姿をしていたと思う。どなたか覚えているかな?伊勢青年もなにがしかの小金を箱に入れた。すると、マイクロフォンに取り巻かれていた小野田さんが、「日本人ですか」「はい、日本人です」「有難う」と仰られてS子を見つめられた。彼女は山形美人だったから。後日、ブラジルへ移民したと新聞で読んだ。こういった実体験も今日の伊勢爺を支えている。伊勢
2014/01/17 09:19 | 伊勢 [ 編集 ]

太平洋戦争の終戦を知らずにフィリピン・ルバング島で30年間過ごした
元陸軍少尉の小野田寛郎(おのだ・ひろお)さんが死去したことが16日、
分かった。91歳。和歌山県出身。

死因などは不明だが、小野田さんが設立した「小野田自然塾」
(東京都中央区)関係者はスポニチ本紙の取材に「亡くなったという連絡を
受けている」と明かした。近く、近親者のみで密葬を営むとみられる。

小野田さんは1942年に和歌山歩兵第61連隊に入隊。
44年にルバング島に派遣され、情報員の任務を与えられた。
しかし、終戦を知らずジャングルに潜伏。51年に帰国した元日本兵の
証言からその存在が判明したが、作戦解除命令がないことを理由に
部下とともに山中にとどまっていた。
74年3月、捜しにきた元上官らの任務解除命令を受け、山を下りて
救出され帰国した。

帰国後の翌75年、ブラジルに移住。原野を開拓して牧場をつくった。
84年、ルバング島での経験を生かし、たくましい青少年育成のために
「小野田自然塾」を開設。キャンプ生活を通して自然の大切さや、
目的を持って たくましく生きることなど人間の本質を教えていた。

近年は都内で暮らし、国内各地で精力的に講演を実施。ルバング島での
体験を振り返り、「生き続けようという目標を持っていたことで、
日本に帰ることができた」などと話していた。

◆小野田 寛郎(おのだ・ひろお)1922年(大11)3月19日、
男5人、女2人の 7人きょうだいの四男として和歌山県亀川村
(現海南市)で生まれる。日本帰還後に移住したブラジルでは牧場で
1800頭の肉牛を飼育していた。
著書に「戦った 生きた ルバン島30年」(74年)。
05年、藍綬褒章を受章。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/01/17/kiji/K20140117007402700.html
2014/01/17 08:13 | [ 編集 ]

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140116/amr14011620000008-n1.htm

慰安婦問題の正式謝罪要請 米歳出法案に盛り込まれる 
背景に中韓ロビー活発化
2014.1.16 19:59
 
【ワシントン=青木伸行】米下院が15日に可決した
2014会計年度の歳出法案に、「解説書」という形で、慰安婦問題に
対する正式な謝罪を日本政府に働きかけるよう求める項目が盛り込まれた。

中国、韓国系団体のロビー活動を背景に日系のマイク・ホンダ議員が
主導したもので、カリフォルニア州での新たな「慰安婦」碑設置や、
バージニア州における教科書への「東海」併記の動きと合わせ、
日本の巻き返し戦略が改めて問われている。

法案に盛り込まれた解説書は、2007年にホンダ議員の主導で下院で
可決された、慰安婦問題に関する対日非難決議の履行を日本に
働きかけるよう、国務長官に促す内容。07年の決議は、「河野談話」を
ふまえて正式な謝罪を求めている。

解説書に法的拘束力はないが、今回、法案に実質的に中韓の主張と
意向が反映される結果となったことは、河野談話が「負の遺産」として
影響し続けていることを示している。
また、官民挙げての中韓の組織的なロビー活動が勢いを増していることの
証左でもある
2014/01/17 07:29 | [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する