2014/01/19 (Sun) カロラインのイルカで判る日本人のお人好し


なんとも幼いね。友達かどうかもわからないのにね。日本人はお人好しなんだな。伊勢




こんな待遇が必要だったのかな?安倍さんの指示だろう。思い込みでねえ?




カロラインは可愛い子供だったからね。ケネデイは人格者だった。キューバ危機の判断はそれ以上のものはない。アメリカは大統領を暗殺する国なんだ。日本人をバカにするなんて、オチャノコサイサイなのさ。


kennedy abe

お人好しの総理大臣さま。この人さ、根っからのオオブロシキでもあるね。庶民が、青年が苦しんでいるときに、バッカな顔の女房を連れてアフリカへ外遊。旅費だけでも、5億円は使ったわな。小切手もばら撒いたしな。「W・ポストのコラム欄を買え」と伊勢は世耕に忠言した。佐々江大使が先日、記事を出した。官邸広報室からは、「ご忠言を有難う」と電子メールひとつ来なかった。鉄面皮の連中さ。およそ庶民の味方などじゃないね。


最後に伊勢爺の意見

dolphin masacre

結論から言うと、カロラインは駐日大使の資格がない。うちのが、ヒラリーとカロラインの討論を聞いて、「ああ、カロラインはダメだ」と言った。カロラインはオバマに募金活動した。今、ヒラリーは、何を想っているだろうか?

イルカ漁は日本の地方の伝統文化だ。日本の文化じゃない。ちょうど、エスキモーの捕鯨がエスキモーの伝統文化であっても、アメリカの文化じゃないようにだね。よって、ツイッターで、世界中に「Deeply concerned by inhumaneness of drive hunt dolphin killing. USG opposes drive hunt fisheries.」と流したら、イルカを食ったこともない99%以上の、つまり1億2800万人を敵に廻すことになるよ。カロラインさん、築地へ行ってみなさい。イルカを売ってる業者はいないよ。

dolphin killed

おっさんがイルカの頭をゴシゴシ切っている。そりゃ、食うんだからね。それは合法ならば「権利」なんだ。ちょうど、牛、豚、羊、山羊、兎、あひる、鶏を殺して食うのと変わらないわけだよ。伊勢爺さんは、「イルカ漁も、南氷洋の捕鯨も好ましいことじゃない」としている。ただ、合法ならば法に従う。グリーンピースやシーシェエパードは犯罪者の集まりだ。それらの過激な海賊どもに、カロラインは加担したわけだ。つまり彼女も狂信者かレイシストということである。さあ、アメリカへ帰って貰おうじゃないの。そうでしょ?みなさん。伊勢平次郎 ルイジアナ


みなさん

うちの青い目のカミサンがカロラインに「抗議文」をフェースブックで送ることにした。うちのもカトリックだが、カロラインほどのおバカさんじゃないね(笑い)。伊勢

Ambassador Kennedy,
   As a world traveler of over forty years I have been aghast at witnessing many sights that was contrary to my innate beliefs. Eating dogs in Indonesia, Laos, and China, horses in Italy, sitting around a special table in China where the top of a monkey's head is chopped off and thousands of dollars are paid at New Years to eat the brains. Sheep in Istanbul dragged through the street to be killed behind a local restaurant. An ancient custom practiced at Christmas where the fresh meat is then shared with everyone in the neighborhood. And I could go on and on.
   My reason for writing to you is to protest your tweet addressing the custom of the Taiji village hunt. If you are truly outraged you should pick up a sign and protest, or call a press conference, or try to stop the practice through the courts. To simply tweet your concern over the internet and offend the host country of which you are an ambassador is using poor judgment. You should understand you are not a private citizen now and you must not use your tweet power to smear a culture. I should think your honeymoon with the Japanese people is over. I look forward to a more mature Ambassador Kennedy in the coming years of your stay in Japan. Christine Aragon... Mandeville, Louisiana







献金のお願い

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「5千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。実は、「一口五千円とはなんだバカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。そうします。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


C)USAの在住者の方は、チェックを郵送してください。

Nobuyoshi Ozaki
600 carondelet Street Mandeville, Louisiana 70448


*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。ご献金頂きました同志には、日本での出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

ご献金後、「ブログの隠れ投稿」または、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。


「募金の使途」

1)アマゾンUSAの編集代金
2)わが青い目の妻の編集・助手・その他の雑用への感謝料。
2)書籍購入(Kindle English)
3)ブログ管理人の経費。無料で8年間続けました。死ぬるまで続けます。
4)広告費(LA・SF・NYの新聞の広告欄)
5)その他、講演旅行などの費用

以上、謹んでお願い申し上げます。伊勢平次郎 ルイジアナ


***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢

***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢

***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢

***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢

***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢

***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢

***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢

***T・Y大兄、ご献金有難うね。伊勢


おまけ

坂東忠信さん(前警視庁通訳捜査官)から、メールを頂いた。“共闘が大事だ。頑張ってくれ!”と激励してくれた。リンクから坂東先生のご著書を買えますよ。「在日中国人は相当危険だ~生活保護を収入だと考えている連中だ~同じ人間ではないと、、」さ。残念ながら同感ですね。伊勢


comment

ぽん先生

なるほど。爺の無知を晒した。アメリカのメデイアは、Japan Timesの記事を載せ~イルカ漁を批判した。グリーンピースの意見などを載せた。おかしいなこの新聞は。反日なのかな?イルカを殺すのも国内法のことだのにね。日米関係というのは、経済と軍事の同盟関係。さっき、米海軍大学を出て、カタリナのパイロットだった人とコーヒー飲んだ。「太平洋とインド洋は日米、豪州、東南アジア、インドの海軍が必要だ」と言ったら、「その通りだ」と。この人とカミサンはマニラ、アイスランドに赴任した。バターン、コレヒドールに一年住んだ。マッカーサーの脱出はよく知っていた。伊勢
2014/01/21 03:33 | 伊勢 [ 編集 ]

>こんな待遇が必要だったのかな?安倍さんの指示だろう。思い込みでねえ?

いや、馬車での送迎は信任状捧呈式のセレモニーみたいなもので、各国の新任大使着任の時にやっているものです。キャロラインだけの特別待遇ではありません。前任のルース大使の時も馬車を使用したし、他の国も同様の待遇です。
因に送迎は、馬車と自動車のどちらかを選べて、殆どの大使は馬車を選ぶそうです。
2014/01/21 00:16 | ぽん [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/20 16:38 | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/19 13:20 | [ 編集 ]

みなさん

ゲイツの「任務」を速読した。日本は、JAPANと一箇所だけだった。それも、日本のことを書いているのではなく~チャイナの挑戦を書いている。それも1ページだけ。99%がイラク~アフガニスタン~ワシントンの政治。そこで、意見を書いておいた。ゲイツさんが読むと、ISEHEIJIROを記憶するだろうと。伊勢

Although it was easy to read, plain language, honest and fair. I was disappointed, he did not mention Japan my country and your most important ally in the Pacific. Secretary gates related to the adversarial, challenging countries as China and Russia. Japan is the second largest naval power in the Pacific and we are your financier that means you owe us $1.2 trillion. However, I felt Mr. Gates is the man of integrity. I am comfortable to sit next to him. Ise Heijiro, the author of "King of Pepper" and "You Die For Me" on Kindle.

2014/01/19 11:27 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する