2014/01/21 (Tue) 韓国は執拗に日本を貶めている













安重根記念館 韓国の反日工作は執拗すぎる(1月21日付・読売社説)

 
安重根記念館歴史問題で、日本に対する圧力を加えようとする中国と韓国の連携が一段と強まった。憂慮すべき事態である。

 中国黒竜江省ハルビン駅に、「安重根義士記念館」が開館した。安重根は、朝鮮独立運動家で、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した人物だ。韓国では、日本支配に抵抗した英雄とされる。

 朴槿恵・韓国大統領が昨年6月、習近平・中国国家主席に、暗殺現場のハルビン駅に記念碑の設置を求めた。それに、中国側が記念館の設立で応えたものだ。

 朴氏には、日本の歴史問題で、中国と共闘する狙いがあったのだろう。韓国外交省は、開館を歓迎し、安重根が「韓中両国民から尊敬されている」と強調した。

 しかし、日本の立場や国民感情を無視して作られた記念館は、到底受け入れがたい。

 日本政府はこれまで再三、両国に懸念を伝えていた。開館に際して、韓国と中国に対し、外交ルートで抗議したのは当然だ。

 菅官房長官は、安重根について、「我が国の初代首相を殺害し、死刑判決を受けたテロリストだ」とし、この件での中韓連携は「地域の平和と協力の関係の構築に資するものではない」と述べた。

 朴氏の意向を受け入れ、記念館を設立した中国も問題である。

 多民族国家の中国にとって、安重根を称揚することは、少数民族である朝鮮族の国境を超えた民族意識を刺激しかねない危険をはらんでいる。

 それでも、中国が記念館開設に踏み切ったのは、反日をテコに、韓国を外交的に取り込もうという打算が働いたのだろう。日米韓の外交・安全保障上の連帯にくさびを打ち込む狙いがうかがえる。

 一方、安重根記念館以外でも、韓国は、歴史認識に関する一方的な主張を強めている。国際機関や第三国で、日本の立場を損ねていることは看過できない。

 韓国政府は、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)による世界記憶遺産に、いわゆる元従軍慰安婦らの証言記録を登録するための準備を始めた。

 フランスで行われる国際漫画祭では、慰安婦問題をテーマとする作品を展示すると決めた。

 米国では、韓国系団体が、教科書に「日本海」に加えて、韓国での呼称「東海」を併記するように求める運動を展開している。

 日本政府は、韓国の執拗しつような外交工作に対抗して、正確な事実関係を丁寧にかつ粘り強く、世界に対して主張していくしかない。

(2014年1月21日01時14分 読売新聞)


伊勢の意見

「(黒人が白人を)憎むようになるまで、(白人に黒人を)貶めさせてはならない」とマーチン・ルーサー・キング牧師。キング牧師は演説の中で、「すべての罪が黒人に帰せられるべきではない」と結論付けた。

現在の中国+韓国は日本を貶めてやめない。それも歪曲した歴史観を基にである。日本人が彼らを憎み始めている。

先刻、ロスアンゼルスのXXさまからメールを頂いた。XXさんは、グレンデール市公聴会へ出かけられて、「あなた方はやり過ぎですよ」と韓国人反日団体が慰安婦像を公園内に設置したことに抗議をなさった方です。「日本政府が率先して撤去要求しない」と立腹されている。伊勢爺も、一向に腰を上げない安倍内閣に失望している。安倍さんの姿勢は懐柔策だ。XXさんたちは「慰安婦像撤去運動」を着々と進められている。本日、伊勢に協力・共闘を依頼されたのです。勿論、受ける。どういう協力・共闘が可能か同志の皆さんたちと協議しつつ。

<日本政府は、韓国の執拗しつような外交工作に対抗して、正確な事実関係を丁寧にかつ粘り強く、世界に対して主張していくしかない。(読売社説)

賛成出来ない。そんな弱腰でどうする?在米邦人、それも女性たちが立ち上がっているときに。おい、安倍晋三さん、世耕対外広報係、どうした?外遊の資金をわれわれに廻せ!

さらに、隼は、「段階的日韓断交」を望む。最初に、韓国観光ビザの制限~韓国人観光客の査証の制限を行え!伊勢平次郎 ルイジアナ






献金のお願い

「募金の使途」

「外人将軍・マッカーサーの呪縛」の上下二巻の出版が目的。英文アマゾンが最初で、和文はそれに続く。内容は、日米戦争の一方的なアメリカの主張の是正~中国の軍事挑発~韓国の政治宣伝による反日工作~アジア太平洋の安保を担保する日米同盟軍の重要さを解く、、伊勢

1)アマゾンUSAの編集代金
2)わが青い目の妻の編集・助手・その他の雑用への感謝料。
2)書籍購入(Kindle English)
3)ブログ管理人の経費。無料で8年間続けました。死ぬるまで続けます。
4)広告費(LA・SF・NYの新聞の広告欄)
5)その他、講演旅行などの費用

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「5千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。実は、「一口五千円とはなんだバカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。そうします。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


C)USAの在住者の方は、チェックを郵送してください。

Nobuyoshi Ozaki
600 carondelet Street Mandeville, Louisiana 70448


*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。ご献金頂きました同志には、日本での出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

ご献金後、「ブログの隠れ投稿」または、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

以上、謹んでお願い申し上げます。伊勢平次郎 ルイジアナ


***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢
***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢
***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢
***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢
***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢
***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢
***T・Y大兄、ご献金有難うね。伊勢
***一有権者先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***fts先生がご献金くださった。有難う。伊勢


おまけ

坂東忠信さん(前警視庁通訳捜査官)から、メールを頂いた。“共闘が大事だ。頑張ってくれ!”と激励してくれた。リンクから坂東先生のご著書を買えますよ。「在日中国人は相当危険だ~生活保護を収入だと考えている連中だ~同じ人間ではないと、、」さ。残念ながら同感ですね。伊勢



comment

テロの推参は、「テロ賞賛」です。どのような義憤があっても、外国の首相を暗殺すれば、その国は国ではない。この安重根記念館は、「安倍総理大臣を暗殺しろ」と受け取れるものだ。北京のチャンらは阿呆な連中だわ。伊勢
2014/01/21 20:24 | 伊勢 [ 編集 ]

一有権者先生

<最初から国交の無い北朝鮮は別としてもシナ、韓国との国交のあり方はよくよく熟考したうえで断交を望むものです。

安重根記念館はテロの推参。国連が非難するべきですね。日本の国連大使の仕事です。国連は日本人のカネを受け取り~自衛隊の平和維持隊を要請する。だが、反日と受け取れる声明を出す。慰安婦や日本海・東海併記などでは、反日に回ることが多い。安倍さんは、「二国間問題にクチを出すな」と言うべきなんだがね。安倍さんには、拝金の傾向がある。日本人の名誉は二の次のようです。

日韓断交は韓国が望んでいる。安保を一方で考えて、断交を段階的に進めましょう。手段はゴマンとある。伊勢

2014/01/21 19:32 | 伊勢 [ 編集 ]

執拗に日本たたきをしなければその存在価値を示す事ができない
シナ共産党とその政府および韓国、北朝鮮の特亜3カ国。

最初から国交の無い北朝鮮は別としてもシナ、韓国との国交のあり方はよくよく熟考したうえで断交を望むものです。

そのためには日本国民が政治に無関心でいることはいけない事ですし、日教組の主導するシナ、朝鮮の主張する歴史を鵜呑みにさせるような偏向教育は絶対に許してはなりません。日本の反日メディアにも騙されないようにもしなくてはなりません。

そして日本国害務省(外務省)のような一番日本の国益と日本国民の安全を担保する省庁が何もしない事に大いに腹を立ててみせ本来の仕事をしっかりさせるように仕向けなくてはなりません。政権与党ならびに野党にも意見は投稿する事も大事。

一般庶民でもできる事は探せばあるはずです。私は反日勢力を応援するようなメディアの新聞は買わない。
在日企業と判ったものの製品は買わない。

これだけでも多くの日本国民が行うようになったら大きな力になるとそう信じています。
2014/01/21 18:46 | 一有権者 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する