2014/01/24 (Fri) 中国の防空識別圏で戦端が開く?
air defense identification zone 12.3.13

chinese air squadron

中国空軍機の編隊だ。自分勝手に決めた防空識別圏の中に尖閣は含まれている。中国軍は防空識別圏を確保するために、編隊で尖閣上空を飛行するだろう。さあ、安倍さんはどうする?いつまでも反撃に出ないと国民はあなたに失望する。わが総理大臣は行動よりも、「お話し」が大好き。中期防が発表されたが、Too small too lateだと思う。さらに、クネに秋波(流し目)を送っている。この女は敵性韓国人でしょ?熱い目を投げかければ、竹島を返してくれるんですかね?伊勢爺は、白黒はっきりの性格だ。安倍晋三さんの性格は好きになれない。


安倍総理大臣の対応とは

中国による東シナ海での「防空識別区」設定や領海侵入については「引き続き毅然かつ冷静に対応」する方針を掲げる。首脳会談が実現していないことに関しては「課題があるからこそ対話をすべきだ」と引き続き中国側に実現を促した。(金曜日・秋田新聞)


防空識別圏侵入・中国軍が音声で警告

中国空軍の報道官は、中国が設定した東シナ海の防空識別圏内に入った外国軍機に対し、警告を行ったと、23日に発表した。
報道官によると、中国空軍は、最近行ったパトロール飛行中に、防空識別圏内に入ってきた外国軍機に対し、追跡飛行や証拠を取ったほか、警告を行ったとしている。外国軍機の国籍や具体的な日時については、明らかにしていないが、自衛隊機やアメリカ軍機に対し、無線を通じて、警告を行ったとみられ、中国が、一方的に設定した防空識別圏を、有効に管理していることを示す狙いがあるとみられる。FNN(01/24 06:14)


伊勢の出版の目的

日米戦争の巨大な災禍を知らぬがごとき中国指導部である。ロバート・ゲイツ前米国防長官は、回顧録「任務」で米中関係を以下のように書いている。

Hu’s visit to the United States began a week later and went off without a hitch. But high-level cordiality and professions of cooperation cannot mask the reality that the U.S.-Chinese relationship faces serious challenges. China continues to invest a growing portion of its budget in new military capabilities and technologies—including highly accurate antiship cruise and ballistic missiles, diesel and nuclear submarines, antisatellite capabilities, and stealth fighters— designed to keep U.S. air and naval assets well east of the South China Sea and Taiwan. They are building a navy that, while far inferior to that of the United States globally, could be a serious problem for us in Northeast and Southeast Asia. Beijing learned from the Soviet experience, I believe, and has no intention of matching us ship for ship, tank for tank, missile for missile, and thereby draining China financially in a no-holds-barred arms race with the United States. They are investing selectively in capabilities that target our vulnerabilities, not our strengths. The Chinese are becoming increasingly aggressive in asserting territorial claims over much of the South China Sea and islands close to Japan. And they continue to challenge U.S. air and naval surveillance missions, even though we operate in international airspace and waters. Their cyber-attack capabilities are advanced and getting better, and they are targeting both our military and our civilian networks every day. All in all, this is a relationship that will require careful and skilled long-term management by leaders on both sides if we are to sustain our partnership in some areas (for example, economic) and keep competition in other areas from becoming adversarial. A robust American air and naval presence in the Pacific, especially in East Asia, will continue to be necessary to reassure our friends and allies but also to ensure peaceful resolution of disputes.

Gates, Robert M (2014-01-14). Duty: Memoirs of a Secretary at War (Kindle Locations 9620-9629). Knopf Doubleday Publishing Group. Kindle Edition.


結論は、「中国は、アメリカと兵器競争をする考えはない~競争すれば、中国の国庫を空にするからだ。だが、中国政府は軍備に投資を続けており~ますます好戦的となっている。放置すれば深刻な事態が起きる。長期の計画が必要である。経済上のパートナーシップを維持する一方で~軍事力において競争を続け~中国が敵対する国になることを防がなければならない。強靭な米空軍と海軍のプレゼンスは、アジア太平洋の同盟国と友好国を不安にさせないために不可欠である。さらに、現在起きている日本や周辺国との紛争は平和的に解決するものであり~武力で解決することのないように関係各国に確かめることが重要である」


伊勢の「外人将軍・マッカーサーの頚木(くびき)」の出版は、この「日米VS中国の戦争」を予防するのが目的である。アメリカの現世代は、ベトナム戦争は遠くなり~日米戦争を記憶する世代は死に絶え~または映画などの影響を受けて「アメリカの勝ち」として蔵に入れており~残存するイラク、アフガニスタンには関心がないのだ。危機迫るシリア内戦も、イラン問題にも関心はない。日米軍事経済同盟がいかに重要な「礎石」なのかも理解していないのだ。

上下二巻のブックで戦争を防げるのか?出版はアメリカの知識層~米国議会~米国防省~米国務省~在日米軍が読者対象である。勿論、安倍内閣~防衛省~外務省~自衛隊~海上保安庁の公務員は関係者なのである。日米戦争をグラビアで解説して~日米(韓?)vs中国の領土・領海・領空を拡大する政策がいかに無謀であるか関係国の指導者に再認識させるのが目的なのである。

ここで、もっとも重要なのが、日本の防衛力増強である。種々の防衛政策(中期防)が発表されている。だが、一方で、トルーマンの一般市民無差別虐殺やマーカーサーが残した呪縛によって、日本人の多くが反米感情を持っている。最近では、マイク・ホンダの慰安婦決議が日本人を激怒させている。これの頚木を取り除く努力は、高年齢の保守評論家たちが行ってきた。だが、そのほとんどは「東京裁判は、法の正義を踏みにじった」などの反米本なのだ。その通りであるが、その議論は限りなく感情を爆発させるだけなのである。「思想反米」では、海に浮かぶ日本は守れないのが現実の世界なのだ。これが、伊勢が出版を決心したわけである。伊勢平次郎 ルイジアナ


(速報)

債権(ボンド)の売買の大手はUBSだが、さっき、「中国の債権(とくに地方政府債権と社債)は一度、支払い不能になる方が世界中に不況を齎すことを回避出来る」と警告を出した。伊勢は、「チャイナ発の世界不況が起きる」と感着いてはいるが、この記事ではっきりした。「支払い不履行をさせろ」というのは、今まで、地方債や社債が満期に達して~支払いが不能になると中国中央銀行が出てきて、支払いを代行してきたことだ。「これは一時的な誤魔化しだ」ということなのだ。

それでは、何時頃、このdefault(支払い不能)は起きるのか?刻々と迫っているのだ。それは、400ベースも利払いが高騰しているので判るわけだ。UBSの中国人アナリストは、「来年が危険だ」と。ジョージ・ソロスは「二年が限界だろう」とこの「空売りの名人は、ポイントに入ったと言っている。つまりソロスは「空売り」の準備中なのだ。習近平はカンカンに怒っている。

ソロスは、英国ボンドの空売り~米国サブプライム・ローンの空売りで5、000億円($5B)を儲けた。彼は、US~EU~日本の債権には警鐘を鳴らしていない。英国ボンドの空売りでは、英国とシンガポールの首相をカンカンにさせた。だが、現実そうなったのである。安倍さんは、こういう「金融の嵐」が迫っていることをご存知なのか。伊勢






献金のお願い

「募金の使途」

「外人将軍・マッカーサーの呪縛」の上下二巻の出版が目的。英文アマゾンが最初で、和文はそれに続く。内容は、日米戦争の一方的なアメリカの主張の是正~中国の軍事挑発~韓国の政治宣伝による反日工作~アジア太平洋の安保を担保する日米同盟軍の重要さを解く、、伊勢

1)アマゾンUSAの編集代金
2)わが青い目の妻の編集・助手・その他の雑用への感謝料。
2)書籍購入(Kindle English)
3)ブログ管理人の経費。無料で8年間続けました。死ぬるまで続けます。
4)広告費(LA・SF・NYの新聞の広告欄)
5)その他、講演旅行などの費用

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「5千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。実は、「一口五千円とはなんだバカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。そうします。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


C)USAの在住者の方は、チェックを郵送してください。

Nobuyoshi Ozaki
600 carondelet Street Mandeville, Louisiana 70448


*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。ご献金頂きました同志には、日本での出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

ご献金後、「ブログの隠れ投稿」または、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

以上、謹んでお願い申し上げます。伊勢平次郎 ルイジアナ


***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢
***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢
***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢
***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢
***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢
***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢
***T・Y大兄、ご献金有難うね。伊勢
***一有権者先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***fts先生がご献金くださった。有難う。伊勢


おまけ

今日、ロスアンゼルスのM・Iさんと電話会談した。グレンデールの慰安婦像撤去運動がテーマだった。この慰安婦像を公園や図書館の玄関に据え付ける韓国の対日工作は執拗なのだ。それでも、安倍晋三総理大臣からは一声もない。菅さんの蔭に隠れている。

坂東忠信さん(前警視庁通訳捜査官)から、メールを頂いた。“共闘が大事だ。頑張ってくれ!”と激励してくれた。リンクから坂東先生のご著書を買えますよ。「在日中国人は相当危険だ~生活保護を収入だと考えている連中だ~同じ人間ではないと、、」さ。残念ながら同感ですね。伊勢



comment

みなさん

安倍さんが緊張を高めている?へ~、じゃあ、米韓軍はキタチョウセンを挑発してるの?誰が防空識別圏を勝手に設定したの?オバマもイランの首相と会わないでしょ?クネは「安倍首相には合わない」と言い切っているよ。

カロラインといい、バイデンといい、地位だけが高いけど、劣等生だね。は、は、は 伊勢
2014/01/25 11:41 | 伊勢 [ 編集 ]

fts 先生
みなさん

だ・か・ら、「マッカーサーのくびき」を書いている。今や、「アメリカのくびき」に化けている。この米政府当局者らは、日米戦争の「原因と結果」が理解出来ていない。たとえば、根強い「反米感情」です。または、「アメリカは戦勝国だ」と打ち切り、理解する気がないのです。日本政府の腕をねじり上げることは当然だと。残念ながら、日本人の半分以上が、やはり理解していないのです。日本政府は傀儡じゃないよ。伊勢

「失望した」といったのは、ジョーバイデン副大統領です。ゲイツさんは、「任務」の中に「バイデンは、ここ20年は外交を目茶目茶にしてきた」と書いている。うちのも「バイデンは物言いが不注意」と。オバマは全てに無能(伊勢爺は始めから低い評価だし、とくに経済は白痴に近い)だが、外交は親日・反中派。なぜなら、それが、センター・ライトの考えだからね。ゲイツさんは、韓国には呆れていた。オバマには三軍の最高指令官が持つべき資質がないと。安倍さんにも同じ資質の欠陥がある。

ところで、ワシントンは、慰安婦で韓国に謝れとは言わないよ。この政府当局者らとは?ま、春の慰霊祭のことかな。行かなくてもいいんじゃないかな。毎年、12月に参拝するといい。あんまり心配しなくてもいいです。

問題は、チャイナの急速な景気後退です。安倍さんの施政方針を聞いたけど、「景気循環」は起きない可能性がある。東証は、1万5千円を割るでしょう。輸出関連が売られる。貿易赤字が増大している。すると、消費税増税は先延ばしするしかない。麻生さんは恐い顔をしていると思うね。伊勢

2014/01/25 10:08 | 伊勢 [ 編集 ]

米政府、日本に「靖国に再参拝しない保証を」要求 米紙報道 中韓関係悪化を懸念
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140124/amr14012411430007-n1.htm

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は23日、複数の米政府当局者の話として、米政府が日本政府に安倍晋三首相が靖国神社を再び参拝しないとの保証を非公式に求めていると報じた。同紙によると、両政府は今後数週間オバマ米大統領が検討する4月訪日を円滑に行うための努力を加速させる。米政府は日中、日韓関係の悪化による地域の不安定化を懸念しており、靖国参拝自粛要請もその一環とみられる。

 同紙によると、米政府は安倍首相が今後、中国や韓国を刺激するような言動を自制することも確実にしたい意向。過去の侵略と植民地支配に対する日本政府のこれまでの「おわび」の再確認を検討するよう、安倍首相に求めていくという。

 特に日米韓3カ国の連携強化に向け、韓国との関係改善に取り組むよう日本に要請。韓国が問題視する従軍慰安婦問題への日本政府の対応も求めているとしている。ハーフ米国務省副報道官は23日の記者会見で、報道について「真実かどうか分からない」と述べた。(共同)
引用ここまで

事実ならば、日米同盟瓦解の切っ掛けにもなりかねない大事ではないかと思います。
内政干渉ここに極まれりですね。
この報道が中東に流れるだけでも痛手だろうに。
オバマは指導力がない無能なばかりか、日本にとっては有害ですね。

支那の肩だけ持つならどんな無能にも出来ること。
他人の懐で戦争してきたツケが米国にも回ったのかな。

日本も若年層の鬱憤が方向性を持てばどう転ぶやら。
そのとき米国に未来があるんですかね。
2014/01/25 08:11 | fts [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する