2014/01/26 (Sun) 日本はアメリカの操り人形か?
puppet master pinocio

ピノキオは、操り人形の代表だ。日本はピノキオなのか?

godfather control

ゴッドファーザーは、ニューヨークの暗黒界を操(あやつ)った。ワシントンの政治家も操った。全てコレオーネ一家の安寧と繁栄のために、、全てがうまく行ったわけではなかった。三男のマイケルは、ニューク警視と新興ヤクザを殺してシシリーへ身を隠した~タタグリア一家は仕返しに長男のソニーを機関銃で撃ち殺した~ドン・コレオーネは、ニューヨークのマフィアの親分たちを招聘して「停戦」を提言した。平和条約は結ばれた、、だが、マフィアの抗争は止まなかった~「俺が死ぬと必ずおまえを殺すだろう」と言った~ある日、そのドンが死んだ~二代目ドンとなったマイケルは、ゴッドファーザーの葬儀を終えると先制攻撃を決行した、、


伊勢のアメリカ観

さあ、日本はアメリカに、人形のように操られているのか?伊勢爺さんの答えは、「イエス&ノー」なのだ。それも、どちらが比重が大きいかと問われれば、「日本は、アメリカの操り人形ではない」としている。小野田寛郎さんは、「日本政府はアメリカの傀儡だ」として、ブラジルに移住した。それも、あながち間違いではない。彼は押し寄せる米兵を撃ったのだから。フィリッピンは、あきらかにアメリカの傀儡だったから。小野田さんは、アメリカの為政者にペコペコと頭を下げる日本の為政者を嫌ったと思う。

onoda soldier

フィリッピンのルバング島で30年戦った。任務を果たした。祖国日本へ帰ったとき、52歳になっていた。一年後、ブラジルへ移住した。森林を切り開き~井戸を掘り~牧場を大きくして行った。小野田さんが亡くなったときには、牛が1800頭にもなっていた、、

onoda nature school

ブラジルで成功するや祖国日本に帰り、自然塾を起こされた。日本の子供たちに「たくましく生きるように」と、、ここは伊勢の父親と同じだ。「優勢に生きよ」が遺言だったから。

さて、アメリカの為政者の日本観は?答えは、バラバラだ。原因は色々ある。まず、「個人は自由に考えて良い」がある~アメリカの指導者たちは、ヨーロッパ~中東~ロシアに目を奪われていた。一方で、日本通は、日本を軽視はしなかった。その好例が、ジェームス・ズムワルド公使だ。公使はドイツ系だ。日本人よりも日本語がお上手だ。日本の外語大学~上智大学~防衛大学で学んだからだ。カミサンは、コロラド生まれの日系アメリカ人で、在日米国大使館に勤めていた。



米高官「靖国参拝これ以上コメントない」
1月24日 8時54分(NHK)

[安倍総理大臣の靖国神社への参拝について、アメリカ政府の高官は、「これ以上コメントすることはない」と述べ、アメリカとしては今後、日米防衛協力の指針、いわゆるガイドラインの見直し作業などを通して同盟の強化に取り組んでいきたいという考えを強調しました。

これは、アメリカ国務省で東アジア政策を担当するズムワルト次官補代理が23日、ワシントン市内で行った講演で述べたものです。

この中でズムワルト氏は、「安倍総理大臣が靖国神社に参拝した時に、『失望した』という声明を出した。アメリカがこれ以上、コメントすることはない」と述べました。その理由について、「日米両国は利益を共有し、強い同盟関係を保持しており、時に、同意できないこともあるが、強力な関係に疑問を投げかけることは基本的にない」と述べ、アメリカとしては、今後、日米防衛協力の指針、いわゆるガイドラインの見直し作業や中東やアフガニスタンへの対応などを通して、同盟の強化に取り組んでいきたいという考えを強調しました。

また、ズムワルト氏は、22日に北京を訪れたバーンズ国務副長官と中国指導部との会談に触れ、「アメリカにとって日米同盟は重要で、真剣に考えていることを重ねて伝えた。中国はこの立場を理解していると思う」と述べ、日米関係が揺らいでいるという誤ったメッセージを中国側が受け取らないようけん制したことも明らかにしました。]


caroline kennedy dissapinted

伊勢は、カロラインは、「イルカ漁批判」で日本人を貶めたと思う。彼女は嫌われてしまった。だが彼女は為政者ではない。大衆のひとりなのだ。どのくらいこういうアメリカ人はいるの?う~んとね、血に染まった海を写真で見せれば、100%だろう。だから、シーシェパードがカネを集めているわけだ。最近、首になった連邦裁判官は、「捕鯨反対」だったからね。カロラインもシーシェパードに献金した可能性があるね。

さて、「日本政府はアメリカの傀儡か?」に戻ろう。傀儡ではない。だが、アメリカ(コレオーネ一家)の保護下にあるから、逆らえる位置じゃない。しかし、何を言われても反論しないならば、「親分さま、ごもっともでヤス」と容認したとなる。

biden abe 12.3.13

「安倍首相の靖国参拝に失望した」と言ったのは、このバイデン副大統領さまだ。この写真でも、「俺が主人だ」と高圧的な顔をしている。一方の安倍さんは、首を傾げて、従者の顔をしている。安倍さんは、何故か、慰安婦と竹島に対して自分の考えを言わない。やられっぱなしでも平気なのかな?やられたら、オカマでも向かってくるよ。言わないということは、「容認している」となるのである。さらに、アメリカに「言うな」と釘を差されているのかな?「スピーチの自由」を憲法の第一章とするアメリカのリーダーが、日本の首相の口を封じるってかい?

「外人将軍・マッカーサーのくびき」のエピローグは、「安倍晋三首相の靖国参拝」なのだ。アメリカの為政者たちの二重基準を突く意図なのである。靖国参拝は日本人の権利であり~義務であり~国際法違反ではない。アメリカに指図を受ける筋合いのものではない。一国の首相が選んだのだから、その行動を批判する権利などアメリカにはない。

このアメリカの傲慢な態度は、保護者だからという理屈なのだろう。日米安保はアメリカの一方的保護ではなく~相互の安全保障条約である。つまり、日本人の協力なく、アメリカは、太平洋もアメリカ本土も危険に晒されるのである。だから、わが国、日本の首相は卑屈になる必要はない。卑屈になれば、国民に嫌われて~反米感情も高まる。わからんか?伊勢平次郎 ルイジアナ

(速報)

30th aniversary

青い目のアメリカ女と結婚して30年が経った。二人っきりで「真珠婚式」を行った。わが母の形見である真珠の指輪をあげたら、喜んでいた。この記念写真を撮ったバーテンは、オレゴン生まれだった。日本語が出来た。伊勢物語を日本語で読んだと。わがカミサンは、「ジョシュアはCIAだった可能性が高い」と言った。ジョシュアは「King of Pepper」をダウンロードして、今、最終章を読んでいると。アマゾンに評論を書いてくれるんだとさ。西海岸の人々は親日なのだ。は、は、は 伊勢&クリステイン






献金のお願い

「募金の使途」

「外人将軍・マッカーサーの呪縛」の上下二巻の出版が目的。英文アマゾンが最初で、和文はそれに続く。内容は、日米戦争の一方的なアメリカの主張の是正~中国の軍事挑発~韓国の政治宣伝による反日工作~アジア太平洋の安保を担保する日米同盟軍の重要さを解く、、伊勢

1)アマゾンUSAの編集代金
2)わが青い目の妻の編集・助手・その他の雑用への感謝料。
2)書籍購入(Kindle English)
3)ブログ管理人の経費。無料で8年間続けました。死ぬるまで続けます。
4)広告費(LA・SF・NYの新聞の広告欄)
5)その他、講演旅行などの費用

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「5千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。実は、「一口五千円とはなんだバカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。そうします。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


C)USAの在住者の方は、チェックを郵送してください。

Nobuyoshi Ozaki
600 carondelet Street Mandeville, Louisiana 70448


*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。ご献金頂きました同志には、日本での出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

ご献金後、「ブログの隠れ投稿」または、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

以上、謹んでお願い申し上げます。伊勢平次郎 ルイジアナ


***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢
***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢
***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢
***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢
***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢
***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢
***T・Y大兄、ご献金有難うね。伊勢
***一有権者先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***fts先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***M・Tさまが再びご献金くださった。感謝しています。
***T・F姉さまがご献金くださった。有難う。頑張ってます。伊勢

(速報)King of Pepper(英語版)アマゾンが売れている。ようやく、作家かなあ?伊勢

おまけ

ロスアンゼルスのM・Iさんと電話会談した。グレンデールの慰安婦像撤去運動がテーマだった。この慰安婦像を公園や図書館の玄関に据え付ける韓国の対日工作は執拗なのだ。それでも、安倍晋三総理大臣からは一声もない。菅さんの蔭に隠れている。

坂東忠信さん(前警視庁通訳捜査官)から、メールを頂いた。“共闘が大事だ。頑張ってくれ!”と激励してくれた。リンクから坂東先生のご著書を買えますよ。「在日中国人は相当危険だ~生活保護を収入だと考えている連中だ~同じ人間ではないと、、」さ。残念ながら同感ですね。伊勢

comment

fts先生

東京下町や広島長崎で家族が殺された人は未来永劫アメリカ人の無差別殺人正当化を許さない。無人機によるパキスタン北部山岳のワジリスタンミサイルで幼い子供が殺された。これは報復する可能性があると。イスラム教徒だから。オバマは非戦平和主義の男だけど、大統領になったからには、予期せぬ殺人を行う。為政者にはなるものではありませんね。そんな価値はないからね。アメリカ人の手は血で汚れた。拭いきれないほど。だから、日本人だけでは敵に出来ないのです。キリストは、「汝、殺すなかれ」と教えたのに、、伊勢
2014/01/28 23:31 | 伊勢 [ 編集 ]

伊勢 様

仰ることは理解していますよ。頭では(笑い
なにぶん戦争行った世代に育てられましたから、気持ちが納得しない。
報復なんて考えるほど狭量なつもりはありません。
ああいう時代だったと父も言っていましたし、私もそう思います。
とは言え感情のどこかでは高々数十年前に頭の上から爆弾降らせて街を焼いた連中だと言う部分もあるのです。
伊勢様の仰るように反米感情ですね。
米国含め、どこの軍隊であっても、自国の軍隊でない以上信じ切れと言われても難しいと言うのが私の正直なところですよ。
そういう意味では私も幼いんでしょうね。
自重に努めますよ。
2014/01/28 21:25 | fts [ 編集 ]

kenji先生

<亜米利加無しではわが国はやっていけないことをあっさり認めて、その上での行動を考えることです。これに尽きる。

反米感情の除去ほど難しいものはない。あれだけ殺されればね。だが、報復が良いのか?ブスブスと煙るなら韓国人と同じだし。米海軍軍人が最も日本人の傷ついた心を理解している。ズムワルドさんの「これ以上言わない」は最終宣言ですね。つまり、ダメージ・コントロール。もう安倍さんは忘れてているよ。先を急ぐから。アメリカにとって、日本が貧乏するのは困る。だから、日本円切り下げても、文句言わない。アメリカはゴッドファーザー。チャイナやロシアには、日本を想う気持ちはない。伊勢
2014/01/28 14:18 | 伊勢 [ 編集 ]

亜米利加無しではわが国はやっていけないことをあっさり認めて、その上での行動を考えることです。これに尽きる。
沖縄の基地反対があるがアレは基地がないと沖縄は住めない。本土から金を取るためだけで、それ以上のものはない。
 それよりも横田基地の管制が亜米利加に握られており、さらにそこは治外法権になっており、そこからアメリカの民間人が自由に出入りしているという。
 これを明快に示して、民間人はわが国の外国人政策の一部となるようにすることではないかと思う。
 しかしその管制権を返還されても、どの道、亜米利加との共同でしかも軍事力は亜米利加のほうが優れているから、彼等が主導権を握るのが軍事的に当然となる。既に横田基地内部へ我国航空自衛隊の指揮所は移動している。

 大きな戦争が迫っているが政治指導者はしたくないが仕方がないという戦争になる気がしてならない。
 だからなおさらその準備をしないとと思う。

沖縄の名護の市長が踊っていたが、滅びの踊りkと思った。彼はチベット、ウイグルで起きていることを知らないだろうか?

 辺野古の沖合いに持っていってもさほど沖縄防衛に資するとは思えない。下地島という航空基地があるから、そこを増強したほうがいいと思う。そのほうが費用が少ないと思う。利権だけではないでしょうかね。
 亜米利加はよくしていると思いますけれどもね。
2014/01/28 11:23 | kenji [ 編集 ]

Mephist先生

さすがは科学者ですね。ただ、ぼくらは核のど素人です。言及しようがない。廃棄する核兵器は燃やすの?デトーネーターを外すとか内部のガスを抜くとかじゃダメなの?

<一部層とは言え米国は日本を切り捨てたいのですかね(FTS先生)。

どこかで書いたように、日本はアメリカの「アパッチ砦」なんです。何ぼ書けば分かってくれるの。第七艦隊の経費というのは莫大、莫大、莫大。前にも第七艦隊のテーマ書いたよ。アメリカの海軍史をよく読んでね。日露戦争後の白色艦隊は第七艦隊の布石だった。ハワイやフリィッピンを日本に取られないようにという示威行為。米海軍も、米空軍も不敗の精鋭部隊。チャイナが真珠湾のように米兵を殺せば、チャイナを滅ぼす。疑うなかれ。

ここ、気温が高下して軽い風邪だけど、一日寝たら、気分爽快。眼が覚めると、株価も乱高下だったが、水曜日に連銀の政策続行が発表されるころ落ち着くでしょう。乱高下の原因は、チャイナの製造業収縮と新興国の通貨下落。アップルも予想された成績ではなかった。伊勢
2014/01/28 10:36 | 伊勢 [ 編集 ]

プルトニウムの300kgがどの程度の分量か分かりますか?
大体一斗缶2杯分でしかありません。
兵器級Puの用途はなんだと思いますか?
推測ですが「標準物質」だと思いますよ。測定器で言えば基準器。
何しろ日本では一定以上に濃縮する作業を行っていませんから。
管理体制悪いから、返せ、というのも分からなくないですがね。MOXにしろFBRにしろ、削減した核兵器を燃やすのに必要な研究はどうするつもりでしょうか。
2014/01/28 09:54 | Mephist [ 編集 ]

fts先生
AKさん

疑心暗鬼するよりも、自信を持ちましょう。伊勢
2014/01/27 17:06 | 伊勢 [ 編集 ]

こんな報道もあります。

・ケリー米国務長官が中韓訪問、日本を除く理由は「警告」?=韓国
 http://news.searchina.net/id/1522318
2014/01/27 16:35 | AK [ 編集 ]

原発がらみで1件

http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012601001661.html
核物質や原子力施設を防護・保全する「核セキュリティー」を重視するオバマ米政権が日本政府に対し、冷戦時代に米国などが研究用として日本に提供した核物質プルトニウムの返還を求めていることが26日、分かった。

 このプルトニウムは茨城県東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)で使う核燃料用の約300キロ。高濃度で軍事利用に適した「兵器級プルトニウム」が大半を占め、単純計算で核兵器40~50発分程度に相当する。

 日本側ではこれまで「高速炉の研究に必要」と返還に反対する声も強かったが、米国の度重なる要求に折れて昨年から日米間で返還の可能性を探る協議が本格化している。(共同)
引用ここまで

ズムワルト次官補代理は記事のように言っていたとしてもこの記事と合わせて考えると親中反日の行動を取っているように受け取れます。

核戦略において勝手に裏読みさせることで支那を押さえ込んで居る現状でこの記事は日本にとって非常に都合が悪いですね。
もんじゅ関連も頓挫し、揉めている現状では
それこそ支那に間違ったメッセージを受け取らせることになります。
一部層とは言え米国は日本を切り捨てたいのですかね。
危惧することが多くなっていますね。
2014/01/26 21:51 | fts [ 編集 ]

"Caroline Go Home"と米国大使館前でビラ配るといい。この女は、「日本がいかにアメリカを守っているか」理解出来ていない。伊勢
2014/01/26 20:43 | 伊勢 [ 編集 ]

日本を貶め、白人優位主義者の海チワワなどのレイシストと手をくみました。
カロラインはペルソナ・ノン・グラータに対象たり得ると思う。
自民党と地元議員に投書します。
愚かな行いにはしかるべき報いがある世の中だと信じたいので。
2014/01/26 20:34 | fts [ 編集 ]

印へ円借款2089億円、首相が首脳会談で表明

 【ニューデリー=黒見周平】安倍首相は25日夜、ニューデリーでインドのシン首相と会談し、ニューデリーの地下鉄整備などのため約2089億円の円借款を供与する考えを表明した。


 両首脳は、原子力協定の早期妥結や安全保障分野などの協力強化に関する共同声明に署名した。

 共同声明では、日本からの原発輸出に向けた原子力協定交渉の継続、新幹線技術の輸出をにらんだインド西部のムンバイ―アーメダバード間(約500キロ)の高速鉄道計画に関する共同調査の加速などが盛り込まれた。

 安全保障分野では、海上自衛隊とインド海軍による3回目の共同訓練を、年内に日本近海で行うことや、国家安全保障会議(日本版NSC)の谷内正太郎国家安全保障局長とインドの国家安全保障顧問の定期協議を新設することなどで合意した。中国の一方的な防空識別圏設定などを念頭に、国際法などに基づく上空飛行の自由、民間航空の安全の重要性でも一致した。

(2014年1月26日00時00分 読売新聞)


GOOD!伊勢
2014/01/26 20:19 | 伊勢 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する