2014/01/29 (Wed) アメリカ南部に雪が降る



photo 2 (3)

ルイジアナはアメリカ南部州の中で最南端だ。「ブラジルの始まり」と言っている。南部の人々の気性は優しいのだ。その理由は、「亜熱帯性の花々が多く~珍鳥多く~警官が優しく~みかんや柿がなる~気候が温暖、、」一言で、「カラフル」なのだと。そのルイジアナに雪が降った。店~体育館~スターバックスsまで閉めた。凍った道路に不慣れなのだと。対岸のニューオーリンズへ渡る、長~い橋も閉鎖された。イグニッションを廻すと古ベンツは問題なくかかったが、フロントガラスが凍っていたので温まるまで10分はかかった。雪の降る湖畔の公園に犬どもを放してやった。犬は雪が大好きだ。走り回っては、おしっこをしていた。




これ安東広重かなあ。「江戸時代の日本はお伽の国に見えた」と西欧人が書き残している。日本はアジアでも特殊な文化を持つ国と理解されている。どうしてか?は評論家に任せて、この貴重な文化を残すべし。


King of Pepper



King of Pepper が売れてきた。英国~デンマーク~アメリカ~日本~、、今、「外人将軍・マッカーサーのくびき(英語版)」の執筆を急ぐために、「胡椒農園の王様」の翻訳が出来ていない。日本の出版社が出してくれると速いのだがね、、ま、仕方がない。このノベルの英語は高校生なら読めます。Amazon Kindle Store USA で買えます。伊勢平次郎・クリステイン 






献金のお願い

「募金の使途」

「外人将軍・マッカーサーの呪縛」の上下二巻の出版が目的。英文アマゾンが最初で、和文はそれに続く。内容は、日米戦争の一方的なアメリカの主張の是正~中国の軍事挑発~韓国の政治宣伝による反日工作~アジア太平洋の安保を担保する日米同盟軍の重要さを解く、、伊勢

1)アマゾンUSAの編集代金
2)わが青い目の妻の編集・助手・その他の雑用への感謝料。
2)書籍購入(Kindle English)
3)ブログ管理人の経費。無料で8年間続けました。死ぬるまで続けます。
4)広告費(LA・SF・NYの新聞の広告欄)
5)その他、講演旅行などの費用

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

「隼機関」では、同じ志を持つみなさまに「5千円」からの出版資金のご献金をお願いしております。実は、「一口五千円とはなんだバカモノ。千円でも献金は献金だ」というお叱りがあった。そうします。


A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


C)USAの在住者の方は、チェックを郵送してください。

Nobuyoshi Ozaki
600 carondelet Street Mandeville, Louisiana 70448


*恐れ入りますが、振込み手数料は各自のご負担でお願いいたします。ご献金頂きました同志には、日本での出版時に、著者の署名入りの単行本を進呈させて頂きます。

ご献金後、「ブログの隠れ投稿」または、NIPPONFALCONS@GMAIL.COMへ、ご氏名(HN・匿名も可)・ご連絡先・金額・送金日付けをご一報下さい。照合の目的です。

以上、謹んでお願い申し上げます。伊勢平次郎 ルイジアナ


***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢
***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢
***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢
***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢
***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢
***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢
***T・Y大兄、ご献金有難うね。伊勢
***一有権者先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***fts先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***M・Tさまが再びご献金くださった。感謝しています。
***T・F姉さまがご献金くださった。有難う。頑張ってます。伊勢
***N・T様がご献金くださった。第一巻を急いでいます。有難う。伊勢
***U・Mさまがご献金くださった。アマゾン編集費用に使います。伊勢

(速報)King of Pepper(英語版)アマゾンが少し売れている。ようやく、作家かなあ?伊勢

おまけ

ロスアンゼルスのM・Iさんと電話会談した。グレンデールの慰安婦像撤去運動がテーマだった。この慰安婦像を公園や図書館の玄関に据え付ける韓国の対日工作は執拗なのだ。それでも、安倍晋三総理大臣からは一声もない。菅さんの蔭に隠れている。

坂東忠信さん(前警視庁通訳捜査官)から、メールを頂いた。“共闘が大事だ。頑張ってくれ!”と激励してくれた。リンクから坂東先生のご著書を買えますよ。「在日中国人は相当危険だ~生活保護を収入だと考えている連中だ~同じ人間ではないと、、」さ。残念ながら同感ですね。伊勢



comment

短足おじさん二世先生

今、うちのに英語のHPを見せたら、「絶対に行く」のだそうであります(笑い)。うちのカミサンは、俳句が好きです。コロラドの学校では芭蕉を教えているのだと。英語で俳句を作る8歳の女の子がYOUTUBEで100万人ヒットを超えて、ビデオを売ったら、一躍、億万長者になったなど。これが、日本文化の隠れ資産かな。寿司なんかもバカにされながら、今じゃ、寿司屋のない大都市なんかない。韓国人が日本語の「将軍」などの看板出して儲けているよ。ぼくが店に入っていくと、韓国人の板前らがドキッとした顔をする。女将さんが日本人で話した。和食の鉄人が和服着てやってきて、「こんな鯵のたたきがあるか」と低い声で脅されたと。この話しから判るのは、韓国人は日本人の職人やヤクザが恐いんだな(笑い)。すると、伊勢爺もヤクザということだわな(大笑い)。とろろ汁食べたくなったわ。伊勢
2014/01/30 10:59 | 伊勢 [ 編集 ]

丸子の丁子屋へはJR静岡駅から直線距離で7~8キロ。
以下に丁子屋のHPが有ります。
http://www.chojiya.info/en/(英文)
http://www.chojiya.info/jp/(和文)

上記HPでも道案内では
JR静岡駅下車、バスに乗り換えて静岡駅北口7番乗り場、中部国道線「藤枝駅」行きにて「丸子橋入口」下車(徒歩1分)、バス車内でとろろ汁の丁子屋とアナウンスが流れます。
との事です。
この辺りは旧東海道と国道1号線が並行して走っています。

余談ですが伊勢の関係で言えば歌人の西行が有りますが、彼にゆかりのある小夜の中山と言うところが近くにあります。
この辺りはまあ古いものが沢山ありますね。
尚丁子屋は昔の店ではお客さんをさばききれないので、店の奥に(通りから見えない所に)コンクリート製の新館があってそこで食べるようになっています。
2014/01/30 09:49 | 短足おじさん二世 [ 編集 ]

<若し日本に帰られた時、機会が有りましたら是非のぞいてみてください。

新幹線静岡駅で降りればいいの?そこからどう行くのでしょうか?タクシー?ぼくも麦とろろやメカブで育ったからね。ただ、メカブは消化が悪い。

けさも、道路が凍っていて、学校は休み~車も通らない。犬どもは起きても来ないよ(笑い)。犬は結構あたまがいい。人間よりも楽天家。だから、怒ると萎縮してしまう。怒ることなどないし。

気候は、太平洋の温度が上がっていることから、エルニーニョ現象だと。魚類にどういう影響があるのかわからないけど。消費税が上がるからね。魚だけでもお膳に乗るように祈っている。伊勢
2014/01/30 00:06 | 伊勢 [ 編集 ]

こんにちは。
凄いですねえ、ルイジアナでも雪、気候の変化を感じます。
所で本文にある浮世絵、これは広重の東海道53次、丸子の宿です。現在の静岡市ですね。
詳細は以下wiki参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%A0%E5%AD%90%E5%AE%BF

此れで凄い所、現在でもこの絵にある茶店でとろろ汁を食べることが出来ます。
この当時の建物です。
そして店の前の旧東海道に立ってみると、ココに立ってこの絵を描いたんだ、そうわかる所が有ります。(正にピンポイント)
背景の山も昔の儘。周りに一杯建物が出来ましたが、この店は昔の儘。
若し日本に帰られた時、機会が有りましたら是非のぞいてみてください。
尚ここのとろろ汁は未だに「麦飯」です。とろろ汁には麦飯が合う、そんな事で昔ながらの麦飯。
私は昔はここが好きで何回か食べに行きました。
おいしいです。
2014/01/29 21:00 | 短足おじさん二世 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する