2014/03/15 (Sat) 米露黒海艦隊の戦力とは?


週末です。伊勢爺は原稿に追われている。どうしても、安倍内閣~防衛省~自衛隊~マスメデイア~日本の国民、、に「日米同盟の危機」を知らせたいからだ。

それは、さておき、上の動画は24時間前のもの。米海軍駆逐艦(Destroyer)TRUXTUNがこのボスフォラス海峡を遡って黒海へ入るところ。ルーマニア海軍とブルガリア海軍のフリゲート艦の三隻が黒海で演習するのだと(W/post )。実弾演習はしないが、米海軍第六艦隊のボスフォラス海峡通過をトルコ政府は許可した。伊勢夫婦は、イスタンブールに三度行った。キリギスから飛んだこともある。ボスフォラスをフェリーで遡ったが、海流が時速10kmと激流だった。太った鰯が橋の上からどんどん釣れる。それを焼いたり~お酢で食べる。寿司の味がした。うんまいぞよ(笑い)。


USS Truxtun in Bosphorus 3.13.14

向こう岸は、ウシュクダーラで、アジアなのだ。こっち岸がヨーロッパ。TRUXTUNは、護衛艦「すずつき」と同系の設計だが、違うのは、艦対艦ミサイルを搭載していることだ。さらに、ご周知の通り、駆逐艦はイージス~衛星~偵察レーダー機、その他とネットワークなのだ。偵察レーダー機はNATO軍の基地から飛び立ち、既にウクライナの東側とロシア領を監視している。なぜなら、、


russian armed forces

ロシア軍の装甲車がウクライナに近接するロシア領に集合しているからだ。「ウクライナに押し入るぞ」という脅しなのだ。


russian armed forces by ukraine

クリミアには、こういう「親露武装集団」が横行して~日曜日に開票される国民投票に反対するタタールやウクライナ人を脅しているのだ。この「ロシアに組み入れる」という国民投票はウクライナ憲法違反であることは明確だが、プーチン、ラブロフは「クリミアのロシア人を守るためだ」と強弁している。クリミアは200年前に、エカテリーナ大帝がロシア領にして~セバストポールに黒海でたったひとつの軍港を据えたのが始まり。1953年にクルシチョフがウクライナに返して(返した理由は平和を選んだ)~以来、セバストポールは借地となって現在に至っている。プーチンは「偉大なロシアの復元」を夢見ている。だが、無理があるね。


ロシア海軍黒海艦隊

crimea russian fleet 3.3.14

ロシア国旗とロシア海軍旗を振っているのはロシア系。モスクワという駆逐艦があるが、相当時代遅れなのだと、イタリア人米海軍大学教授がインタビューで言うには、「他にも4艦ぐらいの海兵隊の軍艦がいるが、海兵は強いとしても、その装備が老朽化したものだと。それで、イタリア海軍でもこのロシア黒海艦隊は撃滅可能なのだ」そうだ。教授は、ドイツ~英国~フランス、、どれもロシア黒海艦隊を沈没または、使えなくすることが可能だと。んじゃさ、日本の護衛艦が艦対艦ミサイルを搭載すれば、やはりロシア艦隊はやられるわけだね。安倍さんは、わかっているんかな?はなはだ怪しい。ミサイルでは、陸自の陸対艦はあるわね。尖閣の南の島々にもう据えてある。たぶん、宮古島にも持っていくだろう。頼むから、そうしてくれ。伊勢平次郎






「胡椒の王様」

Image (7)

アマゾン・キンドルの電子版です。神戸の甥が言うには、「日本ではパソコンに取り込めない」のだと。すると、スマホなどをお持ちでない人は読めないし~伊勢爺は資金を集めることも不可能となる。そこで、「千円」を以下の銀行、郵便局口座に振り込んで頂ければ、伊勢爺は本著を電子メールに添付して送ります。どうでしょうか?伊勢

「隼機関」は、任意団体口座を持っています。

A) 振込口座

1)金融機関   みずほ銀行・上大岡支店・支店番号 364
2)口座番号   (普通)    2917217
3)口座名    隼機関   ハヤブサキカン

B) 郵便局口座

1)口座番号  10940-26934811
2)口座名    隼機関   ハヤブサキカン


みなさん

ダウンロードして読んで下さい。どのくらい売れるのかは未知です。だが「在米邦人の在米韓国人との闘争」の資金にするために書いたのです。みなさんのご協力なく、われわれ庶民は闘えないのです。一年に六千億円ものカネを食う外務省ではないから。

目的

1)「マッカーサーのくびき」の英語出版には、アマゾンの編集が必須。政治本の編集は高いものです。
2)ロサンゼルス~サンフランシスコ~ニューヨーク~ニュージャージーの日系新聞に「慰安婦像撤去運動」の広告を出す。
3)「マッカーサー」を出した後、ロスアンゼルスへ出張する。水島さんや目良(めら)教授さんと面会したいため。

伊勢平次郎

***Mephist先生がご献金された。だから、原稿を急いでいる。有難う。伊勢
***Kenji先生がご献金された。有難う。伊勢
***M・T様がご献金されていた。有難う。伊勢
***O・M様がご献金くださった。有難う。伊勢
***S・K先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***I・N姉さまがご献金くださった。有難う。伊勢
***S・S様がご献金くださった。有難う。伊勢
***一有権者先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***fts先生がご献金くださった。有難う。伊勢
***M・Tさまが再びご献金くださった。感謝しています。
***T・F姉さまがご献金くださった。有難う。頑張ってます。伊勢
***N・T様がご献金くださった。第一巻を急いでいます。有難う。伊勢
***U・Mさまがご献金くださった。アマゾン編集費用に使います。伊勢
***M.Sさまがご献金くださった。有難う。伊勢
***M・Tさまが再びご献金くださった。たいへん感謝しています。伊勢
***振込み記号だけでお名前が判らないお方からご献金がありました。隠し投稿で、ご連絡をくださいませ。伊勢



わが恩師・黒木ひかる先生が支援してくれている

親愛なる各位

先にご紹介いたしました尾崎信義君(ペンネーム伊勢平次郎】著書
「胡椒の王様」アマゾン社キンドル版に付きまして舌足らずでしたので
整理して再度お願いいたします。

尾崎君は72歳・私が担任した品川城南中8期生・小山台高校卒・アメリカルイジアナ在住、
妻クリスチンさん(元アメリカ空軍大尉)。

下記のいずれかの方法でご購読いただければ幸いです。又
知人友人にご紹介下さるようお願いいたします。

★スマホンからダウンロード出来ます。
アマゾン社キンドル版「古椒の王様」著者伊勢平次郎 定価500円

★日本のパソコンからは取り込みが出来ないので
心ある方は下記の何れかに「千円」振り込めば著者尾崎君が電子メールで送信
してきます。申し込みの際メールアドレスをご記入ください。
この千円は本代・手数料・出版祝儀・隼活動費の献金が含まれます。

*振り込み先:みずほ銀行・上大岡支店(364)
 口座番号:普通2917217口座名:隼機関 ハヤブサキカン
叉は、郵便 口座番号:10940-26934811
      口座名:隼機関 ハヤブサキカン

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
 
伊勢平次郎はペンネーム。アメリカへ単身移住してから50年が経つ。最初の20年間は英語もろくに話せなかった。英語というのは、聴き取りにくく、発音しにくい厄介なものだ。負けん気だけで生きた。味方を作ることが生き残る道だと悟った。そのうち、コロンビア映画、スピールバーグ監督、トヨタ工場、スバル・いすゞ工場の北米進出、日本の新聞社に雇われた。2013・6 冒険小説You Die For Me アブドルの冒険(邦題)をアマゾンから出版した。昨年のクリスマスには、King of Pepper(英語版)胡椒の王様を出版した。日本、英国、デンマーク、ドイツの読者が読んでくれたわ。妻のクリステインと犬2匹で、ルイジアナの湖畔に住む。

写真は、ハヤブサ F. p. japonensis。カタカナで書かれる。瞬間飛翔速度は、時速300キロという猛禽。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する